jusandanme さん プロフィール

  •  
jusandanmeさん: これからだぞ 新世代ドラゴンズ
ハンドル名jusandanme さん
ブログタイトルこれからだぞ 新世代ドラゴンズ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/jusandanme/
サイト紹介文ブログ復活しました 名前変えましたけど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 63日(平均2.2回/週) - 参加 2016/07/21 07:37

jusandanme さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 周平にこだわらなかったことが正しかったかな
  • しぶい男がサードを守った復帰後の周平はせっかく身に付けた打法を忘れてしまった、というか手への衝撃を考えてバットを去年のものに戻したから当たり前か、、、、というような状態でして、試合に出す意味を全く感じてませんでした。ジョイナス監督がぼやいていた「あっちむいてほい」打法ですからね。もうひとつ、周平を使うことの難しさは、サードしか守れないことだと思います。彼をショートに挑戦させた年の秋季キャンプでの紅 [続きを読む]
  • 地方から東京大学に受かる人がどんどん減るはずなのに
  • 東京大学を例に出して申し訳ないですが東京大学合格者の出身校などを見ていて、いつも不思議に思うことがあります。現実的な問題として東京大学を出た方のかなりの方は東京付近(その他一部の大都市)に住んでいるはずだと思います。つまり東京大学出身者の居住地は関東がほぼ独占しているはずです。一時的な転勤とか別として最初から(本社が大阪や名古屋などにある場合は別として)東京に本社機能のある会社勤めか官僚(弁護士は [続きを読む]
  • ジュンキに差し上げた試合
  • と思うしかないかなと妙に冷静ですジュンキはまだ大変身まもない状態ですので、来年にしっかりやってくれれば十分だと思います。いつになったら一線に来るんだよと、ずっと思ってきましたが、例の「膝カックン」はとりあえず解消しましたので、カーブに変わる武器が必要なんだろうと思います。あの程度の体の使い方で角度のあるストレートが行くんですから、もっと高めを上手く使うといいのかなとも思いますが、これだけは個性があ [続きを読む]
  • 「悲しいことがありましたね」とビシエドに
  • ヒロインの中でアナウンサーが振ったところ、場内がざわざわ「なんかあったのか?」そして、監督休養のことだと知ると場内がなんか微妙な空気に、、、、これは現地観戦していたカミサンと娘の感想です(あくまでも個人の感想です)。私はシーズン途中の事実上の解任は(しかも佐伯コーチとセットでの)、手で言えば「悪い手」だと思います。非常に印象が悪いし、、、、、中スポは落合GM責任論を展開しまくってますが、、、、、無 [続きを読む]
  • 又吉が悪いというわけでもなく
  • 今更ですが、なぜ又吉にあんなに期待をかけたのだろうかと又吉が侍ジャパンに選出され、2年目のキャンプで鹿取さんが取材に来た時、鹿取さんの又吉に対するイメージは「ボールが真ん中から両方に散る」という感じで評価しているようでした。確かに、ボールも速いですし、1年目の実績は抜群でしたので、独立リーグ出身者でここまで出世するなんて凄いなあと思って見てましたが、やはり「ん?シンカー系のボールは全く印象にないけ [続きを読む]
  • 周平は去年に逆戻りか(;一_一)
  • 二軍戦での中スポの写真を見てむむむむむ、と不安を感じていた周平のスイング。入団以来のグリップが早く出過ぎるスイング、体重移動に変わってしまってますね。バットも衝撃を和らげるために去年のタイプに変えたそうな。手への衝撃を和らげるため。今年は、せっかくバットも変え、スイングのイメージも変え、こりゃ覚醒やなと思った矢先に骨折か。だったら、無理せずに今シーズンは治療に専念したほうがいいと思うのだけど、本人 [続きを読む]
  • 配球を読まれてるのかな〜
  • 吉見がそんなに悪いとは思えなかったけどなんだか、いいコースを打たれる場面が目立ちました。外の出し入れ、低めに投げる、、、、谷繁「捕手」が言ってましたけど、吉見は「コントロールがいいから狙いを定められやすい」という面が出てしまったのでしょうか。球威が落ちたという面もあるでしょうが、球威が落ちたからこそインコースを切れ込むボールをどんどん使っていかないといけないのかもしれません。松井のリード云々は議論 [続きを読む]
  • ジュンキの覚醒かどうかは未だ分からない
  • ジュンキは課題の一つをクリアした私が旧ブログの中でジュンキの問題点として考えていたのは、踏み込んだ左足の膝がカックンすることで、どうしてもコントロールが乱れるという点でした。今日のジュンキを見るに、踏み込みを浅くして投げていました。つまり、踏み込むけど膝はまっすぐのまま突っ張って投げる(浅尾風)わけでもなく、踏みこんで膝をしっかり曲げて投げる(吉見風)でもない、彼独特の投げ方になってました。結果と [続きを読む]
  • 何はともあれ勝ったのは喜びたい
  • 最終的な順位は全くわかりませんが、とにかく勝たないと選手も無理なところに力が入ったり、モチベーションが余りに上がらなかったり、なんやかやで困ったことがどんどん増えていきます。なので、勝ったことは素直に嬉しいものです。でも、さあ、これから夏本番だぞ!という季節に順位表を見たくないなんて、、、、、正直、今シーズンはないだろうと思ってました。投手もそこそこ揃ってくるだろうし、「優勝争い」とファンが思える [続きを読む]
  • この状況で集中力を切らさないことが大事なんだけど
