kuraki さん プロフィール

  •  
kurakiさん: いつかはひとり
ハンドル名kuraki さん
ブログタイトルいつかはひとり
ブログURLhttp://kuraki88.exblog.jp/
サイト紹介文ときどき焦って、ときどき開き直ってを繰り返してきた子なし主婦のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供317回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2016/07/23 07:03

kuraki さんのブログ記事

  • 休めそうで休めない
  • 暑さに関係なくパートは通常モード。当日に欠勤者が出てしまい、ヘルプに来た社員がブーブー言っていた。そこはもちろん、聞こえないフリをして、余計なことは「聞かない、話さない」のが鉄則だ。集中して作業をしていると「時間を忘れる」と言いたいが私の場合、そんな風にはならないので困る。体調が万全でないのもあるだろうが時計を見る回数が多くなってきた。繁忙期でもないし、休めない... [続きを読む]
  • 嫌な夢
  • 嫌な夢を見た。黒い虫がたくさん出てくる夢だ。払っても払ってもキリがなく途方に暮れているところで目が覚めた。基本、占いなんて信じないけれどあまりに気持ちが悪いので「夢占い」で調べてみた。いくつか意味があるようだが私に該当しそうだったのは「健康面に注意」云々だ。確かにこのところ、寝不足や暑さ、日々のやらなきゃいけないことで体が悲鳴をあげていた。夫はここまで... [続きを読む]
  • 定着率
  • もしかして、と思うことは当たっていた。上司と話していたパート仲間はやっぱり辞めることになった。シフトでは「出勤」となっていたが彼女の姿はなく、もう来ないんだと思った。辞めた理由はわからない。私を含め、残された人たちは暗黙の了解なのか、「すでにココにいない」彼女について何も話そうとはしなかった。お世辞にも定着率が良いとは言えない職場。そんな状況なので、ベテランパ... [続きを読む]
  • パート仲間の話
  • パートから帰り、2時間ほど寝た。夫の帰りが遅いことを理由に時間を気にせず夢の中だった。朝になれば惰性で体は動くが何せ重い。太ったこともあるだろうがそれだけじゃない、40代。仕事のように終わりがあればと思う家事。これからもずっと続くと思うといとも簡単にブルーになる。この夏、3回目のスイカを食す。甘くて美味しくて、4回目はいつになるだろうと密かな楽しみ。... [続きを読む]
  • ここ数日と今日のこと
  • 夏は汗をかくから痩せると思っていたが大間違い。ここ数日で見事に太った。どうやら「夏太り」のようだ。食べ過ぎてるわけでもないのにと痩せる気満々でいたこともあり、けっこうショック。「だったら運動して」と思うがこれ以上、汗をかくのは嫌だしと、矛盾と闘う。テレビをつけ、チャンネルを変えていると渡辺謙さんの不倫会見をやっていてこの人もかー、と呆れてしまった。どんな... [続きを読む]
  • すぐに夕食の心配をする夫
  • 連休を喜んでいるのは夫だけ。夫はカレンダー通りの三連休だ。私はパートがあるので一日中ずっと夫と顔を突き合わせることもない。それが何気に救いだったりするけれど・・・年に何回かある「連休」がやってくるたびにパートをしててよかった、と思っている。一緒にいたいなんて思わないしもし、一緒にいたとしてもろくなことにならないし。体型と同じように変化してきた夫婦は一部に冷... [続きを読む]
  • 謎のシフト
  • たった3時間の勤務も終了。すぐに終わる作業だったのにどうして午後シフトに入れられたのか。謎。帰り際、「人が足りないから」と私と同じように招集されたパートもいてなんとなく面白くない思いを皆、してた。「このぐらいだったら今日のシフトの人だけで終わったよねー」「お昼からの出勤って意味なくない?」各々言いたいことを言う。「これでお給料がもらえるなら」と思えるのは冷... [続きを読む]
  • 自分に甘くして憂鬱を緩和
