<西日本の放浪記> さん プロフィール

  •  
<西日本の放浪記>さん: <西日本の放浪記>
ハンドル名<西日本の放浪記> さん
ブログタイトル<西日本の放浪記>
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/2238ma
サイト紹介文西日本の隠れた名所と隠された秘密を・・ ・・・粗茶も出ませんが、楽しんでください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2016/07/16 18:24

<西日本の放浪記> さんのブログ記事

  • 小松島港の釣り!?
  • 小松島港の周辺は、神田瀬川からの湧き水と外からの海水の入る汽水域です。その為、魚種は豊富で、この時期が来ると、チヌ(黒鯛)キビレ、豆アジ、マンタ、コチ、ヒラメ、サゴシ(サワラ)、グレ(メジナ)、ボラ、ジンダイ(ヒイラギ)小イサギ、さば、イワシ、ダツ、サヨリ、と数え切れないほどの魚が釣れますが。どれも可能性があるのはサビキ釣りですか。サビキ釣りは、疑似餌で釣るし、コマセを撒くので、寄せて釣る万能です [続きを読む]
  • 小松島港の夜はネオン街??
  • 街を染める夜の風景!?しおさい公園の水銀灯が目立ち始めると、海には、赤黄緑の光の行列、タチウオを求めてやってきた釣り人の竿の列!?広い港周辺が、まるでネオン街のようにキラキラと輝くLEDのウキの行列、全体では50人ほどが竿を出しています。台風明けなどは、各人が、指2本半から3本前後を、5〜20本ほど持って帰っていました。それを見物すれば、翌日には追い出るで、港は大騒ぎです。もちろん沖には、小舟の流し釣り [続きを読む]
  • 秋風の吹く小松島港の釣り!?
  • 台風後で、川はまだまだ濁りがあり、鮎を追いかける方は、コロガシ釣りくらいです。そして、こんな人、じゃなくて、こんな鳥が、魚を狙って、固まってました。瀬肩で、獲物を待つコサギです。濁りのある川を眺めながら、港へ行って見ました。もちろん餌を持参してです。荒れ後は、魚が避難しているので、よく釣れるんですね。それを目当てで行ってみると、人はまばら、アジ釣りをする人も見かけません。一人見かけて、声をかけると [続きを読む]
  • 荒れ後の爆釣!?
  • 台風一過、明け方の空には三日月が出て、一番星とコラボしてました。吹き抜ける風は肌にしみる秋の風でしたが。日中は、夏の残り香を感じる暑さです。しかし、荒れ後は、魚の活性が高くて、よく釣れるんですね。アジなどは、大きなのが港周辺まで避難してきているので、楽しみです。先日は、小太刀が、たくさん釣れてましたが・・・・避難していたのでしょうか。もう少し成長してほしいです。そして、先日見てきたチビイカも、大き [続きを読む]
  • 台風18号の進路は・・・!?
  • リンク先は台風18号の進路、(気象庁)ですが。果たしてどちらへ進むのか・・・このまま進めば日本への被害は免れません。台風前にひと釣りとばかりに昨日は、たくさんの方が竿を出してました。しかし、野鮎は、もう産卵行動にかかるためにバカ食い中です。川を見ていると鮎が、隣の鮎に気づかないそぶりで爆食いしてました。時折追いかけますが、全盛期のように遠くまで追いかけませんね。その為当たりも小さく、コッとすれば、 [続きを読む]
  • アオリイカと台風18号タモリ??
  • 日本を総ナメする感じで予想される台風18号(タムリ)モじゃなくてムです。pm9:45分現在、久米島の西北西260kmと言う事です。今週末の三連休は、閉じこもりですかね。そこで、アオリイカの発育状況を見に行ってきました。画像は今日の恵比寿浜波止です。エギが三人、脈釣り一人でした。誰も釣れてませんでしたが、チビイカは順調に成長してますが。まだ、台風に耐えられるほど大きくはなってません。果たして、今年は遊ばして [続きを読む]
  • そして、誰もいなくなった!?
  • 誰もいなくなった勝浦川(稲場)!?朝から少し雨模様でしたが、大した多降りはなく、お昼からは降ったり止んだりでした。少し肌寒く感じ始めた川には、人の姿はまばらになっています。賑わっていた川が嘘のようになってますね。しかし、鮎はこれからが美味しいです。これから美味しい鮎を知っている方は、食通です、子供を持って、落ち始めると、餌は食みますが・・・真夏ほど縄張り意識がありません。しかし大型鮎は、引きも強烈 [続きを読む]
  • 川面に生える夕暮れの勝浦川!?