  • う〜ん、野手の集中力がどうも落ちてるように思える平田がファンによるビジエドに対する人種差別的発言にキレたようですが、これも試合の中に入りきれてない結果かと思います。もちろん、平田の行為は色々な評価があると思いますが、試合に入りきれてないことがファンにも伝わった可能性もあります。個人的には、いくらお金を払って球場に行ってるからと言って、いや球場に行ってるからこそ、ファンも言葉には気をつけてほしいです [続きを読む]
  • 今シーズンを象徴する試合
  • あまり試合の寸評はしないんですが若松の体のキレのなさ、というか、もっとしっかり踏みこんで腰を落として投げていた去年と違い、今年はやや手投げ、投げ上げる感じが出るため、どうしてもコントロールが定まらない。痩せろ!といってるのではなく、人間として当然ある体の成長に対して自分の体の動きを調整することができない状態なんだろうと思います。女子のフィギュアスケーターが驚くほど若い年齢で競技人生を終えるのは、女 [続きを読む]
  • まずはアスリートになろう
  • 小笠原はまだランニングすらプロの平均レベルにないそれが現状です。下半身を高校時代から徹底的に鍛えてますので、そこは大丈夫ですが、ランニング不足からくる肩のインナーマッスルの未発達が考えられます。言うまでもないですが、肩のインナーマッスルがまだ不十分だとすると、怪我の恐れがあります、あと、最近の彼はフォームが乱れているといいますか、ちょっと「恰好悪く」なってます。美しくないです。ちょっと驚いてしまい [続きを読む]
  • ビシエドは真面目すぎるかも
  • 以前、森野の一言で腹がたったことがありました森野が大不振のときに、「あす以降はどうでしょうか」という問いに「打てる球がくるかどうかでしょう」と答えました。当時の私は、「なんという他人事のような発言だ!」と腹が立ちました。でも、打てない球はカットするか見送るかしかないのだと、だんだん分かってきました。そうしないと全体としての自分のパフォーマンスが落ちるのだと思います。かのブーマーなどは凡退して帰って [続きを読む]
  • 福谷はまだまだだなあ
  • 最近はかなりマシになってくれましたが同じストレートでも腕の振り方にばらつきがありますね。テレビ画面(センター方向)から見ていてボールが手から離れた瞬間、手の平の右側からボールが出てくる感じのボールは伸びのあるストレート、手の平そのものから出てくる感じのボールは引っかかった感じの力のないスライドボール。スライドするボールについて、キャンプ時には「これも僕のストレートです」と記者には答えていたそうです [続きを読む]
  • あぜん采配
  • 谷繁+佐伯体制か佐伯二軍監督はぶっちぎりの最下位。2年連続でBクラスの一軍監督の谷繁監督。この二人が何を相談してるのか開幕も唖然だったですが、今日も唖然な采配で、、、、疲れているのはナオミチではなくビ・シ・エ・ドです。あとエルちゃんはショートやらせると、慣れているせいか「雑味」が混じります。これファンでも知ってることですよねやっちまいましたね、ナオミチはずしのナオミチの代理が試合を壊す。これが怖い [続きを読む]
  • 遠藤に何を求めてるのか
  • こういうと遠藤ファンには申し訳ないですが遠藤はもういい年です。今さら守備が上手くなるか?と言われたら、無理でしょう。スローイングが不安定というのは致命的です。バッティングだって、二軍レベルと言わざるを得ません。そもそもセンスがあるなら高校もしくは大学を出るときにドラフトにかかるものだと思います。大島のような例外はありますが、やはり彼は社会人チームの監督からもプロ入りを大反対された(愛情からだと思い [続きを読む]
  • 浅尾再生作戦
  • 妄想です浅尾は球速よりもキレを意識してます。肩の故障が怖くて腕が振れないという心理的な壁もあると思いますが、ここはひとつ、上原投げはどうでしょうか。上原は前足の着地をつま先付近でして、前足で地面をひっかくようにして投げます。これが彼のボールにきれを与えています。決して肩・肘の力で出るキレじゃないと思います。浅尾はどうかというと、かかと着地で前足を突っ張って、その勢いで腕を振るという体に負担の大きい [続きを読む]
  • 若松はがんばってるけど
  • 去年と決定的に違うこと顔が丸っとしてること。つまり太ったということ。昨年はアゴのラインにしっかりと切れがありました。しかし、今年の彼はふっくら気味です。1年の疲れをとりながらもコンディションを維持するという経験は初めてでしたからね。いたしかたなしです。体が成長する時期ですので体全体が大きくなるのはいいことですが、ちょっと体にきれを感じませんし、体重が増えた分。前足を踏み込むときに深く腰が沈んでませ [続きを読む]
  • 谷繁監督は思うこととやってることが違うんだろう
  • 谷繁監督が口でどういっているかは別として私は、監督がやたらと足の速い選手を使いたがる傾向にあった一昨年・昨年を見て、「機動力野球がしたいの?」と批判しました。といいますか、理解不能でした。「守り勝つ野球」を標榜しておきながら、守備は二の次。おいおい、結局は「足をつかった勢いのある野球ができるといいなあ」と思ってるだけかい。そして余りに勝負勘のないところを見せつけられて、、、、名古屋弁いいますと、「 [続きを読む]
  • ブログを再開します(別名称で)
  • 相変わらず、勝負勘のない監督オーナーにもっと紳士たれと恥ずかしい評価をうけた谷繁監督ヤンキー気質の監督は今の選手にはうけないよそれに、あいも変わらず勝負勘がないねなんで、あんなに早く守備固めをするかなナニータは体がまだ完全でないにせよ、、、あほかいな今日の勝ちは偶然の勝ち にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去の記事 …