気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅 さん プロフィール

  •  
気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅さん: 気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録
ハンドル名気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅 さん
ブログタイトル気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/y0sh1dac1c2f1f2
サイト紹介文神社・仏閣、史跡などぶらり旅めぐりでの写真、珍散文を載せている。(自分の備忘録)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2016/07/25 22:39

気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅 さんのブログ記事

  • 北口本宮浅間神社 (山梨富士吉田)
  • おはよう、今日(170821)は、2015年に訪れた「北口本宮浅間神社」を振り返ってみました。残念ながら、まだご朱印帳を忘れ、頂戴していないので、近じか参拝し、ご朱印を。大きな鳥居 神門と、     社殿(拝殿+本殿)  天狗の面が目立ちます。境内の様子(モミジ、つつじ、梅の木が有名です)参道近くにあるバスの停留場(列をなして面白そう)以上コメント; [続きを読む]
  • 富士山五合目にある山の神社(山梨富士吉田)
  • おはよう、今日(170819)は、2015年に訪れた、富士山五合目にある「富士山小御嶽神社」を振り返ってみました。富士山小御嶽神社のご朱印(参拝日2015-10-07)富士山と天地の境の言葉が強烈な印象を受けた記憶があります。鳥居と、     社殿(拝殿+本殿)富士山の五合目のお土産屋さんでは、天狗のお面などが飾られているが天狗は、小御嶽神社の眷属とされ、この辺りは「天狗の庭」とも呼ぶ。重そうな開運小槌と大きな赤いゲ [続きを読む]
  • 新倉山富士浅間神社 (山梨富士河口湖)
  • おはよう、今日(170818)は、2015年に訪れた、「新倉山浅間神社公園」を振り返ってみました。地元の方が、今日は珍しく富士山がきれいに見えると嬉しそうに話していたことが思い浮かびます。又富士スバルラインも期間限定で今日は無料との話も教えて頂きました。現在は、交通規制がかかっているそうです。浅間神社の鳥居と富士山浅間神社約400段の石段、息をハーハーしながら登った記憶が蘇る。頂上には、とても綺麗な五重の塔、 [続きを読む]
  • 箱根神社 (箱根町元箱根)
  • おはよう、今日(170817)は、「箱根神社」を参拝した内容を振り返りました。(ちょうどこの時季、山のホテルのツツジ祭りが開催されていて、早朝時間が早かったので、隣の箱根神社に寄った。)数個ある、鳥居の様子神門と、     社殿(拝殿+本殿)九頭竜神社(ここにもある、同じ御利益が得られる)境内の様子早朝の陽射しが幻想的であった。 以上コメント; [続きを読む]
  • 王子神社 (北区王子)
  • おはよう、今日(170812)は、久しぶりに、神社・仏閣巡りの一つ、「北区王子 王子神社」を参拝してきました。少し蒸し暑い陽気であったが、無事参拝を終えることができた。王子神社の近くに「王子狐の行列」で有名な「王子稲荷神社」ある。王子稲荷神社は、「東国三十三か国の稲荷の総司」です。機会があれば参拝に伺いたい。-------------------------------------------------------参拝日2017-08-12社号、社格:     准 [続きを読む]
  • 穴八幡宮 (新宿区西早稲田)
  • おはよう、今日(170812)は、2016年に「江戸三十三観音巡り」をしたときの、神社・仏閣を参拝した、主な所を再します。穴八幡宮(あなはちまんぐう)は、新宿区西早稲田の市街地に鎮座している神社。蟲封じのほか、商売繁盛や出世、開運に利益があるとされている。旧称は高田八幡宮。江戸八所八幡のひとつ。毎年冬至から節分まで頒布される一陽来復守が有名。御朱印も社号ではなく「一陽来復」だそうです。(出典元:ネット情報)道 [続きを読む]
  • 鎌倉 御霊神社前の江ノ電踏切と紫陽花
  • おはよう、今日(170812)は、2015年に訪れた、鎌倉・御霊神社前の「江ノ電の踏切付近の紫陽花と江ノ電の新旧の電車」を入れてみました。御霊神社の社殿(拝殿+本殿)は今回省略しました。新型のカラフルな江ノ電・電車旧型の懐かしい江ノ電・電車(小生は、旧型が非常に懐かしい)踏み切り周辺の紫陽花(交通監視員が常時見ている。それだけ、観光客がこの時季は訪れる)以上コメント; [続きを読む]
