かりん さん プロフィール

  •  
かりんさん: 岡山県津山市の築200年の古民家をリノベーション!
ハンドル名かりん さん
ブログタイトル岡山県津山市の築200年の古民家をリノベーション!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tiku200
サイト紹介文岡山県津山市の古民家を、芸術作品が展示できるシックな内装に改装!現在売却中の田舎物件です。
自由文建築不動産の専門家が、築200年の古民家の改築を行った記録や、裏の畑での農作業について、古民家の構造について、芸術について、岡山県津山市について、一挙ご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供355回 / 343日(平均7.2回/週) - 参加 2016/07/18 15:36

かりん さんのブログ記事

  • 農地は持たない、畑やるならまずは小さな庭の畑から実践!
  • 岡山県津山市の築200年の古民家の裏には、畑があります。畑の部分は、約100坪ほどです。裏庭の畑にしては、広いんですよ〜これは、古民家のある土地(宅地)の一部なので、農地ではありません。農地であれば、取得のために、農業委員会の許可が必要で、場合によっては、申請しても許可がもらえず、取得できないこともあります。よく、田舎物件に『農地付き』という物件がありますが、農地の部分だけ、”完全に所有 [続きを読む]
  • 近所に苗屋と郵便局とコンビニがある特典
  • 岡山県津山市の築200年の古民家の近くには、農業用品の販売店があります。山陽マートと言うお店です。苗も売っています。畑の作物の肥料や土をちょっと買いに…という時、近くにこのようなお店があるのは、とても便利なんですよね〜苗が育ってきたら、支柱も必要です。もちろん、支柱など農業用品一式が販売してあります。害虫避け、動物避けグッズも豊富です。この山陽マートの前の国道を挟んで、お向かいは郵便局です [続きを読む]
  • 暑い夏に向けて!茅葺きの屋根が本領発揮です!
  • 今年の夏も、暑いそうですね。もう暑いのが、本当に苦手なんです、私…普段は、神戸市に住んでいます。昭和の中古物件を購入し、内装だけを改装しまして、住んでいます。構造は、よくある昭和の瓦屋根の木造住宅です。夏は、この瓦屋根が熱で熱せられ、その熱が蓄熱されて、なかなか夜になっても冷めなくて、家の中は、夜間も暑い状況です。2階の部屋は、夏、暑いですよね〜この蓄熱された熱、寒い冬に応用できないか〜〜 [続きを読む]
  • お問い合わせ『中古住宅のローン購入はいくらまで融資可能?』
  • 岡山県津山市の築200年の古民家は、現在売却中です。敷地(宅地)は、約200坪あります。他に、山林が約1300坪ある物件です。新築住宅と違い、中古物件はローンでの購入が難しいというのは、よくある話です。しかし、近年は、住宅の融資が低金利となり、金融機関も、新築住宅だろうが、中古住宅だろうが、すんなりと貸してくれる傾向があります。でも一応『審査』はありますよ。津山の古民家の、物件お問い合 [続きを読む]
  • 木造住宅は通気性が命
  • 梅雨ですね。現時点では、雨が少ない状況です。梅雨はジメジメとして、うっとおしい季節です。湿度が高くなり、不快なシーズンです。まぁせいぜい、紫陽花を見て、蛍を見て、梅雨の不快さを吹き飛ばすことが精一杯でしょうか。湿気が多くなるというのは、木造住宅にとっては、状況が悪くなるのです。雨が長引いたら、畳にカビが生えることもあると思います。カビは発ガン性がありますので、発生したカビが空気中を舞い、人が [続きを読む]
  • 平地の周囲は、緑が美しい!
