すずきとくひこ さん プロフィール

  •  
すずきとくひこさん: たまご姫物語
ハンドル名すずきとくひこ さん
ブログタイトルたまご姫物語
ブログURLhttp://tamago.fukuwarai.net/
サイト紹介文病気、悩み、不幸。実は自分の所為なのかも…?独自の理論による「悩み解決法!」を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/07/26 14:33

すずきとくひこ さんのブログ記事

  • うつ病はうつ病に非ず。
  • うつ病はうつ病に非ず。 黄の階位問題集2より。 どんな病でも図式の中や健誠立命を調べれば分かる。 うつ病はここがそこを嫌えば あそこが罪滅ぼしをする。 うつ病だけではなく すべての禍や病や犯罪は 親が作った罪を子供が受け継ぎ 孫が現すようになっている。 だが罪を作った張本人には罪はこない。 これは何度も書いているから分かるはずで 我が魂は我が魂に非ずだから、 本人の魂は子供が受け継ぎ孫に授けているから。 [続きを読む]
  • 家出も親孝行もすべて心一つ。
  • 家出も親孝行もすべて心一つ。 黄の階位№1 人は誰でも先祖の魂を受け継ぎ、両親の内、 どちらかの命を授かりました。 人は前世のことを知らないが 生まれ変わるときに神に誓い 前世でのやり残したことを現世で再会して誕生した。 だがそれを「親孝行者と親不孝者」 「好きと嫌い」 「出来の良いと出来の悪い」 「善と悪」 「優等生と劣等生」 などに 比較競争のような物事の判断だけに 囚われてしまっているから いつまで [続きを読む]
  • 二男夫婦の息子と嫁の命は?
  • 二男夫婦の息子と嫁の命は? 人の命は尊うと言われていても いとも簡単に奪われてしまう。 凶器や犯罪ではない。 親切心や偽りの親孝行の為に‥。 それをいまだに理解していないのか 命の絆の法則を忘れ去られてしまったのか‥。 二男夫婦の息子が結魂する為にどうすればいいのか‥。 赤の階位№2より、 [続きを読む]
  • 食道癌。
  • 食道癌。 食道癌のステージ4の宣告を受けた男性の 奥さんが取った行動は? この赤の階位№1の図式の中に回答がある。 妻長女から見て 誰が一番で誰が二番、三番、四番というように 大切にする順番を思い描き 一番よりも五番や六番と仲良く接してはいけない。 この意味が分かり実行したから食道癌が治った。 ここまでなっても意味が分からない人たちは 薬漬けの医学や胃学に依存すればいい‥。 [続きを読む]
  • 長男と二女が結魂した場合の付き合い方
  • 長男と二女が結魂した場合の付き合い方 最近、癌で若死にやアスペルガー症候群、 うつ病やいじめ問題の相談が多いが 夫婦や親子の立場と順序を欺いた付き合い方の 原因の場合が多い。 この赤の階位№2の問題集を理解出来る方が何人いるか? この問題集を理解している方は、 どんな癌だろうが、相続争いに巻き込まれたり 会社のトラブルに巻き込まれたりしても 必ず良くなりますが‥。 [続きを読む]
  • ある国のオオカミの世代交代。
  • ある国のオオカミの世代交代。 ある国のオオカミは 父親が単独で獲物を捕りに出掛け 家族を養っていたが、 年がつれて獲物を捕ることが 困難になったと思ったときにどうしたか? 年老いた父親は息子の前で、 あお向けになり腹を出し世代交代を無言で告げる。 父が息子に狩りの指導をせず、 また親子で狩りに出掛けずに 「もうお前にすべて託す」 という仕草をして世代交代をする。 [続きを読む]
  • ラッコの親は大自然の摂理を守り通す。
  • ラッコの親は大自然の摂理を守り通す。 ラッコの赤ちゃんが産まれると父親は どこかに姿を消して母親だけが子育てをする。 母親はまず泳ぎ方を教え、 貝の取り方や食べるに、 特定の石を決めて食べ方を教えたり、 寝るときには流されないように 海藻を巻き付ける方法を教えたりして子供を育て、 教えることがなくなり、 独りでも力強く生き抜くことが出来ると思った ある日突然、 居なくなってしまう。 ラッコの子供は、 「お [続きを読む]
  • 火事の記事。
  • 火事の記事。 今の親が犯罪や被害に遭遇させている。 火事の被害に遭ったりした記事やニュースを見てもらえば 根源に何があるか推測することが出来る。 まず離婚して子供を連れて出戻り同居して 婿や嫁との縁を切っていたり、 別々に住まなければいけない兄妹が寄り添って住んでいたり 身内同士が立場と順序を無視して 付き合っていたり家が多いことに気づいたりすると思う。 今の年老いた親が勝手に罪を作り みずからが世間 [続きを読む]
  • プロフィール7
  • 四人の子供と五人目の息子? 我が家の稼業は農業と漁業の兼業と神主(鈴木家では十二代目、神主で言えばオヤジで四代目)と気学での鑑定。 オヤジとオフクロは初めから?に期待も無く当てもしていないから、二つ違いの姉二女が結婚と同時に三軒前にオヤジ名義の土地に家を建ててあげ、姉二女を事務員として雇用した。 姉二女婿は長男なのに婿養子のように手なずけて住まわせた。 ゆくゆくはつぎの五代目の跡取りにしたいと思 [続きを読む]
