reizan さん プロフィール

  •  
reizanさん: reizanのブログ
ハンドル名reizan さん
ブログタイトルreizanのブログ
ブログURLhttp://b-log-b-log.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文尺八師範と包丁研ぎを生業とする料理好き男性の日常。男の料理、レシピ等。毎日更新。
自由文尺八師範と包丁研ぎを生業とする料理好き男性の日常。男の料理、レシピ等。毎日更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 278日(平均7.5回/週) - 参加 2016/07/20 09:23

reizan さんのブログ記事

  • ガムの容器の違い
  • 誰かが買ってきたガムがそのままになっていたので噛んでみたら病み付きになってもう一つ買い足してしまいました。キシリトール配合というのがなんとなく歯に良さそうで買う気にさせられます。最近、どちらも残り少なくなったのでこの先どうするかが課題です。どちらも似たようなものですが容器の蓋に違いがあります。左のCloretsの方は蓋の中にもう一つ蓋があります。これは少量を衛生的に振りがすことができて便利です。ヨーグル [続きを読む]
  • 米の量を量る
  • 1月にいただいた10?のコシヒカリがようやく最後になりました。一合枡で量ったら2合と半端がでました。水の量を決めるためには全体の米の量がわからなければなりません。確か、枡を使うといろんな量がはかれるはずだったと思って思い起こしながらチャレンジしてみました。先ずは頂点を下にして斜めに傾けてみました。この頂点と左右の頂点の底の点を結ぶ面に一致すれば三角柱の3分の1ですから全体の6分の1合です。でも、その面を越 [続きを読む]
  • 「ヒヨコマメ」はハート形をしている
  • reizanが昔から知っていた豆類は、小豆と大豆とうずら豆と南京豆(ピーナツ)ぐらいでしたが、生涯大学校で料理を習ったことを切っ掛けに興味を持ちだして、名前と現物が一致するものが増えました。いんげん、スナップエンドウ、きぬさや、白花豆などはその類です。なかには名前すら知らなかったものもあります。ヒヨコマメやレンズマメがその類です。レシピ本を見ているとたまに材料欄に「ひよこ豆」というのが出てくるのですが、 [続きを読む]
  • リンガーハットは店によって味が違う
  • reizanの大好きなリンガーハットですが、店によって調理に微妙な差があるのが難点です。どれも美味しいのですが、どこで食べても同じ味になるともっと好きになると思います。ある店では、長崎ちゃんぽんのスープが生温かいぐらいで美味しさ半減でした。最近、安藤寛子さん作曲の「智恵子の手紙」を聴きに行ったとき、会場のムーブ町屋ムーブホールが入っている商業ビルの地階にリンガーハットの店がありました。これはラッキーと思 [続きを読む]
  • 部活で学校を探す
  • 「梁塵秘抄(りょうじんひしょう)」という平安時代の歌本(歌詞集)のなかで一番有名なのは次の歌だと思います。『遊びをせんとて生まれけむ 戯れせんとや生まれけん 遊ぶ子供の声聞けば 我が身さえこそ動がるれ』この歌を知ったのは、若いころレクリエーションの勉強をしていたときです。人間の本質は遊びだ言いきっているところに潔さを感じます。まじめに頑張らないといけない時もこの歌が頭の中で悪魔のささやきのように響 [続きを読む]
  • 百人一首が合唱曲に
  • 荒川区町屋のムーブ町屋で安藤寛子(あんひろ)さん作曲の「智恵子の手紙」聴いた翌日も、あんひろさんの曲を聴きに東京の築地まで出かけました。混声合唱団LOCUS(ロクス)さんの第20回定期演奏会です。築地といえば築地市場の移転問題でなにかとかまびすしい地ですが、件の市場は休業日でシャッターが下りていました。演奏会の会場は浜離宮朝日ホールです。朝日新聞社の社屋内を通り抜けたところに入口がありました。《開演 [続きを読む]
  • 「智恵子の手紙」再演
  • 安藤寛子(通称あんひろ)さんが作曲された「智恵子の手紙」が再演されるというので、荒川区町屋のムーブ町屋ムーブホールまで聴きに行きました。荒川区というのは山の手に対する下町ですから町屋に下町の風情を期待したのですが、東京メトロ千代田線と京成本線と都電荒川線が交差する交通の要衝でビルが立ち並び、reizanの住むまちに比べたらはるかに都会でした。町屋駅を出てスマホで地図検索したらすぐ近くです。ところがなかな [続きを読む]
  • 消費税率26%
