muu さん プロフィール

  •  
muuさん: おふたりさま〜子供のいないマイノリティ〜
ハンドル名muu さん
ブログタイトルおふたりさま〜子供のいないマイノリティ〜
ブログURLhttp://sansensoumoku.blog.fc2.com/
サイト紹介文子供がいない夫婦二人暮らしの生活です。結婚10年近いアラフォー主婦です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/07/23 11:44

muu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 生まれてきた証を残す
  • 前回の記事ですこし書いた生きることと、死ぬこと陰と陽「死」に向かい合うって、とってもマイナス(ネガティブ)なことのようだけれどもとってもプラス(ポジティブ)でもあるそして、そのどちらをも内包する場所がゼロ0(ゼロ)って「無」「生まれる」どんな事情であれ、人間を「産む」ことにご縁のない身体を持ってこの世に生まれてきたわたし達ってその事実だけ見れば「有」でなく「無」「産む」ってことが、プラスの業だとし [続きを読む]
  • 孤独死で、いい・・???
  • 前回の記事ですこし書きました。老後の面倒を見る義務について。日ごろの家族、親戚付き合い、で捉え方も変わってくることのような気がします。あとは、なんか信仰とかお墓とかそういう価値観的なことも家によりけり・・だいぶデリケートなことかと思います。で、そういうのもまたいろいろとあるんですけれども。老後のお世話っていうテーマに絞って話を進めますと、介護をする前提でいくのか、いかないのか、の問題にぶち当たる気 [続きを読む]
  • うちに息子がいたら。
  • まだまだ暑い日が続いてますね〜。高校野球も連日大熱戦ですね。わたし、高校野球大好きなんですよ(だからどうした?)って話なんですけどね・・・(´∀`*;)ゞみなさんはどうですかー?高野連とか、気になりませんか?(ならないよね)酒でも飲みながらおっちゃん達と野球観戦してたらだいぶ語れる気がします。過去の熱戦とか名将とか含め試合展開を予測だの流れを解説だの・・なかなかのめんどくさいヤツになれる自信あります [続きを読む]
  • なにに時間を使えば・・・ PART4〜完〜
  • 前回からの続きです。それから数年後の今。わたし達はなにもかも知らない土地に引っ越しをして今に至る。縁もゆかりもなければ、家族も親戚もいない。引っ越しだけでいったらなんの珍しいことでもないが、距離にしたら600キロ強の距離を移動した。同じ国内といってもそれだけ離れると、言葉も歴史も文化も習慣も、微妙に異なる。10代20代の若さの勢いがもうないわたし達にはこの決断には、アホと思われてもいい勇気が必要だ [続きを読む]
  • なにに時間を使えば・・・ PART3
  • 前回からの続きです。溺れる者は藁をもつかむ・・・・・結果。精神的に得たものはいっぱいあったけど、物理的に得たもの、というかじぶんの肩書としてしっかり残るようななにかはなかった。わたしの決意も、やる気も、なにもかもがぜんぶ中途半端なものだったから、それなりだったとしかいいようがない。だけれども。精神的に得たものやその間にたくさん感じたこと、出会い、いろいろとトータルすると、血となり肉となり。そういう [続きを読む]
  • なにに時間を使えば・・・ PART2
  • 前回からの続きです。ある一つのおおきな希望・・・。それは、絶望感や閉塞感に囲まれたように思えたからこそたどり着いたもののように思う。じぶんの抱えてる責任ある仕事と、実家の出来事で忙しなく時間の過ぎていった数年は、向き合うこともなかった、膨大に与えられている気がする自由な時間。子育てがひと段落した老後の夫婦とは違って、それはご褒美でもなんでもなく、むしろ見方を変えれば「絶望的な自由」とでもいえるよう [続きを読む]
  • なにに時間を使えば・・・
  • 前回の記事で「自由」に触れてみましたのでちょっと追ってみます。わたし達のように子供がいない夫婦二人暮らしの人たちにとって、「自由な時間」って与えられた特権でもあると書きました。きっと子育てをしていたら、追われるように過ぎていくだろう時間。誰かのお世話をするってことがないわたし達のような人たちは、時間に追われる、という感覚はあんまりないのかもしれない。フルタイムで仕事をしているにしても、いつものよう [続きを読む]
