ASIA-EXPRESS さん プロフィール

  •  
ASIA-EXPRESSさん: ASIA-EXPRESSのブログ
ハンドル名ASIA-EXPRESS さん
ブログタイトルASIA-EXPRESSのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/japan_air3100
サイト紹介文各地の空港で撮影した旅客機の写真を掲載しています。
自由文旅や出張で旅客機に乗る機会が多く各国の美しい色彩の旅客機に魅せられています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2016/07/10 20:40

ASIA-EXPRESS さんのブログ記事

  • 黄色い訪問者
  • 201707 大阪府内 ANA B777-200 "C-3PO"期間限定で就航便が公開されているANAの特別カラー機。確実に見られるチャンスを、前々から気になっていたポイントで待ち構えます。着陸コースとイメージを頭で妄想しつつ場所選びに右往左往。あいにくの曇り空に静かに現れた黄色い機体。街中に滑り込む777に、ちょうど高速道路を梅田に急ぐ空港連絡バスが絡み、空港のある街の雰囲気がさらに強まったでしょうか。ほぼ狙った通りのショット [続きを読む]
  • 真紅の尾翼に
  • 201707 関西国際空港 エアカナダルージュ B767-300ERバンクーバーに向かう機体はLCC、エアカナダルージュの767。国旗でおなじみメープルリーフが尾翼からはみ出すほど巨大に描かれた機体空港で一目でどこの国のエアラインかがわかるほどの存在感。rougeのロゴも斬新です。今や長距離の太平洋路線にもLCCは台頭の様子。「優雅なヒコーキの旅」も年々「気軽なお出かけ」に代わりつつあるのかもしれません。初めての撮影のエアライ [続きを読む]
  • 夏がやってきた
  • 201305 中部国際空港 日本トランスオーシャン航空 B737-400今年も梅雨明のニュースが聞こえてきました。いよいよ夏本番。それにしても連日の猛暑。ヒコーキを眺める側も暑さと陽射しとの勝負です。沖縄に出発するジンベイジェット。ジンベイザメはお馴染み美ら海水族館の人気者。先行するスカイマーク機と並びます。伊勢湾をバックに飛び立つその姿は、海から飛び出してきたかのよう。気持ちよく空を泳ぐジンベイジェットで沖縄 [続きを読む]
  • 遥かシベリアへ
  • 201707 関西国際空港  アンガラ航空 An-148空港ウォッチングの楽しみ、チャーター便。普段は就航していない海外の機体にワクワクします。さらに珍しい機種なら楽しみも倍増。この7月の連休にシベリア行きのチャーター便を見に行きました。現れた機体はロシアのアントノフ148。一見、軍用輸送機のようなシルエット。初めての対面です。コールサインはAGU(アルファー・ゴルフ・ユニフォーム)904。機体はずんぐりとした胴体の高 [続きを読む]
  • 海の日
  • 201309 東京国際空港(羽田) ANA B787-8 / B777-300海の日でしたので、今回は羽田で船とヒコーキを。2011年のデビューから少しづつ数が増えてきた787。東京湾を進むのは日本郵船のコンテナ船と並びます。賑やかな機体はポケモンジェットの777-300。背後には帆船の姿。練習船の日本丸でしょうか。白い船体が美しく。せっかくの偶然の出会い、もうちょっと構図に工夫が出来なかったのが残念。船もヒコーキもどちらも未だにロマ [続きを読む]
  • 早朝の関空で
  • 201703 関西国際空港 ベトナム航空 A350 他朝の関空はカラフルな機体がズラリと勢ぞろい。南ウイングには早朝にホーチミンから到着した新鋭A350。他にも出発準備中の台湾、フィリピン、中国といったアジアの翼たち。遠くにはアメリカUPSのMD11貨物機の特徴的な尾翼も。北ウイングに行くと、香港航空、キャセイ、タイのジャンボ機が。日本の航空会社の機体がいないので異国の空港のような雰囲気です。撮影ポイントが少ない海の上 [続きを読む]
  • サンフランシスコ行き
  • 201707  関西国際空港 ユナイテッド航空 B787-8アジアのエアラインが先行して導入している感の787。本家アメリカのエアラインも日本路線に投入しています。何かと最近話題のユナイテッドがその1社。他にはないシェブロンノズルと呼ばれるギザギザが入った大きなエンジンが目立ちます。地球を描く尾翼とゴールドのラインが美しい機体。サンフランシスコに向けて出発です。アメリカのエアラインも新型機の導入が進み、徐々に世代 [続きを読む]