  • 山形米沢 上杉神社
  • おはよう、今日(170812)は、2015年に訪れた、「山形米沢・上杉神社」を参拝した様子を振り返ってみました。「上杉神社(うえすぎじんじゃ)」は、山形県米沢市にある神社。松が岬公園(米沢城址)に位置し、上杉謙信を祀る。旧社格は別格官幣社。上杉謙信を祀っている。武田信玄と戦った「川中島の戦い」は特に有名である。上杉神社のご朱印(参拝日2015-10-21)上杉神社の参道、目につくのは両サイドの幟旗(「懸り乱れ龍の旗」 [続きを読む]
  • 鎌倉 妙本寺
  • おはよう、今日(170810)は、2015年に訪れた(鎌倉三十三観音巡りの最中の一コマ)、鎌倉の神社・仏閣の一部を再します。(妙本寺)今日は猛暑で我が家の室内も33度を超えました。クーラーが一人頑張っています。(昨今、用事が立て込んでおりぶらり日帰り散歩が中断しています)「妙本寺(みょうほんじ)」は、鎌倉市大町にある、日蓮宗の本山(霊跡寺院)。山号は長興山。鎌倉駅に近い場所である。(徒歩5分程度)参道を進 [続きを読む]
  • 2016 振り返って(葛飾区柴又 帝釈天(境内の庭園))
  • おはよう、今日(170729)は、私用が重なり、ぶらり散歩が中断しています。2016年この時季に、神社・仏閣巡りした所を振り返ってみました。少し、蒸し暑い感じを思い浮かべます。エリアは葛飾区柴又、寅さんで有名な「帝釈天」、「寅さん記念館」、「矢切の渡しの情緒風情」である。それらを順次します。心が落ち着く広大な庭園(緑が鮮やかである)「庭園(邃渓園:すいけいえん)」庭園内には、休憩室(大きなテーブルと椅子、ベ [続きを読む]
  • 2016 振り返って(葛飾区柴又 帝釈堂彫刻ギャラリー)
  • おはよう、今日(170728)は、私用が重なり、ぶらり日帰り散歩が中断しています。2016年この時季に、神社・仏閣巡りした所を振り返ってみました。少し、蒸し暑い感じを思い浮かべます。エリアは葛飾区柴又、寅さんで有名な「帝釈天」、「帝釈天彫刻ギャラリ−」、「寅さん記念館」、「矢切の渡しの情緒風情」である。それらを順次します。昔の人の技術、力量、色彩感覚に絶句する。十二支、天女が奏でる雅楽、法華経説話、花鳥風月 [続きを読む]
  • 2016 振り返って(葛飾区柴又 帝釈天)
  • おはよう、今日(170727)は、私用が重なり、ぶらり散歩が中断しています。2016年この時季に、神社・仏閣巡りした所を振り返ってみました。少し、蒸し暑い感じを思い浮かべます。エリアは葛飾区柴又、寅さんで有名な「帝釈天」、「寅さん記念館」、「矢切の渡しの情緒風情」である。それらを順次します。柴又帝釈天の境内ご紹介(柴又駅周辺)bc柴又帝釈天のご朱印(力強い毛筆体)と、     山号、寺院号、宗派標 二天門(山 [続きを読む]
  • 2016 振り返って(中央区上溝 禅寺 宝光寺)
  • おはよう、ようやく梅雨明けの時季を思わせる天候に入ってきたでしょうか!!!(連日蒸し暑い日が続いていますが!!!)今日(170717)は、2016年(2016-06-03)に相模原市内にある神社・寺院を巡った中から気に残る神社、寺院を再度します。道保川公園の近くにある「中央区上溝・宝光寺」です。6月は深緑と梅雨時であり、活動が少なくなる時季である。宝光寺:寶光寺(緑区上九沢・梅宗寺:百番観音(西国三十三番、坂東三十三 [続きを読む]
  • 茅の輪くぐりの神事(再投稿)
  • おはよう、今日(170713)は、昨年(2016-07-04)参拝中に「茅の輪くぐり」がおこなわれてたタイミングであった。今年は、所用で参拝の機会がなく、近じか訪れたい。因みに2017年は6月25日に開催された。「茅の輪くぐり」神事:「蘇民将来」と三度唱えながらくぐると、健康と長寿を得られると言う。写真は2016年に撮影したものです。ご朱印と、     亀の姿がいたる所に彫られている。 大鳥居正面神門社殿(拝殿+本殿)拝殿 [続きを読む]
  • 亀ヶ池七福神巡り(再投稿)
  • おはよう、今日(170710)は、昨年(2016-07-04)参拝した「亀ヶ池八幡宮」の境内に「一度に巡れる七福神」がある。訪れるたびに参拝します。「亀ヶ池八幡宮」では、境内に七福神をお祀りしている。七福神の「七」にちなんで平成7年7月に参拝者皆様の開運を祈願して創設されたそうです。「七福神」は、1)大黒天2)毘沙門天3)布袋尊4)弁財天5)寿老人6)恵比寿7)福緑寿の七体の石像である。           (HPか [続きを読む]
  • 鎌倉十橋(再投稿)
