かりん さん プロフィール

  •  
かりんさん: 岡山県津山市の築200年の古民家をリノベーション!
ハンドル名かりん さん
ブログタイトル岡山県津山市の築200年の古民家をリノベーション!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tiku200
サイト紹介文岡山県津山市の畑付きの立派な古民家を、シックな内装に改装して、現在田舎暮らし物件として売却中です。
自由文不動産や建築の専門知識のある者が、築200年の古民家の改築を行った記録や、裏の畑での農作業について、古民家の構造について、岡山県津山市について、一挙にご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供261回 / 249日(平均7.3回/週) - 参加 2016/07/18 15:36

かりん さんのブログ記事

  • 関西在住者の、隠れ家としての古民家と自家菜園♪
  • 岡山県津山市は、岡山県の北東部にあります。岡山県北部に、中国自動車道が横断しています。津山市の高速道路は、この中国自動車道『津山IC』や『院庄IC』などです。大阪や神戸など京阪神の方がこの津山市にお越しになる場合は、大阪の吹田から中国自動車道に乗れますので、そこから一本で便利です。実は、これまで見学にお越しの方の中に、男性の方も多いのです。趣味が畑とのことで、「現在、家の近くの菜園を借りて、作物 [続きを読む]
  • 近々、値下げです!
  • 岡山県津山市の古民家は、現在、売り出し中です。これまで、ご見学に、多くのお客様に来て頂きました。遠いところからお越しになられた方もおられました。ありがとうございました。4年前にこの古民家を購入しまして、耐震工事、内装工事、上下水道工事をしまして、正直、かなり大変でした。費用もかかり、労力も大量放出致しました。しかし、購入をお考えの方からは「もう一声!」と、お願いされることがあります。これま [続きを読む]
  • 西日本も農業が盛んだな…と思う
  • 私がよく行く神戸の地元スーパーでは、西日本の食材が多いです。兵庫県というのが、結構な農業の盛んなところであり、神戸市でも西区は農家が多い地区なんです。神戸市西区で生産された、新鮮な水菜やほうれん草、小松菜が、スーパーに並んでいます。さらに、九州です。ここはもう、ほんと農産物が多いですね。神戸市のスーパーにも、熊本、宮崎、長崎、鹿児島、福岡、大分、佐賀と、結局、九州全土ですね…九州産の野菜やお肉 [続きを読む]
  • 関東からのご見学ご希望の方へ『電車でお越しの方へ』
  • 岡山県津山市の築200年の古民家は、現在、売却中で、ご見学が多くなっております。神奈川や千葉、東京などの、関東圏のお問い合わせも多くあります。ご質問に「電車で行きたいが、岡山駅まで新幹線で行くと、そこからどうやって行くのですか?」という内容が多いので、ブログ上でも、お答えしておきます。この津山の古民家の最寄りの駅、便利の良い駅は『JR亀甲駅』です。亀甲駅には、駐車場があったり、タクシー乗り場 [続きを読む]
  • 壁体内結露をしなかった家<調査事例>
  • 私は、新築や中古の建物調査をしています。欠陥や不具合があるか?という調査をします。もし欠陥や不具合があれば、どんな処置をすれば良いのか?というアドバイスも、同時にしております。以前、東京都内の新築の家を調査した時のことです。その家は、渋谷から徒歩圏内という、便利の良さ、そして近くには高級住宅街がありました。「土地だけでも、高かっただろうな…」お子さんのいない共働きのご夫婦が、二人で暮らして [続きを読む]
  • すっきりした簡素な内装は、購入者がさらに手を加えられるように!
