ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒 さん プロフィール

  •  
ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒さん: ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒
ハンドル名ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒 さん
ブログタイトルハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/challenge-mn
サイト紹介文患者中心の新たな人間医療を築く”いしずえ”として「万能快鍼法」の確立をめざす、チャレンジ鍼灸師の歩み
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2016/07/27 16:55

ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒 さんのブログ記事

  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる!j
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる!j「ハリを横に皮膚の表面にそって」刺した方が10倍以上の効果がある。私は、まずこれを実践してみた。最初の患者は、50年来の肩こりで、40年前に、あまりの辛さに何軒かの病院を転々とし効果なし。最後に、近所のハリ治療で、これは治る見込みがないと言われ我慢しかないとあきらめていた。19年前、無くなったご主人の「難病」がハリ治療をすると気持ちがいいと言っていたのを突然思い [続きを読む]
  • 五年痛み続けた左足首捻挫後遺症状がハリで楽になった!
  • 五年痛み続けた左足首捻挫後遺症状がハリで楽になった!昨日、患者から喜びの手紙を戴いた。この患者は、慢性肩こりがひどくかかりつけの医師に勧められ来院した。昨年の6月から、最初の月は連日のように治療しほとんど「普段の肩こり」はなくなり健康管理のようなハリを続けていっる。八りを信用してくれたのが、五年来の右足首とそれをかばうためか2年前から通院している左膝痛の話しをしてくれた。もちろんすぐに治療してあげ右 [続きを読む]
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる!h
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる!h盲人の杉山和一先生の独創によって確立した「菅鍼法」で痛くなく直刺するのが全盛の江戸の同時代に「ハリを横に皮膚の表面にそって刺した方が10倍以上の効果があると主張した漢方医学の名人との出会いが私の新しい鍼灸学建設への目を開いてくれた!iタウンページ中川求真堂? 028-633-1866 [続きを読む]
  • 鍼で逆流性胃炎が「即効」だ!
  • 信じなかったハリ・・でも鍼で逆流性胃炎が「即効」だ一昨日、腰が痛いと来院した患者は数年間逆流性胃炎が治らず、神経障害になった青年で昨年の六月のハリ治療で完治し、働いている。逆流性胃炎のことを尋ねるとあの時ハリを信じていなかったが信頼している人の紹介で恐る恐るハリ治療をしてみた。しかし、両手首にハリを刺されたら数分で胃の違和感が消えてしまった。と話してくれた。iタウンページ中川求真堂? 028-633-1866 [続きを読む]
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる!g
  • 新たな「鍼灸学」の土台は、それを支える治療実践。成功と失敗の中の修練の積み重ねで鍛える技能を身につけることで「効果」を高めるしかない。「ツボ」への刺し方は前に書いたが指で針先を軽く固定しながら素直にハリがぶれないように表皮に沿って送り込む。そして「ハリを刺したことを忘れて患者がもう抜いて欲しいと言うまで置鍼しておく。これが「ハリの原典」である「九鍼十二原第一」に記述され現代に残された内容である。  [続きを読む]
  • 右下腿のむくみの患者、ハリでOKでした。
  • 右下腿のむくみの患者、ハリでOKでした。先月数日前から両下肢のむくみがひどくて来院し一回のハリで完治した患者が今日再び数日前から「下腿だけがむくんで押すと痛む」と来院。昨日、内科で診察を受けたら、エックス線、エコー、血液検査で異常なし数日後「精密検査」を指示されその前に「皮膚科」で診察を受けるように言われ先月のことを思い出して、今日来院。患者が「むくんでいる」というところをよく観察してみると、全くむ [続きを読む]
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる!f
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる!fでは「ツボ」をどう探り、「ツボ」として確定するかである。「ツボ」については、古来の諸説や鍼灸学校で基礎知識とされている経穴名や部位、取穴法を学んで臨床に臨むべきなのかが問題である。私は本当に治療の現場で有効な「新しい鍼灸学」では過去のすべてを根底から覆して新しい理論を創造しなければならないと確信している。「ツボ」とは何か。それは病苦に悩む人間と、癒してあげ [続きを読む]
  • 膀胱がんの手術後の血尿、すぐキレイに。ハリが効いた!
