たら さん プロフィール

  •  
たらさん: れきし手帳
ハンドル名たら さん
ブログタイトルれきし手帳
ブログURLhttp://rekishitabi.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文日本各地を車でめぐる旅ブログ
自由文『日本の隅々まで観光してみよう』

これが今の目標。

最初は『日本100名城を中心にお城めぐりをしよう』
だったが、お寺や神社に移築門が多く残っていることを知り、
『ついでに社寺めぐりもしちゃおう』になった。

更に古戦場跡やら寺跡にも行くようになり
気付いたら『日本の隅々まで』と大それた目標になっていた。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 267日(平均1.0回/週) - 参加 2016/07/24 11:32

たら さんのブログ記事

  • 曽我兄弟のお墓参り(静岡県富士市)
  • 日本三大仇討の1つ、曽我兄弟の仇討。仇討の話は曽我物語として語り継がれている。1193年、鎌倉時代のお話だ。その曽我兄弟が眠っているのがこの曽我寺 兄、曽我祐成弟、曽我時致仇討後、祐成はその場で討ち取られ、時致は捕まり斬首となった。曽我兄弟のお墓かなり新しい石墓。よく見ると両脇に古い石墓があった。 2人の銅像も。ちなみに。曽我兄弟の墓と伝わるお墓は全国で15ヵ所くらいあるらしい。そして。境内の裏にまわると [続きを読む]
  • 美人と塩屋王子神社(和歌山県御坊市)
  • 熊野九十九王子の1つ。創建は平安時代で、熊野九十九王子の1つ。 なぜここが美人王子と言われているのか。主神の天照大神の神像が美しいから…だそうだ。今は美しい子供が授かるパワースポットとして有名みたい。当初の目的は美人とは全く関係なく、この史跡がお目当てだった。後鳥羽上皇行在所の跡地御所の芝史蹟と九十九王子。一石二鳥の神社だったが、人がいなく、少しばかり寂しい気もした。メモ住所…和歌山県御坊市塩屋町北 [続きを読む]
  • 貝がたくさん西の浜貝塚(宮城県松島町)
  • 県道27号線。セブンイレブンの隣にある遺跡。 松島湾の北西部に位置している縄文時代後期の貝塚。調査で縄文〜平安時代までの遺構が見つかり、複合遺跡として国の史跡に指定されている。この白い砂地のような所はすべて貝。 こんなに貝が落ちているとは。貝の量に感動。メモ住所…宮城県宮城郡松島町磯崎西の浜駐車場…なし滞在時間…10分その他 ①遺跡隣のコンビニ駐車場を利用(買い物もしています) ②大木囲貝塚、里浜貝塚 [続きを読む]
  • 陸奥国最北の城柵、志浪城(岩手県盛岡市)
  • 平安時代、坂上田村麻呂が造営した古代城柵。国の史跡に指定されている。 東北地方で、この時代に築かれたお城は「城柵」と呼ばれることがある。中世のお城より、防御力が弱く、行政施設として使われていたそうだ。建物は当時のものではなく、1,200年の時を経て再建されたもの。外郭南門&政庁南門&政庁東門  古代城柵の中でもトップクラスの復元建物の多さだ。政庁南門の内側には、中が見えないよう塀が設けられていた。史跡好 [続きを読む]
  • 伊東祐親のお墓参り(静岡県伊東市)
  • 平家に忠誠を尽くした武将。住宅地の一角で静かに眠っていた。 『伝』だが伊東市の史跡に指定されている。大河ドラマ『平清盛』で峰竜太さんが演じた武将。と言えばピンとくる方もいるのでは。どんな武将かというと…平家に仕え、伊豆に流された源頼朝の監視を任される。しかし娘が頼朝と通じ、頼朝の子を産むと、その子を殺ししてしまった。後年、富士川の戦いで敗れると源氏に捕えられてしまう。北条政子が懐妊し助命されるが、 [続きを読む]
