あつこ先生 さん プロフィール

  •  
あつこ先生さん: オンライン日本語チューターの日記
ハンドル名あつこ先生 さん
ブログタイトルオンライン日本語チューターの日記
ブログURLhttp://www.onlinejapanesetutor.link/
サイト紹介文日本語教師養成講座に通いながら、Skypeで日本語を教えている私の体験談です。
自由文Skypeでの日本語レッスンの需要は、私が想像していたよりずっと高いです。いろいろな国に住む、いろいろなバックグラウンドを持った生徒さん達と出会うことができ、自分自身も成長できます。マンツーマンですので、レッスン内容も生徒さんによって様々。マニュアルなんてないから、試行錯誤を繰り返して、やっと自分なりに形ができてきました。これから日本語を教えてみたい方の参考になればいいなと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/07/27 07:46

あつこ先生 さんのブログ記事

  • 名前を書いてもらえない。。。
  • タイへ移住して、今日で半年になりましたいやー、あっという間でしたこれまでの海外連続滞在最高6週間を、あっさり大幅に更新しました。それでも、まだ海外生活という名の建物の玄関をちょっと入ったばかり。タイを知るのは、まだまだこれからですさて、最近、自分の名前に関して、ショッキングなことが立て続けに起こりました私の名前は漢字で書くと同じ部首が3つ続くので、もともと好きではなかったのですが、この名字がさらに恨 [続きを読む]
  • 教師としての座右の銘
  • 私が日本語教師として日本語を教える上で、肝に銘じておくべきことを端的に表しているなぁと感じる言葉が2つあります1つ目は、小学校教師だった母が、まだ日本語教師デビューして5日後の私にメールで送った言葉です〓「せっかく準備したのにと不満に思ったりしないことです。学生に伝わってしまいます。」私は15歳までしか母と一緒に暮らさなかったし、田舎から出たことのない母と海外志向の強い私はいろんな面で話が合わなかった [続きを読む]
  • ワークシートを使わないメリット
  • 日本語教師デビューして、もうすぐ5ヶ月連日教案を作り、上司にチェックしてもらい、授業をして、成功体験や失敗体験を積み重ねていくうちに、だんだん自分の授業の流れのスタイルが固まってきました。その流れの一部である、新規の文型導入→ドリル→応用練習で、私はいつも応用練習用にワークシートを作成し、学生さんに配っていました〓教員室の棚のファイルには、先輩教師達が作った素敵なワークシートがたくさん保管されてい [続きを読む]
  • 言葉が立体感を持つとき
  • これまで学期中は学校へ行かない日のなかった私ですが、週末、初めて丸一日仕事を休みました。ビルが全館停電のため、入ることができなかったのですそして、その日はたまたま私の40回目の誕生日でしたこの、神様の粋な計らいを利用して、私はちょっと遠出してみることにしました。バンコク在住の、高校時代の先輩にお願いして、隣の県への日帰り旅行をプロデュースしてもらいましたバンコクを出るのは、5ヶ月半前にタイへ移住して [続きを読む]
  • 30代最後の日
  • 今日は30代最後の夜です何をして過ごそうかな、と考えたりもしましたが、自分にご褒美なら普段からちょこちょこあげてるし(美味しいアイスクリームとか、マッサージとか)、エアコンにやられて喉が痛いので、結局夜8時過ぎまで学校で今日回収した宿題の採点をしてから、まっすぐ帰りましたでも、家に帰ったら、昨日学校からもらってきたイベントの残りのパイナップルが冷蔵庫で待っていたし、宿題の採点が思ったより捗ったので、 [続きを読む]
  • ノートをとるのはキケン!?
