shinobu さん プロフィール

  •  
shinobuさん: slowsteps talks offshore trivia
ハンドル名shinobu さん
ブログタイトルslowsteps talks offshore trivia
ブログURLhttp://blog.slowsteps.com
サイト紹介文オフショアファンドの組成や運営に10年以上携わる著者が語るオフショアの今をお届けします。
自由文ヘッジファンドからプライベートエクイティファンド、はては投資信託商品まで、一通りのオフショアファンドを運営側から10年以上携わってきた著者がオフショアファンドの作り方から運営の仕方、最近のトレンドまでご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 328日(平均0.6回/週) - 参加 2016/07/12 10:25

shinobu さんのブログ記事

  • 同義語 - 金融に創造性は不要、なのか、時代が繰り返されるだけなのか
  • 私を仕事を通じてご存知ならまさに周知の事実ですが、金融の中でも「すみっこ」の領域をいくつも歩いて気付いたら20年も居させてもらっていますが、その時間と領域をあれこれ渡り歩いたおかげなのか、最近いろいろなものに既視感を覚えることがあるのです。多分本人たちは創造性を駆使して作り上げた、というのかもしれませんが、過去に別の領域では普通に行われてきたことで、それが出てくること自体が市場環境の、世にいう「フラ [続きを読む]
  • [投資のコストと効果] 不動産投資の場合
  • 前回の保険商品の分析、読んでいただけたでしょうか。あれ、結構細かいので最後まで読むのが疲れたかと思いますが、他方で面白い結果も出て来て個人的にはやってよかったかな、と自己満足しています。 で、同じことを他の商品でもやろう、と思った時に、実はきっちりやりたかった投資商品があるんです。それは不動産投資。それにはこんな理由があるのです。。。 家、自分で住む?それとも貸す投資をする?「新築マンション投資を [続きを読む]
  • CRS対応、大変ですよねぇ。じゃあ、CRSのない世界に行ってみますか?
  • CRSのない世界にいざ出発!って、それって一体。。。このところ、本業もちょっと変わった取り組み方でお仕事をさせていただくことになり、その準備で追われたりする中、その関係で外貨での報酬を受け取ることになりそうなことから、新しく銀行さんとの取引を始めることになり口座開設をさせていただくことになりまして、その書類の準備をしていてふとあ、日本の銀行開設も CRSがとうとう来たかと思う瞬間がありました。その横で、 [続きを読む]
  • [投資のコストと効果] 保険商品の場合 - 積立利率変動型終身保険の場合
  • あけましておめでとうございます。本年も当ブログをご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。さて、今年から新シリーズを始めてみようかと。。。前振り(笑)年の瀬押し迫るある日、久しぶりに Prestia 大手町支店に行きました。というのも、長年使って来た ATMカードの磁気が読み取れなくなったようで、ATMで使えなくなったので再発行してもらうことにしたのです。隠す話ではないのですが、私が社会に出て金融の世界の第 [続きを読む]
  • オルタナ投資関連の業界団体、日本国内にどれだけあったっけ。。。
  • 前回の記事を書いてから随分間が空いてしまいました。ネタ切れを起こしていた、というよりは、CFPの試験勉強に集中したり、その後もバタついていたので私的なブログすらアップできていないという体たらく。。。なのはいつもの事ですね(苦笑)。オルタナ投資業界の横のつながり、何があったっけ?業界皆で輪になって。。。どこに向かう?さて、実は今週の某日の晩に、ヘッジファンドの投資関連では業界内でとても顔の広い方が主宰 [続きを読む]
  • ファンドにおける中立性は誰の為といえば、投資家の為。
  • こんなべたなことがあったとは到底思わないけどでもねぇ。。。sigh最近、「わが社に新人が入った時に(本ブログを)読ませるようにしています。」と、言って頂くことがあり、ちょっと内容以上に文調(と誤字脱字)に慎重にならねば、なんて思って書くペースが遅くなってます。ごめんなさい。さて、いきなりの表題、何があったんだ、と思われそうですが、ご存知の通り著者は第三者がファンドに関与することで最終的に世界的な標準と [続きを読む]
  • AIMA Japan フォーラム 2016 、無事終わりました!
