jusandanme さん プロフィール

  •  
jusandanmeさん: 原点回帰をひたすらに祈る
ハンドル名jusandanme さん
ブログタイトル原点回帰をひたすらに祈る
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/jusandanme/
サイト紹介文堂上直倫のプレーが見たいです 優勝を目指さない監督はダメだと思います 以上です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2016/07/21 07:37

jusandanme さんのブログ記事

  • 試合があるのを忘れていた、、、、
  • ブログ開設以来、初めてですご存じの方もおられると思いますが、このブロクはもともと「るん♪るん♪セサルン♪」という余りにもブーイングの多いセサルを冗談ではなく応援するブログでした。ブログ開設して数日?の後にセサルはスタメンを外れ、ブログ仲間の方からは「デス・ブログ」との異名をいただいたものでした。セサルのエラーに始まり、セサルのサヨナラヒットで終わるジェットコースターに乗ったような試合もありましたし [続きを読む]
  • いったいオーナー報告って何を言われるんだろう
  • ホントのところは表に出ないので昨シーズン、交流戦でちょいと負け越したあと、オールスターまで何だがチームの調子が盛り上がらず、そのままオールスターブレイクへ(=オーナ報告)。「谷繁(監督)はもともとモノ覚えの速い方ではなかったから、今年(=3年目)は後半戦何とか持ち直すと思う」とカミサンには言ってました。ところが、嘘のような失速で、、、、、まさかの事実上の解任、、、、、谷繁監督も自分の思い描いたよう [続きを読む]
  • 何が残るシーズンなのか
  • 経験って糧になるとは限らない「何でも経験」とよくいいますが、経験さえ積めば何とかなるほどプロ野球の仕事は甘くないと思います。逆にいえば「使ってやってるんだから成長するに違いない」と思っているフシのある首脳陣もおかしいと思います。中スポや実況・解説を読んだり、聞いたりしていても、ルーキー・ドラ1キャンペーン対象選手については、「赤ちゃんが立った」ことで興奮するような、ちょいと盲目的な喜びようです。も [続きを読む]
  • 柳はいい投手
  • だとは思いますが、脱水症状で前腕がつる?おいおいどういう体調管理してんだ?ここは一軍の舞台だぞ、、、、今の首脳陣はお優しいけど、普通はペナルティものだぞ?せっかくマツダのマウンドが合っているみたいで調子もよかったのに、腕がつるとは。10年ほど前、巨人の鈴木尚広がスタメンで出場した試合でふくらはぎがつって途中退場したとき、解説も原監督も「自己管理が悪い」とばっさりでした。ゲートボールに炎天下で興じる [続きを読む]
  • 気がついたらゲレーロがHRキングを独走
  • マツダで勝ったことは「嬉しい!!!」ってことでソロばかりじゃないか、チャンスに弱いのだな、、、、、という見方をすることもできるでしょうが、私は「独走」という部分に注目したいと思います。中スポまで「ソロソロ」と書いてあるのは情けないですけど、何の意図でしょうか。他のHRキング候補が飛距離を落としてきた中、ゲレーロは苦手なはずの高めまでHRにしてしまう迫力です。正直な話、昨年一年間野球をやってない選手 [続きを読む]
  • どうして筒香は右打ちのスラッガーじゃないの?
  • 松井秀喜についても同じ疑問がありました。利き目の問題なのかな?少年野球時代に一塁に近いからっていう理由で左打ちにされたか、親が口出ししたか?謎でした。ところが先日、テレビで知りました。「右打ちだと右手が痛くなる」そうです。おそろしや〜。それだけパワーが凄いんですね。正しく言えば、体のパワーに手のひらの骨格がついていかない、、、、日本人の弱点なのかもしれません。周平についてもどうして左打ちなん?と思 [続きを読む]
  • 二塁走者を返せない打者を並べても
  • 細かい数字は載せませんが京田・亀澤・大島の並びでワクワクするのも、自由です。でも現実は彼らは2塁走者をホームに返す打撃をするタイプではありません(数字から明らかです)。得点圏打率が高い大島ですらそうです。ヒットをどんな形でも打って塁にランナーがいるだけで恍惚感を感じるのも自由です。でも現実には得点は入りません。セリーグ最下位の得点ですね。大島を3番に置けたのは京田のおかげ、、、、、、情けないことに [続きを読む]
  • 吉見は練習していたんだな、2軍の試合で
