TAMA さん プロフィール

  •  
TAMAさん: たまたまキャンプだ
ハンドル名TAMA さん
ブログタイトルたまたまキャンプだ
ブログURLhttp://tama1055.naturum.ne.jp/
サイト紹介文64歳から始めたソロキャンプ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 262日(平均1.7回/週) - 参加 2016/07/10 22:37

TAMA さんのブログ記事

  • マーシャルテントの重量
  • 冬の時期のソロキャンプで使っているマーシャルテントはコットン製なのでガサが大きく重たいです・・・また骨組みもスチール製だからコンパクトにもならず重たいですさて  どれくらいの重さだと思いますか ?参考の為に実測してみましたよ答えは次回の 《 マーシャルテントを張る 》 にてにほんブログ村 [続きを読む]
  • あわや山火事
  • 今回の梅ヶ島キャンプでの出来事です最初の日 テントの設営が終わり近くにある日帰り温泉 黄金の湯へ近くと言ってもその距離約4kmありますさほどのんびりする時間もなかったので1時間券で入浴してきました梅ヶ島キャンプ場も黄金の湯も山間の1本道にあります静岡市街を流れる安倍川に沿った道ですなぜ1本道を強調したいかというと黄金の湯からの帰り道 1台の消防車と出会いましたわき道に入り川の方へ降りるところでした訓 [続きを読む]
  • 梅ヶ島キャンプ場・・・2017-3
  • 2017年3月15日(水)から2泊キャンプしてきましたキャンプ場の近くに梅園があり そこには春がありますが梅ヶ島キャンプ場は冬の世界です到着時には猿が3匹サイト内をのんびり歩いていました翌日も日中は猿が居ました 去年の9月と11月に利用した時は見かけませんでしたが到着時には「今回は猿との戦いになるかな」 と覚悟しました結果何もなかったです天気予報では15日の夕方に雨マークでしたが 夕方から雪が降りましたその後  [続きを読む]
  • マーシャルテントの修理
  • 今後このマーシャルテントを冬用に定着すために少々修理しました・・・このクラシックなテントに手を加えることには躊躇しましたが使いやすくするために修理しました今回の修理はみっつ① 収納袋の補強および口を閉じるひもの交換② 入口ファスナーを使いやすくするためのファスナーの追加③ 入口面のスカート生地の追加収納袋は現役を使っていますが壊れる寸前でしたなにせテント骨組上部でたたんだテントを収納する為に強引に [続きを読む]
  • 静岡県の無料キャンプ場へ
  • 2017年2月28日から1泊で静岡市にある黒川キャンプ場へ行ってきました・・・清水森林公園やすらぎの森の中にある無料のキャンプ場です《 無料 》ですが設備は充実していますここの清水森林公園にはよく来てますがキャンプは初めてです私の家からは約80分かかります梅ヶ島キャンプ場へも同じくらいの時間がかかります梅ヶ島キャンプ場は1泊450円ですが こちらはタダ炊飯棟です閑散期の為なのか水道からの水に勢いがありません [続きを読む]
  • 車中泊グッズが鍋敷きに
  • 車中泊する時に毎回使うのが《 水準器 》です・・・キャンプ場でもパーキングでも使います・・・私の場合は車中泊での枕の位置が固定なので車両の前側を少し高くしなければなりませんベッドは車両のベースに水平に作ったのですが地面が平らの所では車両の前側が低くなりますよって傾斜している場所に車を停めますがこの水準器を頼りに場所を探します適当な傾斜が無い時は このデッキパネルを使います300 x 300 サイズを3枚準 [続きを読む]
  • 持病対策で車中泊を選択
  • ソロキャンプなのに毎回車の中で寝ています前回100Vないと困ることを書きましたが12Vバッテリー使用なのでテント泊でも同じことですが私は睡眠時無呼吸症候群だけではなく 頸椎も痛めていますまさにガタガタの体ですが・・・キャンプをしたいので工夫していますマットも敷いていますそして特別な枕も使っていますたしかに これもテント内へ移動することは可能ですが楽な車中泊を選択していますにほんブログ村以前この特別な枕 [続きを読む]
  • 2017年の初キャンプ・・・雪
  • 2017年1月19日(木)から2泊の今年初めてのキャンプをして来ました・・・静岡県でも人気の高い《ふもとっぱら》へ行ってきました                今回のキャンプは直近の計画ですというのも天気予報で20日の金曜日が雪マークとなっていたからです前々から雪の中でキャンプしたい願望がありましたそれも雪のない時に設営し 雪が降っていない時に撤収するキャンプです木曜日は積雪ゼロで 土曜日は晴れの予報で [続きを読む]