  • 成就院でアジサイと海を見る(神奈川県鎌倉市)
  • 鎌倉のあじさいスポット。 江ノ電 極楽寺駅から徒歩数分。道路脇の階段を登ったところにある。窮屈な境内ながら、あじさい目当ての参拝客がたくさん。 そして。隅っこに申し訳なさそうにポツンとある石塔の一部。創建時(1219年)の貴重な遺構。さすがに石塔を見る人はごく僅か。マニアックな遺構もさることながら、海とあじさいが見れる人気スポットなのは間違いないだろう。ちなみに。ご本尊が縁結び不動明王。ということで鎌 [続きを読む]
  • ゴツゴツ岩の東尋坊(福井県坂井市)
  • 福井のビュースポット、東尋坊。 昔の怪力の僧の名前。あまりの怪力で好き勝手&わがままだった東尋坊を同僚の僧がここで酔わせて、突き落とした場所。そこが国の名勝として観光名所になっている。遊覧船で見た方が迫力は桁違い。  ゴツゴツした岩。世界的に地質学的にも珍しいモノだそう。日本海の荒波に鍛えられた強そうな岩だ。東尋坊の何かが乗り移ったようだ。海から見た東尋坊タワーとライオンに似た岩 他の遊覧船と比べ [続きを読む]
  • 助さんのお墓がある正宗寺(茨城県常陸太田市)
  • 水戸黄門の助さん。そのモデルとなった佐々宗淳のお墓参り。 助さんのお墓は本堂奥の森の中にある。この小さな案内板が無かったら、きっとお寺中を探し回ったことだろう。無事、助さんのお墓を見つけた。助さんこと佐々宗淳のお墓(常陸太田市の史跡)更に歴代佐竹一族のお墓もあった。 どれが誰のお墓かは不明みたい。助さんのお墓があるから、てっきり江戸時代創建のお寺だと思っていた。調べてみると923年創建と古く、長い間 [続きを読む]
  • 板垣信方のお墓参り(長野県上田市)
  • 若き日の武田晴信を支えた板垣信方のお墓参り。 板垣神社として整備されている。とはいえ、畑の間に木製の鳥居と石墓がある…といった場所。大々的に整備されているより、こっちの方が大切にされてる感じ気がする。板垣信方は1548年、村上義清との上田原の戦いで討死。武田二十四将に数えられ、若き日の信玄を支えた名将として知られている。メモ住所…長野県上田市下之条駐車場…なし滞在時間…5分その他 ①駐車場はないが、神 [続きを読む]
  • 中山道の宿場、大井宿(岐阜県恵那市)
  • 江戸から数えて46番目の宿場町。恵那駅から本陣跡までウォーキング。阿木川を渡ると、ちょこちょこと古い建物が登場する。 明治天皇行在所の伊藤家や、幕末の庄屋だった古屋家、更には大手門のような門まであった。  更に歩くこと数分。やっと大井宿本陣跡に到着。表門が現存建物だ。ところどころ、昔ながらの風景が残る宿場町。充実したウォーキングだった。メモ住所…岐阜県恵那市大井町60-1駐車場…なし滞在時間…40分その他 [続きを読む]
  • シンプル・イズ・丸根城(愛知県豊田市)
  • お城を知るにはうってつけ。豊田市の丸根城。 築城時期など、不明な点が多いが保存状態が非常によく、おススメしたいマイナー城。「虎口ってなに?」(写真?)「空堀ってなに?」(写真??)って方。  この地形を見てもらえれば、イメージがつくはず。一番の見どころはアーチ状の北曲輪の空堀だろう。北曲輪の中はこんな感じ。さほど広い城跡ではないし、縄張り(お城のレイアウト)の看板もわかりやすいし、楽に簡単にお城を [続きを読む]
  • スサノオが箸を拾った八岐大蛇公園(島根県雲南市)
  • スサノオVSヤマタノオロチ八岐大蛇公園(やまたのおろち こうえん)で現在も奮戦中。 ここは出雲神話の始まりの地として整備された公園。スサノオが斐伊川から流れてくる箸を拾った場所とされた場所。そこから出雲神話が始まっていくそうだ。と、言うことで箸拾いの碑も建っている。 メモ住所…島根県雲南市木次町新市駐車場…なし滞在時間…5分その他 ①公園脇の道路に停車し、ササッと見学 ②雲南市のシルバー人材センター [続きを読む]
