yorokagura さん プロフィール

  •  
yorokaguraさん: そうだ戦跡へ行こう
ハンドル名yorokagura さん
ブログタイトルそうだ戦跡へ行こう
ブログURLhttp://www.tenian-senseki.net
サイト紹介文京都へ行くノリで戦跡へ行きます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 322日(平均1.3回/週) - 参加 2016/07/10 11:15

yorokagura さんのブログ記事

  • 三河の人は必ず一度はお世話になる砥鹿神社。
  • 三河の人がはるばるやってくる東海地方の総鎮守の砥鹿神社 砥鹿神社はもともとは新城市にある本宮山に祀られていました(奥宮)今から約1300年前、豊川市に里宮が置かれています。奥宮は本宮山ドライブウェイを走っていると突然現れます。 東海地方の総鎮守。家運隆盛・交通安全・厄難消除のご利益があります。 今回の砥鹿神社(とがじんじゃ)は三河出身の私にはとても馴染みの深い神社です。小さな頃から「砥 [続きを読む]
  • 間違えないで!鳴海じゃなくて成海神社。
  • 名古屋市緑区に鳴海(なるみ)という地名があります。かつてここには鳴海城がありました。場所を同じくして成海神社があります。読み方は「なるみ」ですが鳴海と成海です。 今回の成海神社は、前回行ってきた天神社から移転した場所に建っている神社です。 創建された時(天武天皇の朱鳥元年689年)は、扇川に面した天神山に鎮座してしました。 応永元年、足利氏の武将安原宗範により根古屋城(鳴海城)が築かれ [続きを読む]
  • 畑と民家の中にある乃木神社へお参り。
  • 時には地方の乃木神社へ参拝今回、行った乃木神社は愛知県豊明市の一角畑や民家の中にひっそりと建っていました。入り口がわからなくて「もしかして民家に入る?」と思うような場所にありました。google地図を何度も何度も見ては確認した乃木神社です。本当にここにあるのか?と疑ったほどでした。 日本全国、あちこちに分社化された神社がありますが今回の乃木神社もその中の1社です。正真正銘、乃木神社です。 [続きを読む]
  • まさかこんな場所に軍神・広瀬さんの広瀬神社?
  • 軍神・広瀬武夫って誰? 今回の広瀬神社を語るには、広瀬武夫さんの話をしましょう。広瀬武夫は日本海軍の軍人。日露戦争で活躍された1人。戦前は軍神として尊敬された方です。ロシアへ留学してロシア語を学ぶだけでなく貴族社会とも交流を深めました。のちの日露戦争の戦地となる旅順港などの軍事施設にも足を運んでいました。 仁義に熱く、たいへん部下想いで上からも下からも慕われていた人物です。現在でも人気のあ [続きを読む]
  • 長篠の戦いの激戦地を見まもる巴神社
  • 愛知県新城市の巴神社は、歴史的に有名な長篠の戦いの古戦場のそばにあります。 観光として有名な場所は三河東郷駅の北側ですが、実際の激戦地は駅の南側、今回の巴神社の近辺にあたります。 「長篠の戦い」は織田・徳川連合軍と武田勝頼がぶつかった場所。日本でも有数の古戦場です。この戦いで織田信長は日本で初の火縄銃を使いました。無敵を誇る武田軍もこれには歯が立たず、負け戦となるのでした。その [続きを読む]
  • 知れば知るほど好きになる乃木大将の乃木神社
  • 落ち着いた佇まいの神社・乃木神社 赤坂氷川神社から歩いて15分ほどの位置に乃木神社があります。その近くにはなんとジャニーズ事務所も…ジャニーズが好きな私としては一瞬心が動かされますが、大事なのは神社めぐりですので先を急ぎます。 乃木坂を歩いて行くとこの石碑が見えます。この乃木坂は乃木大将の名前から命名されたと言うことです。 乃木希典将軍と乃木静子夫人を祀っている [続きを読む]
  • すぐそこは東京ミッドタウン、まさに聖域の赤坂氷川神社
  • ホテルについて就寝前にgoogle地図で探していたら見つけたところがこの神社。 この日は赤坂氷川神社へ行きました。 ホテルから出るとTBSのテレビ局が見えます。地元の人が通るような道を登って参拝しに行きます。 南側のこの門が正門のようです。しかし!参道の途中で見つけましたよ。もっといい参道を! ここは地元の方が使うのでしょうか?神社の東側に位置します。南側には参拝客が何人かいらしたの [続きを読む]
  • 夏目友人帳に出てきそうな御嶽神社の霊人場in日吉神社
