まー坊 さん プロフィール

  •  
まー坊さん: ゆまっこの風
ハンドル名まー坊 さん
ブログタイトルゆまっこの風
ブログURLhttp://yumanokaze426.blog.fc2.com/
サイト紹介文flowers連載中の「風光る」と「新撰組」についての二次小説と日記です!CPは沖セイRはたまに!
自由文CPは沖セイのみの予定。現代物から夫婦物たまにR18もあります(*^^*)「風光る」を読んだことがない方でも楽しめると思います。。読んだ後ほっこりしていただける話を目指しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/07/12 08:08

まー坊 さんのブログ記事

  • ◆黄昏月〈二〉
  • 先の見えない不安の中、夜遅くまで寝付けなかったセイはまだ日の光が淡い頃庭先からかすかに聞こえる素振りの音で目を覚ました。「...兄上...?」毎朝庭先で素振りを欠かさなかった兄の事を思い出してセイが寝ぼけ眼を擦りながら廊下へ出てみると中庭で素振りをしている総司の姿が見えた。セイは兄の佑馬とは遊びがてらに剣を振ることもよくあった。五歳も歳が離れていたセイが体格も性別も違う兄に勝てることなどなく、兄は日の本 [続きを読む]
  • 取り急ぎ。そしてお返事。
  • 私パソコン含め機械にめっぽう弱くて。今までブログのテンプレート、スマホのものは変更してあったのですがPCはFC2さんの初期設定のままでした。それでも全然良かったのですが、なんとなく変更してみまして...とても素敵なテンプレをお借りしているわけですが...どれだけの方がPCバージョンで見てくださってるのか分からないのですが突然テンプレートが変わって、とても見にくい!前の方がいい!との意見などありましたら是非教え [続きを読む]
  • ◆黄昏月 〈一〉
  • 誰もいない副長室で山のような書類の整理をしながらセイは思う。やはり自分は総司が好きなのだ、と。どんなに振り回されようと、冷たくされようと、今まで総司から貰った優しさの方が胸に溢れている。(想いを、伝えよう。)突き放されたっていい。このまま想いが溢れて壊れてしまうくらいなら自分がいつも、いつまでも総司の一番近くで想っている事を伝えよう。応えてもらえなくてもいい。ただ、伝えたいー。セイは小さく頷くと、す [続きを読む]
  • 絵本紹介しちゃう?そしてお返事
  • 最近読んで感動した絵本。最初に「せかいいちのねこ」を読んだらとても感動したので新作の「いらないねこ」を買いに行ったらシリーズの最初の本「ふたりのねこ」も並んでいたので一緒に買いました。これは一緒に読んだ方がいい!「ふたりのねこ」を読んでから「いらないねこ」を読むと感動が増します。わたしも娘もねこが好きなのでジャケ買いしたのですがこの方の絵本は「絵本」とひとくくりにするには惜しい。ぜひ大人にも読んで [続きを読む]
  • 拍手コメントありがとうございました!
  • 何で忙しい時に限ってやらなきゃいけないことが沢山あるんだろう?と悩んだ結果やらなきゃいけないことがあるから忙しいんじゃんという当たり前のループに漸く気がついた管理人です。こんにちは。今年の夏は私の住む地域は暑い日が少なくてとても過ごしやすい毎日でした。9月入ってからは本当に快適〜!お布団を肩までかぶれるこの季節が私は大好きです。やらなくてはいけないことに順序をつけよう、と考えたのですがとりあえずド [続きを読む]
  • ☆風の彩 5
  • もしも私の探していた『誰か』があなたじゃなかったら。そう思うと涙が出た。きっと、私は『誰か』ではなくて『あなた』を探していたのだと今は、思うんだー。※※暫く総司とセイが黙って抱き合っているとセイの携帯電話が鳴った。二人が同時にビクリとして顔を見合わせる。そして総司が小さく頷くとセイも唇を噛み締めながら携帯を手に取った。「あ...里ちゃんだ...もしもし?」電話の相手は斎藤ではなく里乃だったらしい。きっと [続きを読む]
  • ☆風の彩 4
  • セイと斎藤が付き合うことになった、と知ったのはバーベキューの日から一週間たった土曜日だった。あの日から毎日のようにセイの家の坂下でセイの帰りを待ってみたりしたけれどタイミングが合わずに一週間会えずにいた総司は、遠慮せずに『会いたい』と連絡をとれば良かった、と今さら後悔する。あの日の幸せをぼんやりと噛み締めて満足している間にあっというまに他の男に、それも斎藤にセイを取られてしまうなんて考えてもみなか [続きを読む]
  • ☆風の彩 3
  • 待ちに待ったバーベキュー当日の土曜日。朝から買い物を頼まれたセイが重たい袋を両手に持って坂を上がっていると前に総司の姿が見えた。「沖田先輩!」セイは息を切らして坂をかけ登る。すると重そうな荷物を見た総司が慌ててセイの元へ駆けつけてくれた。何も言わずにひょい、とセイから荷物を受けとると「今日はお邪魔しますね。」と微笑む総司。セイもニコリと笑いながら総司の隣に誰もいないことに気が付く。「あれ?彼女さん [続きを読む]
  • ☆風の彩 2
  • 空が真っ赤に染まる夕暮れ時。セイは自転車を押しながらとぼとぼと家へ帰る。行きは気持ちよく坂道を下れるが帰りはキツイ登り坂。慣れてはいても気分は重いものだ。今日に限っては気持ちが晴れないのは坂のせいだけじゃないのだけれど。坂の手前にさしかかり、ふぅ、と一つ溜め息をつくと「神谷さん!」聞き覚えのある声に呼び止められた。セイが振り返ると今朝自転車で衝突した青年の姿。「お兄さん。」セイはにっこり笑って総司 [続きを読む]
  • 総司忌!そしてお返事
  • 総司忌、行って参りました..。去年はお墓参りだけさせてもらったのですが今年は講演会にも参加してきました。一緒にお付き合いしてくださったのは「東京新撰組ツアー」でご一緒したAさん!半年くらいぶりの再会だわ〜!でもこの半年間かなりお喋りしてたから(ネット上で)もう私の中では仲良しさん笑待ち合わせからテキトーです。「10時半に六本木の大きい交差点で」これで会えるのか?うん。会えなかったわ。二人の考える「交差点 [続きを読む]
  • 誕生日プレゼント!
