つばくろ さん プロフィール

  •  
つばくろさん: 時刻表片手に一人旅
ハンドル名つばくろ さん
ブログタイトル時刻表片手に一人旅
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/falcon16_2a
サイト紹介文公共交通機関を使った一人旅の記録です。写真を拡大する場合には写真の上でクリック。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 250日(平均2.7回/週) - 参加 2016/07/18 11:00

つばくろ さんのブログ記事

  • (H29.1)秋田県仙北市(旧角館町)への旅④
  •   角館駅に戻って来ました。  午後1時25分の秋田行き秋田新幹線到着10分前に改札が開き、ホームに入りました。                  午後1時50分、角館発大曲行き田沢湖線普通電車                  秋田内陸縦貫鉄道  新幹線が入線して来ました。乗車です。  大曲駅で降りる予定でしたが、雪が強く降っていたため、秋田駅まで来てしまいました。  今回ははやぶさに3回乗車し [続きを読む]
  • (H29.1)秋田県仙北市(旧角館町)への旅③
  •   桧木内川に架かる古城橋のたもとに来ました。  堤には桜の木がずらりと植わっています。4月になれば人々の目を楽しませてくれます。桜の花はなくても2kmにも及ぶ桜のトンネルを歩いて見たかったのですが、雪が深く積もっていて歩くのは無理でした。  堤の一本内側の道を歩いて外町の方に向かいました。この道路沿いに大きな駐車場があり、チャイニーズグループがバスに乗るため戻って来ていました。ツアー特有のピンポイ [続きを読む]
  • (H29.1)秋田県仙北市(旧角館町)への旅②
  •   改札を出.ると早速、チャイニーズファミリーの大声洗礼です。もっと小さな声で話せば良いのにね。  駅出入口に置いてあった角館のマップをいただき、スタートです。  角館は、常陸国の領主であった佐竹義宣とともに秋田に減石移封された常陸国江戸崎の領主であった芦名義勝(芦名盛重)により造られた町です。                  角館駅西口                                [続きを読む]
  • (H29.1)青森県青森市・外ヶ浜町への旅⑥
  •   発車5分前になったので、列車に乗り込みます。今度の列車は乗り継ぎなしで青森駅まで行きます。  席の足元にダクトのようなむものがあります。横川駅にSLで行った時の客車にあったものと同じようなものです。  定刻に発車しました。  津軽二股駅を過ぎます。  また、白の世界です。  蟹田駅を過ぎました。  午後2時23分、青森駅に到着しました。足の脛が痛くあまり歩きたくないので、新青森駅に行く電車 [続きを読む]
  • (H29.1)青森県青森市・外ヶ浜町への旅⑤
  •   竜飛崎の最寄り駅である三厩駅に向かいます。  まずは、午前11時1分の青森発蟹田行き津軽線普通電車で蟹田駅まで行き、そこで三厩行きの普通列車に乗り継ぎます。  定刻に電車は発車しました。  新青森駅を過ぎ、油川駅に向かい始めると、街中とは全く違う風景が広がります。一面雪です。  蟹田駅に向かっていると前の車両に乗っているカメラを持った人たちが進行方向右側の窓の方にカメラを構え始めました。海です [続きを読む]
  • (H29.1)青森県青森市・外ヶ浜町への旅③
  •   午後7時14分、終点の青森駅に到着しました。約5時間の長い乗車でした。  リゾートしらかみ5号(くまげら)と蟹田行き津軽線普通列車のツーショットです。そして、こちらでも津軽新城行き奥羽本線普通電車と八戸行き青い森鉄道普通電車のツーショットです。青森駅の全ての路線の電車が揃っています。  雪が激しく降っています。  改札の近くにある鐘馗の前なぷたを見ながら改札へ。鐘馗は魔除け、疱瘡除け、学業成就の効 [続きを読む]
  • (H29.1)青森県青森市・外ヶ浜町への旅②
  •   岩舘駅を発車し、青森県に入って行きます。海ばかり見ていて白神山地の方を全く見ていませんでした。  雪の季節でなければ十二湖駅で降りて散策したいですね。  乗務員さんからアンケート用紙の引き換えに五能線乗車記念のしおりをいただきました。表はブナの車両写真です。  秋田駅を発車して2時間ほどでウエスパ椿山駅に到着しました。駅名になっているリゾート施設があるところです。                  [続きを読む]