  • 日吉神社の紀元2600年記念の石碑を眺めたらこの階段を登ります。この階段、夏目友人帳に出てきそう!これは登ってみるしかないでしょ! ちらっと見えるあのお社。まさに夏目友人帳ですよねー これこれ!この小さなお社がたまらない!!こちらは鍬神社です。農工商の神様らしいですね。 ここは一体どういう場所なんだろう?いろいろな石碑があるので気になっていました。 その答えは、こ [続きを読む]
  • 夏目友人帳に出てきそうな御嶽信仰の霊人場in日吉神社
  • 日吉神社の紀元2600年記念の石碑を眺めたらこの階段を登ります。この階段、夏目友人帳に出てきそう!これは登ってみるしかないでしょ! ちらっと見えるあのお社。まさに夏目友人帳ですよねー妖怪が出てきて欲しいけど、ここは神社。出てこないだろうな。妖(あやかし)なるものは。 これこれ!この小さなお社がたまらない!!こちらは鍬神社です。農工商の神様らしいですね。 中を覗いてみましたが [続きを読む]
  • ゾクゾクッとしたパワーを感じた日吉神社
  • 約束の時間に30分早く着き、その約束の場所でgoogle地図を開いて神社を探しました。近くの神社なら30分あれば余裕でお参りできます。 今日は名古屋市名東区の日吉神社です。名東区役所の隣ですので、まずは名東区役所を目指して歩きます。 この日吉神社は名東区役所側から行きたくなるのですが、ここはやはり南にある正門からお参りしましょう。 というのもこの正門がゾクゾクッとする雰囲気を持っている [続きを読む]
  • 100m道路の名付け親、若宮八幡社
  • 名古屋には100メートル道路なるものが2本存在します。東西に走る若宮大通り。南北に走る久屋大通り。 今回はこの若宮大通りの名前の由来となった名古屋市中区にある若宮八幡社を歩きます。 中区にありますので、ショッピングしたり夜は飲みに行ったりする場所でもあります。私はこの日、飲みに行く予定がありましたので待ち合わせ時間より30分早めに行き若宮八幡社にお参りしました。 かつては天 [続きを読む]
  • 英霊に敬礼!愛知縣護國神社
  • 名古屋市中区にある愛知縣護國神社。桜の季節は毎年桜祭りが開催されます。官庁街のそばにあります。道路を挟んで北側に愛知県護国神社。南側に那古野神社が位置します。 愛知縣護國神社(愛知県護国神社)では愛知県出身の御英霊九万三千余柱を、護國の大神としてお祀りしています。 この日は桜にはまだ早かったのですが、こちらの白い花が綺麗に咲いていました。 見事な快晴です。やはり桜には [続きを読む]
  • 真田信繁(幸村)に追い詰められた徳川家康の命を救った一心寺
  • こちらの一心寺は茶臼山と安居神社の間にあります。大きなお寺ですので見逃すことはないでしょう。 一心寺は茶臼山の入り口にある史跡碑を建ててくれたお寺です。全国から納骨が多く、永代供養のお寺としても有名です。その遺骨で作った阿弥陀仏が安置されています。 一心寺には「霧降の松」や「真田の抜け穴」と伝わる井戸跡があります。 「霧降の松」とは真田信繁(幸村)に追い詰められた徳川家康が [続きを読む]
  • 星野源さんがそんなに有名人なんて知らなかった
  • 感動の最終回を迎えた「真田丸」ドラマの前半は動乱の戦国時代を生き抜いた武将が活躍。ドラマの後半はその武将の子供たちが活躍。その子供たちは戦いを知らずに右往左往したり、「自分の力を見せつけてやる!」と息巻いたり時代が変わっていく様子を見た思いでした。 その中でも徳川家康の子ども、徳川秀忠。この秀忠が近藤正臣演じる本多正信に「やれやれ、このガキは…」と表情に出させるほどの世間知らずのお坊ちゃ [続きを読む]
  • 大河ドラマ「真田丸」が終わってしまった
  • 毎週楽しみにしていた大河ドラマ「真田丸」が終わってしまった…これから先、何を楽しみにしたらいいのだろう? 真田信繁と徳川家康が戦った大阪夏の陣。勝敗はわかっていてもドラマを見るときはどうしても真田を応援したくなる。「勝ってくれ」と願ってしまう。思い入れがどうしても強くなってしまいます。 徳川勢に堀を埋められてしまって丸裸状態の大阪城。勝機はあるのか?そんな不安がよぎる中、真田信繁(幸 [続きを読む]
  • 優秀な武将がまた一人、時代から「真田丸」から去りゆく
  • 草刈正雄さん、素晴らしい昌幸でした 素晴らしい俳優さんがまた一人、番組からいなくなります(泣)あの素晴らしい武将・真田昌幸さんを演じている草刈正雄さん! 大河ドラマ「真田丸」で関ヶ原の戦いの放送が終わった後、真田信繁(幸村)と昌幸親子は和歌山県の九度山に移ります。今でいう左遷です。どれだけ兄の真田信之と本多忠勝がどれだけ懇願しても徳川家康は真田親子を許すことはなく真田昌幸はここで一生を終え [続きを読む]