博道 さん プロフィール

  •  
博道さん: 教科の学習
ハンドル名博道 さん
ブログタイトル教科の学習
ブログURLhttp://www.toudounavi.com/blogpage/
サイト紹介文各教科について、文章による解説とまとめ。解説動画へのリンク。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供533回 / 237日(平均15.7回/週) - 参加 2016/07/25 13:58

博道 さんのブログ記事

  • おしらせ
  • 2017年(平成29)の夏から初秋にかけて、以下の科目について参考書的なものを作成していきます。 初学者や独学でも定着しやすい、新しい形式の教材です。 完成しましたら、順次ご案内していきます。 ●中学(通常版・公立高校入試版)  :社会、理科 ●高校(通常版)  :日本史、政治・経済、現代社会、(世界史) [続きを読む]
  • 公民3−9① 地方自治 まとめ
  • 1.地方自治 ①地方公共団体(地方自治体) ・都道府県・市町村のこと ・地方自治が行われる単位 ②地方自治 ・国から自立した地方公共団体が、それぞれの地域を運営する ・日本国憲法に地方自治の規定あり  ※大日本帝国憲法には、地方自治の規定はなかった ③地方公共団体の仕事 ・ごみの収集 ・警察・消防 ・上下水道の整備 ・図書館・公立学校の設置 ・戸籍の管理な [続きを読む]
  • 公民3−8② 違憲審査制 まとめ
  • 1.違憲審査制 ①対象 ・国会が制定した法律 ・内閣による命令・規則・処分 ②違憲審査制の内容 ・憲法に違反していないかどうかを裁判所が審査する ・具体的な事件を通して審査する ③「憲法の番人」 ・最高裁判所は「憲法の番人」とよばれる  →理由:最高裁判所は、法律などが合憲か違憲かについて、最終的な決定権をもっているから 2.最高裁判所による違憲判決 [続きを読む]
  • 歴史5−1① 近代革命の時代 まとめ
  • 1.啓蒙思想家とおもな主張 ①ロック ・社会契約説、抵抗権を主張 ②モンテスキュー ・三権分立] ③ルソー ・社会契約説、人民主権 2.革命の時代 ・[絶対王政]…絶対的な権力をもった国王の意思決定 によりものごとが決められる政治体制 ①イギリス ・1642年、ピューリタン革命(清教徒革命)  …指導者は[クロムウェル]。王政を廃止し共和制となる [続きを読む]
  • 歴史4−16② 天保の改革、雄藩の成長 まとめ
  • 1.天保の改革 ・老中水野忠邦による改革 ・期間:1841〜1843年 ①おもな政策 ・倹約令:ぜいたくを禁止 ・株仲間の解散:物価の上昇をおさえるため ・江戸に出かせぎに来ていた農民を農村に帰らせる ・出版の統制 ・江戸・大阪周辺の農村を幕府の直接支配地(幕領、天領)にする命令  →大名や旗本の反対で中止 ②結果 ・改革は2年余りで失敗 ・水野忠邦は老中を辞 [続きを読む]
  • 歴史4−16① 外国船の来航、国内の動揺 まとめ
  • 1.外国船の来航と幕府の対応 ①1792年、ロシアのラクスマンが来航 ・蝦夷地の根室に来航 ・漂流民大黒屋幸太夫を送り届け、通商(貿易)を求める ②1804年、ロシアのレザノフが来航 ・長崎に来航し、通商を求めるが幕府は拒否 ③幕府による蝦夷地・樺太(サハリン)の調査 ・最上徳内 ・近藤重蔵 ・間宮林蔵:伊能忠敬に測量術を学ぶ。樺太が島であることを発見  →幕府は [続きを読む]
