宮崎関大 さん プロフィール

  •  
宮崎関大さん: 言語聴覚士リハビリ情報サイト:STナビ
ハンドル名宮崎関大 さん
ブログタイトル言語聴覚士リハビリ情報サイト:STナビ
ブログURLhttp://stnavi.info/
サイト紹介文言語聴覚士リハビリ情報サイト。医療情報、リハビリ情報、国家試験勉強法などを載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 309日(平均2.4回/週) - 参加 2016/07/11 08:06

宮崎関大 さんのブログ記事

  • 視能訓練士養成校
  • 視能訓練士の養成校(大学・専門学校)一覧です。北海道学校名北海道ハイテクノロジー専門学校視能訓練士学科所在地〒061-1396 北海道恵庭市恵み野北2-12-1連絡先TEL:0123-36-8119  FAX:0123-33-2234学校名吉田学園医療歯科専門学校視能訓練学科所在地〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西1丁目連絡先TEL:011-272-3030 FAX:011-272-3012東北学校名東北文化学園専門学校視能訓練士科所在地〒981-8552 宮城県仙台市青葉区国見 [続きを読む]
  • 作業療法士養成校
  • 作業療法士の養成校(大学・専門学校)一覧です。北海道北海道北海道大学医学部保健学科作業療法学専攻大学北海道札幌医科大学保健医療学部大学北海道北海道文教大学人間科学部大学北海道北海道医療大学リハビリテーション科学部大学北海道日本医療大学保険医療学部リハビリテーション学科大学北海道北都保健福祉専門学校専門学校北海道専門学校 北海道リハビリテーション大学校専門学校北海道北海道千歳リハビリテーション学院専 [続きを読む]
  • 作業療法士養成校
  • 作業療法士の養成校(大学・専門学校)一覧です。北海道北海道北海道大学医学部保健学科作業療法学専攻大学北海道札幌医科大学保健医療学部大学北海道北海道文教大学人間科学部大学北海道北海道医療大学リハビリテーション科学部大学北海道日本医療大学保険医療学部リハビリテーション学科大学北海道北都保健福祉専門学校専門学校北海道専門学校 北海道リハビリテーション大学校専門学校北海道北海道千歳リハビリテーション学院専 [続きを読む]
  • 言語聴覚士養成校
  • 言語聴覚士の養成校(大学・専門学校)一覧です。北海道・東北地方 関東地方 中部地方 近畿地方 中国・四国地方 九州・沖縄地方北海道・東北地方北海道 青森県 宮城県 福島県北海道学校名札幌医学技術福祉歯科専門学校学科名言語聴覚士科所在地北海道 札幌市中央区 南五条西 11-1289-5代表TEL011-513-2111URLhttp://www.nishino-g.ac.jp/iga/備考昼3年制学校名北海道医療大学学科名心理科学部 言語聴覚療法学科所在地北海 [続きを読む]
  • ホルモン音声障害
  • 女性に対して、男性ホルモンや蛋白同化ステロイド剤など男性化作用のあるホルモン剤の投与によって生じた音声障害です。症状症状は、男声化、裏声が出ない、嗄声(声のかすれ)などです。また、いったん男声化した声のピッチを上げることは難しいと言われています。 [続きを読む]
  • 変声障害(思春期声変わり障害)
  • 男性が思春期を迎えても声変わりしなかったり、少年のようにやや高めの声を保っている状態を言います。原因心因やストレス、物理的な外傷によるものがあります。心因的な要因が背景にある場合は、成熟拒否のため声変わりも受け入れない状態であると考えられています。症状主な症状は、声がかすれる、話し声が高い、大きな声が出ないなどです。また、高い声や裏声で会話するなどの様子がみられます。治療治療には手術的治療と音声訓 [続きを読む]
  • 音声振戦症
  • 本態性振戦症という疾患の症状のひとつで、声の「ふるえ」が起こります。※ 本態性振戦症とは、原因不明の身体に「ふるえ」が起こる疾患です。症状は「ふるえ」のみで、手や足、声など身体上に「ふるえ」がみられます。症状症状は、声帯や軟口蓋、舌などの声を出すために働く筋肉の全部または一部が、声を出すときに律動的にけいれんすることで、声がワンワンと揺れるように聞こえます。鏡に向かって「あー」と声を出した時に口蓋 [続きを読む]
  • けいれん性発声障害
