ワイキキ@第三世界 さん プロフィール

  •  
ワイキキ@第三世界さん: 第三世界的blog
ハンドル名ワイキキ@第三世界 さん
ブログタイトル第三世界的blog
ブログURLhttp://diecast.blog3.fc2.com/
サイト紹介文メジャーからマイナーまで、第三世界的小スケールミニカーの紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 249日(平均4.6回/週) - 参加 2016/07/18 13:17

ワイキキ@第三世界 さんのブログ記事

  • 本家のテスタロッサ・改
  • - alarm busters - MISTO  FERRARI TESTAROSSAMADE IN CHINA本 家マイスト版テスタロッサの変わり種。電池が内蔵されていて、ボンネットを押すと、サイレンが光るというギミック付きだ。マジョレットのソニックフラッシャーズあたりを連想すればよろし。なお、ソニックフラッシャーズは89年のリリースで、マイストのこれは95年となっている。貴重な光るテスタロッサは、我らがねこざかなさんにご尽力いただいて入手できた。GREAT [続きを読む]
  • オランダのフェラーリ・セット
  • - set of Ferrari - EDOCAR  FERRARI TESTAROSSAHOLLAND / CHINAも う一つ、マイストの欧州向けOEM供給の事例。オランダのディストリビューターであるEDOCARが発売していたもので、今でも欧州のebayなどで目にすることができる。今回入手したモデルで面白いのはパッケージ。フェラーリ3台がセットになっており、懐かしきVHSのビデオケースを模した形状となっている。パケの記載によれば、このセットは1989年の発売だそうな。 [続きを読む]
  • エスパーニャに跳ね馬がいた!
  • - Ferrari by Guisval - 四 十年〜五十年の歴史を誇るブランドで、唯一、フェラーリの量産ロードカーがないと思われるのがスペインのギスバル。初期には先日紹介したP4があったり、ディノのスペチアーレがあったりするものの、その後、80年代、90年代通じてフェラーリのキャストはない。数多のブランドが手掛けたBBや308、348といったあたりもことごとくスルーしているわけだ。ちなみに、カウンタックやディアブロといったランボル [続きを読む]
  • 楽しさの予感
  • - renewal - HOT WHEELS  TOYOTA 2000GTUSA / MALAYSIA第 三世界用のデジカメをリニューアルしてみた。リニューアルといってもオークションサイトで入手した中古品で、今まで使っていた RICOH CX4 と発売開始年はさして変わらない。 マクロ機能のない単焦点レンズだったり、やたら電池の減りが早かったりと、あれこれ苦労させられているけども、なんとかミニカー撮影用の環境が整ったので画像をアップしてみる。数時間使った感想 [続きを読む]
  • 追従のフェラーリ
  • - follower - GUISVAL  FERRARI P4MADE IN SPAIN最 近手に入れたギスバルのフェラーリ。ホイールからすると、70年代後半から80年代にかけてのモデルか。初期バージョンは、1/43モデルを彷彿とさせるような凝った作りだったけれども、ギミックやパーツ点数を減らし、代わりにメタリック塗装だの、メッキパーツの内装だのを取り入れている。スーパーファスト・フォロワーといってよいだろうね。【初期バージョン】にほんブログ村 [続きを読む]
  • 彼らの行方
  • - whereabouts - GUISVAL  CUITROIEN C4-SPORTMADE IN SPAIN今 ひとつ動向が伝わってこないスペインのギスバル。公式サイトは同社50周年の2012年あたりで更新が止まっているし、AMAZONをスペイン、UK、フランスと見てみても、いずれも一桁しか商品がない。うーむ。活動停止という情報も見当たらないんだけどな。にほんブログ村 [続きを読む]
  • アイの行方
  • - brotherhood - NOREV  PEUGEOT iONFRANCE / CHINA獅 子のエンブレムをつけた電気自動車。ご存知の通り、欧州で売られている三菱i-MiEVのプジョー版だ。仏ノレヴは、兄弟車であるシトロエンC-ZEROとともに、モデル化している。先頃、三菱がルノー・日産アライアンスに組み込まれたわけだけど、 フランスの兄弟車たちへの影響ってないもんだろうか?【CITROEN C-ZERO】にほんブログ村 [続きを読む]
  • 正体不明の継承
  • - succession - PLAYMIND  ???MADE IN CHINAと てつもなく既視感のある、PLAYMINDの一台。香港物にくわしい同志諸兄ならすぐに感づかれる通り、かつて第三世界的にも話題となった、某ブランドによる正体不明車の金型に見える。【ヤトミング版】PLAYMINDには、同じような存在のモデルがもう一台ある。やはりヤトミングから2005年にNO.1209としてリリースされた、ダッジ・マグナムRT。だけども、PLAYMINDがヤトミングを参照した、 [続きを読む]
  • 悩ましのトヨタ86
