悩まないーズRED さん プロフィール

  •  
悩まないーズREDさん: 人生、前のめり。顔面からコケてもいいじゃない。
ハンドル名悩まないーズRED さん
ブログタイトル人生、前のめり。顔面からコケてもいいじゃない。
ブログURLhttp://www.toocry.link/
サイト紹介文再起をかけて闘う男。おバカ全開。
自由文ひょんなことがきっかけで、仕事を辞めることとなった29歳/男。そんな男が、悩まずできるだけ楽しく毎日を生きる様を、面白おかしく綴ります。元気のない人にちょっとした笑いを、同じような境遇の人に笑顔を!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 333日(平均2.0回/週) - 参加 2016/07/16 10:01

悩まないーズRED さんのブログ記事

  • さらば、友よ。またいつか。
  • 「はてなproの契約があと1週間で切れます」にゃんとまっ!!このブログを始めて、とうとう1年経ってしまうのか。い、いちねんか・・・まいったな・・・。これ、このまま引き続きブログやるにはとりあえず、はてなと、お名前.comにお金払わなきゃいけないんだよね。は、払わなかったら?払わなかったら、今までの記事はもちろんのこと、このブログ自体がこの世から消え去ってしまうのかな?べつにproじゃなくてもいいんだけ [続きを読む]
  • 第73歩 眠れぬ夜の空襲
  • その昔、航海王子ヘンリーの命により新航路を開拓していたゴンサルヴェス船長は、初めて黒人の男女を生け捕りにして国に持ち帰った。(たしか)連綿と続く奴隷の歴史。さぞ憎かったろう。さぞ悔しかったろう。彼らの苦しみの一片たりとも、僕には分らないし語る資格もない。それでも、僕は、憎い。憎くて憎くて仕方ない。僕は、蚊が憎い。一瞬にして眠気が覚める、あの羽音。甲高くして飛び去り、そして再び耳をかすめていく。 [続きを読む]
  • 第72歩 任せとけが言えなくて
  • 最近、よく前職関係者や、知人友人が連絡をくれる。「ご無沙汰してます!お元気ですか?」とか、「何してるの?」とか、そういうの。そういうのは分かる。なんだかほっこりできるやつ。が、一番多いのはこういうの。生存確認ww。生きてるの?て。死んでたらどーするつもりだったんだ。w田舎に帰る前、サヨナラ会をしてくれたとある後輩が言った。「なー先輩、止まると死んじゃいそうっすもん」んだよ人をサメみたいに。 [続きを読む]
  • だるまさんが転んだ7回目 優しさグラフ
  • やんごとなき理由でのっぴきならない人たちに僕のプロフィールを渡さなければならなくなり、とりあえず写真撮らなきゃと、毎度お馴染みの美容師の友人に撮ってもらう。こういうときイラレやフォトショないと不便だなとパワポで資料を作っているうちに、デザインの前に、もっと深く考えたことがある。僕「ね、試しに俺のいいとこ悪いとこ言ってみて」友人「えー。口が悪い」僕「うるせーバカ。次」友人「ドS」僕「ほっとけよ。 [続きを読む]
  • 第71歩 ハラハランドリー
  • 彼は、最近わりと困っている。毎度お世話になっている美容師の友人のことである。「そりゃクズが高確率で居座る状況が続くと困るわな」とは言わないでほしい。wそうじゃない。美容室の洗濯機が故障し、仕事で使うタオル類が洗えないことだ。ので、近頃は週に一度か二度、歩いて10分ほどのところにあるコインランドリーに行くことが日課となっている。僕にとっては歩いて10分なんてなんとも思わないのだけれど、美容師の彼は20k [続きを読む]
  • 第70歩 どこかにはいるはず
  • 「あいつのお墓参り行こうぜ」ゴールデンウイーク、高校時代の友人から連絡が来る。ニューヨークからぶっ飛んで帰って来たのだ。彼は、高校で知り合ったなかで最も仲の良い親友の一人だ。僕には到底及ばないのだけど、彼も体育教師ボコられランキング3位あたりに堂々ランクインしていた。二人して体育教師の逆鱗に触れ、冗談のような地獄か、地獄のような冗談かよく分からなくなるほどに体育倉庫でボコられた挙句、放課後ま [続きを読む]
  • 第69歩 マジでキジ
