あんな さん プロフィール

  •  
あんなさん: 新人キャバ嬢が売上100万つくる方法
ハンドル名あんな さん
ブログタイトル新人キャバ嬢が売上100万つくる方法
ブログURLhttp://fanblogs.jp/glittergirl2016/
サイト紹介文キャバクラで働いてみたい。 売上100万つくりたい。そんなキャバ未経験や初心者のためのブログ。
自由文キャバ嬢歴12年。 数々のお店でナンバーワンになりガールズバーのママを経験。 現在は夜のお仕事はしていませんがキャバ嬢時代に培ったたくさんの経験がすこしでもあなたのお役にたてると嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 67日(平均2.9回/週) - 参加 2016/07/14 16:30

あんな さんのブログ記事

  • おすすめキャバ嬢手帳
  • まじめにお仕事しているあなたならあることで必ず混乱する時があると思います。それは、情報の管理についてです。このブログでも・顧客リストを集めること。・リストに連絡を取り続けること。これらがキャバ嬢にとってもっとも大切なお仕事だということは繰り返しお話ししてきました。詳しくは入店4日目〜1番大切なお仕事は?①〜などご参考にですまた、たくさんのお客さんに着けば名刺も増えると思いますが、・フリーのお客さん [続きを読む]
  • 本名は教えるな!②
  • 前回は本名を教えてはいけない理由などを主にお話ししました。今回は実際にどう答えればいいのか、わたしが思うベストの回答をお話しします。「本名なんていうの?」に対するベストな回答それはすんなりと本名を教えてあげることです。ちょ・・・・え?と思ったあなたは前回の記事をよく読んでくれていますね。ありがとうございます。そうです。前回は絶対に本名は教えないようにとお伝えしました。なのに「本名を教えろ」とはどう [続きを読む]
  • 本名は教えるな!①
  • よく「本名なに?」と聞いてくるお客さんっていますよね・・・(´_ゝ`)源氏名があるのにも関わらずです。なんでお前に本名教えないといけないんだよ・・・・と思いますよね。笑あなたはそんな時どう答えていますか?また、そんな時どう答えるのが正解なんでしょうか?結論から言うと本名は絶対に教えない方がいいと思います。うっかり本名を答えてしまうと、後悔することが結構あるからです。わたしも初心者のころ聞かれたら素直 [続きを読む]
  • 口説きのきついお客さんにはどう対処するか?
  • たまに口説きのきついお客さんがいます。「付き合うか付き合わないか」「エッチするかしないか」はっきりしろ、みたいなお客さんです。こんなお客さんは付き合わない、エッチしないとわかった時点でもうお金を使いたくない、と考えているのです。こんなお客さんにはどう接すればいいのかとても困りますよね。でも、逆に考えてみてください。付き合えるとかエッチできるとか、そういった「希望」がない女の子にはお金を使いたくない [続きを読む]
  • 「夏休み何してるの?」
  • これを書いてるのは7月終わりです。夏本番ですね(^.^)あなたは夏休みをとりますか?もちろん夏休みをとって遊びに行くのはいいと思いますが、連休の間に仕事のことをすっかり忘れて楽しむあまりせっかくのお客さんを離してしまわないように気をつけましょう。そんな時まで仕事のこと考えなきゃいけないの?と思うかもしれませんがここでちょっと頑張るだけであとあと他の女の子と差が付きますよ!具体的には何をするのかというと [続きを読む]
  • アフターは行った方がいい?
  • お店が終わった後にお客さんと食事や飲みに行ったりすることをアフターといいます。1対1で行くこともありますし、お客さん数人に女の子数人だったり、お客さんと女の子とお店のスタッフなどで行くこともあります。アフター自体は仕事ではないので、別に行かなくても構いません。構いませんが、行けるなら行った方がいいと個人的には思います。昼の仕事で朝早いし・・・彼氏がうるさいし・・・など行けない理由もあるとは思います [続きを読む]
  • しゃべってくれないお客さんはどうする?②
  • しゃべってくれないお客さんはどうする?の続きです。しゃべってくれないお客さんには「しゃべらない」「しゃべれない」の2通りあるということをお話ししました。では「しゃべれない」お客さんとはどんな人なのでしょうか?簡単に言うと人見知りです。「しゃべりたくない」訳じゃなく、・緊張している・何をしゃべっていいのかわからない・話題がない・女の子が苦手などのどちらかというと草食系なイメージです。こういうお客さん [続きを読む]
  • キャバ嬢の整形
  • 「キャバ嬢は整形してる」あなたはそんなイメージを持っているでしょうか?今日は実際どうなのか?整形するとどうなる?についてお話しします(*'ω'*)(かなりぶっちゃけてます。)実際に整形してるキャバ嬢は多いかどうかですが、多いです。歌舞伎町や六本木や銀座の有名店にいくとかなり整形率は高いです。もちろん実際に歌舞伎や六本木や銀座で「整形してますか?」と聞いてまわったわけではありません。笑でも見ればわかります [続きを読む]
  • しゃべってくれないお客さんはどうする?
