のぶ1969 さん プロフィール

  •  
のぶ1969さん: 日常のことを記事にしています。
ハンドル名のぶ1969 さん
ブログタイトル日常のことを記事にしています。
ブログURLhttp://ameblo.jp/northsea1969/
サイト紹介文日常のことや、色々な記事を書いています。気軽に見て下さい。気にいった買い物があればどうぞ。
自由文気軽に遊びに来てください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供396回 / 250日(平均11.1回/週) - 参加 2016/07/18 07:35

のぶ1969 さんのブログ記事

  • お通じの話
  • 食事中の方がいらしたらふさわしくない分なので注意して下さい。利用者さんのサービス時に沢山のお通じが出た。しかもスルッと3日分くらいではないかというくらい出た。私もなんだかスッキリした。奥さんもいらっしゃるのですが、奥さんが見に来て、こんなに沢山出たから見せようか?と本人におっしゃっている。私が、見せるものじゃないでしょ。と奥さんに言うと奥さんがそれもそうね。とおっしゃる。何だかお通じのことで共感出 [続きを読む]
  • 急に思い出す
  • 急に思い出すことがある。利用者さんの買い物をスーパーでしている時に、前に入った利用者さんの豆腐を買わなかったと思い出す。利用者さんと買って来た物を確認したはずなのにお互いに抜けていた。しかも何故今思い出すのか?という時に思い出すのが不思議である。 [続きを読む]
  • ヘルパーの買い物
  • ヘルパーの買い物は実に難しい。利用者さんにいつものトイレットペーパーと言われるとする。それがない時に代替品をどれにするか悩む。自分で行ければ、代替品をすんなり選べるが、利用者さんのことを考えてこっちの方が無難かなと思って買う。買ってみたら利用者さんにこれじゃない方が良かった。なんて言われるとがっかりする。もう一度、返品してスーパーに買いに行くなんてこともある。利用者さんが満足してくれないとなんか [続きを読む]
  • あんたなら出来そうじゃん。
  • 人間とは面白いものだとつくづく思います。自分には出来ないことを平気で言える。ある人から言われた。「嫌いだと思っても、相手のことを思ってあげなさい。たとえ相手に伝わらなくても」なるほど良い言葉である。...しかし、やるとなるとなかなか難しい。その言った相手に、出来ているんですか?と聞くと、「出来る訳ないじゃん。でもあんたなら出来そうじゃん。」人と言うのは、やはり出来ないことを相手に求めるのだと思います [続きを読む]
  • 正しい判断がどうかは、やってみないと分からないことが多い
  • 決断した時は、良い判断だったか分からなかったが、地域の人から最後の別れが出来て良かったと言われて、判断が正しかった。という生徒の言葉には、私の心に響く。正しい判断がどうかは、やってみないと分からないことが多い。挑戦してみないと結果が出ない。そんな体験を若いうちに出来たことは羨ましい。教育とはこういうことなのだろう。きっと。http://www.nishinippon.co.jp/feature/select/article/293162 [続きを読む]
  • こんな大人にはなりたくない
  • 私が小学生の頃に、自転車がなくなって、交番に行ったらお巡りさんが「鍵をつけていなかったの?」と言われたので、私が「鍵をつけていなかった。」と答えると、お巡りさんが、「じゃあ、盗られても仕方ないね。」と言われたのを今でも覚えている。子供心にこういう大人にはなりたくないと思った。盗る方が悪い。盗られないようにするのも大事。と言ってくれたらどんなに良かったかと思う。 [続きを読む]
  • レントゲン写真は誰のもの
  • この間、利用者さんとレントゲンの話をした。病院で撮ったレントゲンを多職種の情報共有として、本人がレントゲンをもらおうとしたら、外に持ち出すことは出来ないと医師から言われた。とおっしゃる。私が、病院としては、保管義務があるから持ち出せない。もしかしたら、コピーやデータでほしいと言ったら、有料になるかも知れないが、それならもらえたかも知れない。と私が話しました。確かにレントゲンを撮られて、料金を払っ [続きを読む]
  • おいしさを追求した炊飯器
  • >炊飯器 バルミューダ BALMUDA The Gohan 送料無料 3合炊き 新生活 一人暮らし ギフト P5倍 K03A|プレゼント 結婚祝い キッチン家電 調理器具 調理家電 キッチングッズ キッチン用品 三合炊き おしゃれ 引っ越し祝い 新築祝い 銀婚式 金婚式 結婚記念日 両親価格:44,820円(2017/3/17 21:54時点)感想(22件) [続きを読む]
  • 発達障害の息子
  • ちの息子は、聴覚過敏がある。運動会の時や、運動会の練習の時は、ピストルの音がダメなので、耳栓をしている。学校の先生に許可をもらい耳栓をしている。友達の反応は様々である。「何でそんなのしてんだよ。」と言う友達もいれば「それがないとダメ何だよね。」とかばってくれる友達もいる。色々な見方があって良いと思う。こちら側が過剰に反応をしても良くないと思うが、いじめにつながっても良くない。その辺のバランスが難 [続きを読む]
  • 双子の喧嘩
  • 担当者会議の時に、利用者さんが男性で、キーパーソンの女性とは2卵生の双子であった。紹介する時に姉のと言った時に利用者さんが、「俺の方が兄だろう。」とおっしゃる。お姉さんが、「あんたが先に出てきたから、弟なの!何度言ったら分かるの!」とプチ喧嘩になっていた。あまり考えていなかったので調べてみました。日本では1874年12月13日に先に産まれてきた方が、お兄さん、お姉さんに決められたそうです。その前は、後から [続きを読む]
  • 賞味期限切れ
  • 利用者さん宅に訪問すると、賞味期限切れのおにぎりが3つテーブルにある。利用者さんに「賞味期限切れのおにぎりがだから捨ててよいか?」と私が聞くと、利用者さんが、「今日近所の人が買ってくれたものだからとっておいてくれ。」とおっしゃるので、一緒に日付が過ぎていることを確認してもらうとと利用者さんも納得してくれる。近所の人が今日買って来たものなのか?利用者さんの勘違いなのかは謎である。 [続きを読む]
  • 延長コードが焦げた利用者さん
  • 延長コードが焦げた利用者さんですが、新しい延長コードを買うお金もなくてどうしたら良いか?とおっしゃるので、使用していない延長コードがないか?色々な方に聞いたら、使用していない延長コードを譲ってくれる方がいらしたので、もらって利用者さん宅に持って行きました。私の行動はやり過ぎかも知れませんが、やはりほおっておけなくて動いてしまいます。利用者さんは、喜んでくれて少しでもお金を払うとおっしゃってくれま [続きを読む]
  • 発想の転換
  • 10年以上前の話ですが、病院の委託で栄養課で調理師として働いていた時の話である。田楽を作ろうと、赤味噌を探したが、なくて上司である管理栄養士さんに「赤味噌がないのですがどうしましょう。」と私が聞くと、管理栄養士さんが、「あなた調理師なんだから何とかしなさい!」と言われる。まさかの返答だった。私は、少し可笑しくて笑いそうになった。手品師でもないのに、赤味噌を出せる訳もなく、私としては、赤味噌を発注す [続きを読む]