宮崎関大 さん プロフィール

  •  
宮崎関大さん: 言語聴覚士リハビリ情報サイト:STナビ
ハンドル名宮崎関大 さん
ブログタイトル言語聴覚士リハビリ情報サイト:STナビ
ブログURLhttp://stnavi.info/
サイト紹介文言語聴覚士リハビリ情報サイト。医療情報、リハビリ情報、国家試験勉強法などを載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 252日(平均2.4回/週) - 参加 2016/07/11 08:06

宮崎関大 さんのブログ記事

  • 4月2日は世界自閉症啓発デー
  • 毎年4月2日は、国連が2007年に制定した「世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day)」です。世界中のランドマークがテーマカラーのブルーに染まり、自閉症を知ってもらうためのさまざまなイベントが行われます。東京タワーがライトアップ!日本では東京タワー・ライト・イット・アップ・ブルー点灯式(LIUB)を始め、全国各地でブルーに染まった建築物を見ることができます。テーマカラーのブルーは「癒し」や「希望」を表 [続きを読む]
  • 精神保健福祉士になるには?仕事内容は?
  • 1997年の「精神保健福祉士法」施行に伴って誕生した精神保健福祉士。医療・保健・福祉と活躍の場は多岐に渡ります。精神科領域にかかせない精神保健福祉士のなり方や職場について説明していきます。精神保健福祉士ってどんな仕事?精神保健福祉士(Psychiatric Social Worker:PSW)とは、精神科領域の専門職です。精神的な病を抱えた人がスムーズに生活を営めるように、相談や援助などを行います。また、家族や関係機関との連絡・ [続きを読む]
  • 社会福祉士になるには?仕事内容は?
  • 社会福祉士とは、身体的・精神的・経済的なハンディキャップのある人から相談を受け、日常生活がスムーズに営めるように支援を行ったり、困っていることを解決できるように支えたりする専門職です。他分野の専門職などと連携して包括的に支援を進めたり、社会資源などを開発したりする役割も求められます。地域を基盤として、さまざまな場所で活躍しています。社会福祉士の仕事内容は?社会福祉士の仕事の範囲や対象は多岐にわたり [続きを読む]
  • 薬剤師の仕事内容は?なるには?
  • 「街の医療人」とも呼ばれる薬のスペシャリスト薬剤師。調剤薬局やドラッグストア、製薬企業などで働く薬剤師の目指し方ややりがいなどを説明します。薬剤師とは薬剤師(pharmacist)とは、医薬品全般について、幅広い知識を持つ「薬」の専門家です。 薬局や病院で処方せんに基づく調剤や患者への服薬説明を行うほか、医療用医薬品から一般用医薬品まで、すべての薬を販売したり、相談にのることができます。薬剤師になるには薬剤 [続きを読む]
  • 認知症と難聴の関係について
  • 厚生労働省の調査では、日本の認知症患者は2012年に462万人を数え、高齢者の4人に1人は認知症または予備軍といわれています。2025年には700万人を超えるという予測もでており、認知症は私たちの身近にある問題となってきています。そんな中、厚生労働省は、2015年年1月に認知症対策を強化する計画『認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)』を発表しました。その中で認知症の発症要因は「加齢、遺伝子のもの、高血圧、糖尿病 [続きを読む]
  • ようこそ!介護保険の世界へ〜要支援と要介護
  • ※この話には「長津さん」という架空の人物が出てきます。介護保険の話では長津さんを例に進めていきます。回復期病院(リハビリテーションを重点的に行う病院)を退院した長津さんという方がいました。さあ長津さんは退院後どんな生活を送るのでしょうか?長津さんは介護保険を使用してリハビリに励もうとします。長津さんは介護保険を使用すれば、好きなサービスを利用できると思っています。訪問ヘルパーに通所リハビリ。訪問看 [続きを読む]
  • 「ちょこっと小話:おもちゃでも金!金!金!」
  • 私の職場では言語障害(主に失語症・構音障害)の方に対してST集団リハビリをしています。今回は集団リハビリ内で起こった話。STが毎週課題を考えて利用者さんに取り組んでもらうのですが、いくつか人気の課題があります。なかでもおもちゃのお金を使った課題「ギャンブル」が人気です。人間の本性もみられてST側も楽しんでしまいます。今回は1対1のゲームで、どちらの利用者さんが勝つかを賭けるもの。利用者さんは賭けとゲーム両 [続きを読む]
  • 「ちょこっと小話:おもちゃでも金!金!金!」
  • 私の職場では言語障害(主に失語症・構音障害)の方に対してST集団リハビリをしています。今回は集団リハビリ内で起こった話。STが毎週課題を考えて利用者さんに取り組んでもらうのですが、いくつか人気の課題があります。なかでもおもちゃのお金を使った課題「ギャンブル」が人気です。人間の本性もみられてST側も楽しんでしまいます。今回は1対1のゲームで、どちらの利用者さんが勝つかを賭けるもの。利用者さんは賭けとゲーム両 [続きを読む]
  • ちょこっと小話番外編:吃音とラブソング
  • 平成28年4月11日からフジテレビの月9ドラマ「ラブソング」に言語聴覚士や臨床心理士が登場してます。そしてヒロインは吃音でコミュニケーションがとれず悩んでいるという設定です。このドラマが始まる前日(日曜日)、偶然にも吃音の方の交流会に参加していました。その時にこのドラマの内容を知りました(笑)それはさておき、その交流会のテーマは自己紹介と進捗状況を発表するものでした。参加者は10代〜30代ほどの方々で「会社で [続きを読む]
  • 真面目な小話:患者さんの「生活」を考えてみよう〜その2〜