  • 100v電源が無いと生きていけない
  • 私は 睡眠時無呼吸症候群 SAS(サス)が11年前に確定されましたSASでも私は重症のランクで その当時ドクターから言われました「このまま何もせずにいた場合の5年後の生存率は30%です」まぁその時の検査で最長 124秒 呼吸をしていなかったから ありかという訳で 私は寝る時に医療器具の助けが必要になります少し圧縮した空気を鼻から送り込む医療器具ですシーパップ(CPAP)といいます車中泊の時もシーパップを使 [続きを読む]
  • 今年最後のキャンパーだろう
  • 静岡県の森町にある《コテージ・アクティ吉川キャンプ場・カワセミの里》へ今年9月から始めたソロキャンプも今回が2016年最後のキャンプになりましたキャンンプ場は元小学校の廃校を利用して作られていますまぁ校庭がキャンプサイトでしょうかチェックインして最初にびっくりしたのが集落の中にあることから キャンプ場の隣りが民家ということです今日は日曜日で若者の集団が2組撤収していましたこの若者たちがさわげば民家の方々 [続きを読む]
  • 脱着式の車中泊ベッドを作る
  •   ヴェルファイアに車中泊する為のベッドを自作しました。  自作のベッドは木材中心にDIY、マット張りは業者にしてもらいました。  前のハイエースでは構造変更して車検を取りましたが、今回は使用状況に  応じてレイアウトを変えたいのでしませんでした。  よって、構造変更にならないよう工夫をしました。          構造変更とは標準車両の座席を外したり、ベッドを固定した時等で  新たな構造で車検を [続きを読む]
  • 梅ヶ島キャンプ場・・歩く食べる
  • 梅ヶ島キャンプ場の近くに人気がある日帰り温泉《黄金の湯 こがねのゆ》があります・・・ここに車を停めてノルディックウォーキングして来ました・・・日本三大崩れのひとつ大谷崩れへ・・・大谷崩れを上るスタート地点まで歩きましたスタートの黄金の湯が標高734m大谷崩れの案内看板があるところが標高1247m標高差約500メートルです        上りに約2時間 下りに約1時間これはかなりのハイペースですので ご参考にな [続きを読む]
  • 冬のキャンプには鍋が楽じゃ
  • 焚火を囲みながら肉を焼いて食べるようなことは冬のキャンプではしたくはない・・・寒さをこらえて食事をしたくはない・・・温かいテントの中で鍋料理を食べたい・・・鍋料理やおでんを持っていこうキャンプに出掛ける前の残り物の鍋料理をビニール袋に入れて持っていこう温かいテントの中で温めなおして食べよう酒のつまみにもなるし 最後はうどんを入れて食べるのも良しにほんブログ村 [続きを読む]
  • 呼吸するマーシャルテント
  • 25年から30年前のあたりで購入したテントを21年ぶりに張ってみました・・・スチール製の骨とコットン生地テントは長い年月を経過しているにもかかわらず張れました・・・フランス製のマーシャルテントです《 呼吸するマーシャルテント 》とはテントの中でやかんで湯を沸かしました沸騰して湯気が立つと 湯気は天井に吸い込まれていきますまさに天井のテント生地がメッシュかのように吸い込まれていきますそして しばらくすると [続きを読む]
  • 梅ヶ島キャンプ場・・2016-11
  • 11月29日(火)から1泊してきました・・・2泊の予定でしたが30日の夜から雨の予報があるので夕方撤収しました・・・冬の雨はつらいです・・・仕事リタイヤしているので雨は避けたいですがここは1週間前に予約しなければならないので仕方なしです紅葉予報では見ごろの終盤の梅ヶ島ですが見事な紅葉は行く途中からも無しでした2年連続で私が訪ねた場所は貧弱な紅葉でした梅ヶ島キャンプ場の利用客は 私だけ他の利用者に気配りするこ [続きを読む]
  • ソロキャンプはダメですか
  • 当キャンプ場の主役は子供たち!!自然に囲まれた最大2家族までのキャンプ場・・・以下に該当する場合は大変申し訳ございませんが、ご予約はできませんので予めご了承ください・・・マナー違反のお客様には厳重注意のうえ、退場していただきます。・・・《べるが尾白の森キャンプ場のHPより》おっ こわ!HPの随所に厳しいルールの説明があります私はここの併設されている日帰り温泉《尾白の湯》に2度訪ねたことがありこの森 [続きを読む]
  • 焚火対策・・・ダウンジャケット
  •        冬のアウトドアにはダウンジャケットが欠かせないが焚火には向かない・・・冬のキャンプでダウンジャケットを着ながら焚火を楽しむにはどうしたら良いだろうか・・・やはり重ね着しかないか       重ね着したらダウンジャケットの軽さの利点がなくなります重ね着できる化学繊維の上着はいろいろありますが軽いコットンの上着はありません    探しましたアマゾンで ユナイテッドアスレ 10オンス スェッ [続きを読む]