  • グランドレベル
  • 201706 徳島空港 日本航空 B767-300徳島空港のターミナルビルはガラス張りで駐機中の機体も目の前に。窓ガラス1枚隔てて見上げた機体は巨大。地上スタッフと同じ視点で眺めることが出来ます。スポットインする様子も画になりそうです…。2階に続く階段から。カーゴドアが開き、貨物の積み込みを待っている様子。着々と準備が進みます。羽田へ出発です。地上スタッフも手を振ってお見送り。同じ視線でカメラを向ければ、展望デッ [続きを読む]
  • 懐かしの特別色
  • 200804 福岡空港 中国東方航空 A320 "Young Pioneer"とにかく機体数の多い中国のエアライン。特にスペシャルマーキングと呼ばれる珍しい機体に巡り合うのは時に運だのみになることもしばしば。中国東方航空のA320も機体数はものすごく多いですが、その1機に施された特別色。機体いっぱいに描かれた子供たちの絵の機体。この頃、福岡に頻繁にやってきていて私の福岡勤務時代によく見ていた懐かしい機体。この機体はその後、ノー [続きを読む]
  • 純白の旗艦(フラッグシップ)
  • 201704 大阪国際空港(伊丹) 日本航空 B777-300今回は空をゆく姿を。やってきた機体はJALの777。ゆっくりと優雅な姿はJALのフラッグシップにふさわしい貫録。伊丹には東京・那覇便でその姿を見ることができます。晴れ渡った空に輝く純白の機体は美しく。覗いたファインダーからはみ出しそうなくらいの大きな機体。6軸ボギーの主脚がまもなく力強く地面をとらえるところです。千里川土手からの撮影。ヒコーキ撮りとしては、そろ [続きを読む]
  • FedEx 街中から世界へ
  • 201706 関西国際空港 フェデックス B777-200Fアメリカ大手の物流会社フェデックス。街中でもたまに宅配のトラックを見かけます。日本で宅配と言えば、今まさに「猫の手も借りたい」くらいのニュースが流れていますね。FedEXのロゴが大きく描かれた機体。窓の無い777もまた新鮮に映ります。フェデックスは関空をアジアの拠点空港としアメリカ本土、アジアへ数多くの便を飛ばします。これまでは3発エンジンのMD11が多かったこのエ [続きを読む]
  • 新色まだまだ増えます
  • 201701 県営名古屋空港 フジドリームエアライン E175正月明けの連休、天気に誘われて朝から訪れた小牧。FDAの機体が2機到着しました。右側通路付近を歩くのはこの2機に乗務していたクルーの皆さん。「福岡はどうだった?」「今日は気流が穏やかだったよ」など会話は聞こえてきそうです。泊りでの勤務お疲れ様です。のんびりした時間が過ぎていく小牧。背後に見える自衛隊のC130は休日は朝から眠りについています。程なくして、 [続きを読む]
  • 星と虎
  • 201605 スカイマーク B737-800朝のセントレア、出発するスカイマークの737にはトラの顔が。神戸を拠点空港とするスカイマークが一時期飛ばしていた阪神タイガースジェットです。凛々しいトラとウイングレットのハートがまた好対照。軽々と離陸し、優雅に上昇していきます。この日は陽射しが弱かったのが少々残念でしたが、トラの顔はアクセントとして目立ちます。今日は七夕ですね。 [続きを読む]
  • 覚えていますか?
  • 200802 福岡空港 ANA B767-300いきなりド派手な出で立ちの767。USJのオフィシャルエアラインとなったANAが国内線に登場させた特別塗装機。デジタル一眼レフで撮り始めた頃に福岡で遭遇。尾翼はお馴染みANAのロゴに代わりUSJのロゴが大きく描かれます。今のスターウォーズジェットに繋がる映画とANAの組み合わせ。この機体には那覇→福岡のフライトで搭乗しましたが、機内はノーマルの機体と変わらなかった記憶があります。いよい [続きを読む]
  • 大阪の空に
  • 201705 大阪市内今回は趣向を変えて…ヒコーキが飛び交う大阪の街。そんな情景を求めて休日はカメラ散歩。街の喧噪にジェット音もかき消されます。阪急梅田駅の駅ビルと、駅前の観覧車。エアコンメーカーの巨大看板が目を惹くところを、伊丹にファイナルアプローチをするJAL機が静かに通り過ぎます。伊丹で無線交信を聞いていると聞こえてくる「リポート アット テンマ」。道の無い空に設けられた通過報告ポイント。さてさて、 [続きを読む]
  • ちょっぴり都会的?