  • 2軍で捉えられまくっていたはずなのに2軍戦で右打者の外角にスライダーを連投しては打たれる、そんな場面が目に焼き付いていたのですが、あれは練習していたんだなと思いました。長野にとらえられはしましたが、巨人打線には通用していたように思います。シュートも上手く使えてましたし、後半戦は一軍にいてもらいたいものです。途中降板の仕方が心配にはなりましたが、脚の裏を近藤さんが指さしてましたので、脚の裏の筋肉がつ [続きを読む]
  • 中部圏の仕事なんかいらん解説者
  • 率直に語ってくれますまずは、ヘッスラを否定してくれる解説者じゃないと信頼できません。亀澤はヘッスラしたほうが試合に上手く入っていけると言ってますが、身体のことを考えたらすべきではないことくらい明らかです。先日、福本さんが亀澤のヘッスラを見て「ん〜、、、、」と言葉を濁してました。実況アナが福本さんの内心を代弁してました。亀澤自身が「一瞬でもいいから光っていたい」と割り切っているとしても、チームのこと [続きを読む]
  • 「投げ方を忘れた」投手を一軍に上げるのが無理
  • 腕の振りが変わって戸惑っているというのに柳は大卒ドラ1だから止む無しかもしれませんが、手術明けで本人が投げ方を忘れたと言っているような状態でどうして一軍に上げるのか?と不思議でした。変化球の感覚が変わったとハッキリ言ってますし、二軍でも1試合そこそこまともに投げただけで、その前の試合は「小笠原ってこんな下手な投げ方だったかな?」というくらいバラバラなフォームでした。手術あけの高卒2年目を春の段階で [続きを読む]
  • 落ち着け、森監督
  • とりあえずトレード話は出すな控えの選手に危機感を持たせるつもりで言っているんでしょうか?開幕前のトレード話暴露に続き、後半戦突入直前もまたトレード話を生放送で持ちだす、、、、、「監督として色々考えている」という意味でいったのかもしれません。意図・内心は不明です。開幕前のトレード話のときは、「ファンのことを考えると出せない」というフォローがついてましたので、若狭アナなどは「森監督はファンのことを愛し [続きを読む]
  • 球数制限的な運用のほうがいいのではないか
  • 野手と違って消耗品的な扱いがされやすいので最近は、本当に若い野手がガンガン体を大きくするのが流行してますので、個人的には「今を生きる」のはいいけど、「1年でも長く現役をやる」という視点も大事じゃないの?と声をかけたくなる野手も多いですが、投手の場合、そもそも監督・コーチに「ぶっ壊される」ことが多いポジションですので、本当に大事に選手を扱ってくれる投手コーチが望ましいです。森監督が「行けるか?」と聞 [続きを読む]
  • ガッツ監督の采配
  • 二軍戦を見ていても分かりません昨シーズンはソフトバンクとの死闘を演じ、今シーズンは序盤は「去年はまぐれだったのね」と言われかねない黒星を重ねながら、気がついたら首位も狙える位置にいます。「ガッツ軍は強い」と思うのですが、ガッツ監督の采配は「見えない」という意味で謎です。特別変わったことをしているとは思えない、気づけないのです。ガッツ監督のことを巨人時代から大好きな私としましては、もっと知りたいので [続きを読む]
  • 前半戦借金7の評価
  • よくわからない開幕2カードのつまづきからできた借金5から2つしか増えておらず、開幕2カード以外はほぼ五分の星です。暦年比較して見ますと  2015年前半戦終了時:借金8  2016年前半戦終了時:借金6  2017年前半戦終了時:借金72016年は交流戦の借金が4であったことからリーグ戦では前半戦ほぼ五分の星であり、成績だけ見れば甲乙つけがたしといったところでしょか。昨シーズンの前半戦終了後のオー [続きを読む]
  • 走塁改革で得点は増えず&守り緩める野球で失点が増える
  • 結局何がしたかったのか守り勝つ野球をベンチで見守る辛さに耐えられない点ではジョイナス監督、谷繁監督、森監督は同じレベルだと思います。もう1点あれば楽(自分が)という発想で、守備より足を重視する、守備より打率を重視する、、、、、さらに「俺が育てた枠」を欲しがる点でも同じレベルでしょう。周平を1年目からガンガン使おうと試みたり(本人は心が折れてる)、平田4番固定と打ちだしてみたり、京田固定と宣言してみ [続きを読む]
  • 「ベンチの雰囲気はずっといい」
  • そもそもジョーダンが先発である理由が分からない鈴木翔太が普通に投げればいいものをジョーダンに投げさせる理由が分かりません。いい投手と投げ合うことで成長するきっかけにもなろうものを、わざわざジョーダンにするには目先の勝ち星が欲しくてヨダレでも垂らしたのでしょうか。DeNAに勝ち越せるとでも思っていたのを負け越したから、経験値の高いジョーダンとバルデスで何とか1勝してほしいという腹づもりだったのでしょ [続きを読む]
  • Aクラス 夢まぼろしのごとくなり