  • (H29.1)青森県青森市・外ヶ浜町への旅①
  •   しばらく秋田駅東西連絡自由通路にある椅子に掛けて足を休ませました。  午後2時近くなったので、リゾートしらかみが発車するホームに向かいます。  リゾートしらかみにはくまげら、青池、ブナの3種類の車両があり、主に五能線を走ります。  改札を入りました。通路には蒸気機関車や秋田新幹線の車両の模型が展示されています。  3番線ホームに下りると、午後2時17分の秋田発青森行きリゾートしらかみ5号(くまげら [続きを読む]
  • (H29.1)秋田県秋田市への旅③
  •   中土橋通りを戻り、広小路まで来ました。正面は県立美術館とにぎわい広場です。これらがある周辺地域は約20年前に秋田赤十字病院が郊外に移転した跡地を再開発したところです。  広小路を渡るとこの再開発地域であるエリアなかいちのマスコットキャラクターである与次郎くんの像があります。与次郎稲荷神社を見ておけば良かったのですね。  ※与次郎くんたち狐は神明山に住んでいたのですが、お城ができたため住むと  こ [続きを読む]
  • (H29.1)秋田県秋田市への旅②
  •   駅の西口に出ました。 今日は日曜日ということもあり、多くの若い人が駅近くの商業施設に入って行きます。  これから久保田城址がある千秋公園に向かいます。駅前から広小路を歩き、5分ほどで大手門の堀に着きました。お堀の表面に張った氷の上に雪が積もっています。  さらに歩いて中土橋通りを渡ります。橋を隔てて駅寄りが大手門の堀、先の方が穴門の堀です。歩道に雪がある上に戻って来る人が多いため、歩きづらいです [続きを読む]
  • (H29.1)秋田県秋田市への旅①
  •   1月29日、2日目です。  今日は秋田市に向かいます。しかし、はっきりとした秋田の天候がわからないので天候次第では行先が秋田市以外にあることがありますが、秋田駅には戻って来ます。 今日はいつもはやぶさを連結して、先頭で入線して来るこまちに乗車します。 午前6時58分の東京発秋田行き秋田新幹線こまち1号が入線して来ました。カメラを構えているとなかなか止まりません。後退りしていると黄色い点字ブロック [続きを読む]
  • (H29.1)岩手県盛岡市への旅④
  •   中の橋を渡ると岩手銀行赤レンガ館があります。元々は盛岡銀行本店でしたが、同行の解消に伴い、今の岩手銀行の前身である岩手銀行殖産銀行が引き継いだものです。平成24年まで岩手銀行中ノ橋支店として使われていました。  中を見学することにします。有料ゾーン(300円)と無料ゾーンにありますが、時間がないので無料ゾーンのみ見学させていただきました。  1階にあった執務室の吹き抜け、賓客用の階段にある手摺装 [続きを読む]
  • (H29.1)岩手県盛岡市への旅③
  •   2番目は岩手公園(盛岡城址公園)です。開運橋を渡り、二又になっている道の右を選択して、直行すれば良いだけです。明るい茶色のホテルニューカリーナがある通りなので覚えています。  岩手公園の入口に到着しました。石垣がありますが、関東以北のお城では石垣があるところはそれほど多くないということです。それにもかかわらず、野面積みなどの石の加工方法、乱積みなどの積み方が多彩だそうです。  坂を上ります。雪が [続きを読む]
  • (H29.1)岩手県盛岡市への旅②
  •   3番線ホームに下りると、午後0時41分の盛岡行きの普通電車が入線していました。ボックスを確保し、発車を待ちます。  東北新幹線が盛岡止まりだった頃、東北本線の盛岡・青森間を特急はつかりで往復したことを懐かしく思います。その時見た風景の記憶がかすかに蘇るのですが、それ以上は鮮明になりません。 定刻に電車は発車しました。ずっと車窓から外を見ていました。時刻表で目時駅は大きな字で書かれているのでどのよ [続きを読む]
  • (H29.1)岩手県盛岡市への旅①
  • 在来線改札口の電光表示板には、5番線、10:49、大湊行きリゾートあすなろ下北1号の文字とともに、1番線、12:22、久慈行きリゾートうみねこの文字もありました。 当初の計画では今日、リゾートうみねこに乗車する予定だったのですが、天気とにらめっこしているうちに良い席が全て埋まってしまったため、リゾートあすなろ乗車が1日前倒しになったのです。因みにリゾートうみねこには自由席があ [続きを読む]