  • 早いもので、投稿してから1ヶ年が経ちます。時の進む感覚が速く感じられる。おはよう、今日(170708)は、2016年に投稿した「ぶらり散歩・神社仏閣巡り」の中で、足を運んだ史跡を再投稿します。今回は、「鎌倉十橋・鎌倉地域に散在する「橋」」を観て回った。鎌倉では「鎌倉十橋」と呼ばれ、皆さんから親しまれている。大方は、神社、寺院の傍に点在する。 「鎌倉十橋」は、十個の橋を指し、あと1ケ所残っている(針磨橋(はりす [続きを読む]
  • 鎌倉十井(再投稿)
  • おはよう、今日(170706)は、2016年に投稿した「ぶらり散歩・神社仏閣巡り」の中で、足を運んだ史跡を再投稿します。今回は、「鎌倉十井・鎌倉地域に散在する「井戸」」を観て回った。鎌倉では「鎌倉十井」と呼ばれ、皆さんから親しまれている。大方は、神社、寺院の傍に点在する。「鎌倉十井」は、十個の井戸を指すが、現在は、8ヶ所が観れる、2ヶ所は、民家の敷地内(扇ノ井)、崩落の危険(棟立ノ井(非公開))があり、観るこ [続きを読む]
  • 文京区湯島 湯島聖堂(孔子廟) その3
  • ?  「文京区湯島 湯島聖堂(孔子廟) その2」  から続く  「湯島聖堂」の周辺の様子領地内の案内板、ここが正門のところ「聖橋、西門付近」からの眺めと、     「聖橋門」と美しい湯島聖堂の特徴ある土塀「明神門(みょうじんもん)」、催し、行司がなければ開門されない。「湯島聖堂西門」「古跡 昌平坂」の石柱と周辺の様子「相生坂」、「聖橋」からの様々な眺めと、     湯島聖堂を取り囲む特徴ある土塀丸 [続きを読む]
  • 文京区湯島 湯島聖堂(孔子廟) その2
  • 湯島聖堂(孔子廟)の全景、屋根に置かれている青銅造りの物に注目?  「文京区湯島 湯島聖堂(孔子廟) その1」  から続く「大成殿」の屋根に注目合格祈願の絵馬が所狭しと絵馬奉納所に結びつけられている。「斯文会館」の正面集合写真にしました。(境内の様々な様子)敷地内には珍しい「楷の木」がある。深緑の葉は太陽を遮断するほど生い茂っている。?  「文京区湯島 湯島聖堂(孔子廟) その3」  へ続く 以上 [続きを読む]
  • 文京区湯島 湯島聖堂(孔子廟) その1
  • 屋根に載っている青銅製の鬼犾頭・鬼竜子に注目大成殿の屋根は、入母屋造の銅本丸茸で、大横の両端には魔除けの青銅製 鬼犾頭が、下り棟と隅棟には 鬼竜子が置いてある。おはよう、今日(170615)は、所用があり、前回あまり拝観できなかった「文京区湯島・湯島聖堂」に行ってきました。残念ながら「大成殿」の公開日でなく「拝観」出来なかったが、敷地内をぶらり散歩できました。「斯文会館」では複数講座・講義中で、異様な環境 [続きを読む]
  • 杉並区阿佐ヶ谷 阿佐ヶ谷神明宮
  • おはよう、今日(170615)は、「杉並区・阿佐ヶ谷」にある、「阿佐ヶ谷神明宮」に出掛けて来ました。----------------------------------------------------------社格        旧村社社号        天祖神社?神明宮正式名称     阿佐ヶ谷神明宮御祭神       天照大神を主祭神に、月読命・須佐之男命を配祀するコメント      皇室の御祖神であり、太陽神でもある天照大御神(アマテラスオオミカミ) [続きを読む]
  • 杉並区阿佐ヶ谷 世尊院
  • おはよう、今日(170615)は、用賀で用事があり、その前に、「杉並区阿佐ヶ谷」にある「阿佐ヶ谷神明宮」に行ってきました。行く途中に「阿谷山正覚寺世尊院」があり立ち寄り参拝しました。道路脇に観音堂があり、道路を挟んで「世尊院本堂」がありました。今回は「観音堂・観世音菩薩」を中心に参拝しました。----------------------------------------------------------山号          阿谷山寺院号         [続きを読む]
  • 世田谷区宮坂 世田谷八幡宮 その3
  • ?  「世田谷区宮坂 世田谷八幡宮 その2」  から続く「世田谷八幡宮」の壮麗な社殿参道入口右手に厳島神社(市杵島姫命)が鎮座している。弁天池もあり、小さな滝も造られ綺麗に整備されている。「世田谷八幡宮」の境内にある「厳島神社」厳島神社と共存!!!(何の関係があるのでしょうか!!!)鳥居をくぐるとすぐ右側に境内社「厳島神社(いつくしまじんじゃ)」が合祀(ごうし)されている。「厳島神社」といえば、広島 [続きを読む]
  • 世田谷区宮坂 世田谷八幡宮 その2
  • ?  「世田谷区宮坂 世田谷八幡宮 その1」  から続く「世田谷八幡宮」の社殿(壮麗な重厚な造り)  「社務所」(ここでご朱印を頂戴した)「倉庫」最近建てられた「第二社務所(参集殿)」、広い駐車場であった。境内の様子境内は深緑樹木、木々に覆われ静寂、薄暗い感じを受ける(パワーを受ける、神聖感である)拝殿右手奥に境内社の「招魂社」(氏子戦歿者)、そして「高良神社」(高良玉垂命)がそれぞれ鎮座している。神社 [続きを読む]