  • いろんなお客さんがいる中であなたが苦手なのはどんなお客さんでしょうか?わたしは断トツで「しゃべらないお客さん」でした。もともと口数の多い方ではないわたしは、だんまりこかれると非常に困っていたのを覚えています。てか、本当に、「何しに来てんの?」と言いたくなりますまたは「キャバクラってお話しする場所なんですよ〜」と教えて差し上げたくなりますそんなこと言ってもしょうがないですけど。しゃべらないお客さんっ [続きを読む]
  • 場内を取りに行く接客
  • 今日は場内について。正直、場内指名というのは見た目や運(というか付け回し)に左右されますし場内指名が多い女の子が必ずしも本指名や売上の多いキャストさんとは限りません。場内が多いことは良いことではありますが本指名が伴わなければ「仕事してない」とみなされてしまうでしょう。逆に場内が少なくても本指名で返すことができれば「仕事してる」ということになります。わたし自身は場内指名というものにはあまりこだわりが [続きを読む]
  • 芸能人で言えばだれが好き?
  • 今日は接客についてです(^.^)/~~~よく「どんな人がタイプ?」とか「芸能人でいうと誰がタイプ?」とか聞かれることがあるかと思います。こんな時「3代目の登坂くん!」とか「亀梨くん!!」とかバカ正直にイケメン芸能人の名前を出してませんか?これはちょっとNGです。もちろん個人的に好きなのは全然OKですが、ここはお仕事なので少し気をつかいましょう。あまりに自分とかけ離れたイケメンが好きと言われると男の人はテンショ [続きを読む]
  • 具体的な営業メール(LINE)の内容③
  • 前回までは①お店を出てから1発目のメール②その後1週間のメールのしかた、タイミングや注意点についてお伝えしました。今日は1週間たってからのお話しをします。(厳密に1週間じゃなくてもオッケーですがだいたいそのくらい)初来店から1週間くらいは、できるだけ毎日メールをしてくださいとお伝えしました。ですが全く反応のないお客さんに関してはそろそろキツくなってきたかもしれません。かもしれませんし、実際あまりに [続きを読む]
  • 具体的な営業メール(LINE)の内容②
  • 今回は具体的な営業メール(LINE)の内容第二弾です(^^♪前回は一発目「今日はありがとう」メールの効果的な送り方をお話ししました。これは比較的簡単だったと思いますが2発目はどうでしょう?「鉄は熱いうちに打て」ということわざがありますがまさにその通りで最初の一週間くらいの連絡はとても重要です。前回もお話ししましたが、人間の記憶というのは何回か繰り返し思い出すことによって定着します。また、期間が空きすぎる [続きを読む]
  • 具体的な営業メール(LINE)の内容
  • 営業メールの重要さについてはたびたびお伝えしていますが、実際になんて送ればいいのかわからない!という方も多いと思います。そこで今日は具体的な内容やタイミングについてお話しします。まず一発目。これは簡単だと思いますが・・・・そうですね。「今日はありがとうございます」です。でもここでできるキャバ嬢とそうでないキャバ嬢にはすでに差がついています。あなたは「今日はありがとうございました!また遊びにきてくだ [続きを読む]
  • 初心者でも同伴できる方法
  • 前々回にひと休みということでわたしが同伴で行ったお店のお話をしました。せっかくなのでここで同伴についてお話ししようと思います。最初のうちは「同伴」ってどうやってするのかわからないですよね。なのに同伴ノルマやら「同伴しろ」的なお店からのプレッシャーやら・・だったら同伴のやり方を教えてくれよ!って感じですよね。今日はそんなあなたに「初心者でも同伴できる方法」についてお話しします。初心者でも同伴できる方 [続きを読む]
  • 営業メール(LINE)
  • キャバ嬢のあなた、お仕事は順調でしょうか。初心者の方に向けて書いてきたこのブログですが、ここまで読んでくれて実践してくれた方は、もう初心者ではありません。そう、キャバクラというのは「初心者」でいられる期間が短いのです。お客さんからお金を頂いてる時点で「プロ」です。ぜひ「わたしはプロなんだ」という意識を持ってみてください。さらに成長が早いと思います(もちろんキャバ嬢の成長とは収入アップを意味します) [続きを読む]
  • 同伴で・・・
  • 指名をとるには!売上をつくるには!的な記事ばかりでも疲れてしまうのでわたしの経験談もちょこちょこ語っていこうかなとおもいます今日は過去に行った同伴の中でも最高においしかったお店のお話です('ω')ノ銀座のマキシム・ド・パリというお店なのですが・・・・いま見たら残念ながら一年前に閉店したしまったみたいです。。。(ノД`)・゜・。いつか自分のお金で絶対また行こうと思ってたのに・・・残念です。同伴ではいろんな [続きを読む]
  • できること、できないこと
  • ここまで読んでくれたあなたはもう一人前のキャバ嬢にかなり近づいてるのではないでしょうか。連絡のやりとりをするお客さんは何人くらいいますか??何十人となってきたあたりから、いいお客さんもいれば、うざい!と思ってしまうお客さんも何人か出てくることでしょう。初心者の女の子には仕方ないことなのですが、なめられることが多いかもしれません。中には1日何十回とメールしてきたり、電話してきて長々と喋ったり、お店に [続きを読む]
  • キャバ嬢の接客の基本とは?