  • ナゴドで勝てるようになってきたので油断していた小笠原と柳がもう少し踏ん張ってくれる前提で考えていましたが、ちょっと目算が外れた感じがありまして、DeNAに歯が立つ見込みが薄くなってきました。吉見も二軍戦で見る限り、上位チームに通用する気配はないですし、若松の方がむしろいいくらいです。気がつけば得点はリーグ最下位に落ちてますし、、、、、先日「得点力があがった 走塁改革が実を結びつつある」という記事を [続きを読む]
  • 福谷に必要なもの
  • 「出会い」だと思います彼が打たれるようになってからの取材などで漏れ伝わってくる言葉などを総括しますと、「誰にも何も言われたくない」という頑なな印象を受けます。●記者「ストレートが少しスライドするようですが、、、」 → 福谷「それも僕のストレートです」(2016キャンプ中)※シーズンに入り、そのスライド気味のストレートを簡単に打ち返される●OB「ちゃんとしたストレートを投げればいいだろ」 → 福谷「 [続きを読む]
  • 今更言われてもねぇ 遅いんだよ
  • 軍師様、卑怯ですねキャンプのときからずっと「うちは一番下なんであとは上がるだけ」「ひとつでも上に」というニュアンスの目標しか掲げなかった軍師様が、今になって「目標はAクラス」と言い出し、カメラの回っていないところで「優勝」を口にしたそうな、、、、、そういうリーダーは大嫌いです。優勝を目指さないチームで選手は育成できないと私はずっと思っています。毎年毎年、前年比●●%増という目標を課されて、ヒイヒイ [続きを読む]
  • 週末の3万人超えの試合
  • なのに石岡を試す昨日は石岡がプロ入り初スタメンで期待された方も多いでしょうし、本人にも大きな財産になったでしょう。私も結果は期待しないながらも試合の楽しみのひとつでした。しかもAクラス入りを視野に入れた大切な試合でした。こういう厳しい試合の中で試合に出て初めて財産になるのだと思います。彼が打てなかったとか、守備がいまいちだったとか、彼の将来を考えれば関係ないといってもいいレベルの話です、、、、、、 [続きを読む]
  • 今日の試合はコメントしません&当ブログのスタンス確認
  • 改めて当ブログのスタンスを確認させていただきますおかげさまで大変多くの方々にご愛顧いただいておりますが、きれいごとを言わない、言えないことが私の性格です。言いたいことは言います。私は京田フェスティバルに参加していません。私は彼について打撃については意外な対応力があると4月の時点で言ってきました。でも、守備や走塁のセンスはなく、ボーンヘッドは治らないと見ていますので、彼がいくら打ったとしても、どこを [続きを読む]
  • 大野の出来だけが気がかりだった
  • 大野がよかったからよいものの大野が勝てない日が続いたのには技術的原因があり、その原因は「修正中」であると知ってから、大野の投球は勝負以上に冷や冷やして見ているのですが、今日の投球からしますと、かなり修正は進んでいるのかなと感じました。ツーシームに「逃げる」というニュアンスで語られていたものが、ツーシームを「操る」という方向に変わりつつあるような印象を受けました。嘘を書いてもしょうがないですので、正 [続きを読む]
  • 周平くらいがドンドン出てきてくれないと、、、と言うけど
  • 本当にそうか?と思います周平にも色々な事情があると思います。何をおいても昨年バットを重くして(多分、重くし過ぎて)ブレイクできるかな?ってところで骨折をして打撃を一から考え直さないといけない状態にある現在、数年は様子見の時期が続くように思います。二軍戦で森野と周平のバッティングを同時に見ましたが、森野のスムーズさに比べると周平はまだ、「あれをしてから、これをして、でもってこう打つ」という何かまとめ [続きを読む]
  • ボールがフラフラっと上がる?
  • 統一球を作る工場とか材料でも変わったかな?今シーズンに入って最初は何とも思わなかったのですが、バットの芯を外したボールがフラフラっと伸びる感じがします。ヤクルトの外野陣は論外としても、他チームの普通の外野手が目測を誤る場面を多く見る気がします。昨日の福田のタイムリーもいずれにしてもヒットになったでしょうが、内野と外野の間に落ちる感じと思ったら打球が伸びました。もう忘れたい広島戦で磯村が打った打球が [続きを読む]
  • 完封のチャンスはそうそうないから、、、、、っていっても
  • 短距離走を走った後のように肩が上がっている状態で投げさすか?先日の小笠原といい、昨日の鈴木といい、完封狙いで最終回のマウンドに行かせています。私も完封劇は見たいですけれど、落ち着いて考えますと、9回で心拍数が尋常でない状態なのに、投げさせるか?と、それで結果的に完封できたとして、「再現性」はあるか?と疑問を感じ始めました。とくに小笠原と鈴木は投球術も含めて体力不足です。よく言いますね、「試合で投げ [続きを読む]