  • 201706 大阪国際空港(伊丹) ANA B767-300ER1日複数便ある成田行き。国際線へ乗り継ぎに便利なフライトには、国際線用の機材が充てられています。この日は中国や近距離アジア路線に従事するウイングレットのついた767-300ER。山並みに沿って立つ高層住宅を背後にウイングレットをかざす姿は、どこか都会的な雰囲気を感じますが如何でしょう。787の導入が進み、少々影の薄い存在になってきた767。尾翼のペイントが疲れた感じでは [続きを読む]
  • A330 西陽を浴びて
  • 201606 新千歳空港 チャイナエアラインズ A330-300スッキリ晴れた新千歳。太陽も西に傾き、まもなく1日が終わるころ、台北から機体を輝かせてA330が降りてきました。長い主翼に抜群のプロポーションのA330は個人的に一番好きな機種。続いて下りてきたANAの737をエンジンブラストで揺らします。長旅を終えてホッとした表情。美しいA330は堂々と目の前を通過していきました。大きな梅の花と淡い紫色のカラーが緑の多い新千歳に映 [続きを読む]
  • 黄色いLCC
  • 201706 関西国際空港 スクート B787-8関西空港出発ロビー、目の覚めるような黄色の制服のCAはどこのエアラインかなと見ていると、シンガポールのLCC、スクートのクルーでした。最新鋭の787でシンガポール線を運航します。乗り物のスクーターなどでおなじみ、スクート=「走る」がエアライン名の由来とか。黄色い尾翼もまた目立ちます。レジ9V-OFAはスクートの787でも1号機。この機体は中国の伝説的な8つの宝を意味する「八宝」の [続きを読む]
  • 巨人機の離陸
  • 201703 関西国際空港 シンガポール航空 A380期間限定で就航していたシンガポール航空のA380。セントレアで見物して以来の再会です。展望デッキから離陸する姿を追いかけました。世界的には中東のエアラインが多数導入する機体。日本ではなかなか会えない機種のひとつ。ゆっくりと、優雅に浮かび上がった機体。厳しい光線状態の中でここは思い切りアップで。無数の車輪がメカニカルに機体に格納されていきます。総2階建ての孤高 [続きを読む]
  • スーパードルフィン間もなく着陸
  • 201706 大阪国際空港(伊丹)  ANA B737-500色々な機種がやってくる伊丹。その中で気になる存在737-500「スーパードルフィン」。九州ローカルを主体に頻繁に見かけます。名門、ボーイングファミリーでもすっかり数の増えた737-800とはまた違った小さくてかわいらしい機体。引退する仲間も徐々に増えている様子。今年は5機の仲間が戦列を離れるようです。大型機に混ざってANAの地方路線を支える737-500。活躍する姿をしっかりと撮 [続きを読む]
  • アシアナの新星
  • 201706 関西国際空港 アシアナ航空 A350アジアのエアラインを中心に導入が進むA350。韓国、アシアナ航空にも導入され、いよいよ関空線にも就航。就航初日、2往復目の機体を。背後は同じ韓国のLCCジンエアのB777。ずんぐりした777に比較してA350のスマートさか際立ちます。滑走路24Lに入る機体。この機体の美しい角度を模索中ですが、ウイングレットとスラリとした脚の長さが際立つこのやや後ろからのショットが個人的に気に [続きを読む]
  • 名機いつまでも
  • 201706 高松空港 エアーニッポン YS11空港でヒコーキに乗り込む時に、地上を歩いてタラップでの搭乗は、旅情を誘いワクワクします。最近はバリアフリーへの対応か小型機でもボーディングブリッジの時がありますね。青空の下、こんな画像が撮れるのも楽しみのひとつ…。と、撮影したのは高松空港に保存されているYS11。曜日限定で機内を解放しているようで、大人から子供まで見物する人も多く。何より機体の綺麗さも印象的。美し [続きを読む]
  • 昼前のセントレア
  • 201608 中部国際空港 ルフトハンザ航空 A340-300 / フィンエア A330-300 他夏の日のセントレア、昼前から一斉に国際線の出発ラッシュが始まります。手前は台北行のチャイナエアラインA330、出発準備中のフィリピン航空のA330、奥はひと足先に離陸準備が整ったフランクフルト行きのルフトハンザA340。その後しばらくすると、アメリカからドリームリフターがボーイング787のパーツを引き取りにやってきました。この日はロシ [続きを読む]
  • 20年
  • 201706 関西国際空港 キャセイパシフィック航空 B777-200夕陽に尾翼のブラッシュウイングも輝く777。ANAやJALと並んでこの機体を早期から積極的に導入したキャセイ。登場時から施される魅力的なデザインもまた未だに古さを感じさせず、積極的にカメラを向けたくなります。画像の機体は導入21年目キャセイ一筋の機体。今年は香港返還からちょうど20年。カラーリングの新鮮さは変わらずとも、機体に示されるレジが香港を示すVR [続きを読む]
  • 初めての高松へ
  • 201706 高松空港 ANA B767-300前々回の徳島からさらに西へ、訪れた先は高松。讃岐うどんを食べる前に立ち寄った高松空港は、空港を目の前に花畑と公園が広がる抜群のロケーション。ANAとJALの機体が仲良く休憩中です。ひと足先に出発するのは、那覇行きの767。梅雨の中休み、からりとした空のもと、風も心地よい高松空港。地元、伊丹にも負けないくらいの迫力で、離陸する姿を収めました。高松市内まではクルマで約30分。丘の上 [続きを読む]