  • 今日もせっせとおばあちゃんの畑ミッションを終え、シャワーを浴びてすっきりしたところで、2階の自室の窓を開け放ち、タバコを吸っていたときのことだ。何やら、土手の茂みでもぞもぞ動いている。 え、キジ?え、やだうそ、マジでキジ?この田舎にはキジもいるのか⁉いや、そんなに珍しがることもねーだろと思われるかもしれない。でも、僕は生キジに会ったことがないのだ。遠目だが、尾っぽも長い。 [続きを読む]
  • 第68歩 おばあちゃんの牡丹
  • 僕には、一人だけおばあちゃんがいる。普段は遠く離れた別の場所で暮らしているのだけど、地元のお祭りの時期の10日間だけ帰ってくるのだ。御歳87歳で、頭しっかり足腰しっかりお肌つやつや、エネルギッシュ過ぎるパワフルばあちゃんだ。畑いじりに取り掛かった姿は、まさにスターを使ってなおかつBダッシュを決めてるかのようなスパークぶりで、あと100年は生きれそうなほどだ。そんなおばあちゃんと並んで庭を散歩す [続きを読む]
  • 久しぶりにだるまさんが転んだらしい
  • 田舎に帰って5か月間、僕はとても贅沢な日々を過ごしてきた。もちろん言うまでもなく、経済的な贅沢ではなく、時間の使い方において。東京や関西、沖縄など、引く手数多とは言わないが前職関係業種の数社にお声がけ頂いたものの、僕は一度、田舎に戻る道を選んだ。たくさんの本を読む時間と、書く時間と、考える時間が欲しかったのだ。が、望んだ時間は、そうなかなか簡単には望んだ結果には結びつかない。小説も書くし、脚本 [続きを読む]
  • 久しぶりすぎて第何歩どころか使い方忘れちゃった回
  • わお?くっそ久しぶりです。みなさま、お元気ですか?1か月以上、完全に沈黙していた僕です。べつに、何か大事件が起きたとか、そういうわけではなく。相変わらずくそ貧乏生活を送っていますし、相変わらずママンは田中眞紀子に激似だし、相変わらずダディはハゲだし。強いていうなら彼女と別れたくらいかなと。これ、結構僕にとっては大激震なのだけど、ふざけて書けるほどハートがまだ修復できていないので、まあおいお [続きを読む]
  • 第65歩 朝6時にマクドで寝ている女の子の素性が気になる
  • ええ、そうです。約4か月ぶりに関西にいます。今は京都のテキトーなネットカフェでwifi泥棒しながら、この記事を書いています。深夜バスで着きまして、今、朝9時でございます。打ち合わせ17時からなんだよなww。まいったね。くっそ時間ある。せっかくだから懐かしい顔に会いたいのだけど、おそらく会ったら2週間近く帰れなくなると思うし、会う人を限定することなんてできないので、今日は僕が関西に来たことを一切誰にも連 [続きを読む]
  • 第64歩 ぴくりとも動じない。
  • 僕は、大人になってからというもの、ずっと口ひげを生やしている。ヒゲは、時代と国によって受け入れられ、また忌み嫌われてきた。江戸時代にはヒゲ禁止令が出されたほどだ。文明開化とともに市民権を得ることになり、欧米諸国にみられるヒゲは"権威の象徴""紳士のたしなみ"として受け入れられ、明治天皇も諸外国との関係を持つうえでヒゲを生やした。その後、外国かぶれのモダンガールとかいうイケイケねーちゃんたちの「何あ [続きを読む]
  • 第63歩 Wifi泥棒だなんて言わないで
  • 唯一の交通手段であるバイクの後輪が走行中に破裂。後ろに車が走っていたらおそらく僕はもうこの世にいなかっただろうというおもっくそバイオレンスな出来事があって、やはり僕は祈らずとも生まれつき運を持ってんだなと酔いしれる今日この頃。修理代2万くそっ。このビンボーなときに。そして追い打ちをかけるかのように、ケータイ代5万テザリングのギガ追加購入連打と、ポケットWifiを解約したためそれの解約金が加算さ [続きを読む]
  • 第60歩 夕日はなんとも思っちゃいない
  • きっと、美しい夕日になる。夕日は、そう感じてから消えてしまうまでが、とてもとても短い。いつだってそうだ。きれいな夕日は、きれいだと感じたそばからすでに消え始めている。僕の田舎は、とある峠を越えた瞬間、急に目の前に海が広がる。カーブを曲がった瞬間に、僕は、思わずアクセルを強く握り直す。そのままだぞ、そのままそのまま。そうして急いで峠を下ってエンジンを切り、自分の身長よりはるかに高い岸 [続きを読む]
  • だるまさんが転んだ6回目 A COLOR IS A COLOR IS A COLOR IS A COLOR.
