TETSU さん プロフィール

  •  
TETSUさん: 鉄・リターンズ
ハンドル名TETSU さん
ブログタイトル鉄・リターンズ
ブログURLhttp://ltdexp1.blog.fc2.com/
サイト紹介文鉄道旅行備忘録と言うか、ほぼヒトリゴトです。 よかったら見てってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 301日(平均1.0回/週) - 参加 2016/07/18 03:21

TETSU さんのブログ記事

  • 姨捨にナマステ
  • 毎度毎度の出張シリーズです。去年の12月のこと、長野は凄く久しぶりだ。長野と言ったら、189系「あさま」にEF63重連かましての碓氷峠を越えと、峠の釜めしを想起する世代。ところが、いつの間にかの3セク化はおろか、横川ー軽井沢間が廃線になってんじゃん!鉄オタとして恥ずかしながら、今の今まで知らなかった。新幹線が通ることは基本的に悪いことではないと思うんだけど、それと引き換えに文化的なものが失われていく気がし [続きを読む]
  • 出張ついでシリーズ in 長崎 ②しまパト (しまばらパトロール)
  • 雲仙温泉からバスに揺られて約1時間、島原鉄道の島原駅に到着。自分で走るんだったら楽しくてしょうがないんだけど、峠を越えるルートを受け持つ運転手さんは大変だよね。むむ、なんかデカイ水槽があるけど、何だろ?なんと、鯉がいました!島原駅の特別駅長「さっちゃん」だそうですwしかもそこが駅長室かよww隣りの妖怪〇ォッチ的なヤツは、島原の守護神「しまばらん」という、やっぱりと言うか、島原市出身の妖〇ウォッチ作 [続きを読む]
  • 出張ついでシリーズ in 長崎 ①Let's go to hell tour
  • この日は長崎市内でのJOB。去年の11月のこと。路面電車に乗ると、必ずと言っていいほど乗る方向を間違えるのをそろそろやめにしたい。うわ、雨降ってきた。前川清の歌のフレーズがアタマを支配するまでの時間はそれほど要しない。諸先輩方なら恐らくその次は三善英史だろうが、オレの18番は中西保志だ。JR長崎駅に到着。翌日は休日だから、ちょっと足を延ばすことにした。と言うか、狙っていたwやって来たのは諫早のバスターミナ [続きを読む]
  • 583系、引退するってよ。
  • 国鉄の特急車両は赤い帯のイメージが強い。だけどコイツは青が基調。青は男の子の色という刷り込みが蔓延している時代に育ったこともあり、即座に好きな車両ランキングトップに躍り出た。好きになる理由は、いつだってシンプルだ。やがて、この車両特有の機能に惹かれるようになる。昼行特急としての運用時は何の変哲もない(多少あるがw)座席が、夜行の運用時には寝台になってしまうという唯一無二のキャラクター。ブルトレとは [続きを読む]
  • HOKKAIDO 2017 ⑩ 蒼い大地と青いオレ
  • 母恋めしを食ってからの記憶が無いのだが、とりあえず苫小牧に着いた。ここから日高本線の列車での暫定的終着駅「鵡川」に向かいます。行き先表示は「様似」になってるんだね。バス代行運転もしてるし、当たり前と言えば当たり前か。苫小牧を発車した列車は、製紙工場を横目に荒涼とした大地を進む。この辺りの無機質なコンビナートも萌え要素満載だね。ちょっと考え事している間に、もう鵡川に到着。おいおい早えーよ!w学生も結 [続きを読む]
  • HOKKAIDO 2017 ⑨ Dive to 地球岬
  • 札幌出張がキッカケで始まった現実逃避もいよいよ最終日。今日は地球岬と日高本線の生き残り区間を体感しに行きます。「わたれーる」って何だろう。跨線橋のことなのかいな?それってフツーじゃね?って思うんだけど、環境を整備することで東西の交流を加速させるとか、地元には何かしらメリットがあったんでしょうね。駅構内にはキハ261系の試運転車両が止まってました。ヘッドマークがLEDだったので、スーパー北斗に投入される新 [続きを読む]
  • HOKKAIDO 2017 ⑧ 幸せのカタチ
  • 流氷物語号に別れを告げ、向かい側のホームで発車を待つオホーツク6号になだれ込むオレ@胃袋と格闘中。さすがにハラいっぱいで動けない。が、動いてないと寝てしまう。大好きなキハ183系に揺られて、再び北海道を横断します。残念なのは、国鉄色の車両をリアルタイムで見れなかったこと。今でも日本一カッコいい車両だと思っている。異論は認めるw好みは人それぞれだもんね。通称「ボウズ」には縁が無かった。もっとも、オレはス [続きを読む]
  • HOKKAIDO 2017 ⑦ 流氷物語号とラーメン大魔王
  • あっという間の滞在だった北浜駅を後にします。今度は天気が良い時に、あのお立ち台から流氷を見たい。「ワンマン」って表示されてるけど、この列車は特別なのかな?後ろに車掌さんいるしww次のターゲットがある「止別駅」に到着。ここで「1号」とはお別れ。お次はココ。そう、止別駅のサ店「えきばしゃ」です。さっき食べたばかりなので、何か飲み物でも・・・と思ってたのですが、お店のサブタイトル「ラーメンきっさ」の文字 [続きを読む]
