desharicots さん プロフィール

  •  
desharicotsさん: 乳癌闘病記
ハンドル名desharicots さん
ブログタイトル乳癌闘病記
ブログURLhttp://desharicots.blog.fc2.com/
サイト紹介文2016年4月に乳癌であることが判明し2度の手術を受けました。まだまだ続く乳癌との戦いの記録です。
自由文ごくごく初期に発見できて、最初は良性かもな乳がんでしたが、摘出しての病理検査の度にどんどん悪い事態であることが分かってきました。自分の記録としてブログをはじめてみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 275日(平均2.7回/週) - 参加 2016/07/27 07:03

desharicots さんのブログ記事

  • 当たり前の日常生活。
  • 3/6に退院して、毎日点滴に通いながら、、やっぱりまた再入院になるんじゃないか、と、どこか不安で、、ものすごく慎重に行動をしてきた。。なので、家にいても入院中のような生活をしてきていた。。おとといの診察で、点滴を終了することになり、、主治医と色んな話をして、日常生活はフツウで良いと言っていただいた。。なので、、これを機に、、昨日から、休んでいたスポーツセンターでのジョギングを復活させてみている。笑え [続きを読む]
  • 点滴終了〜!
  • 今日も、朝から病院へ。朝の一発目は、放射線科の4か月毎の診察だった。いつもの医師が退職されて、この春から若い女医さんに変わっていた。。今までの治療経過を一緒に確認して、、皮膚の状態や胸の音を確認してもらい、、で、長い診察時間になった。。放射線を当てた部位の皮膚の赤みを指摘された。。コレは私の場合、放射線の影響では無くて、再建後の感染によるものなんだけど…。皮膚の経過をみたいそうで、次回の診察は2か月 [続きを読む]
  • あと1週間。
  • 毎日の通院での点滴治療は、、どうにか継続中です。やはり、2度目の感染症だし、、しかも、今回、とっても過酷な治療になってしまっていて、、形成外科の主治医M医師は、少し神経質に思えるほど、、採血も診察も、超丁寧にみてくださっている。。少しでも気になることがあれば、翌日の採血や診察が追加される。。それに無意識に反応してしまうのか、皮膚が赤くなったり湿疹が出てみたり‥。今までのところ、全て一過性なんだけど、 [続きを読む]
  • 睡眠コントロール。
  • 感染症の入院治療から、通院の点滴治療に替えてもらって、13日が無事に経過した。私の場合、今までは、抗生剤をしばらく使うと肝障害が出てしまい、、途中で薬を替えないといけなくなってしまっていた。今まで使って肝障害が出てしまい、薬剤性肝障害の被疑薬として今後使用出来なくなってしまった薬は、、メイアクト、クラビット、シプロフロキサシン点滴、ダイフェンと、解熱鎮痛剤のロキソニンである。今回の抗生剤は、ゲンタシ [続きを読む]
  • ようやく社会復帰。
  • ティッシュエキスパンダーの感染症で、2度の入院をして、抗生剤の点滴が1日1回で済む状態になったので、半ば無理矢理退院してきた。翌日から、、通院で抗生剤の点滴に通う日々が続いている。点滴は、感染症の治療を初めてから6週間は続けた方が良いらしい。私の場合は、治療の初め頃は、薬が合わず模索している期間があったので、4月末までは、点滴を続けた方が良いと言われた。毎日の点滴は、結構ハードである。だけど、ここまで [続きを読む]
  • 毎日通院。
  • 4/6、エキスパンダーの感染症での入院生活に区切りを付けて、とりあえず一旦退院してきた。前日の、4/5の18時すぎに、形成外科の主治医のM医師が回診に来てくださった時に、直接退院したい事を伝えた。医師は、「わかりました、では明日退院にしましょう。」とあっさり仰ってくださった。入院中に受けていた抗生剤の点滴(1日1回30分、ゲンタシン60mg)は、毎日通院で継続する事になった。そして、肝臓の治療(消化器内科の受診、抗生 [続きを読む]
  • 快適な入院生活を過ごすには…。
  • 3月31日より、今年3度目の入院をした。。使っている抗生剤は、ゲンタシン60mgというもの。点滴は1日1回、30分のみだった。。入院をした日には、前日までの発熱等の症状は引いていた。昨年に肝障害になった時は肝臓の治療もしたけど、今回は治療はしなくても薬を止めれば症状が引くことが実証済みだった。前回までと、大きく違うところは、、採血が、外注のものを含み幅広くなったこと。。体内にある抗生剤の血中濃度も測っているら [続きを読む]
  • 形成外来受診。
  • 3/30(木)は、もともと形成の外来受診予約が入っていた。さらに、前日3/29からは、39度代の発熱とジンマシンも出ていた。熱は、、解熱剤のカロナールを飲むと、いったん37度代までは下がるけど、3時間くらいするとまた上がってくる感じだった。病院までは、1時間以上は車を運転していくしかない距離だ。。なので、熱が下がったタイミングで行けるように、朝、病院に電話をして、予約時間を少し変更していただいた。病院へ着くと、ま [続きを読む]
  • 日常生活、どこまで安静?
