みゅん さん プロフィール

  •  
みゅんさん: シンプルライフとシンプル思考
ハンドル名みゅん さん
ブログタイトルシンプルライフとシンプル思考
ブログURLhttp://sydankuten.hatenablog.com/
サイト紹介文人生も思考もシンプルに!毎日を 少しでも楽しく過ごせるための考え方や映画、本などを記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 271日(平均0.7回/週) - 参加 2016/07/18 16:42

みゅん さんのブログ記事

  • 映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」。
  • 世界共通のテーマ今年こそは、映画を毎月1本観ると決めつつも、なかなか実行できにずにいた。しかし、先月は既に2本観ていたのだ。まず、3月の初めに「愚行録」を観たが、いい意味で、後味の悪さを引きずる映画だった(笑)そして、その後に観たケン・ローチ監督の『わたしは、ダニエルブレイク』2016年のカンヌ国際映画祭でパルムドール賞を受賞した作品で、誰もが共感できる内容で、観終わった後にいろいろ考えさせられた。イギ [続きを読む]
  • ある日のつぶやき。
  • ふと思ったこと。毎日、目の前のことに気をとられ、何となくせかせかと過ごしていると足元に咲いている花さえにも、気づかない。「まあ、いいや」と自分に言い聞かせて、毎日を何となくやり過ごしているうちに、自分が本当はどうしたいのかわからなくなってきて、体に毒が溜まっていく。毎日、たくさんの情報に囲まれて過ごしていると、いつしか不要な情報に振り回され、心がすり減っていく。目先のことに一喜一憂したり、周りの人 [続きを読む]
  • 何かができてもできなくても、自分の価値は変わらない。そこにいるだけでいい。
  • 「〜ねばならない」の呪縛「もっと頑張って目標を達成しなければいけない」「もっと上を目指して成長しなければならない」「もっと人に喜んでもらえるように、頑張らなければいけない」この「〜ねばならない」っていう感情は、うまくいけば野心につながるけど失敗すると自分を責め、潰してしまう。そして、出来ない自分を知られるのが怖いから、他人に認めてもらおうと頑張り続けて心が疲弊してしまい、やがて自分の本当の気持ち [続きを読む]
  • 一歩踏み出す勇気。何かを変えたい人におススメ!映画「LIFE!」
  • 再び「LIFE!」を観た「暑くて、何だかやる気が起きないな〜。ああ〜面倒くさいなあ・・」とここ数日、ネガティブ思考全開だった私。ブログを始めた頃は、「毎日書くぞ!」と意気込んでいたが、次第に「今日は疲れてるし」とか「書くネタがない」と言い訳が続き、更新しない日が続く。そこで、ふと気づいたことが「書かなければいけない」という思い込みだ。そもそも、ブログを始めたのも自分の頭の中にあるゴチャゴチャした考 [続きを読む]
  • 映画『クリーピー 偽りの隣人』を観て思ったこと。日常に潜む恐怖。
  • こんにちは。みゅんです。今日は、映画ネタです。この前、黒沢清監督の「クリーピー偽りの隣人」を観て来ました。映画って、やっぱり大画面で見ると全然迫力が違うし、始まる前のワクワク感がたまらない!映画館って、やっぱりいいですね〜!さて、映画のタイトルの「クリーピー」とは、気味の悪いとか、ゾッとするようなという意味だそうです。ジャンルとしては、サスペンス・スリラーになるのかな。あらすじは、ざっくり書く [続きを読む]
  • 泣くことでストレス解消!涙は浄化のエネルギー。
  • こんにちは。みゅんです。みなさんは、最近涙を流して泣いたことがありますか?悲しいとき、ちゃんと泣いてますか?私たちは「オギャー」と泣きながら、生まれてきたのですが、成長するに従い「人前で泣いたらダメ」とか「いつまでもメソメソ泣くな」と言われていく内に泣くことを我慢し、感情を抑え込むようになります。もちろん、状況によっては泣くことを我慢することがあると思います。ただ、ずっと我慢し続けると、悲しいこ [続きを読む]
  • 色から見えてくる自分の心。黒を選ぶ心理とは?
  • こんにちは。みゅんです。毎日、暑い日が続いてますね〜。最近、クローゼットの服を何気に眺めていて、ふと気づいたことがありました。それは、冠婚葬祭用と仕事系のスーツ、タンクトップ以外で、黒い服を持っていないということでした。現在持っている服の色は、大まかに分けると青、白、グレーの3色がメインです。さし色としてオレンジ、カーキがあるくらいです。以前は仕事でもプライベートでも、黒を着ることが多かったの [続きを読む]
  • 人生に影響を与えるビリーフとは何か?自己否定を手放そう!