  • - seductive - PLAYMIND  TOYOTA 86MADE IN CHINA香 港PLAYMINDの「MODERN」枠には、日本車が三台入っている。いずれもチープシックなれど、車種別コレクターさんにとってはさぞかし悩ましい存在だろうね。たとえば、この86。どんなにトミカのイベント限定モデルだの、京商金型の海外限定モデルだのを持っていても、このチープシックな一台が欠けていたら、86コレクションが完成した気にならないのは必定。しかも、れっきとした [続きを読む]
  • 定番抜き、PLAYMIND
  • - without you - PLAYMIND  SHELBY DAYTONA COUPEMADE IN CHINA香 港PLAYMINDによるデイトナ・コブラ。マテル製品をのぞき、大人向けのコレクティブなミニカーしか存在しなかった同車にあって、唯一とも言えるチープシックなモデルだろう。こう見えても、パケには、シェルビー社からライセンスをとった旨記載されている。PLAYMINDは、公式サイトによると1997年に創業しているけども、同社の名でミニカーを出したのは最近になって [続きを読む]
  • さらに、チープシックなシェルビー
  • - more cheaper - ???USA / CHINA三 回にわたって紹介してきた、シェルビーの廉価なコレクティブ。エンスー層向けのクルマだから、精緻にスケールダウンされたモデルか、あるいはホットホイールといったコレクティブしか存在しないと思いきや、JAM'N PRUDUCTSが廉価なモデルを出してきた。かと思うと、さらに、チープシックなシェルビーが登場!続きは次回。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 6匹のシェルビー
  • - six castings - JAM'N PRUDUCTS  1967 SHELBY GT500USA / CHINA米 JAM'N PRUDUCTSによる新旧のGT500。本家SHELBY COLLECTIBLESからはもちろん、他のブランドからもリリースされている人気車種どうしだ。【2013 FORD SHELBY GT500】前回のエントリーと合わせてお気づきの通り、JAM'N PRUDUCTSの1/64は、新旧のコブラ、新旧のGT350というように、シェルビーが60年代に手掛けたレジェンダリーなクルマと、それらのリバイバル的な [続きを読む]
  • 疑わしきは汝なり
  • - suspicious - JAM'N PRUDUCTS  1966 FORD GT 40 MK IIUSA / CHINAシ ェルビー・アメリカンの手により、1966年のルマンを制したGT40マークII。本家SHELBY COLLECTIBLESからは1/64サイズではリリースされていない。【2006 FORD GT】そして、リバイバルたるフォードGT。これも、やはり、本家であるSHELBY COLLECTIBLESにはない。最初パッと見て気になったのは、2台の大きさの違いだ。全長で1センチほどの差がある。実車は、GT40 [続きを読む]
  • 久々のコブラは、地を這うように
  • - newer Cobra - JAM'N PRUDUCTS  SHELBY COBRA 427 S/CUSA / CHINA数 多の逸話を持つレジェンダリーなクルマとして圧倒的な存在感を示す割には、案外とキャスト数が少ないと思われるのがコブラ。あらゆるアメリカン・ブランドからリリースされてもおかしくないのに。本家である SHELBY COLLECTIBLES の登場が影響しているのかな〜と、うがってみてしまう。京商以来と思われるJAM'N PRUDUCTS版のコブラは、ボトムラインすれすれ [続きを読む]
  • ウォルマート限定
  • - pieces - M2 MACHINES  1959 VW DOUBLE CAB TRUCK USA MODELUSA / CHINAこ のモデルもウォルマート限定、T1のダブルキャブトラックだけからなるシリーズの一台。パッケージの記載によると、M2のミニカーは32の独立したパーツから構成されているのだそうな。モデルによっては44にも及ぶとか。細かいパーツの仕上がりが粗いきらいはある。だけども、まあ、50年代〜80年代のクルマ、とくに米国車だったら、違和感ないかな。にほん [続きを読む]
  • 米国の思想、トミカの希い
  • - thought - M2 MACHINES  1957 CHEVROLET 210 BEAUVILLE STATION WAGONUSA / CHINA国 旗をあしらった、M2の "THE PATRIOT RELEASE" シリーズ。ウォルマート限定だそうな。そう、我が国だったら便乗商法とも揶揄されかねないタイミングでのリリース。とは言え、同じように国旗をモチーフにしたトミカの某限定品よりも、まがりなりにも love USA という明確な思想性が見いだせる。待て、待て。トミカのあの企画に思想性がないなん [続きを読む]
  • ホットホイールは、後ろ向きに見えて…