  • 秋に夕暮れに、川面に映える梶取船の網入れ風景!?肌寒くなった初秋の川面を染める夕日と船の網入れ風景が、綺麗だったのでパチリとしました。この回は、20分弱で網を上げて、5匹の鮎が掛かっていました。お持ち帰りで美味しく食べましたが・・・この後8時過ぎまで鮎と格闘していたそうですから・・・元気さに脱帽ですね。晩期の川には、人が少しずつ減っています。もう海に出かける人が増えたみたいですね。そしてこれが数分 [続きを読む]
  • アオリイカと晩期の鮎釣りin勝浦川
  • 出かける前に、Tさんから電話がかかり、「今、恵比寿浜やけど、アオリイカどこで釣ったらええん?」「それなら二箇所、こことここが楽でええやろ!?」と答えまして、電話を切り、いつものポイントへお出かけです。そして、まずは囮アユを一つかけて、それから、鮎の散歩をさせますが・・・・蹴られが、「あっ、また蹴られた!」と言う程にありました。野鮎の皮が、厚くなって、ゴリッと言いながらも針がたたないのですね。そして [続きを読む]
  • 晩期を迎える鮎釣りは・・
  • 今日の沼江の様子です。もうすぐ、抱卵が始まるからと、鮎釣り師たちが、連日、川に入っています。しかし、全盛期のように、トン キューンとはいきませんね。もぞもぞ、と目印がして、「あれ?当たりか?」と竿を起こすと、ぎゅーん、「ア、掛かとる」という感じですから、面白さはイマイチですが。知り合いは、横瀬で30匹弱を、先日、かけたそうですから、釣る人は残り鮎を楽しんでますね。もう、私は、竿も掃除しました。しか [続きを読む]
  • 終盤の鮎釣り!?
  • 雨が降らないので、渇水気味になった勝浦川、鮎釣りも、あと一月ですかね。野鮎は、お腹をぷっくり膨らませて、抱卵して、どこに産もうかと、浅いところで、群れて卵を石につけ、そこに精子をかけて、受精しますが・・・・もうすぐそんな光景が、川でご覧いただけますね。そして、私のような貧乏釣り師に、朗報です。画像は、友釣りの仕掛け巻きと手作りイカリですが、・・・みなさんイカリを巻くと思いますが、この根巻き糸が、釣 [続きを読む]
  • 今日の勝浦川と・・・!?
  • 画像はお昼の長柱橋の様子ですが、野鮎も、渇水と水温の低下で、一休みですかね。隣に居ながら掛からないと、釣り師の嘆きが聞こえて来ます。よく見ると、小鮎が、岸辺の浅いところで群れて遊んで居ます。釣り師は??と見回すと・・・深場で、大型鮎を狙って、我慢の釣りをして居ます。「アハ・・」よく見ると知り合いでした。いつもの声かけ「どんなん??」「あかんわ!?ぼちぼちじゃ!?」という返事は、掛りが悪い返答ですね [続きを読む]
  • 秋風が吹き始めた勝浦川!?
  • 画像は、昨日の長柱橋下流の様子ですが、鮎釣りの終盤が近づき、これからは、子持ち鮎が現れ始めます。そして、縄張り意識の強かった野鮎が、並んで泳ぐので、なかなかかからなくなります。しかし、味はこれからの鮎が一番美味しいですから、知っている方はそれを狙って、連日、川に入ってますね。そして、聞こえ始めた太刀魚の声、先日、徳島新聞の釣り記事に載ったので、 次々と人が訪れて、釣り場はいっぱいになってましたが・ [続きを読む]
  • 四国の鮎釣りor太刀魚釣り・・・!!
  • 昨日の勝浦川、長柱橋下流の様子が、画像です。少し渇水になって来たので、浅い場所は敬遠されてますが、流心などでは、いい型の鮎が掛かっています。しかし、鮎の皮が硬く成ってきたので、数匹掛けたり、底を引くと、たちが悪くて、コッ!と感じても、掛からない事が有ります。これからはそれが増えますね。針を変えたり、一度緩めて向きを変えることは、釣果を伸ばす大切な作業ですね。初秋の鮎は、甘くて、香りも良く、刺身でも [続きを読む]
  • 四国に吹き始めた秋の香り!?
  • じっくり構えて、獲物を待つ!?時には手を広げて影を作ると、そこへ迷い込む小魚もいます。水面下では、生まれたばかりの鵜が、魚と鬼ごっこしてます。もうすぐ晩期に入る、鮎釣りの面白さ、型はデカクなって、かかれば、竿が折れるかと思うほどに伸されて、これこそが鮎釣りの醍醐味と感じますね。今年は、勝浦川の下流域も少しは綺麗でしたが・・・・面白いのは、メダカをすくって、ペットボトルに入れて、3日ほどで、水が茶色 [続きを読む]
  • 土曜日の勝浦川
  • 少し渇水気味になってきまっした。画像は昨日の長柱橋下流の様子です。砂利の流出で、水深がなくなり、チャラ瀬になってきたので、鮎の背びれが見えるかな〜と言う感じで、釣り師に敬遠されているようですね。放流、解禁時は、人気だった星谷も、膝が浸かるくらいで、川を渡れますから、浅いですが、鮎は所々で、食んでいる姿が、確認できます。今、一番人気が、今山の竿釣り区から友釣り区への周辺です。一つの瀬から瀬の間で、1 [続きを読む]
  • 帰ってきた真夏日!?