  • 子供いない夫婦の、とある祝日の過ごし方
  • 今年から始まった「山の日」みなさんはどう過ごされましたか?わたしは早朝からちょっとアクティブに、最近ハマってるアウトドアスポーツしてきましたよ。ダンナさんと大人2人だけなので、だいぶ自由気ままな祝日を過ごさせてもらいました( ´ ▽ ` )ノむかしはダンナの趣味と同じことをやるタイプではなかったんだけどなあ〜。やっぱりここ数年の変化とともにライフスタイルも徐々に変化してきたところも多々あるのかもです。こう [続きを読む]
  • 母親って・・・。
  • 好きですか?嫌いですか?どちらともいえないですか?わたしは、よくわからない・・・。今でも、いろ〜いろ、複雑な感情、思いがあって。どちらともいえない、どちらでもある、みたいな・・。でも、わたしも母も生きてるから、距離は離れててもたまに関わることがあると、「好き」と「嫌い」がシーソーみたいに揺れ動いている気がする。ドラマとか絵本のような、ハッピーエンドっていつかくるんだろうか・・?言いにくい言葉だけど [続きを読む]
  • 子供を産み育てることは素晴らしい!
  • わたしのブログを訪問してくださって、ありがとうございます。こういうブログ名(子供のいないマイノリティ)で記事を書いていくことって、けっこうネガティブな視点からのテーマが多くなるのかもしれません。わたしがブログを書こうと思ったきっかけって、ひとりで悶々と悩んでしまったり、落ち込んでしまったりするひとが身近なともだちや家族にすら、本音を話しにくいとか、たとえ話しても理解者が少なくって余計落ち込む、とか [続きを読む]
  • まじめちゃん
  • 無意識ってこわい。じぶんが「真面目にやってる」「わたしは頑張ってる」「わたしは正しいことを言っている・やっている」って思い込んでしまっていると、なんかおっきいものを見失ってしまっているかもしれない。時にじぶんを突き放してうたがう必要もある。実際わたしが、それを痛感した経験。その当時はもちろんじぶんでは意識していなかった。前回の記事で書いた出来事があった時期にわたしは仕事で無意識にストレスを発散させ [続きを読む]
  • アンタにはわからない 〜後編〜
  • 前回からの続きです・・・(前回の記事→アンタにはわからない 〜中編〜)(アンタにはわからない 〜前編〜)超長くなったので三部作になりました。ラストです。・・・・・・・・もう、今は、時間の流れが自然と解決してくれたってのもあります。その他諸々といろ〜いろ忘れるため・・わりと己のメンタル鍛えよ的行動を起こしてきたので、激しい憎悪の感情とか、恨みとかは持ち続けていないんですけど、ただ、既に起こってしまっ [続きを読む]
  • アンタにはわからない 〜中編〜
  • 前回からの続きです・・・(前回の記事→アンタにはわからない)・・・・・・・・・・それを言うか・・っていう。なんというか、言っちゃいけないだろうなと分かっていることをあえて言うって、最後の刀を振り下ろすトドメの一刺しというか・・・。ぐうの音も出ない一言を、あえて言ってやろうという悪意を感じてしまうのはわたしだけでしょうか・・・?。例えば(ルールはよくわかんないけど)ボクサーとかだったら、リング上で正 [続きを読む]
  • アンタにはわからない
  • みんな分かってほしいんだよね・・・きっと。・・・むかし、実家の中がすこしゴタゴタした時期がありました。たぶん、誰が見ても「大変ね〜」っていうような状況を迎えてしまっていました。子供のいない夫婦は、うちだけ。兄弟姉妹は、それぞれ事情は違えど、共通してるのは「子育て中」。みんな各々の事情がありながらも、協力し合ってその状況を乗り越えていかなきゃいけない時期でした。終わりの見えない状況の中、みんながみん [続きを読む]
  • 一番のともだちは誰? 〜後編〜
  • さて、後編です。(前編は→一番のともだちは誰?)女性同士の同性の友情という、(わたしにとって)なかなか難解な方程式です。異性のともだちのように第三者であるお互いのパートナーに遠慮することもないけど、第三者への遠慮以上に、当人同士の中に配慮とか環境の違いによる会話のセンスみたいなものが必要になってくるような気がしています。異性同様、価値観とか、話していて楽しいかとか、笑いのツボとかっていうことだけが、 [続きを読む]
  • 一番のともだちは誰? 