  • プロフィール6
  • 三年間無一文生活。 三年間の収入は農家だから稲作の収入だけで、農協に入るが電気料や肥料代で残らない。 他に臨時に入るお金は無い。 だから働けど働けど無一文生活だから、女房と二人で、鉄くず拾い。 「あそこに鉄くずがあったから拾いに行くぞ」と夜中に軽トラックに乗って拾いに行った。 それもあちらこちらに鉄くずや空き缶が落ちていた。 いまでは綺麗すぎたり整理させすぎたりしているから落ちていなかったり、ゴミ [続きを読む]
  • プロフィール5
  • 女房の趣味 女房の趣味は花と計算機と飲んだくれの旦那をまともに育てること。 花は思ったように育つが旦那はそうはいかない。 計算機は常に借金だらけ。 仕事場を増改築したり、自宅を改造したりしているので、借金返済のためにいまでも貯金は0円。 息子長男は「借金を返してから死んでね」と言うが、後20年。 それはともかく若い頃は毎晩飲み屋に行っていて、遊びほうけて夜中に帰ってくるまで起きている。 旦那が寝るま [続きを読む]
  • プロフィール4
  • 妻とお見合いで出逢う。 オヤジたちはそんなぼんくら人生の息子を見かねたのか、なんとか真面目な人生を送らせたいのか、同じ村の自動車で一分足らずの四歳年下の妻になるべき女性とお見合い。 その前の晩に急にオヤジから 「公民館の横の家に行ってこい」 「何のために」 「お見合いだ」 「誰の?」 「お前に決まっているじゃぁないか」 「へ〜ぇ」 て訳で明くる日の晩、言われた家に一張羅の背広を着て行くと妻になるべきオ [続きを読む]
  • プロフィール3
  • 就職 高校卒業と同時に東京のフジフードに就職して一年も経たない内に退社したり、霞ヶ関ビル内の森永の喫茶店、日比谷の公園内にあるレストランで出張バーテンダーをしていたり、湯河原のレストランに行ったりしていたのは、当時チーフが上がる(辞めること)と、一緒に着いていく習わしがあったから、常に [続きを読む]
  • プロフィール2
  • 高校時代 年間50日以上通学途中下車をして山の中を探索していた。 いまなら退学かな。 一年生後夏に三ヶ日町のテキ屋の大将の所で土日徹夜のバイト人生。 その時に言われた言葉を今でも鮮明に覚えている。 それは「すべての事に(ハイ!)と言わなければ殺されるぞ」という言葉だった。 その甲斐があり、それ以降の人生が変わってきた。 高校時代は暇さえあれば、近くのアサリ捕りをして町に売りに行ったり、学校帰りに自動車 [続きを読む]
  • プロフィール
  • 新しくたまご姫物語のホームページを作成し直すに当たり新しい内容を作成中です。その中に私の生い立ちを書いています。 プロフィール 鈴木?彦 昭和26年8月27日(四緑木星年、二黒土星月、一白水星日) 豊橋市神野新田町字イノ割8日産声を上げ姉二人、弟一人の四人兄妹の総領の甚六。 1キロ先の保育園歩いて通い卒業し、小学校、中学校は夏休みや冬休みの日誌の宿題なんか一度もやったことがなく、すべて姉二女が下手な字をま [続きを読む]
  • ワークショップを始めました。
  • ワークショップを始めました。 地元のサポーターの協力を得ましたので 命の絆の法則と健誠立命の両方を 毎週日曜日午後2 時〜5時まで 執り行っています。 問題集を作成し、 緑の階位 赤の階位、 黄の階位 白の階位 紫の階位 の五段階の問題集があります。 学びたい人は是非ご参加下さい。 月会費 5,000円 月に何度来られても可。 命の絆の法則ではあなたの家系の家系図の作成方法 健誠立命では何か起きた時の年月日や時間で [続きを読む]
  • 我が魂は我が魂に非ず。 その7
  • 我が魂は我が魂に非ず。 その7 人間は何十億人いようとも 魂はたったの二つだけ。 その二つが寄り添い子供が生まれ 孫が誕生して家庭が出来ている。 祖父母の魂は子供や孫たちに分け霊され 子々孫々して家系が出来ている。 私が命の絆の法則を解き明かされた三十数年前よりも もっと複雑になり始めてきた。 それは置き電話が携帯になり、 いつでもどこでも携帯やメールでのやり取りが出来てから、 魂の絆が複雑になってきて [続きを読む]
  • 我が魂は我が魂に非ず。 その6
  • 我が魂は我が魂に非ず。 その6 わたしのアトピー性皮膚炎はおばあちゃんを引用。 上の図式はアトピー性皮膚炎だが 孫がアスペルガー症候群になってしまった話。 おばあさん長女は母親が他界したときに 弟長男夫婦と遺産相続争いを起こし、 弟夫婦と絶縁した。 それから何が起きたか? おかあさん長女夫婦は離婚してしまい お母さん長女は再婚したので おばあさん長女は孫娘と養子縁組をしてから おじいさんが他界してしま [続きを読む]