cocoruu さん プロフィール

  •  
cocoruuさん: 海外旅行とっておき情報!☆120%楽しむコツ☆
ハンドル名cocoruu さん
ブログタイトル海外旅行とっておき情報!☆120%楽しむコツ☆
ブログURLhttps://cocoruu.blogspot.jp/
サイト紹介文知って得する旅の豆知識が満載。20か国を旅行した体験をもとに、気球、乗馬なども含め独自の視点で紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 343日(平均2.8回/週) - 参加 2016/07/12 22:09

cocoruu さんのブログ記事

  • ロンドンから日帰り出来る!バースの街の見どころまとめ
  • ロンドンから日帰り可能な観光地の1つとして、おすすめなのがバース。バス(お風呂)と同じつづりのこの街は、駅やバス停からほど近いところに観光ポイントがあり、エイボン川の流れる優雅な街。小道を散策するのも素敵なこの街の見どころをまとめて見ました。・ローマン・バス The Roman Bathsやはり一番の見どころは、何と言ってもここ。1〜2世紀にローマ人により築かれた浴場の跡があった場所です。その後18世紀に、貴族や裕福 [続きを読む]
  • 大英博物館を例に_メガ博物館・美術館を効率的に楽しむコツ
  • ロンドンにある大英博物館、なんと所蔵は約800万点、常設は15万点という巨大な博物館です。このようなメガ博物館やメガ美術館を見学するときのポイントをまとめて見ました。時間が無くなって、見たかったものを見逃した…ということにならないよう、参考にして下さいね。・入り口近くでパンフレットをもらおう。たいていの美術館、博物館では入り口近くに、パンフレット(館内図)があります。日本語のパンフがあることもあるので [続きを読む]
  • バリ島ウブドの主な見どころ!ネカ美術館も含めて紹介
  • バリ島の芸術の中心地、魅力一杯のウブド。主な見どころをまとめて紹介します。興味やどれくらい時間がとれるかによって、自分なりの観光をアレンジしてみてください。 ・バリ舞踊 ウブドでの過ごし方イチ押しは、やはり舞踊公演の鑑賞です。 既に紹介したウブド王宮での舞踊以外にも、バロンダンス(森に住む聖獣バロンが登場します。本来は儀礼の中で踊られますが、近年は観光客向けにアレンジされたものが多いです。)が行われ [続きを読む]
  • ズボラさんもOK!海外旅行旅行前、旅行中、帰国時の パッキングのコツ
  • 海外旅行のパッキング。旅慣れてくると荷物は減ってくるものの、それでも結構あるものです。スーツケースへのパッキングのコツについて、ビギナーさんだけでなく、旅慣れた方にも出来るだけ参考になるようにまとめてみます。・まずは定番のパッキングをおさえようよくあるのが、このような定番の荷造りの図です。完璧にする必要はありませんが、とりあえずこのスタイルにするのがいいと思います。※以下の番号は図中の番号に対応し [続きを読む]
  • 演奏と美しい動きの調和_世界遺産のバリ舞踊をウブド王宮で観賞しよう
  • バリ島の芸術・芸能の中心エリアとして、有名なウブド。魅力一杯の地域ですが、今回はウブド王宮で毎夜行われる伝統舞踊を紹介します。Cocoruuたちが見た日は、”サダ・ブダヤ Sadha Budaya”グループによるもので、演目は“レゴン”でした。暗くなり始めた王宮を見ていると、これからどんなすばらしい公演が見られるか、ドキドキですね。ちなみにこの王宮は16世紀からありましたが、現存するものは20世紀後半に改築されたもので [続きを読む]
  • 飛行機の乗り継ぎや搭乗の注意点!空港でのトラブルを減らそう
  • 飛行機の乗り継ぎや搭乗の注意点をまとめました。空港到着前後から、飛行機に無事乗るまで、出来るだけトラブルを避けたいですよね。添乗員さん同行の場合は、飛行機の遅延以外のトラブルは比較的少ないですが、個人旅行では、飛行機に乗るまでに注意することは結構あります。たとえ旅慣れていても、その空港や航空会社を初めて使うことは多いもの。どんなことに気を付ければいいのでしょう。・国内線・国際線のターミナルがかなり [続きを読む]
  • タ・プローム寺院-とりつく巨木はまるで巨大動物のような迫力!
  • カンボジアのタ・プローム寺院は、12世紀末にジャヤーヴァルマン7世により、仏教僧院として建てられ、のちにヒンドゥー教寺院に改造されたと考えられています。タ・プローム寺院について、一番よく紹介されているのがこの写真。まるで巨大なタコの足のように、寺院におおいかぶさる巨木!中央祠堂の回廊を今にも押しつぶしそうなすごい迫力です。カメラの画面に入りきらないので全景写真はあきらめたのですが、当然、高さもものす [続きを読む]
  • ムンクの『叫び』など絵画&彫刻展示が充実-オスロ国立美術館
  • ノルウェーのオスロ観光の機会があれば、是非訪れてほしいのがオスロ国立美術館。特に『叫び』に代表されるエドヴァルド・ムンクの絵画展示が充実していて、ムンクファンはもちろん、特別にファンでなくとも、鑑賞の価値ありです。この『叫び』は、彼がニース滞在中に見た、血のように赤い空と、群青色の街並み、そしてそこで聞いた叫びが、もとになっています(1892年1月22日の日記に記されています)。しかし、その時そばにいた人 [続きを読む]
