山中鉄道部GOLD さん プロフィール

  •  
山中鉄道部GOLDさん: 山中鉄道部GOLDのブログ
ハンドル名山中鉄道部GOLD さん
ブログタイトル山中鉄道部GOLDのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ycrailwayclubgold
サイト紹介文乗り鉄メイン特に寝台列車良いですね。 お金の無いときは撮り鉄に変身します。
自由文息子が中学生の時にふざけて始めた「山中鉄道部」
そんな息子も立派なアイドルヲタクに成長し鉄道趣味から離れてゆきました。
私も思春期は鉄道趣味を恥ずかしくて隠していましたっけね〜
面白そうなのでアラフィフの親父が引き継ぎました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2016/07/23 19:18

山中鉄道部GOLD さんのブログ記事

  • 秋の遠征 イメージ湧いてきた。〜計画〜
  • 列車は登場しません(^-^;羽生PAっつーだけで旅情が湧いてくるのは病気です。エンジンかかってきた証拠ですね。皆さんスマホ構えて撮ってましたよ久々の夕日。夕日って沈んでからが寂しい。ちなみに180度振り返ると虹が出てました。ローカル線の完乗と立ち寄りを両立させるのは至難の業ですね>< [続きを読む]
  • 秋の遠征 イメージが湧かない><
  • 10月に連休取れそうなのでとりあえず指定券を。新潟あたりで1泊して・・・ん〜イメージ湧かない><そんなときは”乗り”に徹するしかないカナ?秋の乗り放題パスとか、JR西と四国も30周年記念の乗り放題パスを販売してますね。3連休取れてたら新大阪〜博多3往復とかやってますよ(笑)JR東日本は何やっとるんじゃ!?でも現実2連休じゃ週末パスかな。熟考します。考えるのもまた楽しいんですけどね。アイデア、アドバイスどしどし [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 京都編⑩旅の終わりは「ぷらっとこだま」
  • ドタバタ親子の弾丸旅、締めくくりは「ぷらっとこだま」で帰ります。「ぷらっとこだま」は旅行会社JR東海ツアーズの旅行商品です。「こだま号」限定ですが、通常の新幹線きっぷよりお得に乗車できます。今回はグリーン車プラン。繁忙期は割高の価格設定ですが、通常のきっぷで自由席くらいの価格です。設備が良いんだから早く着いてもらっちゃ困る!私のような寝台列車信者に打ってつけの商品ですね(爆)サスガG車であります。繁 [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 京都編⑨ぶらりピンポイントで京都の街
  • せっかく京都市バスのフリー乗車券もありますので、余った時間をぶらり。行きたい所を1ヵ所だけ挙げよ!の問いに息子、4年前に修学旅行で寄った喫茶店、私は祇園に行って鴨川が見たい。で、調べたらな〜んだ近いじゃんワンアクション。四条河原町バス停で降ります。残念!思い出の喫茶店は行列でしたね「喫茶ソワレ」念願の鴨川と夏の風物詩、川床。ここはまた夕方頃に来てみたいですね。四条大橋を渡ると祇園の街と八坂神社。い [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 京都編⑧本物指向
  • いやぁ。初対面です。(涙)いゃ、今まで出会ってきた物たちがニセモノって訳じゃないんですよ。でもやはり本物が見たくなる。King of Japanese SteamLocomotive type C62私の背中を推したのが、これ。ぶっきらぼうでスナップチックなジャケット。本物に逢いたい・・・と。またの名をスワローエンゼル。 国鉄の象徴。それとこれね。お召し機装飾のC58 1号機やっぱり本物に逢いたくなる。ナメクジ。これはD51 1号機ですね。古くから [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 京都編⑦京都鉄道博物館
  • 11:56 今回の弾丸旅、最重要目的地の京都鉄道博物館に着きました。初めての訪問です。京都市バス一日券を提示すると入館料の割引が受けられます。意外とシンプルなエントランスを入りますと、日本の鉄道史上重要な三世代の英雄がお出迎えです。こちらでも局地的な豪雨のお出迎えを頂いております><お昼どきです。ナシ20形食堂車ではお食事が出来るようになっています。でもエントランス入ってスグって見世物扱い!?ナシを牽く [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 京都編⑥京都駅はいつ来ても素敵
  • 11:15 0番線には「はるか号」が鎮座。予定より50分遅くらいで京都に来れました。上出来ですね、俺\(^o^)/ろくなモン喰ってないのでホームでブランチ。関東よりつゆが甘いです。伝統の0番線。上野駅で言ったら13番線ってとこすかねぇ。通過は毎年してるようですが降り立ったのは4年ぶり。以前もこの子が居たような。そのとき3時間くらい場内に居ましたよ(笑)京都駅はいつ来ても圧倒されますね。通称、ローソクのお出迎え。発車 [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 京都編⑤大和路線〜みやこ路線へは・・・
