かつ さん プロフィール

  •  
かつさん: 双極性障害と共に生きる仕事人かつの寛解を目指して
ハンドル名かつ さん
ブログタイトル双極性障害と共に生きる仕事人かつの寛解を目指して
ブログURLhttp://katsuhiro.muragon.com/
サイト紹介文就労移行支援事業所とデイケア、診察、音楽や本の紹介など
自由文サラリーマン時代に発病(Ⅰ型)し入院、その後、再発入院を2回しています。発病してからも常にどんな状況でも仕事に固執し、クローズで資格を取り転職の繰り返しもしました。障害者雇用で損保会社に5年勤めた経験やデイケア、就労移行支援事業所への通所の経験もあります。病歴14年、50代前半バツイチ男性です。音楽が大好きです。特にハードロック。カラオケサークルに入会しているので、邦楽も聴きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供831回 / 280日(平均20.8回/週) - 参加 2016/07/19 16:49

かつ さんのブログ記事

  • 事業所、担当に面談ですべてをぶつけたら、吹っ切れた
  • 土曜の受診で救われず 心身ボロボロ 日曜は1日寝逃げ 八方ふさがりだった 月曜 ここだけの話し 事業所にいくのがいやになった 火曜 勇気出した トータルサポーターに救われた とおもったが 水曜 SST受講で調子を崩した SST受講、疎外感を感じた ロープレだからしかたないが マニュアル的でクールに感じた 上から目線のつもりはないが ぼくの感覚とは違うと感じた なんとなく違和感も感じた ギャップを感 [続きを読む]
  • 図太く厚かましくなる方法
  • あなた以外の人に対して寛大になることが重要だと思います。 他の人に対して十分寛大になった後に自分に対しても少し寛大になれば、あまり遠慮しなくても平気になれると思います。 現在は自分にだけ寛大で周囲の人には厳しい評価を下しているのだろうということです。 大きな逆説ですね。 [続きを読む]
  • 関係妄想を止める方法
  • 対処のコツ。 「自分には被害妄想の癖があるのだ」 「自分は関係妄想に陥りやすいのだ」のように、 「自分の思考の癖を常によく意識しておくこと」です。 これは「自らを客観視する」ということに言い換えられます。 そのような意識を高めておくことによって、 日常の中の場面で、ふと被害感を感じることがあったり、 ナンセンスな関係妄想を抱いてしまったときに、 「これは、本当は事実とは違うのかもしれない。 こう思 [続きを読む]
  • デイケア「あなた」は、新しい担当作業療法士の口ぐせだった
  • きょうは、デイケア すごく、緊張した 新しい担当作業療法士のかたに、曜日変更について、相談しなければなかったから 午後のプログラムを受けていて、気がついた 彼女が、だれにでも「あなた」と呼んでいることに 彼女の口ぐせなんだと、わかった 先週は、気がついていなかったのだ すこし、気が楽になり、もやもやのひとつがクリアになった プログラムが終わり、相談の旨伝え ミーティングの前に呼ばれ、相談 比較的、 [続きを読む]
  • 事業所、照合作業とSST(ロープレ)受講
  • きょうは、就労移行支援事業所 午前は、照合作業を行なった また、手も足も出なかった 事務職不可の烙印が押されてしまうのか そして、午後はSST(ロープレ)をはじめて受講 昼休み話してるかたが、ほとんどで 完全に部外者だ 内容も、マニュアル通りでクール なんだか、ギャップを感じた この事業所の、文化なのかもしれないと、おもった 時間の関係で、ロープレがまわってこなかった まわってこなくてよかったのか [続きを読む]
  • 三谷幸喜「清州会議」で、現状打破
  • 信長亡きあと、清須城を舞台に、歴史を動かす心理戦が始まった。猪突猛進な柴田勝家、用意周到な羽柴秀吉。情と利の間で揺れる、丹波長秀、池田恒興ら武将たち。愛憎を抱え、陰でじっと見守る、お市、寧、松姫ら女たち。キャスティング・ボートを握るのは誰なのか? 五日間の攻防を「現代語訳」で綴る、笑いとドラマに満ちた傑作時代小説。 すこし、「The Power of NOW」から離れたくなった さくや、家の隣にあ [続きを読む]
  • トータルサポーターに救われる
  • 安定していたので、カウンセリングに、あいだを開けていた だから、久しぶりだった 1番、相談したかったかただった いきなりの、一連の流れに、トータルサポーターのかたは、すこしびっくりされていた 親和的な、かつさん そして、悲しい気持ち、せつなさは、性格 でも、ショックを受けすぎでしょう もう、手紙はいいでしょう 事業所の人間関係については、軽い気持ちで、ここで合う人はいないなって、割り切る 恋愛、卒 [続きを読む]