オクー さん プロフィール

  •  
オクーさん: また、本の話をしてる
ハンドル名オクー さん
ブログタイトルまた、本の話をしてる
ブログURLhttp://okuubook.hatenadiary.jp/
サイト紹介文おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2016/07/23 13:53

オクー さんのブログ記事

  • 【書評】村田沙耶香「殺人出産」-クレイジー紗耶香、全開!
  • 殺人出産 (講談社文庫)posted with ヨメレバ村田 沙耶香 講談社 2016-08-11AmazonKindle楽天ブックス そうか、そうか、これがクレイジー紗耶香か。村田の作品は「しろいろの街の、その骨の体温を」「消滅世界」、そして「コンビニ人間」を読んでいる。作家仲間からクレイジーと呼ばれているのは知っていたが、この3作は、少しその気配はあるものの、クレイジーというほどではない。でも、これはねぇ。中編の表題作と短編の「ト [続きを読む]
  • 【書評】北村薫「八月の六日間」-アラフォー女子を山が救う!
  • 八月の六日間 (角川文庫)posted with ヨメレバ北村 薫 KADOKAWA/角川書店 2016-06-18Amazon楽天ブックス 北村薫の文体は独特だ。時々、知が勝ちすぎる物語もあるので、当然読者を選ぶ。そんな彼が山登りの小説を書いた。へぇ〜どんな感じだろうと思って読んでみると、北村薫はやっぱり北村薫だった。 しかし、誤解があった。山登り小説だと思っていたけれど、そうではなかった。確かにこれを読んで山に登りたいと思う人は多い [続きを読む]
  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.8/2週)
  •  出た本。俵万智の5つ目の歌集「オレがマリオ」が文庫になりました。東日本大震災後に仙台から息子と共に石垣島に移住した俵さん。収録されている幾つかの歌を読んで気になっていました。紹介文から引用してみますね。これは買おうかなぁ。「電信柱抜けそうなほど揺れていた」震度7とはそういうことか空腹を訴える子と手をつなぐ百円あれどおにぎりあらず子を連れて西へ西へと逃げてゆく愚かな母と言うならば言え醬油さし買お [続きを読む]
  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.8/1週)
  •  さて、出た本。というか文庫化が2つ。沢木耕太郎「波の音が消えるまで」第1部:風浪編、第2部「雷鳴編」、第3部「銀河編」3冊まとめて出ました。マカオでバカラの深みにハマった若者たちの物語。沢木耕太郎の書いたものはノンフィクションでも小説でもいつも気になる。波の音が消えるまで 第1部: 風浪編 (新潮文庫 さ 7-23)posted with ヨメレバ沢木 耕太郎 新潮社 2017-07-28Amazon楽天ブックス波の音が消えるまで 第2 [続きを読む]
  • 【本の雑誌】2017年上半期ベストテンを紹介!
  •  「本の雑誌」8月号で発表された上半期のベストテンです。ネットには掲載されないベストテンなので、いつもちょっと時間が経ってから紹介しています。そろそろ月も変わるので営業妨害にはならないかな?1位 周防柳「蘇我の娘の古事記」蘇我の娘の古事記posted with ヨメレバ周防柳 角川春樹事務所 2017-02-10Amazon楽天ブックス2位 遠田潤子「冬雷」冬雷posted with ヨメレバ遠田 潤子 東京創元社 2017-04-28AmazonKindl [続きを読む]
  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.7/5週)
  •  さてさて、出た本。オードリーの若林正恭「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」が気になってます。東京からキューバに逃亡?した彼の書き下ろしエッセイ。表紙の写真もいいなぁ。「ほぼ日」で連載中のインタビューも楽しいです。表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬posted with ヨメレバ若林 正恭 KADOKAWA 2017-07-14Amazon 出る本。先月1・2巻が出た「鹿の王」、完結編の3・4巻(7/25)が出ます。こちら [続きを読む]
  • ブイヨンのお母さんルーシー、16歳9ヵ月で…。
  • Say Hello! あのこによろしく。 (ほぼ日ブックス)posted with ヨメレバイワサキユキオ 東京糸井重里事務所 2004-12-10Amazon 「ほぼ日」の糸井さんの愛犬ブイヨンは生まれた時はニコでした。ニコ、サンコ、ヨンコ、3姉妹の長女。そんな三匹も今年7月15日に14歳になりました。そして、彼女たちのお母さんルーシー、彼女はそのちょっと前、7月6日の朝に息を引き取ったそうです。16歳と9ヵ月…長生きでしたね。最後の3年は病 [続きを読む]
  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.7/4週)
  •  え〜っと、出た本。東山彰良「流」、文庫になりました。直木賞受賞作品です。北方謙三が選考委員の感想で「二十年に一度の傑作」と言って、それが帯にもなってます。書評を前のブログで書いたので転載しますね。◇フツーにおもしろい小説だ。それ以上でも以下でもない。 これはフツーにおもしろい小説である。「二十年に一度の傑作(北方謙三)」でも何でもないし「十五年間で一番幸せな選考会でした(林真理子)」なんて [続きを読む]
  • 【映像化】注目の原作本は?2017夏ドラマおすすめはこれ!
  •  さて、夏ドラマ。見たいドラマは6本。まずは原作あり、から紹介しますね。TBS系火10の渡辺直美主演「カンナさーん!」。話題でしょうねぇ。どんな感じか、やっぱり見ちゃう。同名のコミックが原作です。コミックは全13巻。あぁ、深谷かほるさんって「夜廻り猫」の人だぁ。カンナさーん! 1 (クイーンズコミックス)posted with ヨメレバ深谷 かほる 集英社 2001-12-10AmazonKindle フジ系木10「セシルのもくろみ」は真木よう [続きを読む]
  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.7/1-2週)
  •  さて、出た本。Twitterで人気になった燃え殻さん、糸井さんの「ほぼ日」でもおなじみの彼がcakesに書いた小説「ボクたちはみんな大人になれなかった」が出ました。アマゾンの紹介文は「あの頃の恋人より、好きな人に会えましたか?糸井重里、大根仁、小沢一敬、堀江貴文、会田誠、樋口毅宏、二村ヒトシ、せつな痛さに悶絶!」だって。ちょっと気になる。ボクたちはみんな大人になれなかったposted with ヨメレバ燃え殻 新潮社 [続きを読む]