  • 駅のコンコースにある本屋さんで文具を買ったときのことです。350円と300円のがあって高い方は色づかいが派手で好みではなかったので300円の方を買うことにしました。レジで商品と千円札を出しましたところ、お釣りが622円でした。レシートを見ると文具378円の文字・数字がありました。300円のものを買って378円てどういう理屈だろう。消費税率が26%にもなります。高福祉国並みです。若しかしたら350円を300円と見間違えたかもしれ [続きを読む]
  • 音響係
  • 所属する老人クラブの総会の時、知らないうちに音響係に指名されていました。多分、月例会で映写会をした時に音声ケーブルの長さが足りずボツになりそうだったとき、reizanが自宅に取って返して10mのケーブルを持参して事なきを得た時からreizanは音響機器に詳しいと思われたのかもしれません。総会後の演芸会でカラオケをするのですが、レーザーディスクプレーヤーの音声出力がアンプのチューナー入力端子につないであったり、カ [続きを読む]
  • 老人クラブの総会と演芸会
  • 所属する地域の老人クラブ定期総会に参加しました。議事は、前年度の事業報告・決算報告、今年度の事業計画・予算と役員改選がありまして、reizanは昨年度に引き続き幹事のひとりとして参画することになりました。会長さんは前任の方が81歳になられたので勇退され、後任は70歳の方になりました。この方はスポーツマンタイプで夏休みのラジオ体操会の指導だけでなく、毎日ラジオ体操会を主宰されています。reizanも誘われているので [続きを読む]
  • 生涯未婚率
  • 最近、Yahooニュースに目を引く記事がありました。生涯未婚率に関する記事です。原文を少し引用してみます。(朝日新聞デジタルより)『50歳まで一度も結婚したことがない人が2015年に男性で4人に1人、女性で7人に1人いたことが、国立社会保障・人口問題研究所の調査で分かった。こうした人の割合を示す「生涯未婚率」は、10年の前回調査から男女とも3ポイント以上増えて過去最高を更新した。』reizanが気になったの [続きを読む]
  • 省資源
  • reizanに合う枕が市販されていないためバスタオルを折り重ねた自家製の枕を使っていますが、タオル生地に髪の毛が絡んで抜けるのが心配です。使っているバスタオルは、ループ状のパイル地の輪っかの先端を切り落としたシャーリング地ですから引っ掛かりにくいだろうとは思うのですが、髪の毛が細くなってボリウム感が減っているので少しでも抜けるのは避けたいところです。それに、頻繁に洗濯するとふんわり感が減ってきますから、 [続きを読む]
  • レシピのことば
  • 料理の勉強をするようになったときレシピ特有のことばに戸惑ったものです。だから気にかけていたらBOOKOFFで良い本を見つけて今でも活用しています。それはオレンジページの付録です。2005年の発行ですから今から12年ぐらい前のものです。でも、こういうのって10年、20年のスパンで見てもほとんど変わらないから本当に役立ちます。(掲載されている言葉は下記します。)ところがこれに載っていない言葉で、reizanが意味を取り違え [続きを読む]
  • ステーキを焼いてみました
  • スーパーで、安くて手ごろなサイズの外国産牛肉が目についたので買ってみました。ステーキ用と書かれていて厚さが3?ぐらいあります。サイズが小さいので重さは200gちょっとでした。今までいろんな料理にチャレンジしてきましたがステーキを焼くのは初めてです。COOKPADのお世話になりながらなんとか焼き上げました。もやしを切らしていましたので、付け合せは玉ねぎとニンジンを炒めたものと茹でたブロッコリーにしました。炒め物 [続きを読む]
  • とちの実かりんと
  • 新聞の折込チラシに興味深い商品の写真がありました。「栃の実かりんとう」というそうです。reizanの好きな「かりんと」に似ています。広島の村上製菓のかりんとを取り寄せたことがありましたが、子どもの頃に食べたのとは味がちょっと違っていました。だからチラシの商品に興味があります。ただ、値段が高いのが気になります。村上製菓のかりんとに比べたら倍ぐらいのイメージです。ネットで安く買えないかと探してみたらこんな [続きを読む]
  • 三曲協会の総会
  • 地元の三曲協会の総会に出席しました。reizanは監事を仰せつかっているので総会のなかで監査報告をしなければなりません。滑舌が悪いとそれだけで報告の信ぴょう性を疑われますから緊張します。威厳をもって絶対正義のような態度で、「帳簿、預金通帳及び関係証憑を厳正に監査したところ、正確に処理されていることを確認しました。」と報告しなければなりません。結果は何とかうまくいきました。総会のあとは恒例の懇親会です。小 [続きを読む]
  • これには騙されそうになりました