  • と、、またまた放置してしまいそうな勢いになってしまっていた。いったんサボり癖が付いてしまうと、なかなかペースを戻せないブログ更新である。感染症による再入院をしてから12日後、、医師や看護師さんたちに温かく見送っていただき退院をした。形成外科の主治医M医師は、退院当日の朝にも様子を見て来てくださり、創部を丁寧に確認してくださり、退院後の外来の予約の確認をしてくださった。「くれぐれも、お大事にしてくださ [続きを読む]
  • 抗生剤は、やっぱり恐ろしい。
  • ティッシュエキスパンダーが残せるか、の、瀬戸際の三連休前の投稿以来、すっかり放置ブログにしてしまっていた。。何故、ブログを書かなかったか(書けなかったか)、、それは、気持ちが落ちてしまったから、だと思う。本当に気持ちが底な時は、文章を考える気力が起きないものなんだと思った。ブログだけでなく、友人とのメールのやり取りなどもことごとく停滞させてしまった。エキスパンダーの感染症に関しては、結論から言うと、 [続きを読む]
  • 恐るべし、抗生剤。
  • ティッシュエキスパンダーの挿入手術後の感染症から、、入院して5日目になった。月曜日。形成外科外来受診で、そのまま入院となった。。夜より、抗生剤(シブロフロキサシン)の点滴開始。火曜日。朝、夕の点滴(シブロフロキサシン)皮膚の状態は、月曜日よりは少し回復していた。水曜日。採血で、肝臓の数値が上がっていた。抗生剤が原因である可能性が高いため、シブロフロキサシンからホスホマイシンNaに変更に。朝、シブロフロキ [続きを読む]
  • 再発疑惑、浮上…!
  • 2度目の再建(エキスパンダー挿入)手術後の、退院後からの、、感染疑惑にて、ただいま再入院中である。。毎日の、抗生剤投与で、、感染を徹底的に治める作戦だったのに、実は、、またまた、肝臓の数値が激昂してしまっている。。前回も、、抗生剤(メイアクト)か解熱鎮痛剤(ロキソニン)の影響で肝臓の数値が上がり、、抗生剤の使用を早めに中止したことで、感染を抑えられず、エキスパンダーを取り外したのだった。。今回、抗生剤の [続きを読む]
  • 入院中の癒し?
  • エキスパンダーの感染症により、、再入院して、4日目の朝。。今回は、大部屋だけど窓際のベッドである。。9階の病室からは、眺めがとても良く、夜景もとても綺麗だ。。月曜日に再入院して、翌日(火曜日)の夕方、、乳腺外科の主治医I医師が、病室に寄ってくださった。今回は形成外科での入院なので、お会い出来るとは思っていなかったのでびっくり。。なんでも、病室の前に出ている名札をみて、びっくりして来てくださったようで、 [続きを読む]
  • 再入院。
  • 先週の木曜日、3/9(木)に、、右胸エキスパンダー挿入と左胸縮小の手術を終えて、退院した。けど、、右胸の傷みは続いていて、日を増す毎に、より赤くもなってきた。3/13(月)、、退院後の最初の形成外科外来の予約があったので病院へ。。やはり、主治医のM医師は、、「感染かもしれませんね。 とりあえず血液検査してみましょう。」と。。結果が出るのを、待つ事1時間。。結果は、「炎症の数値が少しだけど上がっているし、肝臓の数 [続きを読む]
  • 本当にサービスだった…気がする。
  • 今朝、無事に退院して来た。。入院日、退院日含めて、ちょうど10日間だった。まだ、結構痛みは残っている。。同じ手術を日帰りでしている病院もあるらしい。 けど、結構シンドイだろうなぁと思う。前回の全摘出後の同時再建のときは、、とりあえず、健側(左)に合わせて右胸を作り、シリコンへの入れ替え手術の時に、左右差を取るために左胸を若干いじる事になっていた。これについては、、あくまで、垂れて来ている部分を調整して [続きを読む]
  • 初シャワー。。
  • 入院したのが、ちょうど1週間前の火曜日だった。。翌日が手術だったので、今日は術後ちょうど1週間。。今朝、、抜糸をしてもらって、ドレーンも抜いてもらって、、やっと、シャワーの許可がおりた。(^^)v胸は、テープや傷やで結構痛々しい。。だけど、前回入院時に、シャワー後に感染の液が体外に噴出した事が少しトラウマになっていたので、、なので、、とりあえず、1回目のシャワーは病院で済ませておきたかった。。シャワー室で [続きを読む]
  • 抜糸後。
  • 今朝の処置で、、右側に残っていたドレーンが抜け、抜糸もしていただいた。すごく糸の数が多くて、抜糸は結構痛くて、、医師の説明なども含めると、処置は小一時間かかっていた。今日からシャワーもして良いそうで、、ドレーンの穴が落ち着けば、入浴もしても良いそう。明日、退院もして良いそうで、、一挙に春が来た気がして、とても嬉しい。右胸のエキスパンダーの中には、、術後の50mlと今朝の50mlで、合計100ml入っているらし [続きを読む]
