じゅごんろ〜ど さん プロフィール

  •  
じゅごんろ〜どさん: じゅごんろ〜ど京都で手作りやってます。
ハンドル名じゅごんろ〜ど さん
ブログタイトルじゅごんろ〜ど京都で手作りやってます。
ブログURLhttps://jyugn.blogspot.jp/
サイト紹介文jyugon rordの作ったものや大好きな読書や音楽、植物、京都の徒然
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 276日(平均4.7回/週) - 参加 2016/07/23 21:39

じゅごんろ〜ど さんのブログ記事

  • やっぱりハンドメイドは格闘技だ!
  • テレビを付けたら祖父のお弟子さんがまたまた違う企業のCMに出たはってビックリした昨日でございます。ヽ(*'0'*)ツ祖父の魂が、お弟子さん達に受け継がれて今も沢山の方々に喜んでもらえているのだなぁと思うとすごく嬉しい。。。(´;ω;`)私たちの心の中に祖父が生きたはるように、お弟子さん達の中にも祖父が生きたはる。なんか不思議ですね。(*´▽`*)さてさて、マリアビートルの続きですがこんな感じで、チョッパーかカリメ [続きを読む]
  • SOLD OUT お花のコサージュ・ブローチ(オレンジ・ドット)
  • ちょっとお昼寝をしようと思ったら6時間も寝てしまいました。。。(///∇//)どう考えても、本気寝の時間ですよね。(笑)そんな日なのにも関わらず、お陰様でお花のコサージュ・ブローチ(オレンジ・ドット)がSOLD OUTです。見つけて下さって、本当にありがとうございます。(´;ω;`)ビタミン・カラーですので、これからの季節にもいっぱい楽しんでいただけると思います。(´;ω;`)胸元やバッグなど、いろんな場所にお花を咲 [続きを読む]
  • リスペクト駄菓子2「はちみつ丸ぼうろ」と食物アレルギー
  • 駄菓子もシリーズ化してしまいました。(///∇//)駄目とか駄文の駄だけど、ぜんぜん駄じゃない駄菓子。リスペクト駄菓子。可愛いミツバチが描かれたパッケージのはちみつ丸ぼうろ。「丸ぼうろ」は元々は佐賀県の銘菓で、ポルトガルの船員さんの保存食だったものを日本風にアレンジしたものだそうですが、はちみつ丸ぼうろは鹿児島県で製造されていて私が今までに食べた「丸ぼうろ」とは、また少し違った味わいのお菓子です。(*´▽ [続きを読む]
  • 星を付けたら背中にビーズを
  • 地上と同じで、お天気も荒れている所が多いですね。暑かったり寒かったりで着るものにも迷う季節ですが暑くなったらすぐに脱げるように重ね着をして凌いでいるこの頃です。足元はもうとっくに雪駄やサンダルの日々ですが。( *´艸`)大きなマリアビートルの続きですが、背中の星の部分が完成したのでちょっとキラキラさせまーす(∩´∀`)∩ビーズも片面ずつ違うものを使います♪刺繍糸や星の生地もそうですが、こういうの選ぶのも [続きを読む]
  • くるみボタンで背中の星を作る
  • 刺繍が出来たら、布合わせをしてくるみボタンの素?をくるみます。今回は4?近い素を包んだので、こんもりとした形がコロコロと可愛くてマカロンみたいに美味しそうな仕上がりです♪(自画自賛)配色を考えながら配置したら、チクチクと縫い付けます。可愛い〜&美味しそう〜〜〜:*:・( ̄∀ ̄)・:*:刺繍の糸もマカロン?も片面ずつ少し変えて作っています。せっかく両面あるのだから、どちらも違う感じを楽しめた方が2倍美味しいか [続きを読む]
  • シルクのシュシュ(葉桜)
  • おつかい先で、見事な葉桜と遭遇。なんて美しいの〜:*:・( ̄∀ ̄)・:*:そしてなんて美味しそう。。。(///∇//)葉桜を見ると桜餅を食べたくなってしまう食いしん坊は私です。(笑)葉桜(小)そんな美味しそうな?葉桜をイメージして作ったシュシュが完成しています。(*´▽`*)和色では「撫子色なでしこいろ」と呼ばれる紫味を帯びたピンクと「裏葉柳うらはやなぎ」と呼ばれるお色に近い、淡いグリーンを組み合わせて葉桜をイメー [続きを読む]
  • ドラマ「女の勲章」を見つつ
  • 強風に雨・雷と、春の嵐みたいにお天気が荒れていた京都です。今年はそういう年のようですね。山崎豊子さん原作のドラマ「女の勲章」で松嶋菜々子さんのお衣装やアクセサリーが素敵すぎてNHKの「トットてれび」以来の興奮です。(笑)やっぱりクラシカルで品が良くてどこかモダンでお仕立ての良いお衣装を見るとわくわくドキドキしてしまいます。(///∇//)生地の落ち感やシワの寄り方にも品質が画面に出ている気がして、うっとりで [続きを読む]
  • 3月の植物