  • メールが来ていないかと思ってOutlookを開いたら佐川急便からのメールが着いていました。ネット注文をしてから数時間後だったので、その連絡だろうと思ってしまいました。《画像 で拡大、← で戻る》伝票番号で荷物の動きを検索しようと思ったのですが、ふと、添付ファイルがあることに気づきました。拡張子が「.zip」という絶対に開いてはいけない迷惑メールのファイルです。いつもは迷惑メールだとすぐにわかるの [続きを読む]
  • 季節はずれの銀杏
  • 家人がお土産に銀杏を買って帰りました。銀杏の旬は秋ですから季節はずれもいいところです。店に一袋だけ残っていたらしいです。いつもは大きめの封筒に入れて電子レンジでチンするのですが、今回は勉強のためフライパンにガラス蓋をして煎ってみました。弱火で30分。時々フライパンを揺すりながらの根気のいる作業でした。終わりごろには銀杏のいい香りが漂ってきました。電子レンジではいつも殻が爆発していますからおっかなびっ [続きを読む]
  • ブルース・ブラザース
  • 「ブルース・ブラザース」という映画が日本で公開されたのは1981年(reizanが33歳のとき)でしたが、その時は知らずに見過ごしてしまって、その後、テレビで放送されたのを見たのが初めてで、さらにVHSのビデオテープも買ってしまいました。アメリカのコメディー映画らしいハチャメチャぶりが楽しいだけでなく、音楽の演奏シーンは感涙もので、気に入って何度も観ました。地デジが登場するまではビデオテープでも良かったのです [続きを読む]
  • 鈍感な耳
  • 昨秋の三曲演奏会でのことですが、山田流の絃方の先生の提曲された「静」(しずか)を尺八で助演させていただくことになっておりました。公刊譜が出ているものは曲名ぐらいは聞けば大概わかるのですが、「静」という曲名には記憶がありませんでした。手持ちの音譜リストを調べて、都山流尺八楽会のサイトも検索してみたのですがありませんでした。そのうちに、山田流の「静」は生田流の「雪の花」と同じ曲だということがわかりまし [続きを読む]
  • 時間の無駄遣い
  • reizanは今年の元旦に古希を迎えました。これから先、残された時間を計算してみると、10年生きたとして3,650日+2日(閏年)=3,652日20年生きたとして7,300日+5日(閏年)=7,305日90歳まで生きたとしても1万日をはるかに下回っています。だから時間を無駄にできないのですが、大切な時間を無駄にする失敗をしてしまいました。それはパソコンで作譜をするときにやってしまいました。(作譜とは譜面を起こすことで、曲を作る作曲 [続きを読む]
  • BS11が消えた
  • テレビのインタビュー番組を視ていたら、脚本家の橋田寿賀子さんが毎朝一番に新聞のラジオ・テレビ欄をご覧になると仰っているのを聞いて我が意を得たりと思いました。reizanの日課も新聞のラ・テ欄をチェックすることから始まります。ただ違っていたのは、橋田さんの場合は脚本家としての興味からドラマ情報をチェックされているそうですが、reizanの場合はよろず面白そうな番組はないかと無節操に探していることです。新聞記事の [続きを読む]
  • この本が消えた
  • reizanが所属している都山流には「都山流尺八 音譜解説」という本がありまして、尺八吹奏の基本はこれをテキストとして師匠から習います。また、「都山流尺八楽 楽理の手引」で邦楽の理論も学べるようになっています。こうやって師匠について学ぶ人は良いのですが、なかには師匠が近くにいないとか師匠につきたくないという理由で独学される方がいらっしゃいます。そういう方たちのために作られているのが書店や楽器店で市販され [続きを読む]
  • クリックしても良いの?
  • インターネットは便利ですが怖いところもあります。世界中と繋がっていますから画面上にいろんなバナーが表示されます。ほとんどは見ただけで興味の対象外とわかるので無視しますが、なかには対応に迷うものもあります。以前の例だと、「パソコンをスピードアップしました」という文言とともに を要求するものがありました。「しました」というのは過去形です。Microsoftが更新プログラムをインストールしてくれたのだろう [続きを読む]
  • 古曲の解明
  • 三曲で古曲という場合、古代史のような長いスパンで考えることはしません。一番古いころといっても、「六段の調」で有名な八橋検校のころですから江戸時代の初めごろです。(でも、大バッハが活躍したころよりも50年以上前ですからそれなりの歴史はあります。)7月に行われる三曲合奏研修会の課題曲5曲のうちに古曲が3曲も入っています。「舟の夢」、「今小町」、「七小町」の3曲です。曲を知っている人だったらぞっとするぐらいの [続きを読む]