  • HOKKAIDO 2017 ⑥ 流氷物語号とカレー王子
  • 去年まで運行していた「流氷ノロッコ号」は機関車の都合がつかんという理由で終了。そのノロッコ号に代わるタマとして、気動車を流用した「流氷物語号」が運行されました。流氷ノロッコ号の廃止は残念ではあるのだけれど、JR北海道のリリースで見たキレイなラッピングが施されたキハ54系に、ちょっとココロが躍った。それはそれで、テツ的には有りだよね。流氷が接岸してたら乗ろうと思ってた観光船「おーろら」の案内が網走駅にあ [続きを読む]
  • HOKKAIDO 2017 ⑤ 号原湿の冬LS
  • 標茶に到着した冬の湿原号は折り返し運転の準備中。転車台が無いので、SLがバックで引っ張るスタイルです。せっかくなので、この上り列車にも乗車しますよ。と言うか、周辺のアクテビティとの連携があるのかどうかもわからんから、自ずと行動の選択肢が限られてきちゃう。下りに乗ったら上りもってヒト、多いんじゃないかな?自治体やインフラも、各々頑張っているとは思うんだけど、それぞれの観光資源をもう少し有機的にリンクで [続きを読む]
  • HOKKAIDO 2017 ④ SL冬の湿原号
  • 来たぜ、JR北海道最後の(?)大物コンテンツ。「SL冬の湿原号」道内で運行するSLは、いつの間にかこの列車だけになってしまいましたね。以前は「ニセコ」だの「すずらん」だの「クリスマスファンタジー」だの、結構な数のSL運行があったみたいなのに、ちょっと残念。特にC62が牽いてたニセコは見てみたかったな〜。釧路駅のチャリンコ置場。やっぱこんだけ積もると乗らないんだw気の小さいビビリーなオレには、どうしても「SL冬 [続きを読む]
  • HOKKAIDO 2017 ③タウシュベツって何の種別?
  • ぬかびら温泉で迎える朝。昨晩の吹雪ほどではないが、風が強く、怪しい雲が一面を覆う。うわっ…今日の天気、悪すぎ…?って呟いてしまうほどブルーなコンディションだ。天候はイマイチだけど、朝メシは美味かった。ロビーには近隣の観光情報が盛りだくさん。本日のメインイベントは、NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターさん主催の湖上を横断する「タウシュベツ橋ツアー」です。国道沿いの歩道を除雪するの図。雪が降らない地域 [続きを読む]
  • HOKKAIDO 2017 ②とっきゅうざんまい
  • ジェイソン・ボーンばりの諜報員になりきった後は、腹ごしらえをします。長万部と言えば、ココ。「かにめし」のかなやさんですね。あれ?げげ、やってねえ。。ですが、隣の駅弁直売所は営業してたので、弁当を買っていくことにした。あらかじめオーダーしておけば、列車まで持ってきてくれる上に、1,080円⇒1,000円と、ちょっとおトクだったんだよね。ニセコ号でも車掌さんがアナウンスしてたんだよな〜。お店で食べる気満々だった [続きを読む]
  • HOKKAIDO 2017 ①エスケイプ 〜妄想篇〜
  • あくる日の札幌駅、オレは新千歳空港行きの「快速エアポート」を待っていた。平日ではあるが、さすがに札幌は旅行者も多く、通勤・通学ラッシュの時間帯は旅行者とそうでない人間とでは、格好と荷物とリズムが違うのでハッキリわかる。それはそうと、何か様子がおかしい。さっきから執拗に視線を感じるのだ。地元ではないので知り合いも少ないし、ズボンのチャックも閉まっている。「来たか」CIAか、MI6か、さもなければFSBか。兎 [続きを読む]
  • HOKKAIDO 2017 プロローグ
  • やってきたぜ、北の大地。出張とは言えちょっとワクワク。流入経路はヒコウキ。出張目的だと、東京から新幹線という選択肢はやっぱ無いよな〜。席をちょっといいクラスにしてみた。新幹線のグランクラスはこれを基準としたのかな?たいそうなシートなんだけど、慣れないもんだからかえって疲れる。グランクラスの時もそうだったけど、ありがたみゼロだwwグランクラスと違うのは、CAさんがこちらに話しかける時いちいち名前を呼ん [続きを読む]
  • ID
  • 「ヘッドマーク」が掲出されない列車が増えた。多くは車両の構造上の問題なのだが。「くろしお」もその一つ。馴染みのある381系が引退して、もうイラストを見ることもないと思っていたけど、意外なところで再会。多少のアレンジはされているものの、オリジナルのトーンは踏襲されている。53.10時代に鉄オタだった自分にとっては、イラストのトレインマークは列車のアイデンティティを感じるアイコンであり、「顔」そのものだった。 [続きを読む]
  • 道草 in ヒロシマ  その⑤ また来るじゃけ!
