シャンティ・ナガル さん プロフィール

  •  
シャンティ・ナガルさん: おジャ魔女どれみと徒然
ハンドル名シャンティ・ナガル さん
ブログタイトルおジャ魔女どれみと徒然
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/over-the-magic
サイト紹介文おジャ魔女のこと、 日常のこと、 いろいろ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 363日(平均1.5回/週) - 参加 2016/07/15 11:07

シャンティ・ナガル さんのブログ記事

  • 塩と夏みかんについて、そのふたたび
  • スーパー行ったらびっくりしましたよ……出てるやん! 「塩と夏みかん」‼ 1年ぶりの再会‼ 余りにも美味すぎてブログにも書いたあの一品が2017年に帰ってきた!絶対、ひと夏の思い出になると思ってたのに……去年までは。またこうして出会えるとは‼ 意外に人気あったんかな? オールシーズンは無理でもこれから夏の定番になってくれたら嬉しい。そういや、キットカットのラズベリー味も売られてたり。あれも好きなんですけど通年 [続きを読む]
  • 引っ越しについて、そのAlea iacta est
  • 最近、引っ越しをしました。まぁ、特に地理的にどうたらとか、家賃とか殆ど変わってないんですが‼w 家は仕事場から近いほうが良いし、家賃は安い方が良い。条件は変わらない。むしろ引っ越し代金が無駄じゃないか!? じゃあ、何でやるのかというと、気分‼ ですかね。脱皮‼ とも言うのです。意味が分からん。俺は今回の引っ越しを機に荷物を捨てたんですが、最終的に何袋ですか……20袋くらい捨てたんじゃないすかw 引っ越しで [続きを読む]
  • In Deepについて、その東条英機
  • 『黙示録的な準備の時代に : 「夏のボーナスで買える核シェルター」に注文が殺到する日本。しかし、爆買いに参加できなくてもDIYシェルターで大丈夫……多分』http://indeep.jp/look-at-panic-buy-nuclear-shelters-of-japanese-preppers/これを投稿している頃は核戦争以後なのか? 記事を遅れて見てるし、俺はニュースとか見ないから「今そんなことになってんの⁉」と驚いておりますw 世界情勢って緊迫してたんだね。俺の知らん内 [続きを読む]
  • 何故生きるのかについて、その問わずにはいられなかった
  • わたしはメシア。この世界を統べる神の申し子なり……うん、何も内容を決めてないとこういう書き出しになるのかw 自分でびっくりw ありきたりな悩みですけど、最近忙しくてね。小説もろくに書けないし……金は手に入れど俺はどうして。生きるのも死ぬのも一緒のような気がする。生きるために生きるってのは虚しいよな。だからって死のうとは思わないんだけど。別に何かを恨んでるわけじゃないし。不満も特に何も。こういうの、実 [続きを読む]
  • In Deepについて、そのアメリカンビューティー
  • 『アメリカはいつでも地獄の夏。「ドリームの崩壊」というより、人々の心が悪魔の手中に落ちた光景が…… : 米国の愛と性と結婚に関してのいくつかの事実を見て』http://indeep.jp/demonised-society-america-43-fact-too-crazy-to-believe/日本も未婚者が増えて久しいけどアメリカも大変だね〜。てか、これ日本よりヤバいんじゃないか?未婚とか性の乱れつーのは世界的な問題になりつつあるってことなんかもせんな。結婚率が半減 [続きを読む]
  • GEL-KAYANO23について、その足ックス
  • 俺はね、生涯の友に出会ってしまいましたよ……GEL-KAYANO23すごくないですか⁉15000円なんて買うの迷いますけど、やはりね、高いのには訳があるというか、全然違いますね。普通の靴と‼ クッションの感覚が素晴らしい‼ 歩いたり走ったり、楽しい〜‼w 俺は膝痛持ってるんですけど、もう楽‼w ホールドもキュッと引き締まって、でも窮屈な感じはしない。これがモノホンのランニングシューズというものか〜。俺の足は26ちょいな [続きを読む]
  • 無限の住人について、その存在証明
  • ま〜た三池監督かよ〜、と辟易している人もいるかと思いますけど、この映画ね。普通に面白かったw 劇場で見る価値あるね。三池監督って時代劇、けっこう合ってんじゃない? 十三人の刺客も面白いって話だもんね。見たことねぇけど。今度借りてみよ。そして、木村拓哉。キムタクの演技ってよく酷評されるじゃないですか。何やらしてもキムタクだって。衣装もコスプレみたいとか。でも、今回の映画はその欠点が活きた。欠点と言って [続きを読む]