  • やる気の出ない朝は初めてじゃない。これまでも数え切れないくらいあったがそのたびにどうやってその日をやり過ごしたか忘れてしまった。夫を送り出した後は我慢していた睡魔が襲うし洗濯も掃除も「今日やらなくてもいいや」と一気に自分に甘くなる。多少部屋が散らかっていても死ぬわけじゃないと思うのだ。とりあえず「暑さのせい」にしていつもの数倍ダラダラしている。今は好きなことだ... [続きを読む]
  • 気になることから目を背け
  • 数日前から感じる左胸の違和感。乳がんに見られる凹みやしこりといったものは見つからないが、ふとした時に痛みがある。少し様子を見ようとしている私だが果たしてそれでいいものか・・・何かあったらと想像し、怖気づき、「すぐに病院へ」とはならいのだ。夫が体の不調を訴えれば、早く病院に行くよう勧めるくせに、自分のことになるとまるでダメ。飲みで夫が夕食を必要としない日はほとん... [続きを読む]
  • 励みにしているのは時給じゃない
  • 強烈な暑さに心が折れる。エアコンで好きなだけ涼める家が恋しくて早々に帰宅した。私がしているのは「誰にでもできる仕事」だから早く帰ったところで後ろ髪を引かれる思いはない。”やっと終わったー”休みの日を前に毎度思う感想だ。明日はゆっくりできるとか〇〇に行こうとか、予定はないが時間に追われない一日がやってくる。パートをしてよかったこともあるが「仕事が好き」まで思... [続きを読む]
  • 大事なのは
  • 苦手な上司は今日も健在。常に目を光らせ、性格なんだろう、何かあればどうでもいいことまで細かく注意してくる。その言い方がいちいち引っかかりやっぱりダメだ、と認識する。無関心でいようと思うのに視界に入るだけでアウトな人。ほとんどのパート仲間は普通に話しているが私は相変わらず到底無理で、ヘタすると同じフロアにいながら挨拶さえしない日がある。向こうも気にしていないみた... [続きを読む]
  • そこまでしなくていいと言われる
  • 「えー、そこまでしなくていいよ」パートの掛け持ちを考えている私に夫は、お気楽な感じで言ってきた。私だって掛け持ちまでして働きたいわけじゃない。ただ今の生活を考えたら、何とかしたいと思うのが普通だろう。夫の働きにはもちろん感謝しているがそれはそれ、これはこれ、の問題だ。さて、どうしよう・・・「暑い、暑い」と言いながら夫と買い物へ。少しでも安いものを買いたい私と... [続きを読む]
  • 今のパートとは別に
  • パートを掛け持ちしようか、また考え始める。今のままの家計じゃ余裕がないし将来のことを思うと貯金もないし・・・もっと早いうちからちゃんとしておくべきだったとこの歳にして本気で思う。何もかもそういった行動が遅くて「あの時こうしておけば・・・」と、振り返っては後悔の連続だ。気持ちを切り替えて、現状を受け入れて、頑張れば良い方向へ進む話かもしれないのに。こんなはずじ... [続きを読む]
  • 聞こえなかったとは言わせない
  • こうしている間も睡魔が襲う。パートが終わり洗濯もしてあとは夕飯の支度までまったりだ。家で仕事のことを考えるのは基本、したくないけれどちょっと気になったことがあった。人によっては全然気にならないことだろうが「それってどうなの?」と思ったことである。他の部署の人と朝一で作業をする時だった。歳は私と同じくらいだろうか?こちらが「おはようございます」と、挨拶をし... [続きを読む]
  • 常に打算が付きまとう
  • 希望通りとはいかないこの暑さ。涼しいと感じる家の中もシーツを取り換えていると額に汗が滲んでくる。「取り換えないと気持ち悪いし」「でも、面倒だし」と行動に移すまで、やや後者寄りの葛藤があった。取り換えてしまえばそれは気持ちいいものであるけれど「はい、取り換えましょう!」とはいかないものだ。よく冷えた麦茶の美味しさに夕食は火を使わないものにしようとスタミナ云々は考... [続きを読む]
  • 決まらない配属先
  • 配属先がなかなか決まらない新人さん。ここで働くことになり、二ヶ月経つが未だ、あちこちをたらい回し状態だ。仕事を覚えるにしても出勤するたびに前とは違う内容を教えられていてはきっと覚えられないだろう。いくら簡単な作業でも、ある程度は繰り返すことで身につくんだろうし・・・上司は結局のところ何も考えていない。一時的な忙しさから人員を増やそうと募集したそうだが「読み」が... [続きを読む]
  • ため息が出る話題