  • 歴史4−15② 化政文化 まとめ
  • 化政文化 特徴:19世紀前半の文化・文政年間に江戸を中心に栄えた、庶民を担い手とする文化 1.浮世絵の発展 ①錦絵 ・多色刷りの版画 ・鈴木春信が創始 ②東洲斎写楽の活躍 ・人気の歌舞伎役者の絵を描く ③美人画 ・喜多川歌麿の「ポッピンを吹く女」など ④風景画 ・葛飾北斎の「富嶽三十六景」 ・歌川広重(安藤広重)の「東海道五十三次」 [続きを読む]
  • 歴史4−14② 寛政の改革、藩政改革 まとめ
  • 1.寛政の改革 ①特徴 ・老中松平定信による改革 ・期間:1787〜1793年 ・祖父の徳川吉宗の政治を理想とする ②おもな政策 ・江戸に出かせぎに来ていた農民を農村へ帰らせる ・凶作に備えて村ごとに倉をつくり米をたくわえさせる ・商品作物の栽培を制限 ・湯島の聖堂に昌平坂学問所を設立  →朱子学以外を禁止(寛政異学の禁) ・旗本・御家人の救済:借金を帳消し ・倹約 [続きを読む]
  • 歴史4−14① 田沼の政治 まとめ
  • 田沼の政治 1.特徴 ・老中田沼意次による政治 ・年代:1767〜1786年 ・商人の力を利用して財政難に対応  →株仲間の結成を奨励して営業税を納めさせる ・長崎での貿易拡大  →俵物(海産物)の輸出を増加 ・蝦夷地の調査 ・印旛沼(千葉県)の干拓  ※利根川の洪水で失敗 2.結果 ・地位や特権を求めたわいろの横行  →政治の乱れ。批判をまねく [続きを読む]
  • 歴史4−13① 享保の改革 まとめ
  • 享保の改革 ・8代将軍徳川吉宗による改革 ※将軍在職1716〜1745年 1.財政難への対応 ①武士に質素・倹約を命じる ②上げ米の制 ・石高1万石につき100石を大名に納めさせる ・そのかわり、大名が江戸にいる期間を1年から半年に短縮 ・期間限定で実施 ②目安箱の設置 ・庶民の意見を聞くため ③公事方御定書の制定 ・裁判の基準となる法律 ④ [続きを読む]
  • 歴史4−12② 元禄文化 まとめ
  • 元禄文化 1.特徴 ・京都や大阪など上方の都市の繁栄を背景に栄えた、経済力のある有力な町人を担い手とする町人文化 ・5代将軍徳川綱吉の時期を中心とする 2.文学・文芸 ①浮世草子 ・町人の生活をいきいきとえがいた小説 ・井原西鶴の「日本永代蔵」など ②俳諧(俳句) ・連歌をもとに成立 ・松尾芭蕉の俳諧紀行文「奥の細道」など ③人形浄瑠璃 ・脚本家の近松 [続きを読む]
  • 歴史4−11 農業と諸産業の発達 まとめ
  • 1.農業 ①新田開発 ・幕府や藩がさかんに行い、耕地を拡大 ・耕地面積の増大:18世紀初めに豊臣秀吉の時代の[2]倍に ②さまざまな農具 ・備中ぐわ…深くたがやせる ・千歯こき…脱穀を効率的に行える ・唐箕…風をおこして米粒・もみがら・ちりを分ける ③商品作物 ・販売して現金を得るための作物 ・藍・紅花:染料用 ・麻・綿:衣料用 ・菜種:油を灯りに使用 [続きを読む]
  • 歴史4−10 鎖国下の対外関係 まとめ
  • 鎖国下でも開かれていた4つの窓口(四つの口) 1.長崎 ・幕府の直轄地 ・中国(清)・オランダと貿易を行う  ※17世紀半ば、明が滅亡し、女真族(満州族)の清にかわる ・清・オランダと国交はない ・中国人は唐人屋敷に居住 ・オランダ人は出島に居住。オランダ風説書の提出も ・輸出品:金・銀  →のち銅・俵物(海産物)など ・輸入品:生糸・絹織物など 2.対馬 [続きを読む]
  • 歴史4−9② キリスト教の禁止と貿易の統制