  • 白木さん、3年間の会長職お疲れ様でした。このブログを読んで頂いている方の半分は多分ご存知のことと思いますが、このブログの筆者は世界的なヘッジファンドの業界団体、Alternative Investment Management Association (AIMA) の日本での活動の2009年からお手伝いをさせて頂いておりまして(と、今、こちらのウェブサイトでの自己紹介をみて確認しました。もう7年もお手伝いしていたか。。。)、特に私の得意分野、というより、 [続きを読む]
  • インドとモーリシャスの蜜月関係、やっぱり予想通り解消に向かう
  • インドといえば蓮の葉、でわかるかな???オフショアで投資をする時のメリットとして、租税条約を使って二重課税を回避するための国選びがしやすい、ということがあります。どういうこと?と思った人、多分多いと思います。何せ、このところの「オフショア、租税回避」というキーワードだと、税金が掛からない国や地域、という言葉が引っかかるでしょうから、その国での租税関係だけがイメージとして強いと思います。租税条約のメ [続きを読む]
  • 合同会社の社員になって一緒に儲け話に乗らないか?
  • 仲間内で投資するだけならまだ許されるでしょうけれども、知らない人を仲間に仕立てるって。。。本来ならば、「パナマ・ペーパー」のことを書くのが本来のブログの目的であるオフショアの金融事情をご紹介するところですので自然なこと、なのですが、 当然のことながらレポートそのものを読んでいませんし、内容の意味もよくわからずに無駄に大騒ぎして民衆を煽り立てるメディアの情報もあまり耳にしていないので、その状態で何か [続きを読む]
  • 7週間でケイマン諸島でユニットトラストを立ち上げる方法
  • たまには、最近の仕事のことでも。 つい先週にとあるヘッジファンドの日本国内向け私募フィーダーファンドを設定して国内のとある適格機関投資家様に投資していただいたのですが、ヘッジファンド単体への投資となるフィーダーを一つ、とはいえ、実際に7週間で仕上がりました。これを早いと思うか、遅いと思うか、これでその人の最近のファンド設定への時間軸の感覚が見えてきます。ぶっちゃけいえば、アンブレラ・トラストを一か [続きを読む]
  • ベリーズにようこそ!と言われました
  • ちょうどいい地図があったので。。。ベリーズはどこでしょう。ついでに、ケイマン諸島とか、BVI とか、見つかりますか?気づいたら旧暦のお正月、皆様、明けましておめでとうございます(笑) 本年も、本ブログと管理人をどうぞよろしくお願い申し上げます。  さて。色々と書きたいネタも徐々に積み上がりつつあるのですが、その中で今年最初のネタとして面白いものが飛び込んできたので是非にご紹介しようかと。 ベリーズ(B [続きを読む]
  • 本年もありがとうございました
  • 2016年もこんな晴空のような見通しの良い年になりますように気づいたら、(書き始めた今)今年も残り9時間を切りました。本年も本ブログをご愛顧いただきましてありがとうございました。今年も、オフショア・ファンドの話を色々と整理しながら書いていこう、と考えて本ブログを運営してきましたが、相変わらずの遅筆のおかげで記事数も伸びず、諸般の事情が本格化したら本当に充分に対応できるのだろうか、などと思いつつも、とは [続きを読む]
  • LPS with LLP-GP なんてVC 投資スキームは実は最先端のストラクチャー
  • ストラクチャーのイノベーションはどこで起きる?ほんの数日前のこと、お仕事を頂戴している方たちから、ファンドのストラクチャリングで最近見ている新しい潮流とその先の影響の議論を伺ったので、ちょっと興味深い話でもあったのでこちらで少し触れてみようかと思います。金融に特許なし、でもそれで金融は発展した金融のいいことであり悪いことでもあるのはある目的を達成するためのストラクチャリングが特許権のような属人的な [続きを読む]
  • オフショアって、なあに?今更だけど、ついでにもう一つ。
  • 絶対、人のいない浜辺=オフショアって思うでしょ?前回、諸般の事情、と匂わせたことがありますが、その諸般の事情さまの偉い方からこんなありがたい言葉を頂戴したそうです。きっと読んでいるんだろうなぁ、と思いつつ、晒させていただくならば(晒すんだ、と思ったでしょ?)「オフショアって、脱税天国とか投資詐欺とか悪いことをする場所というネガティブなイメージが先行する」ええ、そうでしょうよ。直近で言えば、AIJ 事件 [続きを読む]
  • ファンドって何?今更だけど、基本に帰ろう。
  • 1円では。。。何もしようがないのですが諸般の事情で、過去の記事をここと本家と両方共読み返したのですが、そもそもファンドって何?という根本的な話を書いたことがなかったようです。いや、あるにはあるんですよ。ずいぶん前の大学でのレクチャーを焼き直した記事として一つ。でも、何か整理されていない感じが。。。なので、ちょっと描き直してみました。諸般の事情で。どうでしょう。In a nutshell: ぶっちゃけ、ファンドって [続きを読む]