  • ワンタッチフィッシングテント T5-244
  • 冬のキャンプの為に購入しましたDOPPELGANGERのワンタッチフィッシングテントT5-244・・・5人用ですがソロキャンプ用として使います大きなタープの下に小さなワンタッチテントを張るスタイルで8月の終わり頃からソロキャンプを3回楽しんできましたが10月のキャンプの夜には寒かろうと思いテントを探してきましたそして選んだのがこのワンタッチテントです収納時のサイズが1350と長いのが気になりましたが本体は5.8 [続きを読む]
  • 屋外用こたつ・・・自作
  • デカ暖を使って屋外用の《こたつ》を作りました・・・予想以上に暖かいです・・・テーブルと身体との間から温風が噴出し顔面もぽかぽかになりました冬の季節に満天の星空の見ながら酒を飲みたいと思い工夫してみましたキャンプ用のテーブルをベースにして折り畳みの椅子も利用して作りましたこたつ布団は帆布です熱源はイワタニのカセットガスストーブ《デカ暖》外気温5度前後ではストーブの火力最大では両足を広げても熱くなり火 [続きを読む]
  • 松原湖高原オートキャンプ場・・・歩く
  • 松原湖から八ヶ岳のふもとにある稲子湯までノルディックウォーキングして来ました・・・最初は松原湖から60分登ったら戻る予定でした・・・よって昼食も飲み物も持たずに出発しました松原湖周辺も紅葉していましたが迫力はなかったですねキャンプ場から松原湖までは車で移動しましたキャンプ場の標高が 約1250m松原湖が 約1100mそして今回引き返した稲子湯が 1500m稲子湯まではキャンプ場から行った方が標高差はありませんが [続きを読む]
  • 松原湖高原キャンンプ場・・2016-10
  • 10月30日〜11月1日の2泊してきました・・・今シーズンは11月6日(日)まで営業の松原湖高原キャンプ場・・・31日の朝には気温がマイナス1度まで下がりましたテントはDOPPELGANGERワンタッチフィッシングテント T5-244 4〜5人用ですがソロキャンプ用としては丁度良い広さでしたデカ暖と炊事用のコンロを同時使用すればポカポカ・・・小春日和です冬のキャンプではタープよりテントの方になりますねこのテントを購入 [続きを読む]
  • デカ暖にしました
  • これからの寒〜いキャンプに備えて暖房器具を購入しました・・・イワタニの《デカ暖》・・・カセットガスは手軽ですね決め手はカセットガス仕様で現在最大の大きさだということでしょうか頻繁にボンベを交換しなくてはならないのは しかたなしでも私のタープでのキャンプには能力不足かもと思い現在デカ暖を利用して 《 こ た つ 》を作り始めました近日中に報告しますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 田貫湖キャンプ場・・・遊ぶ
  • 長者ヶ岳と天子ヶ岳に登って来ました・・・田貫湖湖畔からスタートするハイキングですが・・・少々しんどいハイキングでした休暇村富士付近から登りましたが東海自然歩道との分岐までは急な坂が多かったです田貫湖北岸からのルートの方が優しいと途中で出会った人から教えて頂きました最初の分岐の所にはベンチが置かれ ここからの富士山の展望は素晴らしそうですがあいにく富士山は雲の中でしたでも田貫湖に張った自分のテントが [続きを読む]
  • 田貫湖キャンプ場・・・2016・10
  • この場所には数えきれないほど訪れていますが今回初めてキャンプしてきました・・・いつ来ても良いところです・・・これから何度もここでキャンプするでしょう若い頃のキャンプはオートキャンプだったので田貫湖キャンプ場は利用していませんがその後来るたびにここでキャンプしたいなと思っていましたまたソロキャンプデビューの最有力候補地でもありました先月9月9日(金)このキャンプ場に隣接する休暇村に宿泊した時に10日午前 [続きを読む]
  • タープの設営・・・基本その2
  • タープのポールの位置やペグの打ち込む場所はほぼ決まっています・・・タープを張りながらポールやペグの位置を決めていても良いですが・・・私は最初にその位置を決めてから設営し始めます登山用語の《ガイドロープ》とは使い方が違いますがガイド(目印)になる細いロープを用意しています現在タープを2つ所有していますが それぞれにガイドロープと小さいペグ3本を入れてありますタープの設営・・・基本その1で使ったポールの [続きを読む]