  • 古民家というと、和風で、たいていはお決まりの内装のパターンが多いです。囲炉裏があったり、天井が高くて梁が見えていたり、広い空間であることが、よくある内装なのです。一方で、岡山県津山市の築200年の古民家ですが、当初、自分で作った芸術作品を展示するために使おうと考えたので、色調を白と黒のシックな内装に整えました。↑ これは、古民家の、玄関を上がったすぐの部屋です。パグ犬(置物)が、「こんにち [続きを読む]
  • 陶芸や絵画作品を展示するのに最適な古民家♪
  • 古民家暮らし、田舎暮らしと言えば、自家菜園や農家へ転身などと想像します。実は、田舎の広くて静かな環境は、芸術活動にも、最適なのです。陶芸や絵画、彫刻など、芸術は様々ありますが、じっと集中して作業するには、静かな環境が重要なのです。芸術家には、都会の喧騒とした騒音や、人の声、車がひっきりなしに走行する音など、気にする人も多くいます。そのため、田舎で創作活動に専念する芸術家も多いのです。陶芸や絵画 [続きを読む]
  • 都会の狭さより、田舎の広大さが魅力!
  • 都会は、家賃も高く、しかも狭い…子供さんのために、田舎で自由にのびのびと暮らしたいというご家族も多いと思います。確かに、賃貸マンションや都会の家は、狭いですよね…岡山県津山市のこの古民家は、広いんですよ〜↑ 改築中の時の様子です。6畳にある押入だけで、こんな広く、収納たっぷりです。6畳間が3部屋、8畳間が1部屋、3畳が1部屋、4畳が1部屋、キッチン6畳があります。↓玄関だって、広いですよ [続きを読む]
  • 屋根が分厚い作りの古民家は、夏、涼しいのです!
  • まだ寒いというのに、夏の話をするのは、変ですかね…古民家は、分厚い萱が乗っかっています。最近の日本の夏は、平気で35度を超え、暑い暑い。瓦屋根の瓦は、夏の厳しい陽射しでぐんぐん熱し、夜になっても蓄熱効果で、冷えません。一方、古民家の屋根は、茅葺きで、しかもこの通り、分厚いので、断熱効果を発揮し、古民家の部屋にまで熱が到達しにくいのです。外の外気は30度を超えても、古民家の中は、「ひや〜 [続きを読む]
  • 田舎暮らし”親切なご近所さんが、必須条件です”
  • 田舎暮らしのために移住したりする人の中で、当然に、知らない土地へ移住する人もいます。縁もゆかりもない土地へ、田舎暮らしをするのは、勇気がいりますね。私は京都生まれの奈良育ちで、現在は神戸に在住して仕事をしています。4年前、岡山県津山市のこの古民家を購入したのですが、なぜこの物件を選んだのか?というと、岡山県の不動産が、兵庫県よりもうんと安いので、岡山県の不動産を中心に考えるようになったからです [続きを読む]
  • 畑仕事していると、お金を使わなくなる
  • 暖かくなると、家の中にいるよりも、外に出た方が気持ちが良いですね。太陽の陽射しも暖かくなってくる季節です。作物を作るのが好きな人は、朝から晩まで、ずっと作業していますね…感心です。こまめに作物の手入れや管理をして、立派な野菜などを収穫しています。都会で、家の中にじっとしていると、テレビを見たり、ラジオを聴いて過ごしたり、読書したり、あるいは寝たり…これでは体が鈍りますね。かろうじて、運動のため [続きを読む]
  • 田舎暮らしで開業 ”蕎麦屋”が人気な理由!
  • 田舎暮らしや古民家では、『蕎麦屋』をしているというの、よく聞きますよね。何で蕎麦屋が人気なのかな?と思っていました。よく考えてみると、蕎麦は、”練って茹でたら出来上がり!”なんですね。十割りなど、凝る人も当然いますが、基本は、練って茹でる、ですね。飲食店の中でも、手間や設備などにおいても、蕎麦屋は簡素であると思います。こねるためのスペースと、茹でるための調理機材です。食材の蕎麦も、もし余れ [続きを読む]
  • とても”縁起の良い”古民家物件!