  • 「何も悪いことしてない」しんと静まり返った教室に響いたその声が、僕とあの子の出会いだった。新調した学ランのカラーが首に擦れて痛い。そんな、高校生になってすぐのことだ。同じクラスとはいえまだ知らない顔ばかりで、一塁ランナーをチラチラと牽制するピッチャーよろしく、なんだか落ち着かない高校一年生の春。僕は入学早々、体育教師に目をつけられていた。身だしなみが悪いわけでもないし、悪いことをするわけで [続きを読む]
  • 第58歩 でこぼこのリンゴと、でこぼこな息子
  • どうやらダディが風邪をひいたらしい。いつもなら仕事が休みといえど朝6:30には起きてゴソゴソと活動を開始するダディが、今日は10:00になっても起きてこない。休日の朝6:30起床なんてこれからBBQにでも向かおうかってノリだぜ勘弁してくれよといつも思っていたのだけど、起きないなら起きないで心配になる。こっそりダディの部屋の前で様子を伺う。ゴホッゴホッうぇっゴホッ×8億回こりゃ本気でまいってるやつだ [続きを読む]
  • 思い出シリーズ おばあちゃんのスキップ
  • 郵便局へ行こうと、バイクにまたがるAM11:00。エンジンかからずまいったな。今日の消印で出さなきゃいけない原稿なのだ。郵便局へはバイクで30分はかかるため、徒歩という選択はない。と、いうことで、バスに乗ることにする。1時間半に1本しかないのだ。運よく、あと15分ほどで来るらしい。このバス停でバスを待つなんて、25年ぶりくらいだろうか。おそらく、幼稚園のときおばあちゃんと乗ったのが最後だ。バス停にある、 [続きを読む]
  • 第57歩でござ候
  • くっそ久しぶりだなおいいやまいった。みなさまはお変わりありませんか?なんだかんだ10日ぶりに書きます。そろそろ、「え、あいつ死んだんじゃね?」と噂される頃ではないかと。僕はここ10日、ほぼ毎日、同じリズムで生活してました。起きる→学ぶ→食う→書く→汗かく→風呂→食う→書く→寝る→起きる→学ぶ→食う→書く→汗かく→風呂→食う→書く→寝る→起きる→学ぶ→食う→書く→汗かく→風呂→食う→書く→寝 [続きを読む]
  • 第56歩 曲り道の先を見てみたくはないか
  • 笑っちゃうほどにぽかぽか陽気の日曜日、バイクでちょいと海岸線を走ってみる。あのカーブの向こうはどんな景色だろう?あのカーブまで走ってみようそうしてカーブを曲がると、また遠くに見えるカーブ。どうせならあの向こうの景色も見てみたいそうしてカーブは続く。どうせならとまた走る。結局走り続けて1時間。地元からそんなに離れていないのに、見たことない景色ばかりでワクワクする。途中、ぽっこり小島を発見。 [続きを読む]