  • ちょっとちょっと。もう4月の半ばですえ?何を寝ぼけた事を言うたはりますのん?とツッコまれている事と思いますが(///∇//)なんせ全く追いついていないブログでございますので、見逃してくださいませ。(///∇//)いつもお願いしている庭師さんにいただいた撫子の白とピンクをお鉢に植えました♪ほとんど蕾だったのですが、半月後には、ほぼ満開になりました。(*´▽`*)今はもう伸びてきた芽を切って、挿し芽にしてあります。また [続きを読む]
  • 王道の赤。
  • マリアビートルの巾着(大)お店をチェックしてたら、生き物系がめっちゃ少なくなっている事に気付きました。?ヾ( ̄0 ̄;ノマリアビートルが1匹しかいなかったので、王道の赤で作り始めました♪お財布やスマホも入るくらいの大きさで試作してみたら、意外と可愛かったので今回は上の写真よりも更に大きめバージョンです。(*´▽`*)バッグ用の芯も使っていますが、クッション性もあるように更に裏打ち布にシートフェルトも使うので [続きを読む]
  • 高槻のケーキ屋さん「ドエル」
  • 最近デパ地下で買って来てくれはった小さなお菓子を食べた瞬間に、「あれ?食べた事ある!」と思って、うーーーん?いつ食べたっけ???と記憶を引っ張り出していたら思い出しました!高槻のドエルさんのケーキに似てるんやーーー!(≧▽≦)大阪に住む叔父のパーティがあると、帰りのお土産の一つに、いつもドエルのケーキがあったのです♪そうやそうやドエルやドエルや〜(ノ´▽`)ノとファミリーで一通り盛り上がった後、久しぶり [続きを読む]
  • 桜を愛でるお散歩
  • こっぬかっ雨降るっ みっどっおおすっじっby欧陽菲菲じゃなくて(///∇//) 雨降る京都ですが、フラフラとお散歩がてらに桜を愛でたくてちょっとだけ放浪してきましたの。雨でもやっぱり観光のお客様たちがいっぱいでした。同じ敷地内にある桜でも、まだ蕾が膨らんでいない木もあるのに葉桜になっている木もあったり。雨空の下の桜はやっぱり空に溶けてしまいそうな儚さで濡れそぼった姿は、ちょっと泣いているようでもあり、とて [続きを読む]
  • 衣替えの前に綿入れ半天の補修
  • 春らしく暖かくなってきたので、冬物を片付けて春物を出す前にカズレーザー的?半天の補修です。お袖の下側が。。。こんなんなってました。。。(///∇//)普通に着ている分には、何かモノを取る際の動作では袖下を手で押さえて取るのでこんな傷み方はしないのですが、作業机でミシンを掛けたり布を裁ったりする動作では両手を使うので、作業机に擦れて傷んでしまったみたいです??タスキを掛けたらいいのですが、タスキ掛けをする [続きを読む]
  • 志津屋さんのビーフカツサンド
  • 重すぎなくて、でも肉々しいものが食べたくなった時。そんな贅沢な望みを叶えてくれるのが志津屋さんのビーフカツサンドです(≧▽≦)ああ。。。写真を見たら、また食べたくなってしまいました。(///∇//)サクサクでジューシーで柔らかなビーフカツは、噛めば噛むほど、お肉の甘味と旨味が口の中いっぱいに広がります。おソースは甘めで、パンはトーストされています。京都はパンの消費量が多くて、パン屋さんも多く、好きなパン屋 [続きを読む]
  • シルクのシュシュ(花曇りの桜)小
  • 春の始めの最後のシュシュは、3年ぶり?4年ぶり?もしかして5年ぶり?の(///∇//)花曇りの桜(小)シルクのシュシュ(花曇りの桜)小です♪(*´▽`*)花曇りの日に見上げた桜は、空に溶け込んでしまいそうな儚さ。花曇りの桜(小)和色では「灰桜はいざくら」と呼ばれる灰色味を帯びた淡いピンクと「絹鼠きぬねず」と呼ばれるお色に近い、明るめの淡いグレーの二色を組み合わせました。色彩の明度(明るさ)は明るめで彩度(鮮やか [続きを読む]
  • 言の葉の向こう側
  • 四月のお一日とゆーエイプリルフールに書くのもなんなんですけど(///∇//)「セルフブランディングは放棄しています」に書いていた、かさこマガジンを読ませていただきました♪パラパラとページをめくった感じはまさしく企業パンフレット。じっくり読み進めると、ずっとブログで発信されてきている事がまとめられていて、見やすくて読みやすいマガジンでした。(*´▽`*)これだけのボリュームの活動をされてきたのだなぁと思うと同 [続きを読む]
  • 2017年 京都 神崎屋 筍弁当 今年も食べられました♪
  • 今年は食べれへんかも?と思っていた神崎屋さんの筍弁当ですが、天は我を見捨てませんでした。(←おおげさ)今年も食べれました〜〜〜ヾ(@^(∞)^@)ノ包装紙の下の方の黄緑の部分には可愛い筍の絵柄が入っています♪全く追いついてないブログですので、3月26日という日付は見なかったことにしてください。(///∇//)海老の天ぷ〜ら(アメリカ風の発音で)菜の花のお浸しうどの梅肉和えお魚のさわらかまぼこ筍の炊いたん玉子焼 [続きを読む]