  • ミュージアムについて、その漫画
  • TSUTAYAでクーポンもらったので原作借りてみました。全3巻。作者が過去に書いた読み切りも掲載されてたから、そこまで長くはないな。映画は原作と大筋は違えていません。まぁ、それが実写化の最低条件みたいなものです少なくとも原作ファンを裏切らなければ安牌だし、原作が面白ければそれを忠実に再現すれば良いよね。ただ、まぁ、この漫画を読んで思ったんだけど……これって……映画化する必要ありました?w つまんない作品と [続きを読む]
  • ミュージアムについて、そのEAT
  • 何度かネットで広告を見たことがある漫画原作。同じWOWOW製の刑事ドラマということでMOZUを連想するけど、もう倉木以上だったわw 映画見ながらめっちゃ叫んでしまったw ツッコミしまくりw ストーリーは猟奇殺人を追うというストレートな作品。それ故分かりやすくはあったけど大味な出来ではある。似たような作品で羊達の沈黙があるけど、それよか明解で良かった。羊達の沈黙は過大評価が過ぎる。ミュージアムの方が断然面白いわ [続きを読む]
  • トリコについて、その41〜43
  • もう大分遅いけどトリコ最終巻まで買ったんだ。完結おめでとうございま〜す‼  感慨深かったわ。何年も追い続けてきて……てか、俺、確か28巻くらいまで集めて、その時点で一度全部トリコ売ったんだよなw そこからまた集め直して今度は最後まで見届けました。もう売らないよw やっぱ何だかんだ好きなんだよな、トリコ。トリコより面白い漫画なんて他にいくらでもあるのに……なんでだろ?漫画に順位があるとして正直、下から数 [続きを読む]
  • 塔の上のラプンツェルについて、その馬無双
  • フライパンで頭殴りすぎだろ、殺す気か‼w が第一印象。あえてアナ雪を通過せず、ラプンツェルを見ていくスタイルw ぶっちゃけアナよりラプンツェルの方が絶対かわいいと思う。アナ雪見てないのに断定していくw 原作のグリム童話はめっちゃエロい話だけど、映画はめっちゃピュアな話でしたよ。ディズニー映画自体、久々でしたけど面白かったです。ラプンツェルがお姫様してて良かったです。「お姫様……?」って感じですけどw 髪 [続きを読む]
  • 貞子VS伽椰子について、そのスマッシュヒット
  • ずっと見たかったんだよな〜。やっぱこの題名は惹かれてしまうわw 一応、人聞きには面白いという話を聞いていたんで期待して見ました。うん、ある種期待通りではあった。題名通りというか……題名だけというかw おいおい、びっくりしたぞw 中身の方を期待したんだがな〜w ジャパニーズホラーも地に堕ちたものだな……B級映画じゃねぇか‼ w 皆これを求めて見に行ったのか? 違うと思うな〜。ストーリーはリングよりだった。 [続きを読む]
  • 『この世界の片隅に』について、その漫画
  • こんなに良い映画だと、やっぱり原作が気になってくると……当然買おうとは考えていたんですけど、偶然か。うちの母が同じく映画を見まして原作の漫画を買っていたんですよ。ただ、買ったは良いが読まず仕舞いだったみたいで、何とビニールに入った新品同然の物をタダで譲ってもらいましたw まだTSUTAYAの袋からも出してなかったからねw これが運命力。やっぱ心中で引き付け合うものがあったな。これで「こないな絵じゃ海が嫌いに [続きを読む]
  • 『この世界の片隅に』について、その二周目
  • とうとう2回目見に行っちゃったw 俺はこの映画を劇場で見たことを、生涯の誇りとする‼もう悔いがない。もう今すぐ死んでもいいくらい。それくらい、圧倒的な作品だった。何度見ても飽きないな。まず圧巻なのが時間。長いんだよこの映画w 二時間は普通にビビるw それでいて内容が濃いという。無駄なく描き切った感じ。てか、クラウドファンディングってそんなに資金が集まるもんなの? もっと安っぽい物を想像してたんだけどな [続きを読む]
  • 春夏秋冬 第二十四話 執筆記
  • 第二十四話、投稿しました。まず根本的な問題ですよね。遅筆とかそういう問題ではなく、やる気がなかったという‼w 言い逃れは出来ない。やっぱ気持ちが萎えてきたというのは正直あります。もう完結した作品なんで刺激が足りないんですね。新しい要素が出てくるわけでもなし……いや、それは言い訳だ‼ 言い訳はしない‼ 道がないなら自分で作ればいいじゃないか!と、一念発起(のつもり)して第二十四話を書きました。少なくとも [続きを読む]
  • 『この世界の片隅に』について、その最高傑作