  • 岡山県津山市の築200年の古民家の周囲の風景です。緑だらけですね。ビルが建ち並ぶ都会と違い、バーンと、遠くまで一望できます。岡山県は中国地方です。山が多いですね。日本中、どこも山が多く、山間部に暮らす人も多いです。しかし、ちょうど津山の古民家がある周辺は、”平地”なんです。年を取ったり、冬に雪が降ったりすると、『坂道』が面倒なんですよね。坂道は、足に負担がかかるので、年を取ると、敬遠 [続きを読む]
  • 成功者から学ぶビジネスの基本
  • 先日の日本経済新聞の紙面広告に、ホリエモンこと堀江貴文氏の著書『多動力』が掲載されていました。堀江氏は、東京大学中退、ライブドアの経営に携わり、フジテレビやプロ野球の近鉄の買収で、世間を賑わせました。言わずと知れた、実業家、経営者ですね。堀江氏は以前、ラジオ番組に出演し、自分は小さい頃から「公務員やサラリーマンになることには、興味がなかった」「経営することがおもしろいと感じていた」と言っていまし [続きを読む]
  • 梅干しって、自家製ですか
  • 岡山県津山市の築200年の古民家の庭には、梅の木があります。紅梅・白梅とあるんです。↓ これは白梅です。梅の実も成るんです。良い実ならうれしいんですが、ちょっと実の部分が小さいです。しかし、せっかく実が成っていますので、梅干しにしました。↓ これは去年に作った梅干しです。シソが入ることで、鮮やかなローズ色になります。梅干しには、抗酸化作用があり、疲労回復にもなるし、夏は、熱中症 [続きを読む]
  • 昔から、すたれない(なくならない)と言われる業種
  • 岡山県津山市の築200年の古民家は、店舗や事務所など、住居兼仕事場として、お使い頂ける広い建物です。特に、この玄関部分の広いスペースを、活かさないのは、もったいないです。土間なので、お客さんに来て頂く店舗として、大いに活用できるものです。シェフなど料理人であれば、今は雇われシェフであっても、いずれは自分の店を持ちたいという、夢があると思います。技術(実力)があれば、腕があれば、努力次第で、 [続きを読む]
  • 古民家の前の川には蛍がいる
  • この時期、「蛍を見に行ってきました」という人、多いですよね。蛍が飛ぶのは夜ですから、しかも自然が豊かなところ(清流の川)なので、普段慣れない道を車で走って、遠路はるばるやってきたのです。道中、道にも迷いながら。岡山県津山市の築200年の古民家の前には、川があります。この川は、水がきれいですので、もちろん、蛍がいました。しかし2年前に、河川の公共工事がありまして、蛍の数が減ったのですが、今年も飛ん [続きを読む]
  • 不動産とは縁であり、タイミングが重要
  • 以前、私は、神戸市内で不動産を探していた時がありました。神戸は、北区や西区になると、農地や広い土地もまだまだあるのですが、それ以外の区には、もうぎっしりと街になっていまして、土地も狭いのです。ネットで不動産の物件検索をしていたら、「あっ!」という物件、「いいな!」と思う物件があったのです。それで、一度、見に行ってみようかなと思っていました。でもすぐには見に行きませんでした。その物件が気にはなっ [続きを読む]
  • 「古民家でお店がしたい!」一番人気のお店は?
  • 「古民家に移住して、お店をしてみたい」というご質問やお問い合わせを頂きます。どんなお店をしたいのですか?と尋ねてみましたら「お蕎麦屋さん」「パン屋さん」というお答えが多いです。飲食店なんですね。やはり食べ物は強いということでしょうか。お蕎麦屋さんをする場合、そば粉をこねて、茹でて、作ったそばつゆと一緒に出せば、それで済むのです。設備面やコスト面、調理作業の面から考慮すると、さほど大掛かりなこと [続きを読む]
  • 津山の古民家の床下と、アリ地獄と、カゲロウの関係
  • 岡山県津山市の築200年の古民家は、旧街道に面していて、周囲には民家や国道もあります。現在、売却に出している田舎暮らしの移住先としての、古民家物件です。茅葺きの屋根に高価な屋根が被せてあるので、豪邸に見えますね。高床式スタイルのように、床下に空間があるので、床下の通気性が良く、湿気がたまりにくい構造になっています。これは重要なことなんです。湿気がたまりやすい地域、風通しの悪い立地であれば、建 [続きを読む]
  • 『健康に影響ない』は、問題あり
  • 先日、日本原子力開発機構の大洗開発研究センター(茨城県)で、被曝事故がありました。作業を行おうとした職員が、作業中に、ビニール袋に入っていたプルトニウムの袋が破裂し、放射能が飛び散ったということです。作業の職員は、反面マスクをしていたということです。しかし当初、職員の男性の肺から、2万2000ベクレルのプルトニウムが検出されたと、報道されていました。ベクレルとかいう数値を聞いても、原子力や放射 [続きを読む]
  • 青い空、遠くに山に、のどかな田畑の風景
  • 現在、田舎暮らし物件として販売しています、岡山県津山市の築200年の古民家の、近くの風景です。手前は、広い田畑、その周囲に家々があり、遠くに山が見えます。都会で仕事に翻弄されて生きていて、ふと、こういう景色を見ますと、心を打たれることがあるんです。きっと田園風景、里山風景は、日本人には郷愁の思いがあるんでしょうね。これから本格的な夏がやってくると、空は真っ青、山は緑、田んぼも緑の、美しい [続きを読む]
  • もし下水道工事を行ったら?管を通す敷地はあるのか?