  • 膀胱がんの手術後の血尿、すぐキレイに。ハリが効いた!膀胱がんの再発で再手術。すぐに尿がきれいになった。二年前の手術の時は最初から二年間「血尿」が消えず、いろいろ検査をしたが原因不明。治療も効果なし。七月、知人の紹介で来院し、一回のハリ治療で正常尿になり健康管理を兼ねて月数回の治療を続けていた。しばらく何ともなかったが先月また血尿が少しだが出たので検査をしたらがんが残っていたと言われ再手術になった。 [続きを読む]
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる!e  
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる!e次のステップは「ツボ」をどう探り反応点を「ツボ」として確定し、「ハリをどう刺すか」である。「ツボ」については、古来の「経脈・経穴学」によって記述され体系化されている。諸説があるが「大同小異」である。現在の鍼灸学校では標準的な勉強をさせられる。経穴名や部位、取穴法を学んで「鍼灸師」の基礎知識とされている。私は「新しい鍼灸学」ではその根底から覆して新しい理論を [続きを読む]
  • 右膝が痛くて歩けない。ハリ二本で即効!
  • 右膝が痛くて歩けない。ハリ二本で即効!数日前から右膝・膝蓋部が漸次痛くなり昨日から痛くて歩けなくなった患者が来院。この患者は三十年前から「左膝蓋部」が歩行時に痛んで、最近痛みが激痛になりひどいと昨年十月初め、知人の紹介で来院した患者。最初のハリ治療で楽になりその後月に三回から四回通院したが一月ごろには完全に歩行時痛がなくなり治療を終了した。一年たっての再来である。いま、八月四回、九月二回目だがほと [続きを読む]
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる! d
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる! d理論構築の第一歩を築く。「ツボ」とは何か。鍼灸治療は、古代中国人が体得した医療の原点を大切にして、生きた人間の病を治しきる臨床の場から全人的治療の道を歩み続け築かれたものある。中国古代人は、すべての身体と心の異常は体表(皮膚)に現れるという手当・医療の原則を臨床の場でつかんだ。この体表(皮膚)と筋骨・脈管・内臓そして大脳・・・表面と内部の絶妙なつながりを [続きを読む]
  • 膀胱がんの手術の後すぐきれいな尿が出た。ハリ治療の効果だ!
  • 膀胱がんの手術の後すぐきれいな尿が出た。ハリ治療の効果だ!今日来院の患者は、2年少し前に膀胱がんの手術をして、完全成功なのに、真っ赤な血尿が止まらなかった。いろいろ検査しても原因は不明で、あちこちに「医者めぐり」をしたが、全く尿はきれいにならないので気にしていた。たまたま友人の知人が、大学病院で「肺がん」の患者がたった四回の「私のハリ治療」で完全治癒したのを聞いて来院した。最初のハリ治療で「尿はき [続きを読む]
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる! c
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる! cハリの医術の新たな学問建設の第一歩はハリ治療の現場の実際の観察である。ハリを皮膚の表面にあるとされる「ツボ」に刺す。いかに刺して「効果」を生み出しているかの厳密な事実の確証が必要である。「ツボ」をどうとらえ、そこ「ハリ」をどう刺すことで「効果」を生み出せるかこれがハリの「学術」のすべてである。では「ツボ」とは何か、いかにして把握するかを考え抜き「理論構築」 [続きを読む]
  • 激痛は「ハリが皮膚に触れ、刺すと同時に」消える‼
  • 激痛は「ハリが皮膚に触れ、刺すと同時に」消える‼これは三年半前の「自己治療体験」で、初めて知った事実だ。ある朝、自分で今まで感じたことがない「左下腿の激痛」で目が覚めた。当時私は「管」を使用しないで「撚鍼法」で深くても浅くても病状に合わせて自由自在に対処していた。その時は当然、第四腰椎の傍らに深く刺すつもりだった。しかし刺そうとしてハリ先が表皮に触れたと同時に激痛が消えるようになくなってしまった! [続きを読む]
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる! a
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる! a 先ず「治療」「医学・医療」とは何かを考える。病苦に悩む患者とそれを癒し喜びを与えようとする「医療従事者」がふれあうことがすべてのスタートだ。だから、本来「治療」を「手当」という。しかし「現在の医療」ではい、ほとんど肌に触れるない。先ず「諸検査」であり、それから「投薬」である。しかし、「中国古代の医人」は患者の肌に触れることから医療を始めた。この「違いの意 [続きを読む]
  • 薬を欠かせなかった「不眠症患者」が置鍼中に眠った!
