真栄パパ さん プロフィール

  •  
真栄パパさん: 習慣コンサ
ハンドル名真栄パパ さん
ブログタイトル習慣コンサ
ブログURLhttp://www.consadole.net/papa12/
サイト紹介文コンサドーレ命の中年ゆるサポによる備忘録的ブログです。トレカも集めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 317日(平均4.1回/週) - 参加 2016/07/16 15:00

真栄パパ さんのブログ記事

  • 3連敗
  • 鳥栖に0−1で敗れ、今季初の3連敗となりました。ルヴァン杯を加えると、4連敗で、残念ながら勝利の2文字から遠ざかっています。試合内容はやはりJ1に長く定着している鳥栖の方がチームの完成度が上でした。コンサドーレの攻撃はサイドからのクロスを都倉に合わせる、いわば「戦術都倉」がメインですが、福森らのクロスを上げるところをかなり抑え込まれ、入れたボールも鳥栖はゴール前でがっちりと待ち構えてはね返す繰り返 [続きを読む]
  • アピール不足
  • うーん、仙台に開幕戦に続いてやられてしまいました。ルヴァン杯とはいえ、やはり勝って勢いを取り戻したいところでした。立ち上がり早々、あっさりと先制したので浮かれていると、徐々に仙台ペースとなり、あっさりと同点、逆転を許してしまった感じです。守備が全体的に緩かったのではないでしょうか。攻撃もパスミスが多すぎて、リズムが生まれなかったですね。正直に言えば、J1残留が目標なので、負担になりかねないルヴァン [続きを読む]
  • 痛い敗戦
  • 痛い、痛すぎる敗戦でした。最下位に沈み、監督交代の劇薬を投入した新潟。ロペス新監督の初陣は背水の陣で、守備を固めてカウンター狙いでした。従って中盤でボールを支配できたものの、ゴールを奪えずにいると、コーナーキックのこぼれ球から手痛いカウンターをくらってしまいました。もう少しリスク管理ができていれば、と思わされるシーンでした。新潟との勝ち点差は勝てば10にまで開くところ、逆に4に縮まりました。広島と [続きを読む]
  • G大阪戦の収穫
  • 先日のG大阪戦はホーム戦でついに敗れてしまい、本当に残念でした。それでも、選手とチームの成長はまだまだ止まりません。われらが選手とチームを信じて応援を続けましょう!G大阪戦はオフィシャルトップパートナー・石屋製菓様による「白い恋人サンクスマッチ2017」。入場とともに、応援フリースブランケットと「きたぞ!J1」タトゥーシールをいただきました。立派なブランケットで、先着2万人とは太っ腹です。タトゥーシールの [続きを読む]
  • 今日のスポーツ紙
  • 敗戦の悔しさから今日はスポーツ紙の大人買いをやめようかと思いましたが、ハンド見逃しなどの判定をどう書いているか、確かめたくて結局、買いました。敗戦にもかかわらず、裏1面にしたのが2紙。日刊スポーツは「札幌本拠1敗 2万人超えサポため息今季7戦目」、スポーツニッポンは「コンサホーム神話崩壊 今季6戦目初黒星」と、ホーム初黒星を伝えています。道新スポーツ様とスポーツ報知は中面の道内面での扱いでした。4 [続きを読む]
  • タラレバは禁物だが…
  • 勝負事にタラレバを言ったらきりがないのかもしれませんが、ペナルティーエリア内、それもゴールライン直前の位置にいる相手選手のハンドを見逃す審判には失望せざるをえません。あそこでPKを得ていれば、別なゲームになったに違いありません。さすがにガンバ大阪はうまかったですね。藤本のゴールは巧みなワンタッチパスの連続させたうえ、絶妙な強さ加減で打った見事なループでした。私はシュートを放った瞬間、ふかしてくれた [続きを読む]
  • 中央図書館
  • 11日から札幌市中央図書館で企画展示「北海道コンサドーレ札幌展〜市民とともに歩んだ20年の軌跡〜」が始まりました。初日に時間をつくって早速、見てきました。会場入口の看板からして力が入っています。入場すると、展示リストが置いてあり、もらうことができます。展示は「コンサドーレを知る」「コンサドーレと地域のきずな」「サッカーを学ぶ」の大きく三つに分かれています。図書館ですので、毎年のガイドブックや公式グ [続きを読む]
  • チラシ配り
  • 昨日、選手たちがJR札幌駅で14日のG大阪戦に来場を呼びかけるチラシ配りをするというので、仕事を抜け出して見に行って来ました。私が到着したときにはすでに始まっていて、参加した選手は内村、上原、深井、田中の4人。すでに4人が散らばってチラシを配布していて、一番人だかりだったのは深井でした。選手がこうしたチラシ配りをしたのは最近は記憶がありません。選手たち自身が一般の方に売り込むためにも良い試みだと思 [続きを読む]
  • 大宮戦の収穫
  • 昨日の大宮戦で得た勝ち点3はJ1残留に向けて貴重な、極めて貴重な勝ち点です。試合意外にも収穫はありました。昨日は諸般の事情で到着したのが午前11時すぎと出遅れました。「エゾデン Powered by F-Powerサンクスマッチ」でしたので、まずエゾデン様のブースに行くと、すいていました。事前にいただいていたはがきを持参して抽選会に参加しましたが、残念ながらハズレのE賞でオリジナルボールペンをいただきました。今後も [続きを読む]
  • 今日のスポーツ紙
  • ゴールデンウイークも今日で終わりますが、いまだに浮かれたままで明日からの仕事を迎えられそうです。さて、今日のスポーツ紙ですが、裏1面は日刊スポーツだけでした。「V弾宮沢 初完封!!本拠6戦無敗!!」の見出しとゴール後の宮沢が大きく取り上げられています。小さな見出しですが、「ランタニダービー観戦恩師に4戦ぶり白星贈る」と、大宮の渋谷監督が室蘭大谷高の先輩に当たるエピソードも紹介しています。他の3紙も中面 [続きを読む]
  • 今季初完封!
