つばくろ さん プロフィール

  •  
つばくろさん: 時刻表片手に一人旅
ハンドル名つばくろ さん
ブログタイトル時刻表片手に一人旅
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/falcon16_2a
サイト紹介文公共交通機関を使った一人旅の記録です。写真を拡大する場合には写真の上でクリック。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 280日(平均2.9回/週) - 参加 2016/07/18 11:00

つばくろ さんのブログ記事

  • (H29.4)群馬県沼田市への旅③
  •   初代沼田藩当主真田信之(真田昌幸の長男で後に上田藩及び松代藩の初代当主)と正室小松姫(本多忠勝の長女で徳川の養女)の像があります。小松姫については、孫に会うことを名目にした舅である真田昌幸の沼田城入城申出への対応が逸話となっていて有名ですね。   この辺りには多くの高校生がいて和んでいました。あと数年で散り散りになってしまうこの子供たちの高校時代の、あるいは故郷沼田で過ごした時の良い思い出になる [続きを読む]
  • (H29.4)群馬県沼田市への旅②
  •   正覚寺から日本ロマンチック街道(上田市から日光市に至る広域観光ルートの一部、国道120号線)に出て、街道を天狗プラザ東まで歩きます。  グリーンベル21です。3月まで上州沼田真田丸展が開催されていましたが、今は閉鎖されています。このビルの所有権を市が100%確保したということですので、どのように活用するのか楽しみですが、余り期待してはかわいそうですね。声の大きな人に弱いお役所の仕事ですから [続きを読む]
  • (H29.4)群馬県沼田市への旅①
  •   4月10日、青春18きっぷを使用して群馬県沼田方面を旅します。  日曜日が雨であったことや疲れが溜まってきていたため、今回も1回分使い切ることができませんでした。そもそも3月、咳で出掛けることができなかったのが大きな原因ですが。  大宮駅で8番線ホームへ下りていると乗車しなければならない電車が入線していました。急いで下りてどうにか間に合いました。午前9時、二宮発高崎行高崎線快速電車は発 [続きを読む]
  • (H29.4)東京都奥多摩町への旅②
  •   午前11時52分、奥多摩駅に到着しました。途中の駅で降りて、散策するのも良さそうです。  山々からけむりが立っています。  駅の外に出ました。左手にある観光案内所で観光パンフレットなどをいただきました。ここには登山者の名簿が備えてありました。申し出ておけば、もしものことがあった場合に捜索してくれるのでしょうか。もうそうなったら、ヘリコプターは飛ばさなくて良いですよ。  駅前には西東京バスの営業所 [続きを読む]
  • (H29.4)東京都奥多摩町への旅①
  •   4月8日、青春18きっぷの3回目を使用して旅をします。  大宮駅です。  午前8時53分、大宮発八王子行のむさしの号に乗車します。むさしの号は臨時列車扱いの電車です。  電車は8両編成であるため、東京寄りに並んでいた人は急いで移動して乗車しています。先頭車両の方は立っている人がいるくらい混んでいます。8両編成で全車両この状態は考えられないので、後部車両の方に行くと普通に座れました。  電車は武蔵野 [続きを読む]
  • (H29.4)栃木県那須塩原市への旅
  • ※(H29.4)福島県白河市への旅②から続く。  午後3時54分、黒磯駅に到着しました。  次の電車まで45分ほどあるので、駅の外を散策します。  駅前の通りにはまだ何件か古い建物のお店がありますが、営業をしていないところもあります。  黒磯神社の横手に出ました。写真は並べ替えたものです。  駅に戻って来ました。  そろそろ電車が入線して来るので改札を入りました。  午後4時32分、郡山からの電車が到着 [続きを読む]
  • (H29.4)福島県白河市への旅②
  •   白河駅の改札口を出て、左に歩いて行き線路をくぐると反対側に出ます。あとはお城に向かって道沿いを歩いて行くだけです。写真にある線路沿いの方にではありません。  公園入口付近には工事の看板があります。大きなクレーンが何本も立ち、6年前の東日本大震災により崩落した石垣などの修復工事が進められています。来年早々には完了するようです。  お城に近付きたいのですが、道がわかりません。探していると公園の別の門 [続きを読む]
  • (H29.4)福島県白河市への旅①
  •   4月5日、快晴です。青春18きっぷを使用して福島県白河市に出掛けます。  白河から思い浮かぶのは、白河らーめん、白河の関、松平定信(寛政の改革、白河の清きに魚もすみかねて もとの濁りの田沼こいしき)、小峰城ですね。  大宮駅です。  午前9時41分の大船発宇都宮行東北本線快速電車に乗車しました。  午前10時50分、終点宇都宮駅に到着しました。黒磯行きの東北本線に乗換えます。宇都宮駅以北 [続きを読む]
  • (H29.4)静岡県沼津市・静岡市への旅②
  •   本当にどこに行こうか。  東田子の浦駅です。ここの自然も昭和30年代、40年代の高度経済成長の副産物である公害の被害に遭いました。結果としてヘドラがうまれました。生しらすが食べられるくらいですから今はかなり回復しているのでしょう。隣にある面積の大きな国には反面教師としていただきたかったのですが、手遅れのようです。  吉原駅です。どこの駅からでも富士山が見えるという岳南電車に乗っても霞んでいてだめ [続きを読む]
  • (H29.4)神奈川県小田原市への旅
