平井容子 さん プロフィール

  •  
平井容子さん: fork songs
ハンドル名平井容子 さん
ブログタイトルfork songs
ブログURLhttp://hirai-youko.blogspot.jp/
サイト紹介文熊野古道のある小さな町で夫婦2人と猫一匹、田舎暮らし始めました。
自由文横浜から、和歌山県新宮市と三重県熊野市に挟まれた紀宝町という田舎町に引っ越し、ピアニストの主人と田舎暮らしをスタートさせました。手作りのログハウスで、半農生活、半自給自足、経済的な自活を目指して日々を丁寧に暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 342日(平均1.7回/週) - 参加 2016/07/17 11:58

平井容子 さんのブログ記事

  • パンクする昨日と歩き出す今日と
  • きのう、さて買い物に行こうと走り出したらすぐ、後輪がパーン!と音を立ててはじけた。そうかー、パンクするって、ああいう感じなのだな。井上が、とろとろとぺちゃんこの後輪を気にしながら走っていくのを見ながら、1kgくらいの道のりを、わたしは歩いて戻った。でも、今回も、家を出てすぐにパンクしてくれたから、こうして何事もなく家に帰ることができた。もしこれが、家と新宮の間だったらと考えるとちょっとしんどい。それ [続きを読む]
  • 歌とうすぐらとうつろい
  • 電気を消して、体を締め付ける服を脱ぐ。歌う準備は、いつもこんな感じ。ばあちゃん家の一番奥の和室で、PCに表示した歌詞と、目の前のマイクだけが見えている。以前録った歌を録り直し。基本的に、録り直しするたびに良くなる。あんまりこだわっていてもしょうがないんだけど。それが、数日前のことで、今日は、急に出てきた歌詞とメロディで、急きょ2分くらいのとても短い素朴な歌を作った。井上が即興でピアノも当ててくれ、わ [続きを読む]
  • いちご頭でみた夢
  • 夢に、結先生が出てきた。結先生というのは、わたしの学生時代の華道の先生。ほんとうに優しく心の広い女性で、大好きだった。寄っていくと、結先生からお粉と花が混じったお香のような、かすかな香りがする。わたしは甘えるみたいにそれをくんくんとかいだ。結び先生は、ホテルのようなところで華を活けている。部屋は薄暗く嫌な感じなのだけれど、結先生がいるから、わたしはちっとも怖くなかった。バスルームに入ると、そこには [続きを読む]
  • 霧の夜のぼうけん
  • 昨日の夜中、お風呂上りにのどが渇いたわたしたちは、まるで悪いことする子供のようにわくわくしながら、近く(遠く)の自販機まで、ジュースを買いに出た。午前3時の村は、もちろん誰も歩いていない。ぽつんぽつんと灯る外灯。足元で、カエルやトカゲがかさこそと音を立てる。自販機だけが、燦然と光っている。大きな缶のオレンジジュースを選んで買って、帰り道はうまいうまいと交互に飲みながら帰ってきた。明日も外に仕事に行 [続きを読む]
  • ざぁざぁ降りのワルツ
  • 風邪気味で、のどが痛くて、いくらでも寝ていられるような感じになっている。昨日は、いつもよりすこしはやめに床について、口の上のところまで布団を引っ張り上げた。外は久しぶりのざぁざぁ降り。目をとじて布団の陰にもぐっていると、体温と等しい冷たくも温かくもない水がひたひたと背中からこみあげてきて、それにふやけた自分の体がゼリー状になってしまったような気がしてくる。気持ちいい、と思っている間に眠ってしまった [続きを読む]
  • 草と草と草と・・・
  • 今日もまた、どんよりと曇っている。けど、ちょっと体調が良くなったので、明るい気分。冷蔵庫を開けて、きのうつくったケーキを食べる。お昼は、ひき肉とニラの入った、韓国風のようなそうでないような、辛いおじや。井上は「自分のおじや史上最高の出来やな」ともふもふと食べていた。わたしは煮干出汁のあっさりとしたやつが好きなんだけど。畑には、日々大きな変化がある。昨年植えた玉ねぎが、ついに倒伏しだした。たまねぎの [続きを読む]
  • 自家製ベリーのチーズケーキタルト
