ひのっき絵日記 さん プロフィール

  •  
ひのっき絵日記さん: ひのっき絵日記
ハンドル名ひのっき絵日記 さん
ブログタイトルひのっき絵日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hino
サイト紹介文あったかくてぐっすりでごはんがおいしくてよかったねうれしいねなんて小さなしあわせ探し絵日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/07/26 03:21

ひのっき絵日記 さんのブログ記事

  • サイゼリヤのミートソースボロニア風
  • 何やらパスタが食べたくなりサイゼリヤへ。今日はミートソース気分かなとメニューを見ると、ミートソースボロニア風が税込399円。流石の安さですねとオーダー。うん、美味しい!モチモチ食感の麺に牛肉の旨味と程よいソースのコク、チーズの香りが絡み安定の美味しさ。タバスコをかけると唐辛子とビネガーの刺激がパスタの旨味を引き立て、こりゃ旨いとフォークのクルクルが止まりません。あー、美味しかった!満足満足。399円で美 [続きを読む]
  • 三浦しをん「まほろ駅前狂騒曲」
  • まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)三浦しをん文藝春秋三浦しをん先生の「まほろ駅前狂騒曲」を読みました。面白かったです。主人公の二人の便利屋は、それぞれの過去から子供に対する深いトラウマを抱えています。そんな二人が4歳の女の子を1ヶ月半もの期間、預かることになりました。次々と巻き起こる事件やトラブルの中、二人はトラウマを乗り越え子供を無事預かり切ることができるのか!…というお話。偽装や虐待などテーマは重いの [続きを読む]
  • 池袋知音食堂の担々麺
  • 池袋をふらふらしていると、気になるお店発見。知音食堂。本場中国っぽい雰囲気に、ふむふむと入店。店内は異国情緒たっぷりで、店員さんもお客さんも中国語(多分)を話しています。看板メニューの担々麺(税込780円)到着。う、うーん。なんというか、日本の中華料理とは違うガツンとハードな味わい。辛さに容赦がなく、油感が満載です。麺もコシがなくふにゃふにゃとした食感。なるほど、本場中国の味を忠実に再現するとこうなる [続きを読む]
  • 箱根そばのミニカツ丼セット
  • おなかすいたーとふらふらしていると、箱根そば発見。ミニカツ丼セット620円の看板にそれはお手頃かもと入店。ミニカツ丼セット到着。カツ丼と蕎麦の揃い踏みは迫力ありますね。うん、カツ丼美味しい。厚いカツの旨味に卵のコクと出汁の香りが絡み絶妙な美味しさ。そこへ手繰る蕎麦の美味。お互いが旨味を引き立てあう豪華共演に舌鼓です。あー、美味しかった!お腹いっぱい。カツ丼と蕎麦って何気に相性がいいですねなんてランチ [続きを読む]
  • 池袋「節骨麺たいぞう」のこってり醤油ラーメン
  • 池袋をぶらぶらしていると、気になるお店を発見。節骨麺たいぞう。鯖節、煮干、昆布、豚骨、鶏骨の五段スープに国産小麦の極上麺かあ。これは食べてみないとと入店。看板メニューのこってり醤油ラーメン(税込680円)到着。うーん、美味しい!鯖節、煮干、昆布の海産出汁に豚骨のコクと鶏ガラの旨味が絡み奥深い美味しさ。モチモチ食感の縮れ面が気持ち良く喉に吸い込まれます。こりゃ旨いと夢中で食べ尽くしました。あー美味しかっ [続きを読む]
  • トマトは猛将の信念
  • 今日はサイゼリヤの500円ランチ。 スパイシートマトハンバーグランチをチョイス。 うーん、美味しい。 たっぷりトマトソースの甘味と酸味がジューシーなハンバーグと絡み安定の美味しさ。 トマトは南米原産のナス科の作物で、コロンブスら探検家により16世紀初頭にはヨーロッパに伝えられたと言われています。しかし200年もの間毒があると信じられ、食用に供されたのは18世紀になってからです。 北アメリカでは更に食用が遅れ、1 [続きを読む]
  • 「凪のお暇」は空気を読むという呪いとの闘いを描いた良作
  • 凪のお暇 1 (A.L.C. DX)コナリミサト秋田書店コナリミサト先生の「凪のお暇」を読みました。面白かったです。ちょっと勇気をもらいました。主人公は節約だけが生きがいの都内28才女性会社員。人に嫌な顔をされるのが怖くて、面倒な頼みごとや断りたい誘いでも「空気を読んで」いつも笑顔で受け入れてしまいます。そのため人に舐められやすく、職場では膨大な雑用やミスの責任を次々と押し付けられた上、ああはなりたくないよね [続きを読む]