  • 先日、週末コースの授業で学生さん達に初めてディクテーションをやらせてみました平日のインテンシブコースの学生さんは、ほぼ毎日ディクテーションをしているし、間違えたら間違えた語句全てを書き直しさせられるので、どんどん腕が上がってきました一方、週末コースの学生さん達は、学校以外で日本語を聞く機会のない人がほとんどです。外来語のカタカナ表記の仕方や、ひらがな・カタカナが混じった文を書く練習もある程度したの [続きを読む]
  • 真夜中の折り紙
  • 昨日の深夜、私は部屋で黙々と折り紙を折っていました放課後の文化紹介イベントを1つ担当することになり、私は折り紙を選んだので、予行演習です。別に折り紙が得意だからではなく、他に良いネタが思い浮かばなかったから、折り紙になりました折り紙を折ったのは、9年前のスペイン留学以来ですそのときは、新しい友達との話題作りとしていいかな、と思って、100円ショップで買った折り紙の本と千代紙を持って行きました。この作戦 [続きを読む]
  • 文字添削の悩みと格闘中②
  • 前回の投稿の続きです。文字添削に関する悩みを解決するために、私は大ベテラン教師Sさんを始め、何人かの先生にアドバイスを求めました「ものすご〜く字の汚い学生さんが何人もいるんですけど、どうすればいいでしょうか?」と。まず、Sさんからのアドバイスはこうでした。● 全体に対して言っても響かない。一人一人と向き合って話す。● 日本人は文字のきれいさで人を判断する文化であることを伝える。● 上記2つを実行しても改 [続きを読む]
  • 文字添削の悩みと格闘中①
  • 新学期が始まってから、文字の添削を“どこまでやればいいのか”という悩みが浮上しましたインテンシブコースに関しては、問題ないんです。『きれいに書けるようになるまで徹底的に書き直しさせる』という指針があるので、悩むことはありません(「正しく」だけじゃなく、「正しくきれいに」です)問題は、週1回だけのコースです。週1コースの学生さんは、(全員ではありませんが)“習い事”感覚で、趣味で楽しく勉強したいという [続きを読む]
  • 文法と語彙だけじゃ、わからないこと
  • 日本は、いよいよ夏本番ですねときどき、日本にいる知人や友人から、「タイはもっと暑いだろうから、体に気を付けてね」というメッセージをもらうのですが、バンコクはむしろ、私が渡タイした3月より気温が下がり、過ごしやすくなりました3月〜5月の最高気温は36℃前後でしたが、今は32℃前後といったところでしょうか。日によっては東京より低いですね。A: 1年でいつがいちばん暑いですか。B: 4月がいちばん暑いです。この会話文 [続きを読む]
  • 学生さん達と撮った写真を母に見せた時の反応が衝撃的すぎた件
  • 私の母は、つい昨日まで、携帯に送られてきた写真の見方がわかりませんでしたずーっと前に、写真を送ったら、(母にとって)ワケのわからない表示が出てきて混乱してしまったので、それ以来全く写真を送らなくなりましたタイに移住してからの4ヶ月、私はたくさんの写真をfacebookにアップしました。日本にいたときは、facebookを滅多に更新しなかったので、タイへ来て更新頻度が桁違いに上がりましたですから、私のfacebookの友達 [続きを読む]
  • ゼロから教える醍醐味
  • 私は初級の一番下のクラスを教えるのが好きです日本語教師歴3ヶ月ですので、初級しか教えられないでしょ、と言われてしまえばそれまでですがでも、今のところ好きです。「一番下」と言うと、あまり聞こえが良くないので、ブログでは「レベル1」と呼ぶことにしますねタイでは日本語教育が盛んですので、レベル1のクラスとは言え、高校や大学で日本語を習ったことがある学生さんも交じっています。日本のアニメが大好きで、たくさん [続きを読む]
  • 新学期が始まりました♪
  • 一昨日の月曜日に、今期の平日インテンシブコースが開講しました期待と不安で胸をふくらませた新しい学生さん達と、「今日からまた山のような宿題と格闘する日々が始まるんだ…」とちょっと怯え(!?)つつも、友達と再会した喜びでいっぱいの継続生達、そして全ての教員が集まって、開講式を行いました私は今期も初級の一番下のクラスを担当することになったので、開講式の時点では、私が教える学生さん達の顔はまだわかりません [続きを読む]
  • 2ヶ月と20日ぶりの休日
  • 一昨日の修了式と、昨日の残務処理をもって、私にとって初めての学期が無事終了しましたいや〜、疲れました勤務を開始した4月16日以来、出勤日は当然のこと、公休日も少なくとも3時間は学校へ行っていたので、今日は2ヶ月と20日ぶりの完全オフということになります今日は、外出は近所のスーパーと、アパートの目の前にあるヨガスタジオだけにして、部屋でのんびりしようと思います一昨日の修了式で、今期をもって卒業する(=来期 [続きを読む]
  • まどをつける。エアコンをあける。
  • 日本語教師養成講座で習った、『母語の干渉』私がこれまで勉強してきた英語、中国語、スペイン語、フランス語について、私の母語である日本語がどんな影響を与えるかは、自分でいろいろ経験して実感していました。そして、私がこれまで日本語を教えてきた生徒さん達の母国語が、彼らが日本語を学ぶ上でどう影響を与えるのかも、目の当たりにしてきましたでも…今、私の学生さん達は、タイ人です。私はタイ語がほとんどわかりません [続きを読む]
