3分でわかる脳腫瘍の症状 さん プロフィール

  •  
3分でわかる脳腫瘍の症状さん: 3分でわかる脳腫瘍の症状
ハンドル名3分でわかる脳腫瘍の症状 さん
ブログタイトル3分でわかる脳腫瘍の症状
ブログURLhttp://nou-syuyou.com/
サイト紹介文脳腫瘍の初期症状をはじめ、発症原因・治療・手術などについて詳しく解説していきます。
自由文脳腫瘍の初期症状をはじめ、発症原因・治療・手術などについて詳しく解説していきます。 脳腫瘍とは、脳に発生する腫瘍(良性・悪性)と総称となり、原発性脳腫瘍と他の臓器から癌(がん)が転移してくる転移性脳腫瘍があります。腫瘍の発生場所によって症状は異なります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 66日(平均1.1回/週) - 参加 2016/07/18 13:02

3分でわかる脳腫瘍の症状 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 脳腫瘍の症状
  • 頭蓋内圧亢進症状脳腫瘍の症状には2タイプあり、一つは頭蓋内圧亢進症状と言って、頭蓋骨の内部に腫瘍が発生し、そ腫の瘍が大きくなることにより、頭蓋骨内で行き場を失った圧力が、脳そのものを圧迫して起きるものです。脳が圧迫されることにより、頭痛・嘔吐・意識障害等の症状が現れます。初期段階では、朝起きた時に頭痛がするが、昼間は痛みが軽い(これは睡眠中に脳の圧力が高くなることによって起こる脳腫瘍の特徴です)の [続きを読む]
  • 脳腫瘍の原因
  • 脳腫瘍のリスク要因外傷による脳へのダメージがあった場合、脳腫瘍と似たような症状(頭蓋内圧亢進症状)が現れることがあります。そのせいで勘違いをされる方が時々いらっしゃいますが、脳腫瘍は外傷によって発症することはありません。現在、わかっている脳腫瘍の原因は遺伝子の変異だと言われています。しかし、脳自体には不明点な多く、これ以上のことは解明されていないのが現状です。ただ、遺伝的な要因として身内に脳腫瘍を [続きを読む]
  • 脳腫瘍の手術
  • 手術適応の判断脳腫瘍の治療では、外科的手術が最も基本的な治療法となります。脳腫瘍は良性・悪性を問わず、手術できる大きさや状態であれば切除することで、脳へのダメージが少なく抑えられるからです。手術では原発巣だけではなく、転移巣も切除していきます。手術適応に関してですが、腫瘍が拡散し過ぎてたり、患者さんが手術に耐えられない状態ですと手術適応外となる場合があります。外科手術を行う前には、「外科手術が成功 [続きを読む]
  • 転移性脳腫瘍
  • 脳腫瘍には原発性脳腫瘍と転移性脳腫瘍の2つのタイプがあります。原発性脳腫瘍は、頭蓋骨の内部に腫瘍が発生した状態であり、さらに良性と悪性があります。転移性脳腫瘍は、他の臓器や組織にがんが発生し、それが頭蓋骨の内部に転移してきた状態を指します。転移してきたという性質上、悪性腫瘍のみとなります。転移性脳腫瘍が発見された場合の余命は約6カ月と言われ、これは他の臓器や組織に発生したがんが進行している(=治療 [続きを読む]
  • 悪性脳腫瘍
  • 原発性(他の臓器や組織からの転移ではなく、脳が発症元となるがんのこと)の脳腫瘍には良性と悪性の2種類あります。良性の脳腫瘍は周囲の組織との境目が、はっきりしていて進行が遅いのが特徴です。身体に与える影響としては、腫瘍が大きくなることで脳を圧迫することで起きる症状となります。手術が難しい箇所に発生した腫瘍以外は、手術で摘出することが可能ですので完治が目指せます。反対に悪性腫瘍とは、周囲の組織に浸潤す [続きを読む]
  • 末期の脳腫瘍
  • 脳腫瘍が末期に至るまで初期段階の脳腫瘍の症状は頭痛からはじまります。日中よりも朝起きた時が最も症状が強いのが特徴です(これは、寝ている間は脳の圧力がやや高まるからです)。頭痛の他にも、嘔吐(吐き気は伴うときと伴わないときがあります)、めまいやふらつき等の症状が徐々に現れはじめます。腫瘍が大きくなってくると・慢性的な頭痛 ・視力低下(腫瘍の発生箇所による) ・手足の痺れ(しびれ) ・言葉が上手く出てこ [続きを読む]
  • 小児脳腫瘍
  • 小児脳腫瘍の概要子供の脳腫瘍は、白血病に続いて多くなります。小児脳腫瘍は、大人の脳腫瘍が大脳に発生しやすいのとは異なり、約6割が小脳や脳幹に発生します。発症原因について不明となり、初期症状としては、頭痛・嘔吐・ふらつき等からはじまります。但し、治療は大人とは異なり、子供の脳は大人と比較して放射線に対する感受性が強く、後遺症が残るリスクが高まります。そのような理由から放射線治療ではなく、抗がん剤治療 [続きを読む]
  • 良性の脳腫瘍
  • 原発性脳腫瘍には、良性と悪性腫瘍の2タイプがあります。良性の脳腫瘍とは、周囲の脳組織との境目がはっきりしていて、進行が遅い腫瘍を指します。反対に悪性の脳腫瘍とは、周囲の組織との境目が曖昧となり、進行が比較的に速い腫瘍となり見分け方としては、周囲の脳組織への浸潤の程度を見ることで確認ができます。このようなことから良性の脳腫瘍では、急激に腫瘍が大きくなるようなことはほとんどありません。脳腫瘍を理解する [続きを読む]
  • 脳腫瘍の頭痛と特徴
  • 脳腫瘍の代表的な症状として約7割の患者さんに頭痛があると言われ、初期段階の症状でも約2割の患者さんが訴えています。脳腫瘍以外が原因となって頭痛が起きている場合もありますが、脳腫瘍の頭痛には特徴があります。例えば、脳腫瘍が原因の頭痛は朝起きた時が最も症状が酷く、昼・夜になってくるとやや穏やかになってきます。さらに進行すると頭痛は慢性化し、昼や夜でも徐々に痛みは増していきます。また、嘔吐を伴うことが多く [続きを読む]
  • 脳腫瘍の再発
  • 原発性脳腫瘍では、腫瘍が良性と悪性に分けられます。良性の腫瘍は周辺の他の細胞との区別がはっきりしているのが特徴です。そのため、腫瘍を手術で摘出することで再発は少なく完治に至るケースが多くなります。しかし、悪性の腫瘍になると周囲の他の細胞・組織に浸潤しながら成長していくため、手術は難しくなります。脳は場所によって様々な働きを分担しているため、他の臓器のがんのように周辺の細胞もまとめて摘出するという手 [続きを読む]
  • 過去の記事 …