  • 加茂駅から再び電化。8:38発 大和路快速 大阪行き221系8連がお出迎え。ガイコツの愛称ww私は好きです。6分の乗り継ぎ。第一線から退き始めたガイコツですが、近郊区間ではまだまだ大活躍です。快適な転クロシート、乗ってる感じは新型と変わりありませんからね。知ってるんだぞ、大阪行きとか言ってもその先また行き先が変わるんでしょ?ヘタに寝ちゃうとUSJとか連れてかれちゃいます><奈良駅で奈良線に乗り換えます。これで [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 京都編④関西本線〜加太越え
  • 7:05 関西本線亀山発加茂行き キハ120系2連 8分の乗り継ぎです。注)この辺から画像は前面張り付きですとワンマンですし迷惑かと思い、後面張付きで撮影しておりますm(__)mバックな気分でご覧くださいませ。ここからJR西日本の管轄。亀山駅は関西本線と紀勢本線が交わる、かつての一大ターミナル駅。この広い構内からも想像できますね。寝台特急「紀伊号」に思いを馳せ。東海道は関が原を超える鉄道と違いコッチが本物の街道。 [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 京都編③関西本線へ(JR東海エリア)
  • 5:40 始発の関西本線下り亀山ゆきに乗ります。そう、ひねくれ親子は関西本線経由で京都へ向かうんです。東海道本線で行っても早く着きすぎちゃいますからね。313系2連。関西本線は名古屋〜亀山間はJR東海。亀山〜天王寺間はJR西日本管轄です。ここにも国鉄民営化によりズタズタにされちゃった本線がありましたね。木曾三川(木曾川・長良川・揖斐川)の長〜い鉄橋を渡ります。三重県突入!この辺りは古くから近鉄との競合区間です [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 京都編②ムーンライトながら
  • 青春18きっぷの時期に合わせて運行される長距離夜行の臨時快速列車です。185系10両 B4+B7編成 ムーンライトながら 大垣ゆき。踊り子号からの引退が発表された185系。さてどうなることやら。自分のブログを読み返して調べる。便利ですね。ながら号2年ぶりのようです。当ブログこのような画像よく出ますが、”この列車は”みなさん呑んでます(^-^)しばらくスカ線と並走。車掌さんは無券で乗ってくる強行さんと格闘中。品川、横浜 [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 京都編①久々で最後かな?
  • 久々の2人旅。もうこれで最後カナ〜なんてね。久々の115系。こいつもこれで最後カナ〜など思いつつ。帰宅ラッシュとは逆方向、この時間からの上京はワクワクします。もう入線してますね。115系からの乗り継ぎグッドジョブ!俺。乗れなくてもお見送りはするんです。サンライズ瀬戸号および出雲号、発車。東京駅八重洲口 これで家帰ったらウケる?ウチの親子は駅で1時間くらいスグです。(注:この子じゃありません)みなさん思い出 [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 東北編③(終)何も無いが此処には、ある。
  • 表題の件、地元の人が見たら怒られちゃいますね><さて、仙台に戻らないで山形駅に出ます。ここから2駅間は線路鉄さん垂涎、標準軌と狭軌の競演。途中でクロスしちゃったりして。こーゆーの単線並列って言うんだってね。次の北山形では狭軌の方に左沢線が合流します。ズタズタにされた奥羽本線。標準軌の通称山形線に乗り換え。おもひでぽろぽろ。この区間の普通列車は初めて。新幹線のためにガニ股にされた719系5000番台。0番台 [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 東北編②テツの細道
  • 仙山線山寺駅。駅舎も素敵ですね。それでは意を決して180度回転!すぐ前の橋を渡ります。ここは列車も絡めたい所ですが1時間に1本・・・お土産屋さん街を迂回する感じで登山口へ。帰りの列車まで1時間半。いけるのか?(ま〜た弾丸っぽいことやってるww)先に白状しちゃうと途中までしか行けませんでしたww分岐点の山門から山頂の奥の院まで往復で40〜60分の案内。駅から山門までの麓のグルりだけで30分掛ります。電車の絵 [続きを読む]
  • 2017夏18きっぷ 東北編①山中山岳部(笑)
  • 青春18きっぷ夏季シーズン到来!久々の両毛線、始発で行きます。東北編と銘打ったからにゃ北上しましょう。お元気そうでアキュム君。18キッパー圧縮装置4両→2両(爆)秋から新白河乗り換えになるのかな?麦わら帽子いいね!よそ見してる場合じゃない。さらに北上します。新車の4コテE721系1000番台。昨年来てビックリしちゃったんで再訪。入口別で厨房一緒の松月庵。福島駅改札外。まだまだ行くよぉ〜!東北”本”線というアナウ [続きを読む]