  • やりました! 大きな、大きな勝利です!今節は浦和と鹿島の頂上対決がありましたが、わがコンサドーレと大宮の戦いも、残留・降格争いを占う意味で極めて重要な1戦でした。昨季は堅守によるウノゼロ勝ちを重ね、昇格をつかみ取りました。ところが、今季は一度も無失点がなく、攻撃力のあるJ1で守りきる難しさを痛感させられていたところです。そういう中で、ようやく零封でき、また一つ自信をつかめたのではないでしょうか。正 [続きを読む]
  • 明日はエゾデンサンクスマッチ
  • 明日6日のホーム・大宮戦は「エゾデン Powered by F-Powerサンクスマッチ」です。私は新電力が利用できるようになった昨年4月からエゾデン様を利用しています。サンクスマッチを前に、エゾデン様から「プレゼントのご案内」というはがきが届きました。このはがきを持参すると、抽選会に参加でき、特賞は何と試合後、選手にMVP賞を贈呈(あるいはピッチで選手と写真撮影)できるというもので、ほかにもスイートシートの招待チ [続きを読む]
  • 今日のスポーツ紙
  • J1に昇格すると、さすがに扱いが変わり、負けても裏1面を飾るスポーツ紙がありました。日刊スポーツは「初黒星札幌 注目15歳久保の東京に沈黙 A組2位後退」と大きな見出しで、写真は試合後に引き上げる選手たちの姿をメーンにしました。スポーツ報知は同じ試合からですが、久保を主役に「久保『悔しい』24分間 J1カップ戦デビュー」と全国版の記事で裏1面を飾り、コンサドーレについては中面の道内面で「コンサ首位陥落 [続きを読む]
  • 完敗でした
  • ルヴァン杯第4節はアウェイでFC東京と対戦し、完敗でした。0−1というスコアでしたが、内容的には一方的に押しこまれ、圧倒された試合でした。控え組主体のわがコンサドーレに対し、ホームのFC東京はほぼ主力で臨み、15歳の久保建英のデビューをお膳立てしました。コンサドーレはシュートを放つことができなかっただけではなく、満足に前線にボールを運べずに終わりました。いくら控え組中心とはいえ、あまりにも物足りない [続きを読む]
  • 今日のスポーツ紙
  • さすがJ1ですね。引き分けにもかかわらず、2紙が裏1面を飾りました。日刊スポーツは「敵地5戦目初勝ち点札幌 前半横山1号!都倉5号!! 後半リード守れず2失点」と都倉のゴール後の写真を大きく使って、かなりポジティブな扱いでした。一方、スポーツニッポンは「コンサ敵地初勝ち点 2点リード守れずも都倉『着実に進歩』」とし、写真は試合終了後の選手たちとやや暗いイメージです。中面の道内面となった他の2紙は、道 [続きを読む]
  • アウェイ初勝ち点
  • 4戦全敗だったアウェイ5戦目でようやく勝ち点1を獲得しました。前半の早い時間に2得点しただけに、もったいないというか、惜しい引き分けです。それでも、苦手とするアウェイでついに勝ち点をゲットしたのですから、前向きにとらえたいものです。今日は所用のため、リアルタイムで見ることができず、車の中でカミさんに前半終了から途中経過を聞きながら運転していました。2−0とリードしていたので、勝ち点3を期待したので [続きを読む]
  • まるいオリジナル勝ち袋
  • 26日に発売された丸井今井様の札幌本店創業145周年記念「まるいオリジナル勝ち袋」。限定70個という言葉に弱い私は早速、シースペースに立ち寄り、買ってきました。丸井今井様といえば、チーム創設時に尽力していただき、それ以降もスポンサードを続けてくださっているだけに、感謝の気持ちを表さないといけませんしね。袋の中は見えないようになっていますが、外側に体のサイズが表示されていて、自分のサイズを選ぶようにな [続きを読む]
  • 今日のスポーツ紙