  • 神楽坂ダンダダン酒場の肉汁餃子とプレモル
  • 神楽坂をぶらぶらしていると、なにやら気になる看板発見。 「餃子とビールは文化です。」 肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場。 なにやら自信ありそうですねと入店。 生ビール(450円)到着。 ふむ。「プレモルを最高の状態で出すことを誓います。」とな。 肉汁餃子(450円)到着。 「当店の餃子は何もつけないでお召し上がりになれまーす。」と店員さん。 うん、美味しい。 皮の中にスープがたっぷり入っており、まるで小籠包の [続きを読む]
  • いなばチキンとタイカレーイエロー
  • 一人お家での昼ご飯。 何かないかなーと食料棚を探ると「いなばチキンとタイカレー イエロー (129円)」を発見。ククク・・・、これまでレッド、グリーンと平らげてきたが、いよいよイエロー、貴様の番のようだな・・・。 解凍ご飯と皿に盛り、レンジで30秒。 できたー!特製普通のタイカレー。 うーん、美味しい! ココナツミルクの甘味とスパイスの辛み、ハーブの香り、ごろごろ鶏肉の旨味がまろやかに絡み、これぞタイカレー [続きを読む]
  • 漫画の聖地としま
  • 西武池袋線の東長崎駅改札口に素敵なモニュメント発見。ジャングル大帝のレオとライヤが仲良く鎮座しています。その上には「漫画の聖地としま」の文字。確かに豊島区って椎名町にトキワ荘通りがあったり、東池袋に乙女ロードがあったりと、漫画ファンゆかりの場所がいくつかある気がします。昔は漫画を読むと頭が悪くなるなんて怒られたり、大人が漫画を読むなんて日本のレベルが低い証拠だなんて責められたりしましたが、今やおら [続きを読む]
  • 池袋「むてっぽう」の魚介醤油ラーメン
  • 池袋にめちゃ旨の魚介系ラーメンがあるとの噂を聞きつけぶらり訪問。むてっぽう。店構えから気合いが伝わってきます。看板メニューの魚介醤油ラーメン(税込730円)到着。味玉(税込30円)をトッピング。うーん、美味しい!通常の10倍ものアゴ、煮干、鰹節から煮出したというスープがとにかく濃厚で、ガツンと脳髄に響くようなパンチのある美味。麺がモチモチとした気持ちの良い食感で、旨味の強いスープと絡み抜群の美味しさです。 [続きを読む]
  • 焼き立てパン屋さんでビールランチ
  • 子供と公園周りを散歩していると、雰囲気の良さそうなお店発見。焼き立てパン屋さんですがイートインコーナーが広くて綺麗です。 お昼ご飯ここで食べようかーと入店。 パンをトレーに乗せてレジでドリンクメニューを見て目がにゅう。ビールがある!これは嬉しい誤算です。 しかもヱビスの小瓶。このお店、できる! うーん、美味! 休日のお昼に飲むビールって何でこんなに美味しいかなあ。 ソーセージロール美味しい! 焼けた [続きを読む]
  • 京都駅のプレミアム厚切りとんかつカレー
  • 京都駅の新幹線乗り換え改札脇に、気になるお店発見。カレーショップ スパイシーマサラ。店長オススメの「プレミアム厚切りとんかつカレー(880円)」が気になりすぎて入店。備え付けの薬味がラッキョウと無着色の福神漬け。これは期待できます。プレミアム厚切りとんかつカレー到着。うひょー、本当に分厚い。うわ、これは美味しい!頬張りきれないくらい分厚いとんかつの旨味にたっぷりのスパイシーなカレールーの香りが絡み抜群 [続きを読む]
  • 品川駅のビーフシチューパンは上品な美味
  • 品川駅の新幹線乗り換えで素敵なパン屋さんを発見。ビーフシチュー?ふむ、それは食べたことないですねと購入。見た目はカレーパンのようです。うん、美味しい!ふっくら揚げパンに詰め込まれたゴロゴロ具材のビーフシチューの旨味がジュワっと広がり上品な美味。コーヒーがグイグイ進みます。あー、美味しかった!総菜パンの進化と広がりは終わりが見えませんねなんて新幹線タイムでした! [続きを読む]
  • 御徒町「味の笛」はセンベロの名店
  • ふー喉かわいた。生ビールをキューッとお刺身でも頂きたいねえ。できればワンコインで。 …なーんて訪れた御徒町の「味の笛」。 都内の飲兵衛の間で有名なセンベロの名店です。 生ビール(250円)とマグロぶつ(250円)を注文。 うーん、美味しい! キンキンに冷えたスーパードライが喉を潤します。使い捨てのプラグラスは見た目チープですが、温度が奪われず匂いもしないため、意外とビール本来の旨味が味わえるのです。 マグロ [続きを読む]
  • カツ丼はお陰様の美味