  • 今日の気温は、沼江のローソン前で、34度、今日も暑いと感じながら、囮場へ、囮アユを見にいくが、掛かりそうにないので、そのまま、囮屋さんへ入り、囮アユを手に入れて、一路目的地へ、上下に、たくさんの友釣り師の姿が見えます。(画像は昨日の長柱橋下流です)空いているポイントは荒瀬!?「ここか〜!!???」なにぶん養殖の小さなアユを持ってきたので、難しそうですが、まずは一つ掛ける事にして、止め泳がせで、アタ [続きを読む]
  • 日曜日の川は、祭りか??
  • 画像は今日のお昼の長柱橋下流の様子です。竿が振れないくらいの感覚で並んでました。しかしみなさん川に入っているので、掛かりは今ひとつですかね。見ている間は竿を曲げませんでした。追い毛が無いので、野鮎を掛けるのが、難しい昨今の友釣りですか。昨日のNさんから、早朝に電話があり、昨日の釣果と言う事で、50匹で、4時に止めたそうです。10時に出て行って、4時に止めて50匹なら、十分楽しめたのでは無いだろうか [続きを読む]
  • どこも入れ掛りの勝浦川!?
  • 画像は、今日の長柱橋下流の様子です。橋の下流には、10人ほどが竿を出していました。見ているうちに二人ほどが竿を曲げていました。こんな感じで、曲がる竿を尻目に、知り合いのNさんのところへ行くきまして、「どんなん??」と声をかけると、「まあまあじゃ!!」と返事が返り友の船を持ち上げると、こんな感じで入っていました。30匹ほどの鮎が、お昼までに釣れています。此処昨日も入っとたのに、釣ってないんかな〜?? [続きを読む]
  • 金曜日の勝浦川!?
  • 最近、土曜日よりも、金曜日の方が、釣り師が多いですね。どこも一杯でした。知り合い3人で、並んで久方ぶりに竿を出してみました。三時間ほどですが、マズマズの型が、掛かりました。23cmサイズが3匹と、その他で、12匹の鮎が釣れまして、あとは知り合いに託して帰ってきました。 良いサイズだと竿が折れそうに曲がるので、取り込みに苦労しますが・・・ナイロンの魅力は、泳がせで発揮されます。そして昔はよく切れました [続きを読む]
  • 新苔がつき始めた勝浦川!?
  • 一昨日の勝浦川、長柱橋の下流の様子です。人が増え始めた勝浦川の友釣り専用区、川も水温低下とともに、綺麗になりました。そして、知り合いのところへ行くと、「家の秘伝の妙薬じゃ、足に付けてみ!?」と言って、Hさんが、不思議なスプレーを持ってきて、足の捻挫にかけました。一晩で皮がむけてきましたが、もともと皮の剥けるのは聞いていましたから、良いのですが、こんな感じで、少し痛みなどがなくなり、川に入るのも、時 [続きを読む]
  • 今日の勝浦川・・・お盆休み!?
  • 昔は、お盆休みには、川に入ると、ご先祖さんが、連れて行く!?などと言って、川には入りませんでしたが・・・時代の流れか、たくさんの方が川で、鮎釣りをして居ます。画像は、長柱橋下流域です。たくさんの方が、川に入ってましたが、見ている間に竿を曲げる方は居ませんでした。川は、先日の増水で綺麗に掃除されて、苔のつく石が、白く磨かれてます。残りゴケを追って来る鮎を狙っているようですが、いかんせん少し早い感じで [続きを読む]
  • ヤットサー・・・!?阿波踊り
  • ジリジリと照りつける太陽!?湧き上がる積乱雲!?今日の徳島の空は、近年に無い踊り日和ですね。今日から、徳島市内は、阿波踊り一色です。 次々と演舞場へ繰り出す天水、弾けるばかりの顔 顔 顔・・・!?街角にも流れるぞめきのリズムは、歩く人たちの足取りも・・・二拍子です。流れる汗は、夜の街灯にひかり、濡れる浴衣は、妖艶さを感じる女踊り!?徳島の暑い夏が今年も訪れました。まずはリンク先youtubeをご覧にな [続きを読む]
  • 横行する詐欺の手口!?
  • 画像は、送られてきた利用料金の振込催促??・・・・ですが、身に覚えがありません。つまり振込を促す詐欺の手口です。これに乗って電話すると、個人情報や電話番号を聞き出し、催促をかけて、さも有る様な事を並べて、様々のサイトへアクセスする人や、ネット音痴だと必ずかかる手口です。配信が無料なので送るので、配信に回数制限をつけて、越えると有料にするとか、連続配信は、無効にするとかすれば、改善するのですが。これ [続きを読む]
  • 台風5号の行方!?
  • 気象庁の情報で、現在室戸岬南を北東へ20kの速度で進行中だそうです。(リンク先は、気象庁) そして、トップ画像は、勝浦川正木ダムの放流状態です。いつもは右端から、細く放流してますが・・・今日は一気に放流しています。上勝町の勝浦川は、小石が出ているのですが、さすがに今日は、一面が川になっています。まだ降っているので、正面の月が谷温泉が見えません。そして下流の状態は、川幅いっぱいになって、氾濫水位が近 [続きを読む]