  • 中世そのままの建物や城壁が魅力のチェスター
  • まるで中世に迷い込んだかのような町、イギリスのチェスター。 白い壁に黒い木組みの伝統的な建物は、今見ても十分おしゃれですよね。 チェスターの一番の魅力はなんといっても、ローマ時代から続く歴史と、中世から脈々と続いている建物を十分味わうこと。 おもな観光地とおすすめの過ごし方をご紹介します。 ・城壁 チェスターの城壁はグレートブリテンで最も完全に残っているもので、町を取り囲んでいます。城壁には4つの門があ [続きを読む]
  • 小物雑貨-海外旅行自分みやげコレクションにおすすめ!
  • 手ごろな小物雑貨もりっぱなコレクション:日本の関西のとある地域に、こんな海外旅行の小物雑貨を飾っているお店があります。実はこれ、ほとんどCocoruuが買ってきたものです。1000円前後のお手軽な雑貨ばかりですが、こうやってみるとなかなかすてきなコレクションではないですか〜?最初は集めるつもりは全くなかったのです。事の起こりは、3度目の海外旅行で買った、イタリアムラーノ島の小さなガラス細工。ガラス球の中に金魚 [続きを読む]
  • パッケージツアーの選び方とパンフレットの見方
  • パッケージツアーのパンフレット。特にビギナーさんにとっては情報が多すぎて、どこに目を付けてチェックしたらよいか分かりづらいかもしれません。今回は、ビギナーさんにも分かりやすく、パッケージツアーの選び方やチェックポイントを解説していきます。激安なツアーには、つい目が行ってしまうかもしれません。安いツアーが悪いわけではありませんが、安いツアーにはやはり理由があるので、その理由を知った上で、納得すれば選 [続きを読む]
  • ハトシェプスト女王葬祭殿とメムノンの巨像を訪れよう
  • ハトシェプスト女王葬祭殿は、エジプトのルクソール西岸(ナイル川を隔てて西側)にあります。(王家の谷より約500m南東)こちらが外観ですが、近くで見ると、本当に大きな建物です。テラスは、1階部分(第1テラス)、1階の屋根にあたるところ(第2テラス)、2階の屋根にあたるところ(第3テラス)と3つもあり、1階・2階の建物のそれぞれのテラスには、左右11本ずつ、2列の柱が並んでいます。ちなみに3階は屋根がなかったと思いま [続きを読む]
  • 王家の谷-歴代のエジプト王たちが眠っていた空間
  • エジプトのルクソール西岸から約6kmところにある王家の谷。この谷間に王たちの墓があります。古代エジプトでは、西岸は死者が暮らす場所、という考え方があったといわれます。上空からみると、まるでアリの巣のように、それぞれの墓が谷間からのびています。60以上の墓が発見されていますが、見学できるのは十数か所です。実際に入ったお墓を紹介すると…。・ツタンカーメンの墓ツタンカーメンの墓は、規模としてはかなり小さい [続きを読む]
  • あまりにも豪華すぎるヴェルサイユ宮殿と庭園!ぜひ訪れよう
  • フランスのパリを訪れたら、郊外のヴェルサイユ宮殿は必見です。あまりの豪華絢爛さに、しまいには感覚がマヒするほどです。写真は庭園側からみた宮殿ですが、庭園の装飾も素晴らしく、宮殿はどこも豪華といっても、世界的にも突出していると思います。入り口では日本語の案内図をもらうことが出来ます。・礼拝堂写真では分かりにくいのですが、下の階からつながっています。柱や手すりの装飾、天井画とそれらをふちどる装飾を含め [続きを読む]
  • アンコールワット−美しさと神々しさの同居する神秘の遺跡
  • 一度は訪れたい、カンボジアのアンコール・ワット。 正面から見た時の3つの尖塔のイメージ(実際は5つ)は、知らない人はいないくらい有名です。今回は第三回廊も含めて、その見どころを紹介しますね。 写真の石畳の道は西参道。こちらがアンコール・ワットへのメインの道になっています。西参道の床には大きな石がつかわれており、ちょっとガタガタしています。 ちょうど日本のお城のように、アンコール・ワットを周壁がとりかこ [続きを読む]
  • お得に両替する8つのポイント-海外旅行の前に読もう!
  • 両替でトクする8つのポイント外国に旅行する前に知っておきたい、両替でトクする(損しない)8つのポイントを、旅慣れた方やビギナーさんにも分かりやすくまとめてみました。・マイナー通貨は一般的に現地で両替がオトク一般的には、米ドル、ユーロなどの流通の多い通貨以外は、オーストラリアドルなどでも、現地で両替する方がオトクな場合が多いです。フィンランドに旅行した時は、到着後すぐに必要なバス代などだけ日本で両替し [続きを読む]
  • オーストラリアのケアンズで熱気球ツアーを体験しよう!
  • オーストラリアのケアンズで気球(バルーンツアー)を実際に乗った体験を紹介します。一度は乗ってみたい!と思われる方は結構いるのではないでしょうか? どんな感じなのかというと… 気球ツアーは、通常ホテルの往復送迎が含まれます。Cocoruu達の場合は、ピックアップが4:15でした。順番や、季節によっても違うのかもしれませんが、気流の安定する早朝に飛行するので、びっくりするくらい早いことが多いです。アサートンの出発 [続きを読む]