  • けいれん性発声障害(Spasmodic Dysphonia:SD)とは、機能性発声障害の一つで、発声時に声門が過剰に閉鎖される特発性の局所性ジストニアの一種の運動障害です。全機能性発声障害に対するけいれん性発声障害疾患比率は4.9%〜8.7%といわれています。※ ジストニアとは身体の筋肉が不随意に収縮し続ける結果、筋肉がねじれたり、ゆがんでしまって自分の意思通りに動かなくなる病気です。原因原因はいろいろな体の動きをコントロー [続きを読む]
  • 機能性発声障害(心因性失声症、音声衰弱症)
  • 機能性発生障害とは声帯事態に特に問題が見られないのに発声機能の異常によって音声障害が発生する疾患の総称です。代表的なものとして心因性失声症、音声衰弱症、けいれん性発声障害(別に項目を設けています)などがあります。原因心因性失声症では、精神的ショックが原因となるケースが多く、特に女性に多く見られます。音声衰弱症では、ストレスや心因が原因となることが考えられています。症状心因性失声症突然、声が出なくな [続きを読む]
  • 喉頭外傷
  • 喉に負った怪我のことをいいます。原因原因は、人体の外側から負う場合と内側から負う場合に分かれます。外傷が外から作用する外損傷スポーツ(剣道の突きや格闘技の首絞めなど)、交通事故、自殺未遂、裂傷などが原因となります。外傷が内側から作用する内損傷内視鏡、挿管などの器具、熱傷、化学物質腐食剤の吸引などが原因となります。症状症状は、傷の度合いにより異なりますが、呼吸困難、喀血、嗄声、局所痛、血腫、皮下気腫 [続きを読む]
  • 喉頭がん
  • 喉頭に発生した悪性の腫瘍です。喉頭は3つの部位に分けられ、声帯がある部位を声門、それより上を声門上(せいもんじょう)、下を声門下(せいもんか)といいます。喉頭がんはその発生部位によって「声門がん」「声門上がん」「声門下がん」の3つに分けられています。最も多いのは声門がんで60〜65%を占めます。声門上がんは30〜35%であり、声門下がんは1〜2%と極めてまれです。原因原因は、喫煙歴との高い相関があります。近年 [続きを読む]
  • 喉頭乳頭腫
  • ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染によって起こる良性の腫瘍です。腫瘍は喉頭のあらゆる箇所に発生する可能性がありますが、声帯が一番の好発部位となっています。また、喉頭乳頭腫は再発することが多く、治療に難渋することの多い疾患です。良性の腫瘍ではありますが、成人の場合は数%の確率で悪性化(ガン)することもあります。症状主な症状は、乳頭腫により声帯の振動が妨げられ起こる嗄声(声のかすれ)です。症状は徐々に [続きを読む]
  • 声帯白斑症
  • 声帯に白斑または白色腫瘤状の病変をきたすものです。病理組織的にはガンではないですが、前ガン状態として取り扱われます。原因原因は、声の酷使や喫煙などの声帯への慢性的な刺激、飲酒が考えられます。症状主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。治療治療は、手術的治療を行います。レーザーによる病変部の焼灼が一般的です。 [続きを読む]
  • 声帯肉芽腫(喉頭肉芽腫)
  • 声帯の後ろの方や声帯突起部などにできる肉芽(炎症組織)のことです。片側性、両側性どちらの病変もあり、肉芽は良性腫瘍に分類されます。原因原因は、3つに分類できます。一つ目は、声の張り上げ過ぎや習慣的な強い発声、頻回な咳払いにが原因で起こる肉芽腫で、接触性肉芽腫と呼びます。声を張り上げすぎたり、発声で無理をし過ぎると声帯の突起部分が強くこすりあって、声帯に小さい傷が生じます。その傷が潰瘍を生じて、その [続きを読む]
  • 喉頭炎
  • 喉頭粘膜の炎症性症状です。風邪の症状として現れることが多い疾患です。鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎、咽頭炎などを合併することもあります。原因原因は、ウイルスや細菌の感染、声の過度の酷使、急激な気温の変化、タバコの煙の吸入などがあります。症状主な症状は、嗄声(声のかすれ)、刺激性発作性の咳、のどの乾燥感、異物感、痰などです。鼻炎、副鼻腔炎を合併した場合は鼻汁や頭痛、扁桃炎や咽頭炎が合併した場合はのどの痛みや [続きを読む]
  • 声帯溝症(せいたいこうしょう)
