Unemployed さん プロフィール

  •  
Unemployedさん: 無職の数学検定
ハンドル名Unemployed さん
ブログタイトル無職の数学検定
ブログURLhttp://math.worklog.xyz/
サイト紹介文無職が数学検定の勉強をするブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 66日(平均1.0回/週) - 参加 2016/07/18 19:34

Unemployed さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2016/07/24 1時間9分
  • 初めから始める2・B劇的にやる気がでない。今日は、昨日と同様三角関数など。公式が頭に残らないので、ノートに書いて、それを毎日眺めるというお仕事を始めよう。本当は、その公式を利用し問題を解く回数・時間を増やせばよいのだが、今はそこまでの気力を調達すんのは無理だ。あと、ベクトルの章を少し眺めてみたが、これは難しいな。というか、多分一度もまともにやったことがないので、ほとんど知らないのだ。明日のtodo:初め [続きを読む]
  • 2016/07/23 54分
  • 初めから始める2・B:三角関数他加法定理、2倍角・半角の公式、合成、三角方程式・不等式…。ちょっと、すぐに頭に入れるのは無理だ、という感じの分量。でも、これは英語でいえば「知らない単語が多すぎて文章が読めない」というような難しさであって、「単語の意味は分かるけど文章の意味は分からない」という難しさでない。後者は努力だけの問題では無いけど、前者は端的な努力というか、語学のようなアプローチで突破可能なは [続きを読む]
  • 2016/07/22 1時間14分
  • 初めから始める2・B:三角関数他なかなか、スムースには進まない、というか集中できない。まあその辺も慣れの問題だろう。三角関数の加法定理とか、いきなり記憶するのは無理なのだが、これは「語学」なのだと考える。単語というのは、1日で覚えられるものでなく、3日で定着するものでもない。が、毎日やってれば、いずれ定着する。だから、毎日触れる以外に方法はない、というように。記事のタイトルを日付と時間に変更した。全く [続きを読む]
  • 数学検定2級 勉強日記006
  • 初めから始める2・B:2〜4昨日やったところをもう一度。時間的にも集中度的にもさっぱりだが、やっただけで十分だと考えよう。「方程式・式と証明」の部分の問題を復習しつつ、三角関数の方に入っていこうと思う。数学検定2級の試験日は10月30日なので、8月中で、1次の対策を終え、9・10月で2次の対策をすればよいだろうか。  [続きを読む]
  • 数学検定2級 勉強日記005
  • 初めから始める2・B:2〜41時間ほど。相加相乗平均、というのは知らないのだが、1・Aで登場する概念らしい。1・Aの参考書は持っていない。ネットで済まそう。なかなか捗らないというか、数学をやることに慣れがないために、脳が軋むような感じがある。これが抜けると、もう少し長時間やってられるのかなと想像するが、その日は訪れるだろうか。 [続きを読む]
  • 数学検定2級 勉強日記004(解と係数の関係)
  • 昨日はサボってしまった。今日は以下をやった。『初めから始める2・B』:解と係数の関係(43分)難しい。というか、拒絶反応さえある。少し前、何を思ったかフラ語を独習しようと思い、入門書を開いたことがあるのだが、その時の感じと似ている。隅から隅まで知らないことばかりで、ここまで知らないとは予想してなかった、というような。圧倒され、とりつくしまもない。フラ語の入門書はそこで閉じ、永久に開こうなんて考えまいと [続きを読む]
  • 数学検定2級 勉強日記003(方程式・式と証明)
  • 昨日予定したとおり、数学2・Bの「方程式・式と証明」から、始めることにした。教材はこれ。高校数学の独習は過去に何度も試みたことがあり、手元に教材だけはある今日は、虚数単位、複素数の計算2次方程式の解と係数の関係、解の符号の決定(の途中)をやった。1の「虚数単位、複素数の計算」は、問題なかったけれど、2の「解と係数の関係」は、よく知らず、詰まった。明日は2の続きから。あと、3乗の公式が記憶に無いのが分かっ [続きを読む]
  • 数学検定2級 勉強日記002(1次の過去問を解く)
  • 数学検定2級は、1次試験と2次試験に分かれている。まずは、1次試験を1回分だけ解いてみた。結果、15問中10問正解。大体、7割以上で合格らしいので、ぎりぎりで落ちた、という感じのスコア。予想よりも簡単だったが、この簡単さは出発点として適切な簡単さだと思う。あまりモチベーションが高いわけではないので。さて、失点のうち1問は計算間違いだが、他の4問は解き方がわからず、それぞれ調べると、因数定理を用いる問題判別式を [続きを読む]
  • 過去の記事 …