  • 入院生活のストレスについて考える。
  • 暇なので…^^;入院生活のストレスの軽減について考えてみた。私の場合の、この病院での過去2回の入院は、全て、乳がん絡みの手術のための入院だった。この病院は、お部屋によって、差額室料が発生する。大部屋(5人部屋)無料、4人部屋 1620円又は2160円2人部屋 3780円又は5400円個室 12960円又は17280円特別室 32400円又は34560円、と、なっている。。私は、ここまで毎度、大部屋(無料)を選択してきたし、、今後も、大部屋を選択す [続きを読む]
  • 半分。。
  • 先週3/1に、右胸エキスパンダー挿入と左胸の縮小手術を受けていて、、術後にはドレーンが2本入っていたのだけど、、今朝ほど、形成外科主治医のM医師がベッドサイドに来てくださり、ようやく左側ドレーンが抜けて、右側に留置されている一本のみになった。。医師のお話では、、明日、右側のドレーンも抜いて、エキスパンダーに液も注入し、抜糸もしてくださるそうな。。「今回は、順調ですね!」 の、医師の一言が、とっても嬉しか [続きを読む]
  • 術後と術前。
  • 入院生活は、土日は暇だ。。昨日くらいから、だんだんと動けるようにもなって来た。最初は、起き上がるのも、パラマウントベッドのお世話になっている状態だった。続いていた微熱も、ようやくすっきりして来た気配だ。処理したい仕事関係の楽譜なども、沢山持ってきてはいるけど、、前回は手術の翌週から感染の症状が出始めたので、今回はドレーンが抜けて少し落ち着くまで安静にしておこうと思う。画像は、、手術前後の胸の状態。 [続きを読む]
  • 術後2日目。
  • 右胸エキスパンダー挿入と左胸の縮小手術を受けて2日目。昨夜から38度程度の発熱があったけど、今朝の血液検査で、数値には異常は無いとのこと。おそらく一過性の発熱だと思うので様子をみましょうと言われ、、現在は平熱に戻っている。。今朝、形成の主治医M医師が、傷口の処置に来てくださった。白いガーゼの下がどうなっているのかが、とっても心配だったのだけど…。右胸は、やっぱりペタンコのままだけど、、前回の時に余った [続きを読む]
  • とりあえず、無事に生還。
  • 昨日(3/1)、右胸エキスパンダー挿入と左胸縮小手術を受けた。手術は、朝の9時からで、説明では、3時間程度で手術終了の予定で、3〜4時間の安静のみでその後の制約は無いとのことだった。手術室を出れたのは、12時半頃。。ドレーン2本(左右一本づつ)と尿管は入っていた。。酸素マスクを外してもらえたのが、ちょうど4時頃。。水を少し飲ませてもらって、「歩けるようなら尿管外しましょう」と看護師さん。。「さ、起き上がっても [続きを読む]
  • 入院。
  • 昨日、無事に入院してきた。今回は形成の手術(右胸エキスパンダー挿入と左胸縮小)なので、前回のガン病棟とは違い、かなり雰囲気が違って、割と患者さん皆んなゆったりされている気がする。しかも、、無料の大部屋希望だったのに、病院の都合でまさかの個室。テレビ見放題、ソファー、冷蔵庫、洗面、トイレ付きで広い!一人は結構快適だ。昨日は、形成の主治医M医師が、複数回来てくださり、、マーキングと、、特に縮小する左側を [続きを読む]
  • 入院準備。
  • いよいよ明日が入院、明後日が手術になった。入院期間は2週間程度と聞いている。最後の仕事を終えた(生徒さんが帰った)のは、昨夜の9時前だった。退院後の身体の状態が読めず、3月は余裕を持ってスケジュールを空ける事にしたので、今月末はかなり詰まっていた。今日は一日オフ。 なんだけど、、主婦が2週間家を空けるとなると、本当にする事が沢山あるな、と思う。入院も、昨年からで3度目なので、私も娘(家事をやってくれる)も、 [続きを読む]
  • カウントダウン
  • 再建の手術まで、カウントダウンな状態になってきた。術後は、、色々と制約が出来るのだろうな、と思う。特に、エキスパンダーを挿入する右側は、動きに制約もあるのだろうなとも思う。。位置がズレやすいものであることも、色々な所から聞いていたりもする。私はスポーツ選手ではないけれど、肩や腕はかなり自由に使いたい生活をしている。色々と考え出すと、不安ばっかりが先に出てきてしまうけど、、でも、先の見えない人生だか [続きを読む]