  • 「1800円なんて払えるか‼ 俺はDVDで見るぞ‼」でお馴染みの貧乏人シャンティナガルですが、今回ばかりは‼ この作品ばかりは‼ 劇場で見て良かったと心の底から思える。今まで見たアニメの中で最高傑作。内容、ボリュームとも。疲れたわ〜。軽い気持ちで見に行ったら、二時間たっぷり見させられるんだもの〜‼w この衝撃足るや。首が凝るわ〜。面白い作品って言うのは観客の体力を奪ってくるからね。これから見る人はそこら辺覚悟 [続きを読む]
  • In Deepについて、そのシロナガスクジラ
  • 『誰かが「ネットを使った若者の大量殺りくの実験」をしているかもしれない : ロシアのSNS「青いクジラ」で、これまでに少なくとも130人の少年少女が合理的な理由がないままに自殺』http://indeep.jp/existence-who-manipulate-many-young-deaths-in-the-world/さすがに犯人は逮捕されたみたいだけど、これを首謀者と言って良いものか……まぁ、数が数だから仕方ないけど……ただの自殺教唆ではないわな。異様だわ。確かにホラー [続きを読む]
  • In Deepについて、その不死身の州
  • 『アメリカのゾンビ雲や、ゾンビ準備対策州政府決議案を眺めながら、ふと、私たちの社会そのものが「総ゾンビ化」寸前なのかもしれないと気づく』http://indeep.jp/we-are-all-zombies-and-also-have-no-mind/雲は正直ビビったw 遠目に見ると怖いな。やはり今の世はゾンビブーム。空模様ですらw 最近ちらほらとゾンビに備えよって行政が発するとこを見るけど、これどういうつもりで言ってんだろ?ただ文面を見る限り、ゾンビ=自 [続きを読む]
  • ぺふぺふ病について、そのぺふぺふ
  • 清水富美加マジで引退するか〜。一報を聞いた時はギョッとしたわ。親が信者だって話だけど、それで自分も信者で、仕事辞めなあかんのは何か納得いかんよな〜やっぱ教団か事務所が強要したんだろうか? 宗教活動に専念と自分で言ってるわけだけど……教団に一度組み込まれてから再デビューとか、ありそうだよねw てか、変態仮面どうすんのよ? 何気にシリーズ全部見てて楽しみにしてるんだがw 春夏とヒロイン交代という展開もあり [続きを読む]
  • episode 3―2: With all my love.
  •  溜め息と共に胸の中に落ちる言葉。 どんな意味があろうと信じられる。 あたしは熱くなった胸を掌でギュッと抱いていた。 そこに、おんぷちゃんが手をパンパンと叩いて、「そうだ! なら、わたし達の婚約をはづきちゃん達にも報告しに行きましょう。いい加減、あなたも3人と仲直りしないとね」「うげっ!? それは……!!」「わたしと一緒ならきっと大丈夫。それに3人共、とっくにあなたのことを許してるのよ?」「……えぇぇぇ [続きを読む]
  • episode 3: With all my love.
  •           ☆ あたしも一度は……いや、何度も想像した。 人を好きになり、互いに想いを伝え、手を取り合い、やがて愛を自覚した恋人同士は―― 人生の大きな節目。 永遠の愛を誓う約束。 あたしの妄想――もとい予行演習ではいつも相手がコロコロ変わっていたけど、自分が誘いを受ける側なのはいつも同じだった。『僕と……結婚してください』『……はい、喜んで』 な〜んつって。 たまに変化球で『う〜ん、どう [続きを読む]
  • episode 2: I need you because I love you.
  •           ☆『ひどいわ!! どれみちゃん! こんなこと――!!』『どれみちゃん!! 許さへんで……!』『How come……どれみちゃん……』 はづきちゃんのつんざくような悲鳴。 あいちゃんのあたしを睨む眼差し。 ももちゃんの呆然とした溜め息。 今でも、鮮明に思い出せる。 あたしのせいで苦しみ、悲しんだ大親友達。 決して忘れることのない、苦い記憶――。 何故、あたしが魔女になったのか。 これは皆にも頻り [続きを読む]
  • episode 1―2: I love you because I need you.
  •  あたしは息を呑むことしかできない。 全部、その通りだったから。 2年前、ハナちゃんは女王に即位したと同時に人間界との交流復活に向けて準備を始めた。 魔女からの反発が多くて道程は険しいけど、それでも約束を果たそうと頑張っている。 自分の娘ですらしっかりと目的を見定めて前へ進む中、あたし一人だけだ。 あたしだけが、自分の心と向き合おうとせず何の努力もしないでのうのうと生きていた。 他人をとやかく言う [続きを読む]