  • 日本語教師の1週間(わたしversion)【後編】
  • タイへ移住して、今日で3ヶ月ですバンコク生活は、期待していた以上に快適ですこれからもこの素敵な街に住みたいだけ住めるよう、仕事を頑張ろうと思います。さて、日本語教師生活最初の学期の1週間の過ごし方、今日は後編です。【土曜日】 激動の週末の始まりです朝、7時半頃出勤し、午前と午後それぞれの授業に持って行く教具やワークシートをそろえます。午前と午後の授業の間は1時間開いてはいますが、学生さんの対応や、使い [続きを読む]
  • 日本語教師の1週間(わたしversion)【前編】
  • 教壇デビューして、今日で2ヶ月が経ちました2ヶ月前の自分の授業がどんなに酷かったか、思い出そうとするだけでゾッとするので、思い出したくないですまあ、それだけ成長したということで…さて、あと2週間で今学期が終わりますので、私が日本語教師として初めての学期をどのように過ごしたか、1週間の生活リズムを記録しておきたいと思います〓【火曜日】 今期は月・金が公休日ですので、私の1週間は火曜日からスタートします火 [続きを読む]
  • 1週間で赤ペン1本
  • 仕事時間で占めるウェイトのトップ3は、①やっぱり授業の準備②授業そのもの③宿題の採点です私の学校は、宿題が多いことで有名です。文法と文字、どちらも宿題があるので、学生さん達は新しく習った文法をしっかり復習できる上に、文字もきれいに書けるようになります。ですから、アンケートの“宿題”の項目は、「量は多いけど、良い」という意見が多いです平日コースはチームティーチングですので、宿題の採点は分担して行いま [続きを読む]
  • 最近facebookで始めたこと
  • 日本語教師デビューしてから1ヶ月半が過ぎ、facebookのお友達に学生さんも増えてきましたほぼ毎日顔を合わせる平日コースの学生さんだけでなく、ありがたいことに、週1回しか私と会わない週末コースの学生さんも、「先生にお友達申請していいですか?」と言って来てくれます日本の英会話スクールで働いていたときは、生徒さんや親御さんとプライベートの連絡先を交換するのは禁止されていましたでも、今の職場は一切その縛りはない [続きを読む]
  • 中間試験を機に変わったBさん
  • 私が担当している平日インテンシブコースの学生Bさんは、クラスで一番年上の30歳の姉御です年齢のせいか、持ち前のシャイな性格のせいか、その両方なのかわかりませんが、彼女はこのめちゃめちゃにぎやかでテンションの高いクラスの中では、目立たない存在です(39歳の私は10代の学生ともキャッキャやってるんですけどね)習ったことをよく理解はしているようですが、あまり自分から発言はしません。宿題やディクテーションの出来 [続きを読む]
  • 初めての中間試験
  • 平日のインテンシブコースの学生さん達が私の学校で学び始めてから、もうすぐ1ヶ月半になります。今日は、彼等にとって、そして私にとっても初めての中間試験でした〓1ヶ月半分の試験範囲というと、大したことなさそうに聞こえるかもしれませんが、うちの学校は進度が速いので、ものすごく広いんですわかる方には、ゼロから始めた学生が「みんなの日本語 初級Ⅰ」第11課までの試験を受けると言えば、その凄さが伝わると思います試 [続きを読む]
  • 「導入」って、そういうことか!!
  • 日本語学校での勤務を開始して、丸1ヶ月が経ちました。この1ヶ月、学校へ行かなかった日は1日もありませんが、「休みがなくて嫌だな〜」と思ったことは一度もありません。むしろ、1日中アパートにこもって教案を作る方が、私にとってよっぽど苦痛ですやる気に満ちた学生さん達と熱意溢れる先生達のいる学校へ行って、絵カードの現物や手引書を見ながら教案を作る方がずっとずっといいです最近、ようやく少しずつ仕事のペースがつか [続きを読む]
  • イケメン学生Cくんとの切ない思い出
  • 私が担当している平日のコースに、Cくんというイケメンの学生さんがいます。Cくんは、私にとって、ただ見た目がタイプというだけではなく、“私がプロの教師デビューして話した学生第1号”という意味でも特別な存在です開講初日、他の先生がCくん達に授業するのを見学したとき、学生の人数が奇数だったので、ペアワークで私がCくんのお相手をしたのですあ、もちろん、イケメンだからと言ってえこひいきは何もしていませんよ念のた [続きを読む]
  • 採点で腱鞘炎、フラッシュカードで腰痛(>_<)
  • 私が勤務している日本語学校の売りの一つが、“宿題やテストが多いこと”です平日のインテンシブコースは、ものすごいスピードで授業が進むので、習ったことがしっかり定着するように、毎日たくさんの宿題を出します。週末コースは、週に1回しか授業がないので、1週間でリセットされないように、宿題をたっぷり出します。それに加えて、テストも多いです。中間や期末の定期テスト以外に、書き取りや語彙の小テストなど、毎回何かし [続きを読む]