  • 1.キリスト教の禁止 ・1612年、幕領(天領)にキリスト教禁止令(禁教令)を発令  →1613年、全国に拡大 2.貿易の統制(鎖国の完成) ①3代将軍徳川家光の政策とおもなできごと ・1624年、スペイン船の来航を禁止 ・1635年、外国船の来航・貿易地を長崎と平戸に限る。  さらに、日本人の海外渡航・帰国を禁止 ・1637年、島原・天草一揆:天草四郎(益田時貞)を大将とするキ [続きを読む]
  • 歴史4−9① 江戸時代初期の貿易 まとめ
  • 1.朱印船貿易の奨励 ①朱印状の発行 ・渡航許可証のこと ・江戸幕府(徳川家康)は日本の商船に朱印状を与えた ②朱印船を送った人たち ・京都・堺・長崎などの商人 ・西日本の大名(西国大名) →東南アジア各地に朱印船を送り、さかんに貿易を行った  例)ルソン(フィリピン)、シャム(タイ)、安南(ベトナム)など ②日本町の形成 ・東南アジア各地に形成される ・山田 [続きを読む]
  • 歴史4−8 江戸時代の身分制度 まとめ
  • 1.江戸時代の身分制度 ・武士、百姓(農民など)、町人(商人・職人など) ①武士 ・城下町で生活。全人口の約7% ・武士の特権:名字を名のること、帯刀(刀を差すこと) ②町人 ・城下町で生活。全人口の約5% ・地主・家持…町内に土地や家をもち、税を納めた  →町役人(名主など)に選ばれ、町奉行のもとで自治を行う ・借家人:日雇いや行商で暮らした人々 ③百姓 [続きを読む]
  • 歴史4−7② 幕藩体制と大名・朝廷の統制 まとめ
  • 1.大名の種類と支配のしくみ ・大名…将軍から1万石以上の領地を与えられた武士 ①親藩 ・徳川氏の一族 ・御三家…尾張、紀伊、水戸の徳川氏 ②譜代大名 ・古くから徳川氏に従っていた大名 ・石高は少ないが、大老・老中など幕府の要職についた ③外様大名 ・関ヶ原の戦い前後から徳川氏に従った大名 ・石高の大きい大名もいたが、幕府の要職につけない ・江戸から遠い [続きを読む]
  • 歴史4−6 桃山文化、南蛮文化 まとめ
  • 1.桃山文化(安土桃山文化) ①特徴 ・戦国大名や大商人の権力・富を背景とした、豪華で壮大な文化 ②建築 ・城:壮大な天守閣、書院造の広間   例)安土城、大阪城、姫路城(白鷺城) ②絵画 ・障壁画…ふすまや障子にえがかれた  →狩野永徳]や弟子の狩野山楽などの画家が活躍 ・「唐獅子図屏風」:狩野永徳の代表作 ③茶の湯 ・千利休が質素なわび茶の作法を完成 [続きを読む]
  • 歴史4−5 豊臣秀吉の政治 まとめ
  • 1.豊臣秀吉の政治 ①太閤検地 ・全国の田畑の面積や土地の良し悪しを調査  →予想される収穫量を石高で表した  ※土地の所有権は検地帳に登録された農民のもの ②刀狩 ・農民や寺社から武器を取り上げた ・目的:農民の一揆を防ぎ、耕作に専念させるため ※史料:刀狩令 「諸国の百姓が刀やわきざし、やり、鉄砲、その他の武器を持つことは、かたく禁止する。」 ③兵農分 [続きを読む]
  • 歴史4−4② 豊臣秀吉の統一事業 まとめ
  • 1.羽柴秀吉(のち豊臣秀吉)の統一事業 ・本能寺の変の直後、明智光秀をたおす ・織田信長の後継者の地位を勝ち取る ・大阪城を築いて拠点とする ・朝廷から関白に任命される ・豊臣姓を与えられる ・惣無事令…天皇の命令として全国の大名に停戦をよびかける ・九州の島津氏を降伏させる ・1590]年、関東の北条氏をほろぼす  ※伊達政宗など東北地方の大名も秀吉に従った [続きを読む]