  • 「将棋めし」を読んでカツ丼を食べたくなったおいらはふらふらとなか卯へ。 カツ丼(590円)を注文しました。 うーん、美味しい。 カラリ衣にぎゅぎゅっと閉じ込められた豚肉の旨味に溶き卵のコク、甘辛の出汁がホカホカご飯に絡み絶妙な美味しさ。 カツ丼っていつどこで食べても本当に美味しいなあ。 カツ丼は我こそが発祥と主張する説が多いのですが、おいら的には早稲田の老舗蕎麦屋「三朝庵」起源説が好きです。 大正時代、宴 [続きを読む]
  • 中野 四季の森公園 フラダンス
  • 中野をエホエホ走っていると、フラガールの一団発見。都内のフラダンス教室共催のイベントのようです。様々なフラダンス教室から出演しており、親子フラダンスもあります。公園内にはハワイアンな屋台がズラリ。ロコモコ。トロピカルアイス。ハワイ雑貨も売ってます。ハワイビールのお店発見。ハワイアンラガー。うーん、美味しい。爽やかな苦味が喉を潤します。冷えたビールとゆったり流れるハワイアンな時間、贅沢ですねなんてフ [続きを読む]
  • 「将棋めし」は食事の力を熱く描く良作
  • 将棋めし 1 (コミックフラッパー)松本渚KADOKAWA / メディアファクトリー松本渚先生の「将棋めし」を読みました。面白かったです。勉強になりました。対局中、脳で大量のカロリーを消費するプロ棋士。一局で体重が数キロ減ることも珍しくありません。十数時間にも渡る激しい頭脳戦を制するためには、対局中の食事は大きな戦力。 重要な局面でいかに脳にエネルギーを送り込むかの戦略、それが疑似戦争ゲームである将棋の兵站となり [続きを読む]
  • 博多の味噌とろろ海鮮丼
  • 博多での昼ご飯です。 ふらり入店した居酒屋さんのランチメニューに気になる料理を発見。 味噌とろろ海鮮丼(980円)。 これは食べたことないですねと注文。 海鮮丼にとろろと味噌ダレの小鉢がついています。上から回し入れてくださーいと店員さん。 うん、美味しい! 新鮮な海鮮の甘味にとろろのコク、味噌の旨味が絡み絶妙な美味。ご飯がもりもり進みます。 海鮮丼もとろろも醤油が基本だと思っていましたが、味噌も味が深くて [続きを読む]
  • 福岡空港の博多ごぼ天うどんはふわふわの美味
  • 福岡空港の待ち時間、晩御飯ここで食べちゃおう。 フードコートをうろうろしていると、ごぼ天うどん(490円)ののぼりを発見。 お店の自信を感じたおいらはこれだと注文。 薬味の七味、一味、ゆず胡椒、ネギを投入します。 うーん、美味しい! 煮干、あご、昆布の濃厚な出汁がふわふわの柔らかいおうどんに絡み絶妙な美味しさ。 ごぼう天の衣がふわふわと汁に溶け出し味に深みを与えます。 ゆず胡椒の爽やかな香りが嬉しく、こりゃ [続きを読む]
  • 東伏見のカフェと挽き肉丼の謎
  • 試合を終え空きっ腹を抱えながら東伏見の駅前をふらふらしていると、オサレなカフェを発見。 日替わりランチがえびとそら豆のオイルソースパスタ。サラダとスープがついて880円ならお手頃かもと入店。 ランチセット到着。 オイルソースパスタとはペペロンチーノのことのようですね。 うん、美味しい! ニンニクの香りと鷹の爪の辛味が効いたオリーブオイルがアルデンテのパスタに絡み正統派の美味しさ。そら豆と海老の旨味 [続きを読む]
  • クリーム白玉ぜんざいは一休さんの感嘆
  • ふうう、美味しいですね。クリーム白玉ぜんざい。冷たい白玉のモチモチ感に小豆の優しい甘味とバニラアイスのコク、杏の爽やかな酸味が絡み桃源郷の美味しさ。ホワホワととろけるようなシアワセ感に包まれます。「ぜんざい(善哉)」は仏教用語で、仏が弟子を誉める「素晴らしい」という意味の言葉です。室町時代のある日、「一休さん」のモデルにもなった一休宗純が小豆を甘く煮込んだ餡を食べました。そこでそのあまりの美味しさ [続きを読む]
  • 大阪寿司は行楽な美味
  • 新大阪駅の売店でお弁当を見ていると、気になるアイテム発見。大阪寿司。上方のお寿司もいいですねと購入。うわあ、きれい。色とりどりの押し寿司が美しく詰められ宝石箱のようです。上方寿司って芝居や行楽のお弁当として発展しただけあって、まずは目で魅せますね。うーん、美味しい!穴子、卵、海老、鯖、ネタの旨味が甘味の強いシャリによくなじみ絶妙な美味しさ。ビールがグイグイ進みます。太巻きもしみじみ旨味の優しい美味 [続きを読む]
  • 豊岡 カバンの自販機
  • 兵庫県の豊岡駅ホームでなにやら違和感。 カバンの…自販機? 間違いありません。 自販機で鞄が売ってます。 聞けば豊岡の鞄産業は千年の歴史を持っているのだとか。 そう言えばホテルのロビーでも鞄を売ってたような…。 豊岡市民の鞄愛を垣間見た特急タイムでした! [続きを読む]