  • といもさんから頂きました誕生日絵です!わーい、今話題の大福シーン!そしてお手紙には私の大好きな山崎丞シール...!レアなグッズばかりお持ちのといもさん、実は実際にお会いしてきたのです(о´∀`о)東京に用事がある、というので東京駅まで娘つれて車飛ばして行きました。あっという間の時間だったけれども生お絵かきも拝めたし風光るについて語れたしとっても濃厚な時間でした(T^T)プレゼント絵もとってもとっても素敵!と [続きを読む]
  • ☆風の彩 1
  • 別に何かに不満があるわけではない。今までの人生、特に不自由なく生きてきた。大変な世の中だ、と言われている中でも希望の就職先から内定を貰えたし。友達はいい人ばかり。一応彼女もいる。どこにでもある普通の人生だけれども、それで十分なはずなのに何故かモヤモヤと心の奥のほうがいつも疼いていて自分の中の足りない何かを探しているみたいで。そんな事をぼんやりと考えていたら君が空から舞い降りてきたんだ。※※「行って [続きを読む]
  • 龍馬さんには参った。そしてお返事。
  • ただいま長崎にいます!長崎は坂が多い、とは聞いていて覚悟していましたが。ここまでとは...せっかくなので亀山社中とか龍馬像とかグラバー邸とか見学してきたんですが何処へ行くにも坂が凄い!!道も狭すぎて車の運転も怖いし歩いてしか行けないところばかりで階段やら坂やら...??龍馬さんにしてやられた気分です。私が敵方だということがバレてこのまま殺されるのではないかと思うほど疲れました...。山を登る分景色は最高な [続きを読む]
  • お話ネタ募集します(>_
  • 私が夏コミでゲットしてきた風光る御本たち。ほとんどが18禁なのでおおっぴらに広げることが出来ず、今日漸く読むことができました。......。.........!!!す、すんばらしいーーーーーー!!!!!ほんっとにすんばらしい本ばかり!!二次読んで泣いたの久しぶりです。正直なところ、こんなにも「風光るってすばらしい」「二次って素晴らしい」って思えたの久しぶりです(T^T)それと同時に自分の作品の幼稚さに落ち込みました。で [続きを読む]
  • 夏コミ+日野散策!
  • 夏の祭典!!夏コミ行って来ましたよーー!前情報が凄すぎて(暑すぎて倒れるとか、人混みで倒れるとか、足踏まれて倒れる、とか)怯えすぎて前の日眠れませんでした。幸い気温がそこまで上がらずにどちらかと言えば涼しい陽気。暑さ対策バッチリしていきましたがそこまで暑さに悶えることなく過ごせました。そして今回夏コミ初参戦の私にお付き合いしてくださったのはリンク先やTwitterでお世話になっているはすはなさん!初めてお [続きを読む]
  • お返事。そしてちょっとドラクエの...
  • 夏コミいってきましたよ♪詳しくは次回にレポートしますね(о´∀`о)ここ数回お返事やらくだらない雑記ばかりが続いているので一つお話下にあげていきますね。しかーし。風光るではありません。にゃんと!ドラクエ!なので興味ない方はすっとばしてください(すみません...)興味ある方、これを読んであら、ドラクエいいかも?と思ってくださった心優しい方はこの続き?というかERがpi○ivに置いてありますのでもしよろしければ読ん [続きを読む]
  • 誕生日プレゼントpart3♪
  • えへへ(*^^*)またまた誕生日絵頂きました!幸せのお裾分け...。こんなに幸せなら毎月誕生日があればいいのに(*´∇`*)絵をご覧になって、すぐにわかりましたよね!?どなたの絵なのか(>_そうです!runaさんです!runaさんのブログだとデジタル絵が多いと思うのですが今回はアナログ手書き!すごくステキですよね(T^T)runaさんの絵はいつも柔らかくて暖かい表情と雰囲気が大好きなのですがアナログになると更にその暖かさ柔らかさ [続きを読む]
  • 誕生日祝いpart2!
