ぶ仙人 さん プロフィール

  •  
ぶ仙人さん: 煩悩退散!
ハンドル名ぶ仙人 さん
ブログタイトル煩悩退散!
ブログURLhttp://www.bonnoutaisan.com
サイト紹介文シンプルライフを目指しています。なのに煩悩は尽きません。そんな煩悩をここで吐き出します。
自由文最近は、生パスタ打ち、蕎麦打ちに挑戦中。自給自足を目指して家庭菜園で野菜を作ったり、、ヨーグルト、チーズ、納豆、梅干し、らっきょう漬け、麹の自作などもしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供344回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2016/07/11 11:37

ぶ仙人 さんのブログ記事

  • 【家庭菜園】今年初めての枝豆とキュウリの収穫
  • 家庭菜園で育てている枝豆とキュウリの初収穫をしました。枝豆は、黒豆の枝豆です。キュウリは去年と同じ四葉(すうよう)きゅうりです。枝豆は、早速茹でて食べてみました。毛が少し茶色いのが、黒豆の特徴でしょうか。新鮮な枝豆は甘くてとても美味しいですね。去年は、枝豆は葉は良く茂ったものの豆は全く収穫できなかったので、今年はなんとかリベンジできました。これまでの経験からすると、枝豆は木が貧弱な時のほうが豆が付 [続きを読む]
  • 【今日の蕎麦打ち】十割蕎麦(加水率高め)
  • 今日のお昼は、そばを打って食べました。蕎麦粉は、引き続き、ダイコー製粉の「北海道そば花一文」。しばらく二八蕎麦を打っていましたが、今日は十割蕎麦です。前回十割蕎麦を打った時の加水率よりさらに加水率を上げて54%で打ってみました。さすがに加水率54%となると、ずる玉気味(柔らかすぎる)になってきました。切りは、いつもより太め。平均幅2.0mmとなりました。茹で時間は、いつも通り60秒としました。出来上がり。食べ [続きを読む]
  • 【家庭菜園】ラッキョウとバジルを収穫してきました。【自給自足】
  • 雨の合間をぬって、今日は久しぶりに畑に行ってラッキョウとバジルを収穫してきました。ここ最近の雨のおかげか、どの作物も、二回り、三回りくらい大きくなっていました。ラッキョウは、玉は大きいものが多かったのですが、数は思ったほどではありませんでした。このラッキョウは甘酢漬けに加工して、一年かけてちびちびと食べていきたいと思います。バジルは、この時期恒例の摘心での収穫です。今年のバジルは、わずかにレモン的 [続きを読む]
  • 【今日の蕎麦打ち】引き続き二八蕎麦(加水率低め)を打ちました。
  • 今日のお昼は、二八蕎麦を打って食べました。加水率は前回よりもさらに1%下げて、49%としてみました。使用する蕎麦粉は、引き続き蕎麦粉はダイコー製粉「北海道そば花一文」です。北海道そば花一文 石臼挽きそば粉 1kg出版社/メーカー: ダイコー製粉 高原の粉屋メディア: その他この商品を含むブログを見るいつものように、80%-10%-7%-3%法で水回しをして…本延し後。蕎麦の幅は、平均1.91mmとなりました。太めです。太めなので、 [続きを読む]
  • 【今日の蕎麦打ち】ちょっと太めの美味しい二八蕎麦が出来ました。
  • 今日のお昼は二八蕎麦を打って食べました。引き続き、蕎麦粉はダイコー製粉「北海道そば花一文」です。今回は加水率をさらに下げて50%とし、少し太めに打ってみました。加水率を下げたにも関わらず、意外にも打ち始めの生地は柔らか目でした。打ち進めていくと、次第にちょうどよい固さになってきました。蕎麦の幅は、平均1.89mmと、少し太め。いざ、茹でようとした時に、蕎麦を締めるための冷水を用意しておくのを忘れていたこと [続きを読む]
  • 【読書】大塚初重著『邪馬台国をとらえなおす』
  • 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』を読んでから、邪馬台国についての興味が改めて湧いてきました。そこで、次に買って読んでみたのが、こちらの大塚初重著『邪馬台国をとらえなおす』です。邪馬台国をとらえなおす (講談社現代新書)作者: 大塚初重出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/01/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るこの『邪馬台国をとらえなおす』は、邪馬台国があったとされる3世紀頃の日本がどのような社会 [続きを読む]
  • 【今日の蕎麦打ち】ダイコー製粉「北海道そば花一文」で二八蕎麦
  • 今日のお昼は、蕎麦を打って食べました。蕎麦粉は、引き続き、ダイコー製粉「北海道そば花一文」で、今回は、久しぶりに二八蕎麦を打ってみました。加水率は、十割蕎麦の時よりも少し下げて、51%でやってみることにしました。打ち方は、いつもの打ち方で、4つ出しのところを少し変えてみました。普段は、4つ出しをする時に、生地を90度づつ回転させながら、角を出しているのですが、今回は、最初の角を出した後、180度回転させて [続きを読む]
  • 【読書】宮崎康平著 『まぼろしの邪馬台国』を読みました
  • 『まぼろしの邪馬台国』は、視力を失いながらも、妻の協力の元、在野で邪馬台国の研究を続けた宮崎康平さんの著書で、出版当時(1967年)ベストセラーとなり、邪馬台国ブームの火付け役になったという本です。Huluで同名の映画を見て興味をもったので、読んでみました。私が読んだのは、1980年出版の改訂版のKindle版です。まぼろしの邪馬台国 第1部 白い杖の視点作者: 宮崎康平出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/06/13メデ [続きを読む]