  • みなさん、一番のともだちって誰ですか?わたし、今の時点ではダンナです。よく言う、友達でもあり、夫(妻)でもあり、同志でもあり、戦友でもあり・・・みたいなアレ、まったく同感です。なので、ここでのテーマとしてダンナを除いて考えることにします。わたし、むかしから同性とか異性とかあんまり気にせずともだちになれた方なんですけどしょっちゅう遊んでいて、深い話なんかもしていた異性のともだちがいました。でも異性の [続きを読む]
  • 専業主婦って・・
  • なにやってんだろうって思ったこと、ありますか?わたしは、独身の頃思ったことありました。なに・・・って主婦業よって感じなんですけど、掃除、洗濯、買い物、料理、の繰り返しの毎日が、仕事をしている身からするとなんだかよく理解できなかったんだと思います。仕事に行くわたしとはぜ〜んぜん違う世界が回っている感じ。そして、正直あんまりなりたくなかった肩書でした。大多数が専業主婦、が当たり前の世代の自分の親を見て [続きを読む]
  • 子供がいないことの意味〜本題〜
  • やっとタイトルの本題に入ります。なんとなく、自分の中では前回から繋がってはいるんです、長い前置きになりましたが・・。あんまり考えることもなく当たり前のように『ママ』になっていたら、きっと考えることも感じることもなかったであろう感覚。これは、ママの感覚はママしかわからないのと同じく、ママになることのない人にしかわからない感覚だろうと思っている。いやいや、みんなママじゃなかった時期あるよ!・・・って言 [続きを読む]
  • 子供がいないことの意味〜PART2〜
  • 〜前回からの続き〜(前回の記事→子供がいないことの意味)・・・・別にどうもなっていません。やってきたことそのまんまの人生だなぁと思います。もし自分の子供がいて、わたしの失敗を大いに生かした教訓として子供に希望を託すとするならば、こういうノリの生き方は‘最初っからは‘おススメしないと思います。笑何か素晴らしい技術や才能がある訳でもないし、くいっぱぐれる恐れなんて考えたら・・子供には無駄な苦労とかさせ [続きを読む]
  • 子供がいないことの意味
  • みなさんは考えたりしたこと、ありますか?子供のいないことの意味とか、生きていることの意味とか。なんか重いテーマですけど・・・。生きていることの意味とかって学生時代とか20歳頃とかの若者時代に考えた‘あるある‘だったりしますよね。自分は一体誰なのか、とか何者で何をやっていくべきなのかとか。自分探しの時期に、考えたりした人も多いんじゃないでしょうか。考えることもあんまりなく、アイデンティティが確立され [続きを読む]
  • わたし、子供がいないんです・・・
  • わたしの身近な友達、知り合いはなぜかみ〜んな子供がいる。結婚した人は出生率100%ってくらい、次々『ママ』になっていった。私より早く結婚した人はもちろん、遅く結婚した人も。少子化なんていっているのはウソだ、と、休日のショッピングモールなんかの風景には思ってしまうくらい、ファミリーばっかりに囲まれる日々。いつからだろう。この何とも言えない感覚・・・。結婚はしてるよ、主婦ではあるよ、でもママではないの [続きを読む]
  • 過去の記事 …