  • いつもブログに遊びに来てくださったりTwitterでも私に構ってくれる優しい月葉さんから誕生日絵を頂きました!!恐れ多くもリクエストさせていただいたテーマは私の短編『菊先』で花火デートをする二人。「菊先」の中に『口付けをしようとしたら花火の音に驚いて顔を背ける』場面があるのですが、その場面を描いてくださいました(>_恥ずかしそうなセイちゃん可愛い!!沖田先生がわざとらしく目を反らしているところもステキ!!色 [続きを読む]
  • ドラクエがぁ〜!そしてお返事。
  • やった!やった!ついに待ち望んでいたドラクエ11の発売(T^T)誕生日プレゼントに予約しておいてくれたので発売日当日仕事から帰ってきたら届いてました!さっそく始める。うん、これは面白そうだ!まだ少ししかやっていませんがドラクエ感満載で(王道なストーリー)キャラは..8の方が好きだけど、面白そう。忙しくなるわ〜これから。だってこの前夫が大人買いしてきた「鋼の錬金術師」も途中までしか読んでないし二週間後には夏コミ [続きを読む]
  • アイスはお好き?そしてお返事。
  • 暑いですねぇ...苦手な季節。夏。それなら冬は得意なのかと言われると別にそんなこともない。でも夏は歳をとるにつれてどんどんキツくなってきました。アイスを食べる機会も増えますね。私べつにそこまでアイスが好きなわけではないんです。甘いものもそこまで。世の中の可愛らしい女子たちのようにふわふわ?甘いものよりかはしょっぱいものの方が好きです。最後の晩餐はお握りと味噌汁がいいくらいです。そんな私が一番好きなア [続きを読む]
  • とても嬉しいお誕生日☆第一段♪
  • 聞いてくださいよー!!自慢してもいいですかー!!だめ、と言われてもさせていただきますっ!!先日私誕生日だったのですが。ついったさんでお世話になっている方々にお祝いたくさんいただいてしまったのです(T^T)←そのうち催促した人が何人かって...?それは秘密...(о´∀`о)そんな素敵なプレゼントを私一人だけで独り占めは勿体無い!申し訳ない!ということでこちらでエヘヘ自慢させて頂きますわ(о´∀`о)ついったでも表 [続きを読む]
  • 秘密のSS.そしてお返事
  • 皆様ご存知「和風丁」の優月遊様から「朱菊花」の私が(省いた)閨本番部分を..なんと!書いてくださったので(*≧∀≦*)こんなに短いのにドキドキ萌えます!そしていやーん、エロいっ!私の大興奮を皆様にもお裾分けしたくてブログ掲載の許可を頂いてきましたのでお楽しみください(*^^*)■■■『いちいち聞かないで下さい!!先生は男の方なんですから、どーんと…!』そう言って、総司の望む事を望むまま、自身に許可なく行って良い [続きを読む]
  • 恐怖の夏休み。そしてお返事。
  • 夏休みがやってきます。いままでは保育園だったので夏休みなんて関係なかったのです。今年からは関係オオアリです。だって夏休み期間中お弁当を作らなければいけないから。。預かってもらえる場所はあるんですけどね。それは有難いのですがお、べ、ん、と、うお弁当って難しくないですか!?詰め方も分からないし。子どもが食べると思うとやっぱりその日の朝に作らなくてはならないし。はぁ、ユウウツ..という気持ちにならないため [続きを読む]
  • ◆紅
  • 日を追う毎に増す暑さに堪えられず夜な夜な眠りが浅くなる夏の宵。近頃新撰組隊内には妙な噂が流れていた。「俺も見たぞ。」「まじかよ。どうだった?」「どうって恐ろしすぎてすぐに逃げたからさ。」風通しの良い場所で男五人ほど集まり何やらコソコソと話をしている。「何の話ですか?」総司がひょい、と上から声をかけると男たちは、心底驚いた、とばかりにその場で飛び上がった。「沖田先生!驚かさないでくださいよ!」「別に [続きを読む]
  • たなばたさま☆そしてお返事
  • 七夕ってロマンチックですよね〜...クリスマスももちろんいいんだけど行事の中では七夕が一番好きかなぁ。『お星さまきらきら空から見てる』の歌も可愛い。色んな場所で色とりどりの短冊が飾られていて読んでいると気持ちが温かくなります。うちのこの最近の夢は『絵本を書く人になりたい』。最高じゃないですか!?私があまりに感動するものだから本当のこと言えなくなっちゃったんでしょうね。昨日こっそり「○ちゃん本当は大き [続きを読む]