のぶ1969 さん プロフィール

  •  
のぶ1969さん: 日常のことを記事にしています。
ハンドル名のぶ1969 さん
ブログタイトル日常のことを記事にしています。
ブログURLhttp://ameblo.jp/northsea1969/
サイト紹介文日常のことや、色々な記事を書いています。気軽に見て下さい。気にいった買い物があればどうぞ。
自由文気軽に遊びに来てください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供717回 / 344日(平均14.6回/週) - 参加 2016/07/18 07:35

のぶ1969 さんのブログ記事

  • 小学生時代のトイレ問題
  • 70代男性利用者さんと話をした。「俺の小学生の頃は、学校でうんちが出来なかった。男性トイレで、大便すると直ぐにばれるから女性トイレで大便した。それがばれたら非難される。どちらにしても、学校で大便をするには勇気がいった。しかも昔は「ぼっとん」だったから臭かったしな。」とおっしゃる。私が小学生の頃も大便すには勇気がいった。何で、あんなにも学校で大便すると皆に言われたのだろう。 [続きを読む]
  • 利用者さんを競馬場に連れて行く
  • あるケアマネージャーさんに電話をすると、なにやら騒がしい。ケアマネージャーさんが、「何処にいると思う?」と聞かれる。私が「分からない。」と言うと、ケアマネージャーさんが、「右麻痺の利用者さんと、生活保護の利用者さんを連れて競馬場にきている。俺の馬券は当たらないのに、二人は当てるんだよね。右麻痺の腕を伸ばしてお札を入れるから凄い。リハビリだよ。」とケアマネージャーさんが言う。そんなことが出来るケア [続きを読む]
  • 日本人の「痛み実態調査」
  • 日本人の「痛み実態調査」をというのを見ました。日本人が痛みに強いという根拠はないそうです。日本人は、「痛い」と言うと周囲に心配をかける、評価が下がるなどの理由から、痛みを我慢しがちな国民性と言えます。しかし、日本人が特に痛みに強いという医学的根拠はなく、また、痛みを我慢することは、決して良いことではありません。https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/naifuku/understand/research.html [続きを読む]
  • ある女性と話した
  • ある女性と話した。その女性は、結婚をしていて、ご主人がいらっしゃる。その女性は、働いている。ご主人が帰って来たら、「お帰りなさい。今日も1日ご苦労様。」と私も疲れていると思いつつ、必ず声をかけるそうです。そうすると、男性は明日も気持ち良く仕事が出来るだろうし、男性はモチベーションが上がる。...互いに気持ち良く過ごす為にどうしたら良いかを考えるのが重要だと思う。 [続きを読む]
  • 気になったことは聞きたがる
  • 私は、気になったことは聞きたがる傾向にある。たまに自分でも失礼だと思うことがある。でも、聞きたくなってしまう。皮膚科の先生にどうして皮膚科の先生になったかを知りたくて聞いた。そうしたら、皮膚科の先生が、皮膚はデリケートでどこに赤みが出来たか?...場所でも分かる時があるし、ブツブツの出来具合でも分かる。そして、薬を調合して治った時にはうれしい。と。私としては、ちょっと変な表現だが地味なような感じがし [続きを読む]
  • 子供のために犠牲になる
  • 子供のために犠牲になるのは嫌だ。という方がいらした。子供のために犠牲になるなんてあまり考えたことがなかった。テレビを見る時間がない等とおっしゃる。なるほど。犠牲になると思えば思えないわけでもない。しかし、子供のためにと考えるのは当たり前のことではないのか?...というか、誰かのために私がいる。逆に言えば、私のために誰かがいる。そう、人は誰かのために。という思いと、あなたがいるから私がいる。という関係 [続きを読む]
  • 利用者さんが何も求めているかを吸い上げるには技術が必要
  • 担当者会議にて、利用者さんに「何がしたいですか?」と聞くことがある。私は、そこに違和感を感じる。何をしたいかと言われて答えられれば、その人は勝手に自分で考えて何をしてほしいと言えると思う。逆に、病気や意欲がなくなっている利用者さんに「何がしたいですか?」と聞いて、答えられない方もいらっしゃる。そういう方にアプローチをする時には技術が必要だ。...私は、「何がしたい。」ということよりも、まずは1日を過 [続きを読む]
  • 今の世の中は、人を疑わなくてはいけない
  • 今の世の中は、人を疑わなくてはいけない。何か変な人ではないかと。子供に大人から声をかけられたら、逃げなさいと教えなければならない。学校では皆仲良くと教えるのに。この矛盾した世の中の仕組みをどう子供に教えるべきなのか?...私個人的に思うのは、信じられる人なのかを見極める力が必要と感じる。しかし、人間はいつも矛盾と戦わなければならない。 [続きを読む]
  • 使うほどにやわらかく育つ新感覚
  • やっと完成した、どこにもない、 新しい育てるタオル「feel(フィール)」の登場です。育てるタオルならではのふわふわな手触り、使えば使うほど育っていくような新感覚、圧倒的な軽さ、吸水性、ふわふわ感、速乾性・・・すべてがブラッシュアップされた特別な「育てるタオル」がfeelです。 新しくなったパイルヘムで空気を纏うような軽さ、ふわふわな使用感をより実感していただける、ワンランク上のタオルになりました。そのカラ [続きを読む]
  • ある事例に驚愕した
  • 弁護士さんとの勉強会に出席して来ました。ある事例に驚愕した。訪問看護師さんが、訪問した時にお茶を出してくれて、断れずに飲んだ。訪問看護師さんが事務所に戻って、体調が悪くなり病院に行ったら、〇〇の薬の反応が出た。訪問したお宅で、〇〇の薬を入れられたことが判明する。...訪問宅の犯罪歴のある息子さんがいれたそうだ。ケアマネージャーさんは、息子さんが犯罪歴があることは知っていたが、直接業務に関わることでも [続きを読む]
  • 利用者さんの忘れ物
  • 利用者さんが、病院の帰りにバスに乗り、銀行へ行った。午後5時頃で、6時過ぎると銀行が閉まると思って慌てていた。銀行でお金をおろして、ホッとしたら杖が無いことに気がつく。火事場の馬鹿力か、杖が無くても歩いてきた。...バスに置いてきたか?バスから降りて休み休み歩いたからそこでおいてきたか分からない。とのこと。バスに問い合わせをしたが、該当する物はない。とのこと。本人が交番に行けないので代わりに届けを出し [続きを読む]
  • 知的障害ある息子の自死
  • 知的障害ある息子の自死 「バカなりに努力しろ」メモに障害者を受け入れるのなら、対応を間違えてはいけない。きっとちゃんと支援を受けていたら働けていたのではないか?残念でならない。http://www.asahi.com/sp/articles/ASK526FLHK52UTPB01G.html… [続きを読む]