  • 岡山県津山市の築200年の古民家です。現在、売却中です。(詳細は、アットホームにも掲載しています。またご覧下さい。)私は、この古民家を4年前に購入しました。平日の仕事の合間の、週末にのんびり過ごそうと思い、①断層が少なくて地震の危険が少ない岡山県で、②さらに台風など災害の少ない津山市、ということで、この古民家を選びました。実際に購入後、4年間の間に、岡山県には、夏に大きな台風が2回ほど来まし [続きを読む]
  • 初春に物件を購入したら、作物を植える季節に間に合います♪
  • 春は、作物を植える季節ですね。鹿児島では、3月中に、田植えが完了するとか。早い!先日、仕事で知り合った、鹿児島の方から聞きました。鹿児島は、さすが南に位置するだけありますね、暖かいのですね。春の先駆けに、桜が咲くようになり、そして人々の表情も明るくなり、厚着だった服装も薄着になってきて、躍動感ある行動的な季節になっていきます。ホームセンターなどの苗のコーナーには、野菜や果物の苗が売られてきま [続きを読む]
  • 屋根の重たい古民家には、耐震補強の処置を!!
  • 古民家は、茅葺きの屋根です。分厚い茅が、たっぷりと屋根に積まれています。この重さは、2tはあるでしょうね。1tは、普通自動車の総重量です。古民家の屋根には、車が、2台、屋根に乗っかっていると考えりと、わかりやすいです。重たい2tほどの茅を支えているのは、鉄骨ではありませんよ、材木です。(茅の下は、竹ですね。)他に、材木(梁等)もありますので、その分を入れたら、もっと重たいことになります。 [続きを読む]
  • 津山で、沢庵(たくあん)を作りました!!
  • 私の母が、大のお漬物好きなのです。私が小さい頃から、食卓には、必ずお漬物がありました。母は、食事の時、どうしてもお漬物を食べないと、食べた気がしないそうなんです…お漬物は、買って食べる時もありますが、たいていは、母は自分で、作っています。白菜、うり、もちろんぬか漬けもしますが、沢庵(たくあん)も、お得意なのです。大根は、津山の古民家の、畑で栽培した、自家製の大根です!昔、山口県の母方の祖 [続きを読む]
  • 食品選びにストレスなし、放射能の影響のない岡山県へ移住!
  • 岡山県津山市の築200年の古民家は、売却中です。お問い合わせやご見学の方に、子供さんがいるご家庭の方がおられます。この物件の近くには、小学校があります。中学校は、自転車での通学になりますが、もちろんあります。さらに、物件の近くには、コンビニ、郵便局、ガソリンスタンド、苗屋(農業用品店)、雲海の卵屋などあります。完全に、田舎の山奥に引っ込むという暮らしでは、いざという時、何かと不便です。車で [続きを読む]
  • 移住や田舎暮らしに、積雪地帯は敬遠…
  • 移住先や、旅行先として、いつも人気の地、北海道があります。旅行などで、ちょっとだけ滞在するなら、北海道は「とても素敵なところ!」と感激します。しかし、皆様、ご存知の通り、北海道は寒いですね。北海道だけではありません。北海道以外に、雪が積もる地方は、東北を始め、北関東、上越、信州にもあります。さらに西日本でも、日本海側、その他山間部も、積雪地方です。岡山県津山市の築200年の古民家は、現在売 [続きを読む]
  • 古民家で藍染め工房を!
  • 岡山県津山市の築200年の古民家は、現在、売却中です。広い建物なので、店舗やコミュニティなど、何かと利用できる建物です。南側の玄関は、広いスペースなんです。土間になっていますので、お店にしたり、あるいは工房にもできるんです。藍染めというきれいな染め物がありますね。都会では、狭い空間なので決してできません。工房というのは、田舎の広いスペースならではですね!職人になって、自分の作品を売ると [続きを読む]
  • 古民家に断熱材施工は、壁体内結露が起こる!
  • リフォーム業者でも、建築士でも、古民家に断熱材を入れてしまう施工をすることがあります。そして、壁体内結露が起きないようにと、密閉性を保とうとしていますが、そもそも”材木自体が、空気を通します”ので、壁の向こうに、空気を行かないようにと、遮断することは、そもそも無理な話です。壁を、材木でなく『ガラス』にしたら、通りませんね…まぁ、そういう理屈です。材木は、湿気を吸います。どのくらい、湿気を [続きを読む]