ヒロキ さん プロフィール

  •  
ヒロキさん: 駒田博紀の鉄人鍛練記
ハンドル名ヒロキ さん
ブログタイトル駒田博紀の鉄人鍛練記
ブログURLhttp://hirokikomada.com
サイト紹介文「On (オン)」のマーケティングを生業とする空手家が、トライアスロンに挑戦する過程を追ったブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2016/07/19 11:07

ヒロキ さんのブログ記事

  • しげ選手とのゆる合宿、3日目。
  • 前回「しげ選手とのゆる合宿、2日目」に戻る 鼻毛チャレンジにパリピ粉砕海スイムと、ゆるさに歯止めが効かなくなってきた「ゆる合宿」。もうどうしようもない。この感じ、この流れで楽しむことにした。 ■ 8月13日、3日目。清流がきれいだという「岩屋堂公園」へ。清流と聞いて海パンは持って行ったのだが、どうもそういう店ではなかったらしい。子供連れがキャッキャと戯れる場所で、海パン一丁の俺が泳ぎ散らかすわけにはいくま [続きを読む]
  • しげ選手とのゆる合宿、2日目。
  • 前回「しげ選手とのゆる合宿、初日」に戻る 初日で「夏合宿」から「ゆる合宿」にコンセプト変更を余儀なくされたしげ・みか家滞在。 ■ 8月12日、2日目。ゆる合宿化に歯止めをかけるべく、少し頑張った2日目。朝7時から6kmほどラン。いい滑り出しに気を良くした俺たちは、りんくうビーチに繰り出す。 りんくうビーチは、パリピらしき人々で溢れていた。どういうことか知りたい人は、Instagramで「#りんくうビーチ」で検索して欲し [続きを読む]
  • しげ選手とのゆる合宿、初日。
  • 前回「カッコいいランナーが自然とやっていないこと」に戻る お盆休みは、名古屋のしげ・みか家で過ごした。宮古島トライアスロンへの参戦を決めたしげ選手との夏合宿と意気込んでいたのだが、結果はこうなった。 ■ 8月11日、初日名古屋はどしゃぶりの雨に包まれていた。シャワーランでもすればいいのだろうが、なんだかやる気が起きない。そこで、しげ選手が最近凝っているという「プランク」をやることに。プランクとは、いわゆ [続きを読む]
  • カッコいいランナーが自然とやっていないこと。
  • 前回「宮古島参戦予定、しげ選手との夏合宿へ」に戻る 今でこそランニングアパレルも販売するようになったOnだが、それまではシューズのみの販売だった。当然、そうなると「このシューズにはどんなウェアを合わせればいいのかな?」と思う人もいる。個人の好みがあるわけだし、体型もそれぞれ違う。だから、「これしかない!」というコーディネートはあり得ない。もちろん、「OnのシューズにはOnのアパレルを合わせないといけない [続きを読む]
  • 宮古島参戦予定、しげ選手との夏合宿へ。
  • 前回「鉄人鍛錬記50万PV、感謝」に戻る 明日から来週火曜日まで、Onジャパンはお盆休み。お盆休みを迎える前に、来年の春夏新作のオーダーを集め切るという大事な仕事は残っているが、ほとんどのお店がOnに対して前向きでいてくれるので、助かっている。明日の朝、その結果をオーストラリアにいるキャスパーに報告すれば、いよいよお盆休みだ。お盆は名古屋に行く。まどかの妹であるみかさんと、その旦那さんであるしげちゃんの家 [続きを読む]
  • Onジャパン、ヤスコチームのメンバー2名募集。
  • 前回「#OnFriends、Onの輪が広がることを願って」に戻る 2015年5月1日にオン・ジャパン株式会社が立ち上がり、早いもので2年3ヶ月ほどが経過した。俺が前職でOnを担当していたのとほぼ同じ期間、オン・ジャパンで仕事をしていることになる。その間、#OnFriends に支えられ、お店の数も着実に増えていった。営業チームは、商談やディスプレイ整備やイベントなどで、日々あちこち歩き回っている。ヤスコたちが守るオフィスにも、日々 [続きを読む]
  • #OnFriends、Onの輪が広がることを願って。
  • 前回「世界陸上ロンドン、そして #WeAreAllOne」に戻る 世界陸上ロンドンで、「アスリート・レフュジー・チーム (難民選手団)」への温かい応援が世界各国から届いているようだ。ソーシャルメディア上でも、#WeAreAllOne のハッシュタグを通じて、そうした声が寄せられている。声を届けていただいた方には、本当に感謝している。 これまでOnの仕事であちこち回って、あるいはソーシャルメディア上のやりとりを見ていて、随分前から [続きを読む]
  • 世界陸上ロンドン、そして #WeAreAllOne
  • 前回「On ライトウェイトキャップをすぐ買えるお店 (8/3現在)」に戻る 本日8月4日、日本時間夜23時30分、ロンドンで世界陸上が開幕する。そこに出場する「アスリート・レフュジー・チーム (難民アスリートチーム)」。Onは、このチームのスポンサーとなった。今年に入り、オリヴィエが頻繁にケニアに旅しているのを見て、何かをやろうとしていることは知っていたが、想像以上に大きな仕事に取り組んでいたようだ。 「アスリート・レ [続きを読む]
  • 鉄人鍛錬記50万PV、感謝。
  • 前回「アイアンマン・ケアンズ出発前日。室谷さんからの激励」に戻る 2016年5月に始めたこの「鉄人鍛錬記」も、開始から1年2ヶ月が経った。今朝起きてパソコンを開けてみたら、50万PVに届いていた。「にほんブログ村」のPVアクセスランキングも、「ライトウェイトキャップ」効果か1位になっている。 仕事で全国を回っていると、「ブログ読んでるよ」という声もたくさんいただけるようになった。ちなみに、過去1年2ヶ月の累計アクセ [続きを読む]