  •   昨年4月に購入した時刻表は見ての通りとなり、3月の大きなダイヤ改正を機に新しいものを購入しました。  青春18きっぷを2月に購入したのですが、3月初めから出始めた咳がなかなか治まらなかったので、4月からの使用となってしまいました。今回も5回分使い切れそうにありません。  4月2日、日曜日、いつものように大宮駅から旅は始まります。今日は大宮→上野→(我孫子経由)→成田→銚子という経路で銚子に向かう [続きを読む]
  • (H29.1)秋田県仙北市(旧角館町)への旅④
  •   角館駅に戻って来ました。  午後1時25分の秋田行き秋田新幹線到着10分前に改札が開き、ホームに入りました。                  午後1時50分、角館発大曲行き田沢湖線普通電車                  秋田内陸縦貫鉄道  新幹線が入線して来ました。乗車です。  大曲駅で降りる予定でしたが、雪が強く降っていたため、秋田駅まで来てしまいました。  今回ははやぶさに3回乗車し [続きを読む]
  • (H29.1)秋田県仙北市(旧角館町)への旅④
  •   角館駅に戻って来ました。  午後1時25分の秋田行き秋田新幹線到着10分前に改札が開き、ホームに入りました。                  午後1時50分、角館発大曲行き田沢湖線普通電車                  秋田内陸縦貫鉄道  新幹線が入線して来ました。乗車です。  大曲駅で降りる予定でしたが、雪が強く降っていたため、秋田駅まで来てしまいました。  今回ははやぶさに3回乗車し [続きを読む]
  • (H29.1)秋田県仙北市(旧角館町)への旅③
  •   桧木内川に架かる古城橋のたもとに来ました。  堤には桜の木がずらりと植わっています。4月になれば人々の目を楽しませてくれます。桜の花はなくても2kmにも及ぶ桜のトンネルを歩いて見たかったのですが、雪が深く積もっていて歩くのは無理でした。  堤の一本内側の道を歩いて外町の方に向かいました。この道路沿いに大きな駐車場があり、チャイニーズグループがバスに乗るため戻って来ていました。ツアー特有のピンポイ [続きを読む]
  • (H29.1)秋田県仙北市(旧角館町)への旅③
  •   桧木内川に架かる古城橋のたもとに来ました。  堤には桜の木がずらりと植わっています。4月になれば人々の目を楽しませてくれます。桜の花はなくても2kmにも及ぶ桜のトンネルを歩いて見たかったのですが、雪が深く積もっていて歩くのは無理でした。  堤の一本内側の道を歩いて外町の方に向かいました。この道路沿いに大きな駐車場があり、チャイニーズグループがバスに乗るため戻って来ていました。ツアー特有のピンポイ [続きを読む]
  • (H29.1)秋田県仙北市(旧角館町)への旅②
  •   改札を出.ると早速、チャイニーズファミリーの大声洗礼です。もっと小さな声で話せば良いのにね。  駅出入口に置いてあった角館のマップをいただき、スタートです。  角館は、常陸国の領主であった佐竹義宣とともに秋田に減石移封された常陸国江戸崎の領主であった芦名義勝(芦名盛重)により造られた町です。                  角館駅西口                                [続きを読む]
  • (H29.1)秋田県仙北市(旧角館町)への旅②
  •   改札を出.ると早速、チャイニーズファミリーの大声洗礼です。もっと小さな声で話せば良いのにね。  駅出入口に置いてあった角館のマップをいただき、スタートです。  角館は、常陸国の領主であった佐竹義宣とともに秋田に減石移封された常陸国江戸崎の領主であった芦名義勝(芦名盛重)により造られた町です。                  角館駅西口                                [続きを読む]
  • (H29.1)青森県青森市・外ヶ浜町への旅⑥
  •   発車5分前になったので、列車に乗り込みます。今度の列車は乗り継ぎなしで青森駅まで行きます。  席の足元にダクトのようなむものがあります。横川駅にSLで行った時の客車にあったものと同じようなものです。  定刻に発車しました。  津軽二股駅を過ぎます。  また、白の世界です。  蟹田駅を過ぎました。  午後2時23分、青森駅に到着しました。足の脛が痛くあまり歩きたくないので、新青森駅に行く電車 [続きを読む]
  • (H29.1)青森県青森市・外ヶ浜町への旅⑥
  •   発車5分前になったので、列車に乗り込みます。今度の列車は乗り継ぎなしで青森駅まで行きます。  席の足元にダクトのようなむものがあります。横川駅にSLで行った時の客車にあったものと同じようなものです。  定刻に発車しました。  津軽二股駅を過ぎます。  また、白の世界です。  蟹田駅を過ぎました。  午後2時23分、青森駅に到着しました。足の脛が痛くあまり歩きたくないので、新青森駅に行く電車 [続きを読む]
  • (H29.1)青森県青森市・外ヶ浜町への旅⑤
  •   竜飛崎の最寄り駅である三厩駅に向かいます。  まずは、午前11時1分の青森発蟹田行き津軽線普通電車で蟹田駅まで行き、そこで三厩行きの普通列車に乗り継ぎます。  定刻に電車は発車しました。  新青森駅を過ぎ、油川駅に向かい始めると、街中とは全く違う風景が広がります。一面雪です。  蟹田駅に向かっていると前の車両に乗っているカメラを持った人たちが進行方向右側の窓の方にカメラを構え始めました。海です [続きを読む]
  • (H29.1)青森県青森市・外ヶ浜町への旅⑤
  •   竜飛崎の最寄り駅である三厩駅に向かいます。  まずは、午前11時1分の青森発蟹田行き津軽線普通電車で蟹田駅まで行き、そこで三厩行きの普通列車に乗り継ぎます。  定刻に電車は発車しました。  新青森駅を過ぎ、油川駅に向かい始めると、街中とは全く違う風景が広がります。一面雪です。  蟹田駅に向かっていると前の車両に乗っているカメラを持った人たちが進行方向右側の窓の方にカメラを構え始めました。海です [続きを読む]