  • ぼんやりと頭が重い。下まぶたを、べろんとめくってみると真っ白になっている。どうやら、貧血みたい。あ、そうだ。と思い出し、冷凍庫に眠っている、けっこう前にまとめてつくっておいたレバーペーストを出してきて、冷蔵庫で解凍しておいたものを、1日、ちょっとずつつまんで食べる。井上は、大好きなあまちゃこ(甘いカフェオレ)を飲むのも忘れて、PCに張り付いてずっと作業をしている。そのかたわら、わたしはわたしでケーキ [続きを読む]
  • 誤算の赤い実と一人ハワイ
  • 結局、PCは壊れてしまった。一応、ネットくらいはできる(たぶん、もうすぐできなくなると思うけど)ので、もう動作ががたがたのPCから書いている。新しいのは、仕事関係の人に相談して買った。マウスコンピューターのやつで、メモリが16GBと働きものなやつを選んだ。今、日本のどっかで、わたしのためにPCが組まれていて、12日に手元に届く。なんだか、たいへんなことだなぁと思う。摘んださくらんぼを、ジャムにする。ちいさな虫 [続きを読む]
  • 天気雨しだい
  • 前回の日記で、なんだか、仕事以外何もしていなかったような書き方をしてしっまったけど、じつはぜんぜん、そんなことはなかった。こんなに、冬って長くて寒かったっけ?と耐えるように過ごした冬が終わってやってきた春は、ほんとうにやさしくて、こわばった体がほぐれていくのがわかった。うーん、きっと昔の人は、こういうふうに、いや、もっとずっと、春の訪れがうれしく感じたんだろうなぁ。3月から、井内には、春の山菜のシ [続きを読む]
  • 春の終わりと再起の虫
  • 4/27、急に仕事で使っているPCの調子が悪くなって、あれよあれよというまに、再起動も難しいような状況になってしまった。月末の締め切りもあるので、わたしはとても焦った。 3日かかって、エラーチェックや修復を何度もやって、そうして、PCは息を吹き返してめでたしめでたしだったのだけれど、わたしはまるで、冷や水をぶっかけられたような、そんな気がした。仕事にとりくめない3日間は、居心地が悪くて、ひやひやとして、落 [続きを読む]
  • 久しぶりのねぼすけ、大阪王将、はやる気持ちときたる眠気
  • 昨夜は、とにかく一仕事終えてしまたくて、ずいぶん遅くまで作業していた。まだ慣れないことも多いので、手探りだけれど、やっているとがーっとのめりこめるということは、わたしにこの仕事は合っているということなのかも。在宅の仕事だから、人と顔を合わせることはない。おねえさんを介して紹介していただいた雇い主のひとにもお会いしたことはないけど、でもとても誠実な方だということはひしひし伝わってきて、それに応えたい [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • みなさま、あけましておめでとうございます。今年もみなさまにとって素晴らしいお年となりますように!今年もTOWAtextile井上彼処と平井容子をよろしくお願いいたします。クリスマスの直前くらいかな、100均で、こちょねの服を買ってみた。赤いチェックが、ちゃいろい毛色に合うだろうなぁ、と思って。案の定すごく、すごく、すごくかわいい・・・サンタさんみたいになるかと思ったら半纏にしか見えないけど、わたしたち大満足 [続きを読む]
  • 仕事納め、電子ドラムセット、2016おせち計画
  • 昨日は、いろんな仕事がすっぽりときれいに納まった。27日の夜、ライティングの仕事を納品して、28日にみかんをもいで、今年は全部おしまい。ふー、と体から気持ちの良い空気が抜けていき、そのままいつのまにか眠ってしまった。あたたかい沼から起き上がったら、昼を過ぎていた。さいきん早起きをしていたので、こんなに眠ったのはひさしぶり。でも、ときどきならこういうのは最高に気持ちがいい。目の前の山で家や畑は翳っている [続きを読む]
  • 風の強い日にもわたしは踊る、臨時予算編成、女性回帰きぶん