  • 朝倉義景のお墓参り(福井県大野市)
  • 越前の戦国大名。そして11代続いた越前朝倉氏最後の当主。織田信長に攻められ、この地に逃げるが、一族の朝倉景鏡に襲撃されて自害した(と伝わる)所。ここにお墓がある(大野市の史跡)。 細い路地。住宅が集まる所にひっそり眠っている。周辺は明るいが、ここだけ木々に囲まれ雰囲気が違う。かつて越前を守護していた人が今は周辺の方々に守られているようだ。義景のほか、義景の正室祥順院や側近の鳥居景近のお墓もある。 メ [続きを読む]
  • 目のご利益スポットの油山寺
  • 遠州三山の1つ。そして。掛川城の大手二之門(1659年築 国重文)が移築現存しているお寺。 お城感を惜しみなく出している移築門。お寺には合わない気もするが、仕方ない。そんな油山寺。文化財など遠州三山の中で一番見どころがあるお寺なのだ。まず宝生殿で拝礼。世界一願いが叶う祭りみたいなのが行われる場所なんだとか。『いい旅が長く続きますように…』 続いて静岡県指定文化財たち。本堂(1738年築)&書院(1699年築)& [続きを読む]
  • 日本一のトイレがある可睡斎(静岡県袋井市)
  • 読み方は『かすいさい』隠居した武将が名乗りそうな寺名。遠州三山の1つだ。 武田信玄に敗れ、幼い松平元康(徳川家康)が逃げ隠れた場所。一番の見どころは日本一の東司(東司=トイレ)トイレの神様を中心に便器がずらりと並んでいる。撮影可能かわからなかったので、撮らなかったが他のサイトを見る限り、撮影OKだったみたいだ。参拝客の目当てはみんな、トイレ目当てなのだろうか。お通じなどのご利益があるのかわからないが [続きを読む]
  • 厄除だんごと法多山尊永寺(静岡県袋井市)
  • 遠江の三古刹、遠州三山の1つ。創建はお馴染み行基。室町時代築の仁王門(国重文)から本堂までかなり長い参道を歩く。 長い参道の途中には文化財など見どころがチラホラ。黒門(1711年築 袋井市指定文化財)や家康お手植えの松  黒門は説明板があるが、スルーの可能性大。気付いて良かった。参道ゴール直前、ここから階段を登る。この上に本堂や白山神社(1848年移築)がある。 参道ではあまり人を見かけなかったが、ここで [続きを読む]
  • 五体王子の1つ稲葉根王子(和歌山県上富田町)
  • 熊野古道沿いにある熊野九十九王子の1つ。その中でも格別の崇敬を受けた五体王子の1つに挙げられている。 モコモコした気に囲まれており、若干社殿が立派な王子跡地。そんな稲葉根王子跡。気になることが1つ。稲荷神の発祥の地という説があるらしい。稲葉と稲荷。何か関係があるのだろうか。メモ住所…駐車場…無料?あり滞在時間…分その他 特になし ① ② [続きを読む]
  • 楽市楽座の円徳寺(岐阜県岐阜市)
  • 織田家とのゆかりが深いお寺。国道沿い、商店街の一角にあるせいか、広くはないが、織田家の史跡が目白押し。まず。織田信秀(信長の父)が斎藤道三に大敗した時の戦死者を弔った織田塚織田信長が寄進した梵鐘(岐阜市指定文化財)関ヶ原の戦いで敗れた岐阜城主織田秀信(信長の孫)が剃髪した髪を埋めた織田秀信の剃髪塚そして何より。あの楽市楽座の発祥の地として有名な場所なのだ。道路に向かって織田信長など4人の花押が並ん [続きを読む]
  • 山頂の森将軍塚古墳(長野県千曲市)
