ドロップアウト人生哲学 さん プロフィール

  •  
ドロップアウト人生哲学さん: ドロップアウト人生哲学
ハンドル名ドロップアウト人生哲学 さん
ブログタイトルドロップアウト人生哲学
ブログURLhttp://dropoutlife.net
サイト紹介文いやいや働きたくない。貧乏でも節約して週休3日〜4日たまに5日。疲れない人生、幸せを考える30代
自由文なぜドロップアウトしたのか
http://dropoutlife.net/about/the-reason/
できるだけ働かないで暮らしたい
http://dropoutlife.net/not-want-to-work-unwillingly/post-45/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 342日(平均2.2回/週) - 参加 2016/07/19 10:25

ドロップアウト人生哲学 さんのブログ記事

  • 人生いろいろ。みんなと同じ道を行っても幸せになれない人もいる
  • 7歳くらいで小学校に入学し、12歳で卒業。13歳で中学校へ、そして16歳くらいで高校へ。こうやって「〜歳になったら〜になる」とみんなで同じような人生の歩み方に慣れていく。20か21歳で短大とか専門学校を卒業するか23歳で大学を卒業したら、「働く」「働いていないと普通でない」みたいな価値観に浸り就職して、結婚して、マイホームをもって、子どもを作って、その後は家のローンを返すために働くことに没頭する。ちょっと見方 [続きを読む]
  • 人生がつまらないし疲れた。毎日働きたくないと思っていた東京にいた頃の生活
  • 何年も前の話。あの頃は、東京にいた。毎日、朝、起きたくもないのに早く起きようとするんだけど、まだ眠いから布団でグダグダして、急いで朝食をとって、急いで駅に行って、いつも混んでいて人でいっぱいの電車に無理やり飛び乗る。あの狭い空間にぎゅうぎゅうに人が詰め込まれた状態で40〜50分も移動するだけで疲れてしまっていた。電車から降りて、視覚の大部分をビルとコンクリートに奪われながら、そのビルのうちの1つに入る [続きを読む]
  • 食費の節約はやりすぎると危険!? 本当に身体にいい食べ物って何?
  • 昨日は、冷蔵庫を見ると白菜、にんじん、だいこんなどがあったので、ちょっとだけ具を買い足して、夕食は鍋にした。こういう寒い日には鍋はやっぱり美味い。俺が毎日、何を食べているか。そんなこと気になる人なんてこの世の相当なレアキャラだろうが、ここは俺の独り言を延々と書いていくところなので自由に書かせてもらおう。俺は、お金が入ってくる量は人より少ないが、時間に関してはおそらく日本の平均よりはあるので、食事を [続きを読む]
  • 入院中はけっこう暇! 突然の入院でも暇つぶしのためにコレを準備しておけ
  • 去年突然に入院することになった。体調不良・やはり病気が原因で入院へ・運が悪い・なぜ生きるのか結局、入院することになった。ここ最近、体調がおかしいと思っていたので、何回か小さい病院には行っていたのだけれど、なかなか診断名がでず...dropoutlife.net病室に、長期で生活するということは、今までの当たり前にあった自由が奪われることになる。起きる時間、食事を取る時間、寝る時間も決まっている。移動の自由が奪われて [続きを読む]
  • 世間の価値観をドロップアウトして人生に後悔はないのか
  • 普通に週5日会社に行って働く人に比べたら、俺は給料は何分の1かくらいだ。大学のとき友達だった人たちは、けっこう給料をもらえる仕事についているので、そいつらに比べれば本当に少ない。働きたくないから節約して週休3日〜4日、ドロップアウトの生活費はぁ? ドロップアウト?そんなやつ自分には関係ないし〜、と思う人が一方で、こいつどんな生活してるんだ、と気になるだろう人もい...dropoutlife.net完全週休2日制でも「日曜 [続きを読む]
  • 働きたくないのに会社で働くのを我慢する心理には洗脳が潜んでいる?
  • 人間は、毎日、同じように毎日同じことを繰り返しているほうが楽らしい。朝起きて、顔を洗って、食事を食べて、準備をして、会社に行って、仕事をして……というルーティンを毎日繰り返しているのがほとんどの人の生活だろう。「機械と違うんだ!もっと有機的で偶然に溢れてる毎日だ!」という人もいるだろうが傾向としてはある程度、毎日同じことを繰り返すようになっているという話。この一定を保ったり同じことを繰り返すという [続きを読む]
  • 高学歴でも人生詰んだり、ドロップアウトする可能性は十分にある
  • 高学歴なら、人生安泰。いい大学に入って「高学歴という資格」を獲得し、有名企業に入って、お金をたくさんもらって、結婚できて、子供を産んで、マイホームをもって、老後はゆったりと暮らす、という人生を過ごす。そんなふうに高学歴なら「レールに乗った人生」を歩める時代はほぼ終わっている。高学歴になって、いい企業に就職して…という道筋を進む人間は現在でもいることはいる。だけれども、今までの日本の大企業のやり方が [続きを読む]