  • 岡山県津山市の築200年の古民家は、現在販売中の物件です。4年前にこの古民家を購入した時は、上下水道が通っていませんでした。前の住人の方は、井戸水で生活されていたようです。排水は、汲み取りでした。昔は、日本ではまだ上水道や下水道がない時代がありました。井戸を掘って、その井戸水が、貴重な生活のお水だったのです。時代が近代から現代になり、上水道につながっていない家など、もうないであろうと思ってい [続きを読む]
  • 近所にコンビニがある便利さ
  • 「ちょっと買い物を!」と思う時もあります。例えば、夏は冷たいジュースや、氷がほしいと思う時もあります。また、面倒な時は、菓子パンやお弁当などが、ちょっと買えるようなお店があると便利です。岡山県津山市の築200年の古民家は、現在、田舎物件として販売中ですが、近所にコンビニがあるのです。サークルKです。田舎は、店舗の駐車場も広くてゆったりしていて、いいですね〜このコンビニは、4年前にこの古民 [続きを読む]
  • 耐震工事がしてある利点
  • 日本という国は、いつどこで、地震が起こるかわからないところです。地震に備え、様々な対処が、地方自治体や、各ご家庭でも行われています。岡山県津山市の築200年の古民家も、4年前の購入後、最優先して『耐震工事』を行いました。建築士により、古民家の構造的なこと、地震が起こった際の揺れ方などから勘案して、設置された耐震壁が、各部屋に設置してあります。古民家は、耐震性がないのです。重たい屋根や柱、 [続きを読む]
  • 津山の古民家の広い土地の有効活用
  • 都会では、マイホームの敷地は、せいぜい30坪ぐらいでしょうか。50坪あると、広くて、良い方ですよね。一方で、田舎では、土地がとにかく広いです。岡山県津山市の築200年の古民家も、宅地の敷地面積は、約200坪あります。そのうち約100坪ほどを、畑として使っています。土地が広いというのは、心にも、余裕ができますね。この約100坪ほどの畑の部分ですが、農地ではなく、”宅地”ですので、畑をやめて、家を [続きを読む]
  • 見学者が増えています
  • 現在、売却中である、岡山県津山市の築200年の古民家には、お問い合わせやご見学希望のご連絡を、多く寄せて頂いております。ありがとうございます。地方になると、都会と違いまして、『不動産自体』に価値を見出すというものではありません。都会に比べて、広い土地であり、のんびりしていて、空気がきれいであり、食べ物も新鮮でおいしい…という利点が、田舎にはあります。これらが、プラスアルファで、付属してくるのが [続きを読む]
  • 家の周囲が『平地である』有り難さ…
  • 岡山県津山市の古民家は、現在、売却中です。この古民家がある津山市は、盆地です。周囲はぐるりと山々に囲まれた地形のため、台風時など、強風が遮られる場所でもあります。私は、普段は神戸に住んでいます。神戸と言えば、六甲山です。六甲山の山腹に住んでいる私は、坂道とは、切っても切れない仲なのです。これから暑い夏がやってきますが、坂を上るだけで、暑いし、しんどいし…平地だったら、もっと楽に歩けるだろ [続きを読む]
  • 田舎暮らしで野菜作り!健康的な生活ができる
  • 田舎暮らしでは、畑で野菜を栽培できます。新鮮で、無農薬の野菜を食べれて、健康的ですね。都会のスーパーでは、○○地方の災害の気象に影響されたとかで、今年は野菜の不作だとか、野菜が高騰しているとか、よくありますよね…だったら、自分で栽培しておけば心配ない!日本人は農耕民族であります。先祖から土いじりのDNAがあるんです。畑に興味がないという人でも、トマトやキュウリ、ナスとか植えてみて、見事に実が [続きを読む]
  • 原発事故による犬猫の発ガン性
  • 横浜の方からお問い合わせがあった時のことです。ご主人が飲食店のシェフとして勤務していて、地方へ移住して、お店を開店しようかと考えているとおっしゃいました。シェフというか、料理人は、強いですよね。飲食は、消耗品であり、人は繰り返し食べるものですから、最後まで強い業界でもあります。さらに、腕の良いシェフであれば、地元の人気店になるでしょう。何のお料理かとお尋ねしましたら、イタリアンとのことでした [続きを読む]
  • 移住したい方に必見!第二の人生を購入するのです!
  • 田舎暮らしをしたいという方、古民家に憧れているという方からのお問い合わせが、多く頂いております。その理由が「自然の多いところで、畑仕事がしたい」「時間に追われず、のんびりと暮らしたい」「広い土地の、広い家に住みたい」「子供のために、自然豊かなところで生活したい」「田舎の、新鮮で美味しい物を食べて暮らしたい」などです。確かに、どれも都会では、味わえないものです。農家が作った、新鮮で美味しい野菜 [続きを読む]
  • 井戸がある物件の扱い
  • 実は、井戸に関するお問い合わせが多いのです。私は、父が不動産業・建設業ですので、しかも私も現在、調査の仕事をしている所以で、井戸の怖い話を、ちょくちょく耳にするのです。このブログでも、過去に何回か井戸について書いてきました。井戸自体が怖いのではありません。井戸の扱いを間違った場合に、大変なことが起こるという意味です。井戸は、昔から、人々に生きるための水を与えてくれる、神様のような存在でした [続きを読む]