  • 夜中か明け方、じくじくとした眠りをファーーーーーンとサイレンが裂いていった。不安をそのまま音にしたみたい。しばらくしてサイレンがやみ、低い男のひとの声で町内放送が入った。闇のなかでぱっちりと目を開けてそれを聴いていた。どうやら、鵜殿のどっかで火事があったよう。声は非難と消防の出動を示唆していた。静かに戻ったあとも、心臓がいつもより早く打っている。なんだか悪い夢みたいで、しばらく眠れなかった。枕元に [続きを読む]
  • 低気圧、おねむり、仕事の日
  • 今日もえいやーーーーーっと8:00に起きる。あれ?あたたかい。今日は肌が空気になじんでいる。外はくもりだった。晴れの日の方が、最近はとても寒い。それにしても起きてからもずっと眠い。低気圧のせいだろうか。寝てしまわないように、とりあえずパンを焼いてスープをつくって、お茶を淹れる。今日は用事があるから、井上も早く起きだして、準備して出発。いつものオレンジロードを通って熊野まで。用事が終わったあと、熊野の [続きを読む]
  • 霧の底、決め事、254 steps
  • 昨夜、霧の底に沈んでいた。これはなにかの比喩ではなくて、実際にこのへん一帯が、すっかり霧に覆われていていたってこと。ぽつぽつと立った街灯のまわりがぼんやりと発光する。いつもより明るく感じるくらい。夜の22時過ぎ、ふたりで少しだけ歩いた。なんとか最低限のことをやったあと、わたしはひとり寝室で、自分の頭のなかのことを、紙に書きだす作業に没頭してた。他人からしたらきっと、ほとんど無職のふたりが、家でいった [続きを読む]
  • ゆず仕事と手作りコンビーフ途中経過
  • 一日にできることは、そう多くない。わたしのようなとろい人間には。そう思いながらキッチンに立って、道楽のような作業に没頭する。この前の日記で書いたゆず仕事のつづき。四等分に皮をむいて、水に一晩浸しておいたものの、白いワタの部分を軽くとっていく。完全に取り除きすぎるより、ちょっと残っている方が好み。もし、あまーいのが好きならきれいにとっても良い。これを、どんどん刻む。あんまり幅が広いと、ゆず茶にしたと [続きを読む]
  • しと雨、ゆず仕事、夜の鳴き声
  • 朝、早い時間に、天候不良で今日のバイトがなしになった旨の連絡が入り、そっかぁと安心して、もういっかい深く深く眠った。次に起きたら、お昼の2時。当たり前だけど、井上はとっくに起きている。申し訳なく思い、何が起きたのかわからないまま、急いでお昼ごはんをつくる。しかし、雨。青い野菜は、お昼ごはんをつくるときに畑に行って、一日分くらい採ってきて使うんだけど、この雨の中、なんだかそれがすごく億劫で、ずいぶん [続きを読む]
  • インドカレーとチャパティ、ちいさなカブ、羽毛の時間
  • 湿っぽい曇り空。はっきりしない意識で朝ごはんをもぐもぐしていると、調律師さんがやってきた。今日は、午前中、ピアノの調律。音が狂って、せっかくの演奏が耳にきつく聴こえることもあったので、とてもうれしい。調律師さんは、気の優しい、居心地の良いおじさんだった。うちに上がってすぐ、ピアノにとりかかり、そのまま、うちの空気にすーっと馴染んでいった。おじさんのピアノをかたかた、ぽろんぽろんとやる音を聴きながら [続きを読む]
  • 遠足、ブックカフェ、キャンドルお風呂
  • ひょーるる!目が覚めても寒くて布団のなかでもだもだしていたけど、鳥の高い声でやっと布団をはいで起き上がる。そのまま深呼吸。肺がすーんとするような、ハッカみたいな空気。冬の空気だ。朝ごはんの準備をしていると、井上が「おつゆや!」と叫んだ。えっえっえっと言いながら、窓の外を見る。どこにいるかわからない。どうやら、離れた場所のよう。慌ててスリッパをサンダルに履き替えて、二人で転げるように、でも静かに玄関 [続きを読む]
  • 横顔、実り、黒い猫
  • 昨日の夜は、2時間くらいかけて、次にアップする曲のための動画を撮った。久しぶりに濃いめの化粧をする。黒いアイシャドウに、しっかりとアイラインを引いて、つけまつげ。ひさしぶりにすると、目がなんだかしばしばする。横顔をレンズがじっと見ている。井上が、証明にタオルをかけたり、外したり、向きを変えたり。あるものでやるための工夫を重ね、無事に撮影終わり。井上が、ばっちり編集してくれるみたいなんで、できあがっ [続きを読む]