  • SLやまぐち弾丸旅 ⑧(終)それじゃシカたない。
  • 4:47目が覚めたら掛川過ぎて金谷付近。スマホって便利ですね。進行右に山があるなんてここぐらい。20分程度の遅れを維持しているようです。4:57夜が明けて初めての客扱い、静岡。運転士さんも交代です。 17分延5:10由比付近から東名と1国と駿河湾。今日もドン曇り。富士山ダメですね。5:21おとなしく自室に居ましょう。富士川。また寝よっと。6:30えっ!起きたら変な所で止まってる。JR東海の運行情報を見たら「シカとの衝突により [続きを読む]
  • SLやまぐち弾丸旅 ⑦飛んでく景色。
  • 出雲号を迎えに最後尾へ行きます。伯備線内大雨のため30分遅れのアナウンス。!それでさっきのやくも号もね〜。皆さん待ちぼうけ。どちらかが極端な遅れの場合「半ライズ」とか「単ライズ」と言って別々に走る場合もあります。乗務員さん倍の人数必要ですから滅多にやりませんけどね。それにしても鉄ちゃんの付けるあだ名はオモロいww結果的に岡山の滞在時間削った30分戻ってきましたww「瀬戸ちゃ〜んごめんごめん」「もー出雲 [続きを読む]
  • SLやまぐち弾丸旅 ⑥いつも素通りでごめんね。岡山編
  • それでは新コーナー「いつも素通りでごめんね」岡山駅、何度も訪れていますが初めての改札外へ(爆)時計は20時30分。今宵の宿が来るまであと2時間。これは外せないでしょう。日本で一番短い路面電車。岡山電気軌道。東山線に乗ります。時間も時間ですから日常土曜日の風景。揺られて信号待ちとかバスに抜かれて5分、城下電停で100円を支払い降ります。そこからさらに歩くこと5分。岡山城(烏城)もうちょっとヒト居るかと思ったら [続きを読む]
  • SLやまぐち弾丸旅 ⑤黄色い電車。
  • さて、目的は果たしたので帰路につきます。まずは岡山まで新幹線・・・その前にチョット見学。山陽本線 普通岩国行115系4連 下関から来たのかぁ。へぇ〜見てたら乗っちゃいました\(^o^)/もう完全にやまぐち号での相席殿方の影響。あーあ岡山の滞在時間削らなきゃ(笑)爆音モーター、ガンガンの冷房、快適な転クロシート。部活帰りの学生、のんびりとした瀬戸内の景色。どれも新幹線じゃ味わえません。こーゆー景色、九州ブル [続きを読む]
  • SLやまぐち弾丸旅 ④レトロ客車にお別れ乗車。
  • カマ詳細はコチラ→山口線 SLやまぐち C57 1号機客車詳細はコチラ→山口線 SLやまぐち 引退迫る。12系(改)レトロ風客車それでは乗り込みます。チケット取ったのは復路の最後尾となる5号車。外板剥がれだけでも十分レトロです。4号車はスハフ。発電エンジンが煩いので。2日前までは◎(空席100席以上)だったのに一気に埋まったようです。カマも暖まってきましたよ〜。ポォー!!発車です。オバちゃん、新型客車も頼みます [続きを読む]
  • SLやまぐち弾丸旅 ③復路、出発までのひととき。
  • 1か月前、すでに往路のやまぐち号は満席だったんですがね〜乗客の皆さんドコいっちゃったんでしょうか?ガチの人はレンタカー借りて撮影スポットへ。観光客の皆さんは観光地へ。で、ここに居るのは地元の人?(笑)復路出発まで1時間半。舐め尽しましょう。子供の頃はドコが貴婦人?と思いましたが今になってわかる気がします。前照灯が点灯しましたよ。投炭!SLは角度によって表情が違いますね♪約45度回転し、行っちゃいました [続きを読む]
  • SLやまぐち弾丸旅 ②逢いに行く。貴婦人に。
  • ところで新山口ってドコよ!?なーんだ小郡の事ね。40年前、子鉄の頃の知識で止まっている私。その頃から走ってましたよね。復活蒸気の緒、C57 1号機SLやまぐち号。コロタン文庫持ってました。ナンバープレート赤くって集煙装置ついてませんでしたっけ?40年前の新車でさえレトロなのに40年前に復活ってすごい。まぁ私も40年来の夢が叶うってなワケで。山口に自生する植物による垂直庭園。新山口駅は昨年、橋上駅舎化され南北自由 [続きを読む]
  • SLやまぐち弾丸旅 ①新幹線の車窓から。
  • SLやまぐち号乗車記。メインは間もなく引退となる「レトロ風客車」に乗る!新型客車はいつでも乗れるでしょうから、あとで18きっぷでも使ってゆっくり行きましょう。というわけで0泊2日の弾丸旅。岡山から西は初訪問です。何はともあれ「りょうもう2号」両毛地区の露払い。今回は缶チューハイ代浮かす為、難関と言われる繁忙期のぞみ号自由席(16両中3両)にチャレンジ!んで早歩きで連絡通路を往くと「のぞみ9号」が居ました。 [続きを読む]
  • 山口線 SLやまぐち 引退迫る。12系(改)レトロ風客車
  • 備忘録程度で。バリWikipediaコピペします(爆)画像は自前です(^-^;1988年以降、当列車用に改造された12系客車5両編成1本が用いられている。「レトロ風客車」と称し、1両ずつ内装を各時代の客車を模したデザインとなっている。各車両とも窓をユニット窓から一段上昇窓に改め、窓自体も小型化されているほか座席を1列減らして(11列・定員88名 → 10列・定員80名)座席間隔を1,580mmから1,755 - 1,760mmへと拡大することにより生じ [続きを読む]