  • 森将軍塚古墳。森さんの古墳じゃない。森という場所にいた偉い人の古墳。大穴山の山頂にある大きな前方後円墳。 駐車場は山のふもと。有料のシャトルバスで行くか、頑張って歩くかのどちらか。古墳館も見たかったのでバス&古墳館の共通券を買い、バスで山頂まで行った。  古墳エリアだけ木がなく、開けている。そのせいか、実物以上の迫力と大きさを感じる。ちなみにこの古墳。現存ではなく、発掘調査に基づき、1600年前の姿を [続きを読む]
  • 宝がありそうな宝島寺(岡山県倉敷市)
  • 59年創建と伝わる古いお寺。 住宅地の一角にあり、一見どこにでもありそうなお寺。それにしても。859年という時代に、一体どんな意味を込めて『宝島寺』と名付けたのだろう。そんな謎が残る中、現在のお宝は入口の仁王門&仁王像だ。 共に江戸時代の大火から免れ、岡山県の文化財に指定されている。今にすればこの山門がまさにお宝だろう。自分としては。宝くじのご利益なんかで、繁盛しそうなお寺な気がした。メモ住所…岡山県倉 [続きを読む]
  • 賢忠寺で水野勝成のお墓参り(広島県福山市)
  • 徳川家康の従兄弟、水野勝成。福山藩の初代藩主。その水野家の菩提寺が福山市内にある賢忠寺というお寺。 1622年に創建されたお寺も今は重量感ある山門と幼稚園に様変わりしている。幼稚園だからか、中には入れない。周辺をウロウロしてたら遠くの塀越しに石塔の先っちょが見えた。塀を伝い、無事に石塔に到着。お目当ての水野勝成と歴代藩主の墓所だ。まさか敷地外にあるとは思いもよらなかった。お寺が閉まっていたことに逆に感 [続きを読む]
  • 人面魚で有名だった善宝寺(山形県鶴岡市)
  • 人面魚という魚を知っているだろうか。その名の通り、人の顔をした(ように見える)魚だ。おそらく自分と同じ世代の人は幼い頃、ニュースで見聞きした人が多いはず。あれから数十年。人面魚がいるお寺にやってきた。 それなりに広い境内で、江戸時代末期の建物が多く残っている。龍華庵(1879年築)&龍王殿(1833年築)&総門(1856年築)  五重塔(1893年築)&山門(1862年築)&五百羅漢堂(1855年築)  そして。お目当て [続きを読む]
  • 四国霊場の第55番礼所、南光坊(愛媛県今治市)
  • 国道沿いに建つ大きな山門。塀がなく開放的なお寺だ。 創建は行基。かつて四国本土に建立した8坊というお寺の1つ。戦国時代、その8坊すべてが焼失してしまったが、ここだけ江戸時代に再建された。しかし、太平洋戦争で、金毘羅堂(1818年築)と大師堂(1916年築)以外は焼失してしまった。 それ以外は戦後に再建されたもの。ちなみに。隣には大山衹神社という神社がある。 国道沿いに大きな鳥居と大きな山門が並ぶ珍しい光景の [続きを読む]
  • 松平氏発祥の地、松平東照宮(愛知県豊田市)
  • 徳川家&松平家の発祥の地。 徳川家康こと松平元康。ここは家康の祖先でもあり、松平氏の祖でもある松平親氏が居を構えた場所なのだ。現在は松平東照宮となっている。東照宮を囲っている立派な石垣と水堀 松平家9代当主松平尚宋が関ヶ原の戦い後に築いた遺構。石垣の方が低い所もあり驚いたが、なかなか立派だった。その他に。松平氏が産湯として使っていた産湯の井戸が残っている。 5個くらい井戸があった。ちなみに。家康が産 [続きを読む]
  • 佐竹義重が眠る闐信寺(秋田県秋田市)
  • 読み方は『てんしんじ』鬼義重と恐れられた佐竹義重のお墓があるお寺だ。 お墓探して境内をウロウロ。ウロウロ。はたから見れば、変な人に見えるだろう。でも。なかなか見つからない。結局、お墓は見つからずまい。唯一の収穫は山門の石製の仁王像だけ。  後々調べてみたら、義重のお墓はお堂に包まれ非公開なんだって。来たことに満足しよう。メモ住所…秋田県秋田市手形蛇野89駐車場…無料?あり滞在時間…10分その他 ①境内 [続きを読む]