くらぽん さん プロフィール

  •  
くらぽんさん: 初心者だけど、ピアノが好き
ハンドル名くらぽん さん
ブログタイトル初心者だけど、ピアノが好き
ブログURLhttp://yumiko.tea-nifty.com/piano/
サイト紹介文子どもの頃に少しだけ習っていたピアノを大人になってから再び習いはじめた、初心者です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/07/10 11:51

くらぽん さんのブログ記事

  • 編曲の勉強したいな(つぶやき)
  • 3か月ぐらい前からちょっと本気でスケールの練習を始めて最近はカデンツの練習もし始めてそしたら、ふと思ったんですよね。編曲の勉強したいなって。私、手が小さくて、弾きたい曲を探す時に、一番最初に見るのが手が届くかどうかなんですよね。そうすると、手の大きさが子どもと同じぐらいだからどうしても、子ども向けの曲になってしまって・・・。このまま頑張ってピアノ練習しても自分が弾きたいと思う曲は弾けないないんじゃ [続きを読む]
  • 顔も表現してって言われたけれど、
  • 昨日のレッスンで、顔も表現してって言われたけれど、あまりにもいきなり過ぎて、どうして良いのか全くわからなかった。習っていた曲はカバレフスキーの小さな歌。カバレフスキー「こどものための小曲集」の中の一曲。3、4年前に使っていた教本にも入っていたけど、今使っている教本の中にも入っていて、好きな曲だったので、もう一度習っている。子供にも弾けるように作られた曲なので、難しい曲ではない。だから、弾けるように [続きを読む]
  • スケール・カデンツ・アルペジオを標準装備に その16 短調(夏)
  • 1か月ぐらい前は、こんな感じでした。スケール・カデンツ・アルペジオを標準装備に その13 私の中に短調のそれぞれの調の音のイメージが全くと言いていいほどなくて、思ってたよりもだいぶ難しかしく感じた。イ短調を覚える時は、過去に習ったイ短調の曲を練習してイメージを作ってからやったらいいかも、と思ったけど、今までそんなに短調の曲を弾いてきてないからこの方法は私には使えないとわかり、一番手っ取り早く、楽に [続きを読む]
  • スケール・カデンツ・アルペジオを標準装備に その15 長調(夏)
  • スケール・カデンツ・アルペジオを標準装備にしたいと年末からやり始めたが、ちょっと頑張るも、そのうちに忘れ。6月になって、今年はあと半分あるからがんばったら何とかなるんじゃないかと思い立ち、本に載っていた長調のスケールの練習法を参考に小さなステップを作って練習し(詳しくは6、7月の記事をご覧ください。)7月の終わり頃、つっかえながらも何とか長調のスケールが弾けるようになり。8月はそれを定着させようと [続きを読む]
  • 撮影時のマイクの位置が気になったので
  • 何度か動画を撮っったんだけど、パソコンに落してみると音量が小さいのが気になって、消してばかりいました。弾き方のせいかもしれないと思って、色々変えてみたけれど、音量は変わらず。よくよく思い返してみると、室内でのピアノを移動してから小さくなっていることに気付き、撮影時のマイクの位置が関係あるのでは、と調べてみたら、ピアノの録音は実は難しいってことを知り、簡単に考えていたけれど、ちゃんと考えて工夫しない [続きを読む]
  • ネットは外の世界を教えてくれるもの
  • このブログ、ピアノと関係ないことは、あえて書かないようにしていてプライベートも仕事のことも、ほとんど書いてこなかったんですけど、私、うつ病、不安障害、離人症状・・・がある精神障害者なんです。うつ病になったのは8年ぐらい前だと思いますが、2年ぐらい前から特に症状が悪化して、一人で外に出ようとすると極度の緊張と恐怖感に襲われてしまい、電車にも乗れず、いや正確には乗ることを避けていて、人の集まるところや [続きを読む]
  • 免責事項・アフィリエイト参加宣言
  • 免責事項当サイトには、アフィリエイトプログラムを使って紹介している商品もございますが、直接の販売は行っておりません。 商品に関するお問い合わせは販売店様へ直接ご連絡くださいますようお願い致します。 当サイトに関する記事は、個人的な主観をもとに書いており、すべての人に当てはまるというものではありません。商品やサービスのご購入に関する最終的な判断はご自身での責任でお願い致します。万が一、当サイトを利用す [続きを読む]
  • エッグシェイカー
  • エッグシェイカーって聞くと料理の道具?と思ってしまいそうだけど卵の形をしたマラカスです。最近、リズムについて本を読んだりネットを見たりして勉強をしているのですがリズム感がない人の練習法も一緒にみていて、色んな人の意見があるのだけれど、まとめると、音楽に合わせてマラカスを振るのが良さそう。手拍子ではなくマラカスを使う理由はマラカスは「点」でリズムをとれないから。で、マラカスにも色々あるのだけれど安く [続きを読む]
  • 「ノリ」について考えてみよう その2
  • 「ノリ」について、調べていると「リズム」と「グルーヴ」という言葉が必ず出てくる。そして、日本人は農耕民族だから・・・という話しや日本語は母音と子音でできているから・・・という話しもよく出てくる。私が本当に知りたいのは、だから日本人は、ということではなくて、その先のそういう特性もあるけれど、ピアノを弾く時に、こんなことに注意したら良いよとか、こんなふうに考えたら良いよとか、そういうこと。今よりもちょ [続きを読む]
  • 「ノリ」について考えてみよう その1
  • ネットをみていたら、そこに出てきた「ノリ」という言葉がすごく気になった。そういえば、リズムは気にしてたけど、ノリっていう概念が私の中になかったかも。だから、今習っているバスティンの野生の騎士いつまでたっても弾けた感じがしないんじゃないのか、と思ったのです。特にバスティンの教本はアメリカの子供用の教本だからノリが日本と違う。だから、ノリをすごく意識して弾かないと弾けないのでは。もしかして、いつまでた [続きを読む]
  • スケール・カデンツ・アルペジオを標準装備に その14
  • ブログのおかげで、スケールの練習を習慣化することができました。長調のスケールはだいぶ弾けるようになり、1週間ぐらい前から短調のスケールの練習もやり始めました。とりあえず、ステップ8として右手イ、ホ、ロ短調としていました。長調のときは順調にいったので、ずっと1ステップごとにブログに載せていたのですが、短調は小さなステップを積み重ねていくように練習しないととても弾けそうにありません。それを逐一ブログに載 [続きを読む]
  • スケール・カデンツ・アルペジオを標準装備に その13 ステップ7
  • ステップ7は両手変ト、変ニ、変イ、変ホ、変ロ、ヘ長調。と、ステップ6のハ、ト、ニ、イ、ホ、ロ長調も練習しました。10日練習して、何とか弾けるようになりました。これで、長調のスケールは一通り練習できたことになります。次は短調のスケールです。短調の指使いだけを書きだしてみたら、長調の時と同じように右手、左手に分けて、同じ指使いをまとめて練習できそうだったから、また6つぐらいずつまとめてすればいいかなと [続きを読む]
  • 父の口笛が
  • 今この曲を練習しているんですけどね。 バスティンの野生の騎士。今日の父の口笛がこのメロディーになっていました。いや、確かにくり返しが多く覚えやすいメロディーではあるんですが、弾き始めて1か月以上たっているんです。母の鼻歌も時々私が練習している曲だったりします。不思議なことに、父も母も私が自分勝手なリズムで弾いている時はどんなに聞いていても歌いませんが、リズムが整って弾けるようになると歌い始めます。 [続きを読む]