  • 〜前回のあらすじ〜生活行為とは何を指すでしょうか?「入浴」「食事」「排泄」などといった言葉が思いつきます。ですが、生活行為とはそれだけでなく、その人が「してみたい」「興味のある」意思の関与する活動も指します。もし、何らかの病気が原因で生活行為に支障をきたしたら・・・私たちセラピストは何をするのでしょうか?前回の記事を読むもし、何らかの病気が原因で生活行為に支障をきたしたら、私たちセラピストは「リハ [続きを読む]
  • 真面目な小話:患者さんの「生活」を考えてみよう〜その2〜
  • 〜前回のあらすじ〜生活行為とは何を指すでしょうか?「入浴」「食事」「排泄」などといった言葉が思いつきます。ですが、生活行為とはそれだけでなく、その人が「してみたい」「興味のある」意思の関与する活動も指します。もし、何らかの病気が原因で生活行為に支障をきたしたら・・・私たちセラピストは何をするのでしょうか?前回の記事を読むもし、何らかの病気が原因で生活行為に支障をきたしたら、私たちセラピストは「リハ [続きを読む]
  • 【研修会】第3回千葉吃音交流会
  • 日時:2017年3月25日(土)PM 1:30〜4:30 (受付 1:00 開始)会場:千葉市中央コミュニティセンター講習室1(5F) 参加費:500円 定員:40名 対象:吃音(言葉がどもること)のある 中学生・高校生〜20代の若者 当事者の保護者、心理士、言語聴覚士 「ことばの教室」担当教諭・養護教諭等学校関係者 吃音に関心のある方 主催:千葉吃音交流会実行委員会・NPO法人千葉言友会 後援:千葉県 千葉県教育委員会 千葉県社会福祉協議 [続きを読む]
  • 聴覚障害者に関するマーク一覧
  • 「聞こえない」「聞こえにくい」といった聴覚に障害をもつ方は、障害そのものが分かりにくいために誤解を受けたり、不利益を被ったり、危険にさらされたりといった社会生活上の不安は数知れずあります。そこで聞こえに不自由があることを相手に伝えるために、自己表示するマークが考案されました。今回は聴覚障害のある方が用いるマークについてまとめて紹介します。耳マーク一般社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会が考 [続きを読む]
  • 手話マーク・筆談マーク
  • 一般財団法人 全日本ろうあ連盟が公共施設の窓口などで手話や筆談に対応できることを知らせる目的で「手話マーク」と「筆談マーク」を作成しました。マークについては全日本ろうあ連盟のホームページから無償ダウンロードすることができるようです。一般財団法人 全日本ろうあ連盟マークの意味手話マーク国外への普及も考え、5本指で「手話」を表す形を採用し、輪っかで手の動きを表現。【意味】「手話で対応します」「手話でコ [続きを読む]
  • 地域包括ケアシステムとは
  • 日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しており、65歳以上の人口は現在3,000万人を超えており、国民の4人に1人が高齢者であるという急速な高齢化社会にあります。高齢者人口は今後も増加を続け、2042年の約3,900万人でピークを迎え、その後も、75歳以上の人口割合は増加し続けることが予想されています。こうした中、約800万人いる団塊の世代が75歳以上になる2025年以降、医療や介護のニーズは一層高まる見通しである [続きを読む]
  • 地域包括ケアシステムとは
  • 日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しており、65歳以上の人口は現在3,000万人を超えており、国民の4人に1人が高齢者であるという急速な高齢化社会にあります。高齢者人口は今後も増加を続け、2042年の約3,900万人でピークを迎え、その後も、75歳以上の人口割合は増加し続けることが予想されています。こうした中、約800万人いる団塊の世代が75歳以上になる2025年以降、医療や介護のニーズは一層高まる見通しである [続きを読む]
  • 地域包括ケアシステムとは
  • 日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しており、65歳以上の人口は現在3,000万人を超えており、国民の4人に1人が高齢者であるという急速な高齢化社会にあります。高齢者人口は今後も増加を続け、2042年の約3,900万人でピークを迎え、その後も、75歳以上の人口割合は増加し続けることが予想されています。こうした中、約800万人いる団塊の世代が75歳以上になる2025年以降、医療や介護のニーズは一層高まる見通しである [続きを読む]
  • 視能訓練士になるには?仕事内容は?
  • 病気や事故などによって視機能に障害が生じた患者に対し、検査や矯正訓練を行って視機能の回復をはかる視能訓練士。昭和46年に制定された「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格をもった医療技術者であり、眼科で医師の指示のもとに視能検査を行うと共に、斜視や弱視の訓練治療をこなす職種です。視能訓練士とは視能訓練士(Orthoptist:ORT)は、「見ること」「見えること」の楽しさを伝える医療専門職です。視力・屈折検査 [続きを読む]
  • 第6回成人吃音臨床研修会
  • 日時:平成29年3月19日(日)会場:千葉市民会館 3階特別会議室参加費:言語聴覚士:5,000円 養成校学生:1,500円定員:40名主催:NPO法人 全国言友会連絡協議会ホームページURL:http://www.kokuchpro.com/event/ddd927c457b7c71fcfacd5cdfcf32ff1/内容言語聴覚士の方を対象に中高生以上の吃音に関する相談や訓練に対応していただける窓口を増やすことを目指して、研修会を企画いたしました。養成校の学生さんも対象です。吃音 [続きを読む]