  • ビリーフとは?こんにちは。みゅんです。前回、自己肯定感について書きました。自己肯定感とは「何かができてもできなくても、自分という人間は存在しているだけで価値がある」と思えることだとお伝えしました。sydankuten.hatenablog.com今日は、その自己肯定感が低くなる原因について説明したいと思います。私たちは主に、幼少時に体験した出来事に影響を受けて、何かしらの価値観、信念、思い込み、常識などを持つようにな [続きを読む]
  • そのままの自分を受け入れる。自己肯定感を高めていこう!
  • 自己肯定感は生きていく上での土台こんにちは。みゅんです。みなさんは、自己肯定感って聞いたことありますか?恐らく耳にしたことがある方も多いと思います。自己肯定感とは「何かができてもできなくても、自分という人間は存在しているだけで価値がある」と腹の底から思えることです。思考ではなく、感覚で感じられるかどうかです。自己肯定感は、幼少期の親子関係に起因するといわれます。小さい頃に親からそのままの自分を [続きを読む]
  • 人に答えを求めても、正解はない。
  • 人に答えを求める時こんにちは。みゅんです。今日は最近読んだ記事で、すごく印象に残った内容があったので紹介したいと思います。その記事は、映画監督の紀里谷和明氏が学生に向けたメッセージなんですが、多くの人にも当てはまることだと思うので、シェアしたいと思います。www.co-media.jp記事の中で印象に残った内容がいくつかあるので、引用しますね。ーーまわりの評価を気にせずに、自らを貫き通す原動力はどこから来 [続きを読む]
  • すべては自分の心が映し出されているだけ。投影の法則とは・・・。
  • 投影とは?こんにちは。みゅんです。皆さんは、「投影」という言葉を聞いたことがありますか?心理学を勉強したことがある方や、心理に興味がある方などは聞いたことがあるかもしれませんね。私も、以前心理を学んだ時に、この言葉を知りました。投影とは、自分の心の状態や考え方を人やモノや出来事などに写し出して、自動的に反応することです。どういうことか、簡単に説明してみたいと思います。たとえば、あなたが友達と一緒 [続きを読む]
  • 何度でも読みたいミナペルホネンの本。
  • 手元に置いておきたい本こんにちは。みゅんです。ジメジメした日が続きますが、気持ちはさわやかに過ごしたいですね。ところで、皆さんはどういった本をよく読みますか?私はおもに、心理や、実用書、ファッション関連が多く、たまにエッセーなども読みます。今日は、以前読んだ『ミナカケル』という本を紹介したいと思います。ミナペルホネンというファッションブランドはご存知ですか?デザイナー皆川明氏が図案を描き、織 [続きを読む]
  • 考えすぎて行動できないのはなぜか?思考しすぎる理由。
  • 考えすぎてグルグルする時こんにちは。みゅんです。私たちは何か不安があったり、気になることがあったりすると、つい考え込んでしまいます。そして「どうしたらいいのか?」「何かいい方法はないのか?」「何が良くなかったのか?」など、いろいろと考えたりします。でも、考えても考えても答えが出なくて、余計に焦ったり、イライラしたり、不安になったりして、また同じことをグルグルと考え続け、状況は変わりません。なぜ、 [続きを読む]
  • 猫のように生きてみよう!
  • 我が家の猫先生こんにちは。梅雨に入り、ジメジメした日が続きますが体調を崩してはいませんか?雨の日には、ゆっくりとお茶を飲んだり、音楽を聴いたり、本を読んだりと、少しリラックスすることを意識すると楽しく過ごせそうですね♪今日はただのネコ好きのウチの猫自慢の猫に興味がない方にとっては、どうでもいい話です(笑)我が家には13歳の猫がいます。元ノラ猫なので、正確にはわからないんですが、人間で言うと、68 [続きを読む]
  • 嫌われる勇気。自分と向き合う勇気。
  • 嫌われる勇気以前「嫌われる勇気」という本がブームになりましたよね。私も読みましたが、その本の中で印象に残った言葉が「自由とは他者から嫌われることである」というもの。自分の信念を貫き通した時に、周りから批判されたり嫌われたり、迷惑をかけたりすることもあると思うけどそれでも、全ての責任は自分で取るという覚悟があれば相手からどう思われようと、気にする必要はないし、相手が自分のことをどう思うかは、相 [続きを読む]
  • 幸せを感じながら生きている人とそうでない人の違い。
  • こんにちは。みゅんです。生きていると日々、いろいろな事がありますよね。同じような暮らしをしていても、幸せを感じながら生きている人もいれば、そうでない人もいる。その違いって何でしょうか?人よりお金やモノをたくさん持っているから幸せ?仕事で成功しているから幸せ?結婚して子供がいるから幸せ?どんなにいい条件を揃えられても、それを幸せと感じる心がなければ、その人は幸せだと思えないのです。そもそも [続きを読む]