  • 定時で帰るはずが予定外の残業だった。朝出勤し、確認した時点では余裕で帰れると思ってたのに。途中で手を止められることが多くすぐ終わる、と考えていた処理がなかなか終わらなかったのだ。必要なことだから声をかけられたのだが中には「今じゃなくてもいい」ような話もあって、ため息が出た。どうでもいい話をしてきたのは先輩パート。もちろん、それに対し何も言わなかったけれど・・・... [続きを読む]
  • 馴染みのない人たちと
  • 打診があった休日出勤。勤務時間は変わらないが一緒に働くメンバーは変わっていた。どんな人なのかわからない初対面の人、挨拶ぐらいはしたことがある人、馴染みのない顔がそろう中での仕事だった。普段通り私の仕事をするだけなのにその、いつもと違う環境にちょっと緊張。”よく知らない人たちの前でミスだけはしないようにしよう”そんなことを思い、粛々と業務をこなす。少し離れた... [続きを読む]
  • そこまで薄情じゃない
  • 夫の好物を作り、帰りを待つ。最近、仕事がうまくいっていないようで「せめてこれでも食べて」と元気づけようと、あえて好きな物を用意した。これを食べたからといって抱えている問題は解決しないと思うが、家に帰ってきたら、とりあえずホッとしてほしいのだ。もちろん「何もかも忘れて」とはいかないだろう。ただ、凝り固まったストレスを少しでも緩和できたら、と思う。いつもであれば、... [続きを読む]
  • そういう日もあると思えたら
  • 予約して行ったが、美容院で15分以上待たされた。同じ「予約」でも、病院だったら緊急を要する患者さんかもしれない、と待たされてもイライラしないが、ここは違う。美容院の後に行きたいところもあったので余計に過ぎていく時間に敏感になっていた。待っている間、何度も時計を見て「私、急いでるんですアピール」。何人かのスタッフはそれに気付いていたようだが各々が担当しているお客が終わ... [続きを読む]
  • 逆算して行動する
  • 滞りなくパートが終わった。帰り際、先輩パートと雑談し思いがけない気分転換となった。あーでもないこーでもないという話は結論が出ないわりに長話となる傾向だ。夫の帰りが遅い今夜はのんびりモードの夕食準備。実際、食べるかどうかもわからないのに手の込んだものを作るなんて発想は毛頭ない。妻として頑張ろうとするより「穏やかでいる自分」を心掛けるのだ。夕方のニュースを見なが... [続きを読む]
  • 見切りをつけた人
  • 気が散っていたのかミスが続いた。自分で修正できるレベルだったので何事もなく、処理を終えたが集中力のなさに反省だ。「ここでいつまで働けるんだろう?」とあまりの手持ち無沙汰に余計なことが頭に浮かぶ。仕事らしい仕事をしないままタイムカードを押す、今日も・・・「来月からシフトを減らそうと思ってね」この暇な勤務時間、拘束時間に見切りをつけたパート仲間が言った。シフト... [続きを読む]
  • 上の空になる話
  • カフェラテを飲みながら久々に聞く友人の近況。誰よりも頑張ってきた、というその姿は自信に満ち溢れている。「これからはこんな風にやっていきたいんだよねー」仕事に対し向上心がある彼女の話は少しだけ上の空になってしまう。聞き逃した言葉があったかもしれないな・・・ノリノリで話す彼女にここで聞き返すのは反則だ。「応援してるからね」と本音じゃない部分も混ざりながらの意思表示... [続きを読む]
  • 簡単じゃないのが人の気持ち
  • 辞めて数ヶ月経つが、以前のパートを思い出すことがある。「あんなに酷いことを言われたんだ」と嫌だけど、当時の悔しさがよみがえってくるのだ。まわりが心配するほど怒鳴るように仕事を教えていた某社員。相変わらず上に媚びながら働いているんだろうが未だ消化しきれないものがある正直な私からはただの恨みつらみしか出てこない。そんなことはきれいさっぱり記憶から無くなればいいのに・・... [続きを読む]
  • 情報収集と夫の帰宅
  • パートに行きつつも、求人サイトに目を通す。今すぐどうこうじゃないけれど万が一の時の情報収集は必要だ。もちろん夫には何も言っていない。また一人で考えて行動するつもり。あっという間に夫が出張から戻る日だ。チャイムを鳴らし、玄関のドアを開けるまで部屋の中は私仕様になっている。一番面倒だと思っている食事の支度も夫不在の間は自炊すらしない快適な暮らし。お惣菜を買... [続きを読む]