  • 声帯粘膜の縁に前後に走る溝状の凹みができたものです。この溝が生じると、声門がしっかりと閉じず(声門閉鎖不全)、正常では一息で15秒ほど発声できるところを数秒しか発声できない状態になります。原因原因は、長期による炎症の残遺、加齢による声帯の変化、生まれつきのものがあります。症状主な症状は、嗄声(声のかすれ)と息漏れです。また、大きな声が出せない、話すことが辛いなどの訴えもみられます。声門閉鎖不全により [続きを読む]
  • ポリープ様声帯
  • 両側の声帯中央の膜様部ほぼ全長にわたって浮腫状をしめす腫脹をきたす疾患です。原因原因は、加齢と喫煙です。男性で特に中年以降の飲酒と喫煙の多い方に生じる傾向があります。症状主な症状は嗄声(声のかすれ)です。ガラガラとした感じで、低い重厚感のある声が特徴です。咳払いやのどの違和感がある場合もあります。また、声帯の腫脹が高度になると呼吸困難になる恐れもあります。治療治療としては、基本は声の衛生管理です。 [続きを読む]
  • 声帯結節
  • 声帯の最も振幅が起こりやすい中央部(声帯膜様部)に隆起ができた状態です。この隆起を結節といいます。原則は声帯の両側に生じ、小児にも多い疾患(小児結節)です。症状主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。少し空気が漏れる感じの声で、やや硬い声質になります。原因原因は、声帯への慢性的な機械的刺激です。声を過度に使う職業の方に多く、歌手、教師、声楽家に生じやすいです。また、小児の男児にも多くみられ、スポーツで [続きを読む]
  • 声帯ポリープ
  • 声帯に炎症性の脹れができた状態です。ポリープの大きさはまちまちで、原則は声帯の片側にできますが、まれに両側にできる場合もあります。症状主な症状は、嗄声(声のかすれ)です。空気が漏れる感じの声で、やや低音気味になります。ポリープが大きなものになると、呼気の流れをさえぎり声が出なくなったり、吸気できず呼吸困難を起こすこともあります。原因原因は、カラオケや演説、怒鳴り声などの声の酷使や喫煙習慣が多い傾向 [続きを読む]
  • 吃音を考えるつどい
  • 研修会名:吃音を考えるつどいホームページURL:http://www.kokuchpro.com/event/2fb65e194740c9627ac5fbf0b7c32399/日時:平成29年6月11日(日)会場:きぼーる11階・ボランティア活動室1参加費:無料定員:60名主催:NPO法人千葉言友会内容:2017年6月11日(日)13:00〜16:30主催:NPO法人千葉言友会場所:きぼーる11階・ボランティア活動室1(千葉市中央保健福祉センター内)講演:『吃音とコミュニケーション [続きを読む]
  • 4月2日は世界自閉症啓発デー
  • 毎年4月2日は、国連が2007年に制定した「世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day)」です。世界中のランドマークがテーマカラーのブルーに染まり、自閉症を知ってもらうためのさまざまなイベントが行われます。東京タワーがライトアップ!日本では東京タワー・ライト・イット・アップ・ブルー点灯式(LIUB)を始め、全国各地でブルーに染まった建築物を見ることができます。テーマカラーのブルーは「癒し」や「希望」を表 [続きを読む]
  • 精神保健福祉士になるには?仕事内容は?
  • 1997年の「精神保健福祉士法」施行に伴って誕生した精神保健福祉士。医療・保健・福祉と活躍の場は多岐に渡ります。精神科領域にかかせない精神保健福祉士のなり方や職場について説明していきます。精神保健福祉士ってどんな仕事?精神保健福祉士(Psychiatric Social Worker:PSW)とは、精神科領域の専門職です。精神的な病を抱えた人がスムーズに生活を営めるように、相談や援助などを行います。また、家族や関係機関との連絡・ [続きを読む]
  • 社会福祉士になるには?仕事内容は?
  • 社会福祉士とは、身体的・精神的・経済的なハンディキャップのある人から相談を受け、日常生活がスムーズに営めるように支援を行ったり、困っていることを解決できるように支えたりする専門職です。他分野の専門職などと連携して包括的に支援を進めたり、社会資源などを開発したりする役割も求められます。地域を基盤として、さまざまな場所で活躍しています。社会福祉士の仕事内容は?社会福祉士の仕事の範囲や対象は多岐にわたり [続きを読む]