  • - motif - HOT WHEELS  PORSCHE 964 CARRERA 2USA / MALAYSIAこ のモデルも後ろ向き、マテリズムの主要モチーフの一つであるレトロ志向。とはいえ、Wikipediaによれば、964はとある事情により、国際ヒストリックカーレースにおいて大人気で、その世界では現役バリバリなんだそうな。964のミニカーは、リアルタイムでは、ホットホイールやマッチボックスをはじめとするメジャーブランドからは一切出なかった。自国のシクからでさ [続きを読む]
  • そうだ、大きく見せよう
  • - full-size - AUTO WORLD  PONTIAC GRAND PRIXUSA / CHINAも う一つ、オートワールドの近作はポンティアックの64年型グランプリ。実車が販売されていた60年代後半は、マッチボックスからモデル化されていた。さて、オートワールドと言えば、「true 1:64 scale 」を標榜している。trueですよ、true。他のブランドとは違うんだぞと声を大にしたいのだろうけども、今回入手した3台を並べてみたらこんな感じになる。初代バラクーダ [続きを読む]
  • 二つ目の北極星
  • - 2nd Polaris - AUTO WORLD  DODGE POLARAUSA / CHINAダ ッジの最大クラス、フルサイズカーとして誕生したポラーラ。その名前は北極星(Polaris star)に因むそうな。オートワールドがモデル化したのは63年の2代目ポラーラ。当方が知る限り、初代バラクーダと同様、他のブランドからはリリースされていない。注目すべきはグリルの造形で、ラジエーターの放熱フィンめいた繊細な形状を忠実に表現している。ぜひとも手に取って [続きを読む]
  • 米国の知られざる第一号
  • - excavation - AUTO WORLD  PLYMOUTH BARRACUDAUSA / CHINAコ レクティブなアメリカンブランドの中で、最も新しいと思われるのがオートワールド。新規参入だけど、やはりその企画は、旧車が大多数のレトロスペクティブ(後ろ向き)なものだ。とはいえ、このバラクーダの場合、HWやJLが出していない第一世代、という企画の妙がある。64年に発売された初代バラクーダは、フォード・ムスタングの陰にかくれた、知られざる元祖ポニ [続きを読む]
  • 後ろ向き
  • - retrospective - AERO-PRO  SUBARU FORESTERUSA / CHINA現 行フォレスターもモデル化され、海の向こうで配られている。昨年、アメリカの消費者団体専門誌が選んだ「自動車ブランド番付」で2位となったように、スバルの実車は高く評価されているけども、インプレッサ/WRX以外は、なかなか海外のブランドではモデル化されていない。ミニカーとするには少しばかり個性が足りないということか。というか、ホットホイールをはじめ [続きを読む]
  • 海の向こうのスバル
  • - promotion - AERO-PRO  SUBARU CROSSTREKUSA / CHINAス バルUSディーラーのプロモーション品。ご承知の通り、日本名がXV、米国ではクロストレックとなるわけだけども、いずれにしても小スケールミニカーでは唯一のモデル化だ。パッケージにはXVという表記が一切ないので、日本のディーラーでは配られない可能性が高い。そもそも注意書きの表記も英語とフランス語だけなので、北米向け(アメリカ&カナダ)としか考えていないん [続きを読む]
  • 青来たる、末期レズニー
  • - mail truck - MATCHBOX  SLEET- N-SNOWMADE IN ENGLANDア メリカの郵便車版ジープも手に入れてみた。ブリスターパックのカードに、「Sleet-n-Snow」という見慣れない名前が入っていたので、元の所有者がパケと中身を間違えたのかと思いきや、そういうモデル名で売られていたバージョンとのこと。スーパーファストの詳しいバリエーションを掲載したChristian Falkensteiner氏のサイトによると、郵便車版のシャーシーには3種類 [続きを読む]
  • 即決のテスタロッサなど
  • 今 週のオークション巡回。(画像は第三世界的所有物)------------------------------------------------「タミヤ コレクターズクラブ 4台セット 新品未開封 50%off」かなりお得。即決もあり。「MATCH BOX ランボルギーニー ミウラ」ジャンクなれど、レギュラーホイールか? 即決。「Pao Feng ダイキャストカー 1/60 ミニ・クーパー 4種類 新品」WRC入り。「絶版フジミ ミニペット ジャガーXKE、京商JAGUAR XJ220ミニカー [続きを読む]
  • 息が長い
  • - so long - MATCHBOX  ARMORED JEEPMADE IN ENGLAND未 入手だった英国レズニー時代のスーパーファストを補完。派手なカラーリングで知られるスーパーファスト期にあっても、オリーブドラブ一色。英国の伝統ともいえるミリタリーモデルであるため、そこだけは譲れなかったか。元ネタがデザインを変えることなく何十年も製造されたクルマなだけで、このキャストもとても息が長い。ただし、数年おきにモディファイされている。1976 [続きを読む]