  • On ライトウェイトキャップをすぐ買えるお店 (8/3現在)。
  • 前回「ライトウェイトキャップ」に戻る 本日8月3日発売の「ライトウェイトキャップ」。Onパフォーマンスランニングギア全般に言えることだが、On取り扱い店舗の中でもさらに一部店舗でしか展開していないため、「じゃあキャップはどこで買えるの?」と質問されることは確実だと思う。なので予め書いてみる。お店によっては仕入れ数が非常に少ないところもあるので、「このカラー、在庫ありますか?」と事前に電話で確認するのをお [続きを読む]
  • 湯原温泉トライアスロン2017 レースレポート、フィニッシュ後。
  • 前回「湯原温泉トライアスロン2017 レースレポート、ラン後編」に戻る 喜び全開でフィニッシュした後、記念撮影タイムに入った。まずは、この湯原温泉トライアスロンの仕掛け人・真山さんをはじめとした皆さんと。 続いて、レース前からずっと温かい応援をしてくれた岡山のトライアスロンチーム「Blue Dog」の皆さんと。ちょっとしたお祭り騒ぎ。 完走後にお互いに喜び合う時間は、この上なく楽しい。しかし、すぐに帰る準備をしな [続きを読む]
  • 湯原温泉トライアスロン2017 レースレポート、バイク編。
  • 前回「湯原温泉トライアスロン2017 レースレポート、スイム編」に戻る 重厚感たっぷりのトランジションを終えた俺は、そんな俺の様子をコッソリ撮影していた五百蔵さんに手を振りつつ、バイクをスタートさせた。 湯原温泉トライアスロンのバイクは、起伏のある30キロ強を2周する、65kmのコースだ。スタートからほどなくして湯原ダムに向かって急坂を登り、細かなアップダウンとテクニカルなコーナーが連続する。その後、穏やかな田 [続きを読む]
  • 湯原温泉トライアスロン2017 レースレポート、スイム編。
  • 2017年7月23日(日) 9時、湯原温泉トライアスロン2017開催。第1ウェーブの選手達がスタートした。今年から採用されたウェーブ制は、年代別ではない。レース番号の若い順から、第1ウェーブ〜第4ウェーブに分かれている。レース番号4のカズは、第1ウェーブ。レース番号416の俺は、第4ウェーブだ。 黒いスイムキャップをかぶった第1ウェーブの選手達は皆速い。水飛沫を上げて進んでいく。 「あっ、あれ鎌田さんですよね!」 地元・岡 [続きを読む]
  • Onのシューズのつづりについて。
  • 前回「On のブランドロゴについて」に戻る #剥がしたらあかんで#ONとかonとか書いたらあかんで 上記2つに続く「#あかんで」シリーズの第三弾は、Onのシューズのつづりについてだ。 よく見られる典型的なケースは、こんな感じである。 cloud surfercloud FLOWCLOUD FlashCloud RushCloudFlyer ぬうう… #あかんで なんだかもう、「あかんで」と言いたいだけなような気もしてきたが、ここは一応説明しておきたい。最初の1文字目は [続きを読む]
  • On のブランドロゴについて。
  • 前回「On クラウドサーファー、かつてない鮮やかな新色」に戻る 「で、これ何て読むの?」「オンです」「え?」「オー、エヌ、で『On』(オン) と読みます」「うーん、読めないなぁ……」 この会話、今まで何百回としたような気がする。最初は創業者たちを恨んだものだ。 日本語じゃあるまいし、なんで縦読みさせるんだ。なんで “O” の横からアホ毛が飛び出してるんだ。キューピーちゃんにしか見えないじゃないか。「え?」って [続きを読む]
  • On クラウドサーファー、かつてない鮮やかな新色。
  • 前回「On クラウドフロー、FW17 新色登場」に戻る クラウドとクラウドフロー、それぞれ魅力的な新色が続々と登場している。しかし、新色が登場したのはそれだけではない。Onの定番、クラウドサーファーにも新色が登場した。しかも、メンズ・ウィメンズ共にかつてない鮮やかさで。 「クラウド オールブラック」や「クラウドフロー ブラック/アスファルト」のような、いわゆる定番色もカッコいいが、Onの魅力は定番色にとどまらない [続きを読む]
  • On クラウドフロー、FW17 新色登場。
  • 前回「On クラウド オールブラック、アイコンへの挑戦」に戻る 2016年11月に発売され、2017年2月にISPO Munich「ベストパフォーマンスランニングシューズ部門」で金賞を受賞し、かつてのクラウドを超える勢いでベストセラーのひとつとなった「クラウドフロー」。 クラウドフローは、権威ある賞を受賞しただけではなく、表彰台も飾っている。ハビエル・ゴメスがアイアンマン70.3ドバイで勝利し、ティム・ドンがアイアンマン・ブラジ [続きを読む]
  • On クラウド オールブラック、アイコンへの挑戦。
  • 前回「On クラウド デニム/ホワイト、日本人女性のために用意しました」に戻る 今ではOnのベストセラーとなった「クラウド」だが、まだ発売されてから3年しか経っていない。今でこそ全世界で数百万人のランナーがクラウドを履いて今日も走っているわけだが、他ブランドの高い実績を持つ定番シューズたちと比べると、まだまだ若いモデルだ。 人気の出始めた新商品が「定番」となり、そして「アイコン」となるにはある程度の時間がか [続きを読む]