RyomaMaeoka さん プロフィール

  •  
RyomaMaeokaさん: Dentalhacker
ハンドル名RyomaMaeoka さん
ブログタイトルDentalhacker
ブログURLhttp://maeoka.net
サイト紹介文歯医者が書く、歯の大辞典ブログ。治療の裏側や歯を残すための知識を面白おかしくガンガン綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 346日(平均1.4回/週) - 参加 2016/07/13 00:49

RyomaMaeoka さんのブログ記事

  • 歯科業界の裏側を暴露!「歯医者は歯を治せない」という真実
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。あなたは今まで、「歯医者で検診してもらう度に虫歯が見つかる」「定期的に歯医者に通っているのに、少しずつ歯を失っている」「歯石を取ってもらっていたのに、歯科医院を変えたら”歯周病になっている”と言われた」「数年に1回は歯を削 [続きを読む]
  • プロが教える、いい治療を受けるための歯医者の予約方法
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。歯医者で治療を受ける前に必要なことと言えば、「歯医者選び」、「心の準備」、「お金の準備」と色々ありますが、「予約を取る」というステップも避けては通れません。医科では予約なしでの受診をお願いしている病院も多いのですが、歯科で [続きを読む]
  • 歯の着色を落とすのに最も効果的で費用のかからない方法をプロが解説
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。あなたは、「なんか歯の表面が茶色くなってきたな・・・」と感じたことはありませんか?また他人と会話するときにも、”何となく口元を見てしまう”ことも多いのではないでしょうか?歯は気をつけているつもりでも、知らず知らずのうちに着 [続きを読む]
  • 歯磨きの磨き残しをチェック!歯垢染色剤の正しい使い方
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。「あなたは普段の歯磨きで、磨き残しがないように磨けていますか?」この質問を急にされても「磨けてるつもりだけど、自信はないなぁ。」と答える方がほとんどです。それもそのはず。歯磨きの目的は歯の表面についたプラーク(細菌の塊)を落 [続きを読む]
  • 潔癖症の人は読むの厳禁!口の中がどれだけ汚いか教えます。
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。あなたはカラダの中で一番汚い場所を知っていますか? お尻の穴や爪の間、それから膝の裏など色々イメージ出来ると思いますが、実は・・・お口の中がカラダの中で一番汚い場所なんです。今回はその理由と「なぜお口の中をケアする必要があ [続きを読む]
  • 【歯医者が教える口臭対策】自分を磨く前に歯を磨け!
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。相手に強烈な不快感を与えてしまう口臭・・・。人間の五感(嗅覚)に訴えるニオイはとても気になるものです。特に誰かと話す時やデートの時などにはしっかりとケアしておきたいものの一つと言えます。しかし、世の中には「口臭対策」と銘打っ [続きを読む]
  • 99%の人が間違っている!歯磨きの正しい力加減とは?
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。世界で最も感染者が多い病気としてギネスブックの認定を受けている歯周病。歯を失う最大の原因であり、日本人も8割の人がかかってしまう怖い病気なのですが、発生する根本的な原因はただ一つです。それは「正しい歯磨きが出来ていない」と [続きを読む]
  • 歯のメインテナンスを受けるべき本当の理由を歯科医師が教えます!
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。健康意識の高い方にとっては既に当たり前の習慣になっている、歯医者への定期受診。歯科医療従事者の間ではメインテナンスと呼ばれているものです。特に問題がなくても定期的に歯医者のチェックを受けた方がいいことに間違いはありませんが [続きを読む]
  • 一生自分の歯で噛みたいなら、無愛想な歯医者を選べ!
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。ネットに情報が溢れ、医学も発展して新たな治療法が次々に出てくる現代。とても便利な時代になったと実感する機会も多いのですが、歯医者選びに関しては未だに迷ってしまう方は多いようです。実際、僕ら歯医者の間でも「どの先生が本当に患 [続きを読む]
  • 虫歯を削らずに治す唯一の方法をプロが徹底レクチャー
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。「虫歯を削らず治す」そんなキャッチコピーを見かけると「そんな最新治療があるんだ!」と思わず心が動いてしまうのではないでしょうか?アマゾンでも「名医は虫歯を削らない」という本が売れるなど、これまでは削って詰めるのが当たり前だ [続きを読む]
  • これは必見!歯を失う人に多い習慣、ワースト6!
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。「あなたは歯医者で痛い思いをしたいと思いますか?」そう聞かれれば全ての人が「No!」と答えることでしょう。そして治療以前に、「虫歯になりたくない!」「歯周病で歯が抜けてしまうのもイヤ!」と誰しも思うものです。ところが実際には [続きを読む]
  • 知識なし、経験なしで開業した、ある歯科医師の物語
  • 「どういう経緯で20代から院長をしてるの?」「何で歯科治療が必要なくなるような情報を発信してるの?」などなど、最近患者さんやメルマガ読者さんから僕の過去や現在の活動について質問を頂く機会が増えてきました。特に隠していたわけではないのですが、わざわざ公の場に公開する必要はないと思っていましたし、「誰も興味ないだろうな」という考えもありました。ただ、このブログも徐々に規模が大きくなる中で「どんな人間が [続きを読む]
  • 抜歯の危機?歯が割れる原因と治療法をパターン別に徹底解説!
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。「普通に食事をしていたら急に歯が痛くなってきた」「これまで問題なかったのに被せ物がいきなり外れてきた」「食事の時に自分の歯が欠けた気がした」そんな症状があった場合、あなたの歯は割れているかも知れません。意外かも知れませんが [続きを読む]
  • 日本人の9割が知らない!歯を残すために治療よりも大切なこと
  • 前岡遼馬このコンテンツは、現役の歯科医師がお口の健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログ記事です。当サイトの運営はこちらの運営理念に沿って行われています。意外かも知れませんが、先進国の中でもダントツで虫歯や歯周病が多いのが日本という国です。そんな環境で生まれ育った日本人は、ほとんどの方が治療をしてもらうために歯医者へ行きます。そして、僕ら歯医者もより良い治療を行うため、勉強 [続きを読む]
  • 虫歯を放置するとどうなる?歯を失う前に知って欲しい6つの注意点
  • 「なんか虫歯がありそうだなぁ・・・。」と感じていても、なかなか歯医者に行けない方は多いものです。仕事が忙しかったり、虫歯自体も痛みがないし、特に不都合も感じていなかったりするとついつい先延ばしにしてしまうことでしょう。確かに他の体の病気であれば、時間が経てば治ってしまうものも多くあります。「まぁいっか!」で済んでしまうわけです。しかし、虫歯に関してはそうはいきません。一度できてしまうと決して治らな [続きを読む]
  • 歯の詰め物が取れた時、気をつけた方がいい6つのポイント。
  • 食事中に「ガキッッッ!!!」と金属を噛んだような感覚があり、急いで確認すると歯の詰め物が外れていた・・・ なんてことがたまに起きます。早く歯医者に行きたいけど仕事が忙しかったり、歯医者の予約も1週間先にしか取れない・・・。こんな時、「どうしよう」と焦ってしまいますが、押さえるべきポイントを知っておけば大丈夫です。今回は要点を6つにまとめてみました。対応を間違ってしまうと歯を失う原因になったり、治療 [続きを読む]