  • 昨日はカップ戦で1−1の引き分けだったので、スポーツ紙の扱いは小さいと思いきや、小野の今季初ゴール(札幌ドーム初ゴール)とあって、道新スポーツ様が1面で「左足一閃 小野弾 今季初ゴール 札幌A組首位キープ」と大きく報じました。また、裏1面が2紙あり、日刊スポーツが「小野564日ぶり弾 暫定首位キープ!!札幌ドーム1号」、スポーツニッポンも「お待たせ札幌ドーム1号 6年ぶりJ1小野弾 2年ぶりフル出場 [続きを読む]
  • もったいないドロー
  • うーん、ルヴァン杯で初のホームゲームとなった第3節は一言で言えば、勝てる試合でした。互いに控え組主体の陣容はなかなか連係プレーとはいかず、お互いにパスミスが多く、まるで昨年までのJ2の試合を見ているかのようでした。そうしたなかで、前半の早い時間に大きな展開から小野のゴールが決まり、先制できました。先制した以上、その1点を守りきるか、追加点を挙げて勝ちきりたいところでした。ところが、後半途中から徐々 [続きを読む]
  • 今日のスポーツ紙
  • 勝ち点こそ持ち帰ることができませんでしたが、昨日の浦和戦の激闘を脳裏に刻み、先ほど、無事に帰宅しました。今、NHK−BSの録画を見ながら、買い込んだスポーツ紙を呼んでいるところです。敗戦の翌日はやらないはずでしたが、裏1面にしたスポーツ紙が2紙あり、特別に報告します。裏1面は日刊スポーツが「敵地1号兵藤 FK弾福森 でも札幌アウェー4戦全敗」と最も大きな扱いで、メイン写真は福森がフリーキックをけっ [続きを読む]
  • アウェイ初ゴール!
  • 昨日、今季初めてアウェイ戦に参戦しました!相手は昨季のJ1で最多の勝ち点を獲得した浦和。熱狂サポーターが待ち受ける完全アウェイのなかで、内弁慶なわがコンサドーレがその雰囲気に飲み込まれるのではと、心配して臨んだ1戦でしたが、選手たちは私の期待以上の戦いを見せてくれました。仙台を7ー0で圧倒するほどの攻撃力を持つチームだけに、序盤から主導権を握られ、何度もパスワークに翻弄され、裏を取られました。なん [続きを読む]
  • 川崎戦の収穫
  • いつもは週末にアップするところですが、今週末はアウェイ・浦和戦遠征があるため、前倒しします。さて、この日はオフィシャルパートナーのBOAT RACE振興会様による「BOAT RACE サンクスマッチ」。何と先着1万人にユニフォーム型Tシャツがプレゼントされ、カミさんと2人で2着もらいました。このTシャツはなかなか品質が良く、近所のファイターズファンに聞いても「日ハムが配っているのより立派」と言われました。なにせ1万着 [続きを読む]
  • 今日のスポーツ紙
  • 今日は北海道新聞社様による「コンサドーレトークショー」を見に行ったため、帰宅が遅くなりました。これまでは通常、勝利の翌日のみ、スポーツ紙を大人買いしていたのですが、今日は宅配してもらっている道新スポーツ様が何と1面を飾っていました。やはり優勝候補の川崎と引き分けると、スポーツ紙も力が入るのかと思い、他の3紙も購入してきました。道スポ様は「都倉ホーム4戦連発 札幌ドーム不敗弾!! 後半37分豪快ヘッドで [続きを読む]
  • ホームの力
  • これがホームの力なのでしょうか。昨季、優勝争いを繰り広げ、ACL出場中の川崎は明らかに格上のチームです。その相手に五分に渡り合い、1−1で引き分けるとは、確実にわがチームの基礎戦力が向上したと言えると思います。思い起こせば、5年前のJ1。札幌ドームに川崎を迎え、前半で2点リードしながら、後半から中村憲剛が出場し、ゴールを決めると、一気に形勢が一転。あっさりと逆転を許してしまった試合が忘れられません [続きを読む]
  • 「白い恋人」奇跡の復活物語
  • オフィシャルトップパートナーの石屋製菓様の石水創社長様の著書「『白い恋人』奇跡の復活物語」が宝島社から刊行されました。早速、紀伊國屋オーロタウン店で買ってきました。まだ読みかけですが、「10年前のどん底」として2007年夏に表面化した「白い恋人」の賞味期限改ざんなど一連の不祥事を率直に振り返っています。「お客様を裏切った『あの日』のこと」「井の中の蛙だった石屋製菓」などと、企業体質などの問題点を深く反省 [続きを読む]