  • 前回はキャバ嬢のやめたほうがいい接客とはについてお話ししました。やめた方がいい接客とは「いちゃいちゃ接客」でしたね。他にもやめた方がいいことはいろいろあるのですが、あれもダメこれもダメというより「じゃあどんな接客がいいの?」かについてお話ししますね。そう言っておいていきなり何ですが、キャバクラに「100%正解の接客マニュアル」というものはありません。相手は人間。もちろんこちらも人間。キャバ嬢の数× [続きを読む]
  • キャバ嬢のやめた方がいい接客とは
  • 前回までは入店後すぐに意識してほしいことを書いてきました。最重要だと思うことばかりなので、まだ読んでない方は目を通してみてくださいね(^^♪さてその基本を押さえたら。いよいよ「指名をとれる接客」を身につけていきたいのですがその前に今回はNGな接客についてお話しします。あなたはどんな接客が指名をとれると思いますか?もしかすると「いちゃいちゃする」ことで指名を取れると思ってないでしょうか。テレビなどでもお [続きを読む]
  • 入店7日目〜続けるために〜
  • さて前回までは「入店○日め」として入店してすぐに意識してほしいことをお伝えしてきました。まとめると・ちゃんと出勤すること。・周りを味方につけること・お客さんに必ず連絡先を聞くことでしたね('ω')ノ正直これらを忘れずに続けていくことができれば、それだけでナンバー嬢への道は遠くないと思います。どれも当たり前に思えるような基本中の基本ですが、やり続けることができる女の子はあまりいないからです。そこで「入店 [続きを読む]
  • 入店6日目〜1番大事なお仕事は?③〜
  • 前回・前々回で「必ず自分からお客さんに連絡先を聞くこと」が大事だということをお話ししました。その理由の1つめは、「そういう場所だから」でした。そして2つめは「あなたの経験値をあげるため」でした。最後に3つめの理由をお話しします。これが一番重要です。その理由とは「チャンスを逃さないため」です。たくさんのフリーについてみると、ある程度「反応の良い」お客さんと「反応の悪い」お客さんがいるのがわかってきま [続きを読む]
  • 入店5日目〜1番大事なお仕事は?②〜
  • 前回は「必ず自分からお客さんに連絡先を聞くこと」が大事だということをお話ししました。その理由の1つめは、「そういう場所だから」でしたね。いや、「そういう場所」って・・・・いくら売れるキャバ嬢になるために必要だといわれてもな・・何だか精神論っぽい。と思ったでしょうか?そんなあなたにもっと具体的な2つめの理由をお話ししますね。それは「あなたの経験値をあげるため」です。前回はマナーとして「あなたに興味が [続きを読む]
  • 入店4日目〜1番大切なお仕事は?①〜
  • 無事にお店も決まり、きちんと出勤することの大切さを学び、周りの人たちへの気遣いもきちんとできたあなた。おめでとうございます!ここですでにかなり多くの売れないキャバ嬢と差がついています。まだ売上ゼロなんですけど・・・(-_-;)という方も安心してください。1つも指名を取れてなかったとしても、ここまでお話したことを理解できていればきっと売れっ子になるための準備は完璧です。ではいよいよ売上に直結する具体的な方 [続きを読む]
  • 入店3日目〜環境を整える②〜
  • 前回は環境を整える①ということで、主に他のキャストさんに対して敵をつくらないということをお話しました。今回は、環境を整える②として「敵をつくらない」よりも一段階パワーアップして、「味方になってもらう」ということについてお話しします。前回は対キャストさんだったのに対し今回は対スタッフ(ボーイ。黒服。)です。実は、これは入店1日目でお話しした「ちゃんと出勤すること」と同じくらい、売れるためには最重要で [続きを読む]