  • 帰ってきたい駅ランキング第2位(オレ調べ)の竹原を出発。やっぱり南武線か西武鉄道に見えてしまう電車で広まで行きます。広で快速「安芸路ライナー」広島行きに乗り換え。この新型車両は227系でしたっけ。なかなかカッチョ良いのですが、、、どうもアミダラ女王かブラックデビルを想起してしまう。。次に立ち寄るのは、さっきまでとは対極にあるようなヘヴィなまち。「戦艦大和」が生まれた軍港、呉であります。ここで大和ミュー [続きを読む]
  • 道草 in ヒロシマ  その④ 何番目かは知らないが小京都。
  • 尾道からさらに西へ。穏やかな瀬戸内海を眺めながら三原駅まで向かいます。ここで呉線の列車に乗り換え。タコのまち?ふんふん。あ、はい、ただいま。なんか、ココロに染みる。いつもは「いたの?」だもんなw安芸の小京都「竹原」玄関口の竹原駅です。ここを降りたところに「おかえりなさい」があります。また帰りたくなっちゃう駅ですねw駅から十数分歩いて、ここでのターゲット「町並み保存地区」にきました。旧笠井邸とやらが [続きを読む]
  • 道草 in ヒロシマ  その③ 怪しいほうの尾道
  • 大阪を出たあたりで浅い眠りにつく。がっつり寝ちゃって乗り過ごしたら大変だっていう恐怖心のためか、ほとんど眠れなかった。優等列車は始発から終点まで乗り通すことが身上のオレにとっては屈辱的なコトだwきっぷは岡山までだったけど、せっかく出雲なんだからと山陽本線ギリギリのところで降車。特急料金等は追加ナシでおkでした。乗っていた列車を見送る。終電が無くなるので二次会途中で抜ける的な割り切れなさが残るねw倉 [続きを読む]
  • 道草 in ヒロシマ  その② メランコリックトレイン
  • なんだかサンライズづいている今日この頃。「あーっ!これ乗りたい!」偶然ホームに居合わせたのだろうか、女の子が瞳をキラつかせながらお父さんにせがんでいた。この列車が醸し出す、何かキラキラした雰囲気が気持ちを高揚させるのかな。観光列車とかもいいんだけど、誰もが情景を抱ける列車を後世に継承できないもんかな。企業のブランディングじゃなくて、鉄道のブランディングに繋がることをJR各社が一体となって考えてもらえ [続きを読む]
  • 道草 in ヒロシマ  その①
  • 目的地は広島。そして月曜日。だったら土日使えるじゃん。んで、単細胞で短絡的なオレが想起するのは、もちろん、それ。サンライズ出雲で出雲市、そこから三江線でも巡ろうかいな。思い立ったが吉日、意気揚々と近所のみどりの窓口へ。ここは以前、北斗星の事前受付に何度も来た(が、結局一度も取れなかった)駅だ。マルス端末は1台しかないから、混み合うと結構待たされる。ふと壁面の告知類に目をやると・・・「事前受付終了 [続きを読む]
  • サンライズでサンセット
  • いいことありそうな一畑電車で出雲市に戻ってきた。駅ナカの蕎麦屋さんでメシにありつくつもりだったのだが、まさかの準備中。。しゃーないので、駅前の温泉「らんぷの湯」でひとっ風呂浴びることにした。少し混んでたから時間かかってしまった。これからの行動に備えて食料を調達しなきゃ。構内にサンライズのプラレールがありました。カワイイね。ちょっと脱線してるけどw九州に行ったのに、ここまで来た理由はコレ。あー、アホ [続きを読む]
  • 出張ついでシリーズ in 九州  遠回りして帰ろう、出雲市経由で。
  • やまぐち号、そういえばあの日もどこかで撮影したな。長門峡の辺りか、津和野にも近いどこかだっけな?忘れちゃったけど、下り列車に乗った後の上り列車を待ち構えていたんだ。遠くから聞こえる汽笛に逸る気持ちを抑えきれず、影が見えた瞬間からモードラ全開。想定していたベストアングルに列車が到達する前にフィルムが終わるというアホっぽいことしてたのを思い出す。デジカメって便利だよなw湯田温泉のきつねともお別れ。予定 [続きを読む]
  • 出張ついでシリーズ in 九州 またしてもやまぐち
  • さんざん八つ当たりをした新幹線は新山口で下車。こんな短期間でまた来るとは。先日興味本位で買って感動してしまった「黄金のカレーパン」を食べたかったんだけど、駅のパン屋さん(名前忘れた)はもう閉まってました。。晩メシにありつけないオレのアタマはカレーパンに支配されっぱなし。乗客は発車直前にわらわら増えてきて、結構な乗車率。新幹線よりよっぽど多いぞ。今日の宿は湯田温泉。夏休みだからかな。中高生っぽい若者 [続きを読む]