  • (H29.1)青森県八戸市への旅
  •   大人の休日倶楽部パス(東日本)を使用して、1月28日(土)から31日(火)までの4日間、長距離旅行に出掛けました。天候と個人的諸事情により今回のパス利用期限ギリギリの旅行となってしまいました。 それでは1月28日(土)、1日目です。 今日の行程は大宮駅→八戸駅→大湊駅→新青森駅→青森駅→新青森駅→大宮駅で、使う切符類は大人の休日倶楽部パス(東日本)のほか、東北新幹線はやぶさ指定券(往復(大宮→ [続きを読む]
  • (H29.1)栃木県日光市への旅②
  •   輪王寺・東照宮・二荒山神社への参道入口手前の交差点に到着しました。左手には大谷川に架かる朱色の二荒山神社の神橋があります。奈良時代末に架けられ、江戸時代に今のようなものになったそうです。昭和40年代後半までは神事の、将軍の社参、勅使参向などの時しかこの橋を渡ることができず、下流に掛けられた仮橋を渡っていたそうです。今は料金を払えば誰でも渡ることができます。理解不能な対応ですね。  交差点を [続きを読む]
  • (H29.1)栃木県日光市への旅①
  •   1月10日、晴れです。  青春18きっぷを使えるのは今日までなので、1回分使い残してしまいました。  大宮駅で湘南新宿ラインからの午前9時41分、大船駅発宇都宮駅行き東北本線快速電車に乗る予定だったのですが、急病人発生のため5分遅れで来る湘南新宿ラインからの逗子駅発小金井駅行き東北本線普通電車に乗ることにしました。9月下旬に小山駅経由で前橋に行った時に似ています。  宇都宮駅行きの電車に乗り換えな [続きを読む]
  • (H29.1)栃木県足利市への旅②
  •   リゾートやまどりは午後7時4分に来た経路を大宮駅まで戻りますが、時間まで富田駅に停車している場所がないので小山駅方面に向かいました。  駅から出る時、駅員から指定席券も求められました。券を見せると「記念にお持ちになりますか。」と聞かれたので、「はい」と言うと何かを押して戻してくれました。写真の指定席券に押印してある大きなスタンプ印なのですが、何が書かれているのかわかりません。何て書いてあるのかな [続きを読む]
  • (H29.1)栃木県足利市への旅①
  •   1月7日、良い天気です。  青春18きっぷの3回目を使用します。  大宮駅の7番線です。ホームではすでに何人かが電車の入線を待っています。  午後2時8分の快速足利イルミネーションやまどりが入線して来ました。今日はこれで足利市のあしかがフラワーパークに行きます。 早目に乗車します。座席配列は1列+2列の3列シートで座り心地は良いです。 電車は、定刻に出発しました。  この電車は先頭と最後尾の車両に展 [続きを読む]
  • (H29.1)茨城県阿見町への旅②
  •   次に、記念館隣の陸上自衛隊武器学校の敷地内にある雄翔園と雄翔館に行きます。入口で隊員さんに御挨拶して中に入りました。まずは雄翔園。予科練の碑などがあります。  尊い命を国に捧げられた皆様が今の日本を見てどう思われるかわかりませんが、日本は残っています。心安らかにおねむりください。    次に雄翔館。山本五十六の像が建っています。建物の中には予科練出身の戦没者の方々のパネル(氏名、年齢、所属、戦没 [続きを読む]
  • (H29.1)茨城県阿見町への旅①
  •   年が明けました。  青春18きっぷを使って、今年最初の旅です。  いきなり常磐線のひたち野うしく駅からです。午前9時33分の上野駅発土浦駅行き常磐線快速電車?にギリギリ乗車し、この駅で特急ときわ55号の通過を待っているところです。  特急を見送り、電車は動き出しました。土浦駅が近くなってくると両サイドにはお決まりの山と湖が見えました。  午前10時44分、土浦駅に到着です。乗って来た電車は午前11 [続きを読む]
  • (H28.12)群馬県安中市(旧松井田町)・高崎市への旅③
  •   午後0時39分、高崎駅に到着しました。高崎白衣観音に行くバスは午後1時35分なので、1時間近く時間があります。  少しお腹が空いたので駅ビルに入っているお店で食事しようと探していると、東口側の一階にフードコートがありました。中を覗いて見るとリンガーハット、丸亀製麺、そばの吉野家、モスバーガーなど全国チェーン店に混じって、アグーリbySHANGOというパスタのお店があり、高崎市はパスタの街というこ [続きを読む]