  • シルクのシュシュ(水面の桜)小など3種
  • 山に咲く桜も、丘に咲く桜も、とても美しいと思うのですが、川や池の傍で、水に映る桜はまた格別の美しさがあって水面の桜(小)和色では「撫子色なでしこいろ」と呼ばれる紫味を帯びたピンクと「青白磁せいはくじ」と呼ばれるお色に近い、青味と緑味を帯びた、淡いグレーの二色を組み合わせて水面に映る桜をイメージしてお仕立てしました。(水面の桜)小色彩の明度・彩度はどちらも低めで落ち着いた雰囲気ですが、青白磁色は綸子 [続きを読む]
  • 「主婦業」という仕事・「家事労働」という労働
  • かさこさんのかさこマガジンもとっくの昔に届いているのですが、先に、この事を書いておかないと進めなくて。「一億総活躍」とか「起業ブーム」だとかネット上では言われていますが、(リアルな会話では聞かないです)「主婦業」という「仕事」も「家事労働」という「労働」もどちらも、「生活」という人間の一番の基盤であり、一番大切なお仕事だと思うのです。「主婦」というと、「遊んでいる」とか「旦那に養われて気楽な身分だ [続きを読む]
  • 「主婦業」という仕事・「家事労働」という労働
  • かさこさんのかさこマガジンもとっくの昔に届いているのですが、先に、この事を書いておかないと進めなくて。「一億総活躍」とか「起業ブーム」だとかネット上では言われていますが、(リアルな会話では聞かないです)「主婦業」という「仕事」も「家事労働」という「労働」もどちらも、「生活」という人間の一番の基盤であり、一番大切なお仕事だと思うのです。「主婦」というと、「遊んでいる」とか「旦那に養われて気楽な身分だ [続きを読む]
  • シルクのシュシュ(八重桜)など3種とSOLD OUT 珊瑚ピンクのシュシュ
  • 夕方から雨が降り出した京都です。お彼岸さんが過ぎても、今年はちょっと寒いですね。あっっっっっ!!(@ ̄□ ̄@;)!!という間に3月も残りわ僅か。今年は梅や桃を、まったりと愛でる機会が少なかったせいか?まだまだ桃色熱が続いております。桃色熱て。。。(///∇//)(←ひとりツッコミ)桜鼠(小)和色では「桜鼠さくらねず」と呼ばれるお色に近い、紫味を帯びたグレージュでシックなニュアンスのあるシュシュです。桜鼠(小) [続きを読む]
  • 京都 神崎屋・筍ご飯と筍のお寿司
  • 沈丁花の、甘いのにスッキリとした香りで目覚める季節になりました。ブロ友さん達が土筆(つくし)を摘んでお料理される様子を見ていると、私も摘みに行きたーーーい!と思うのですが、この辺りではもう、土筆を摘めるような場所がなくて。(_ _。)たらの芽やうど、こごみやふきのとうは八百一さんで買って、天ぷらにしていただきましたが、春を呼ぶ山菜の苦みは、季節の変わり目で疲れてしまった脳にも良いそうなのであと、もう1回 [続きを読む]
  • SOLD OUT お花のコサージュ・ブローチ(パールC)
  • 春分の日。お彼岸さん。この世とあの世が交わる日。先に逝ってしまったあの人もこの人もみんな元気にしたはるかなー?(*´▽`*)あの世の皆さんが、いつもよりもちょっとだけ傍に居てくれはる日ですね♪京都は暑いくらいのお日和でしたが、お墓参りに行ったり何だかんだとバタバタな春分の日でした。(笑)そんな春の始まる頃に、お陰様でお花のコサージュ・ブローチ(パールC)もSOLD OUTです。ありがとうございます。(´;ω;`) [続きを読む]
  • SOLD OUT シルクの刺繍シュシュ(チーク)大A
  • 奈良のお水取りも終わったというのに、今日も寒かった京都です。((((;゚Д゚))))それでも作品たちは春色が旅立って行く季節ですね♪お陰様でシルクの刺繍シュシュ(チーク)大AがSOLD OUTです。リピートしてくださいまして、本当にありがとうございます。(´;ω;`)これからのシーズンに活躍できましたら、幸いに存じます。シルクの刺繍シュシュ(チーク)大Bも1点ものになります。大きめですが着物生地ですので、髪に纏うと品良 [続きを読む]
  • 手紙を書くという事。
  • 「手紙」なんてオワコンだと言われる時代。確かに、メールの方が早くて無料でゴミも出ません。それでも、誰かに心からの気持ちを伝えたい時、私もメールでは無く、手紙やハガキを書きたくなります。流麗な文字の、素敵なお客様からのお手紙が届きました。美しい桜の封筒と便箋で。お客様からのメールでのご感想も、もちろん、とてもとても嬉しいのですが、誰かの為に、封筒や便箋を選んで、一文字一文字、時間をかけて文字を書く [続きを読む]