  • 薬を欠かせなかった「不眠症患者」が置鍼中に眠った! 46歳の主婦。「夜ほとんど眠れない、肩首背中全身のこり、身体が重く、やる気が出ない、寒いのに大量の寝汗をかく、安静時の動悸体がふわふわするめまい、足先だけ冷たくしびれかる、過敏性腸症候群、息苦しいなど」と初診時の「カルテ」に自分で書いてくれた。最初の治療時に、浅刺法で置鍼中眠ってしまい一週間後来院の時前回治療の夜から全く服薬しないで眠れるようになっ [続きを読む]
  • 不安感があり心の病になりそうだーハリで即効!
  • 不安感があり心の病になりそうだーハリで即効!近所の六十歳の主婦が「昨夜、友人から電話があり、応対に疲れ心身ともに「疲労感」が強く、肩こりもつらく、心のレベルが落ちそうだと来院。いつものように両手足首の「ツボ」四本にハリ、両頚部と肩の「肩井」というツボに「快浅刺法」で置鍼。しばらく眠ってしまい、20分くらいで自然に目が覚め、心の状態も、肩も楽になったと帰った。これでまた、当分元気に暮らせるだろう。 [続きを読む]
  • 頑固な膝痛でも必ずよくなる!
  • 頑固な膝痛でも必ずよくなる!六年前突発的に右膝が痛くなり、整形外科で「変形性膝関節症」と診断され、一時の激痛はなくなったが、「歩く時だけ痛む」という症状だけ残っているため、四年間もズーット通院を続けているという近所の六十六歳の主婦が、数日前来院しました。いろいろ調べると、「膝が痛い」といっても、膝そのものは、多少確かに変形があるかもしれませんが、特に明確な「痛点」はありませんでした。しかし、「右第 [続きを読む]
  • ぎっくり腰は最高の得意疾患。
  • ぎっくり腰は最高の得意疾患。昨日の新患も、帰りはらくらく!10年来の患者の紹介で45歳の男性が、一週間前にトイレで立ち上がろうとして腰の激痛になり、病院で「痛み止めの注射」をしたが楽にならず来院。両腰椎傍と両下腿の「飛陽」というツボに快浅刺法で置鍼。ハリを刺したところが温かくなって気持ちがよくなり、10分くらいして、もういいかなと言うので抜鍼。起きてもらったら、動作も歩行もOK!紹介してくれた元患者にお [続きを読む]
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる! ⑨
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる! ⑨現在、「万能快鍼法」の土台である「快浅刺法」は、ほぼ確立できたと思う。体調の異常が「ツボ」に現れる内臓系の病苦に対しては「快浅刺法」で完全に対応できる。しかし、深いところの筋緊張や硬結には、やはり一定の深さに刺した方がよい場合もある。 [続きを読む]
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる! ⑧
  • 新たな「鍼灸学」の建設をめざして生きる! ⑧「快浅刺法」の確立がスタートでいま「万能快鍼法」の探求に全力を尽くしているところです。体調の異常が「ツボ」に現れる内臓系の病苦に対しては「快浅刺法」で対応できるが深いところの筋緊張や硬結には、やはり一定の深さに刺した方がよい効果の場合もある、iタウンページ中川求真堂? 028-633-1866 [続きを読む]
  • 辛い難治性慢性肩こりが、ハリで楽になった!
  • 辛い難治性慢性肩こりが、ハリで楽になった!七十歳を超える老婦人。四十年も前から辛い肩こりに悩まされ、いろいろと治療したが何をやっても効果なし。最後に近所の盲人の「ハリ治療」を受けた時この肩は、絶対治らないと断言されすっかり治療を受ける意欲を失い、ただ我慢しているだけだと、言った。足首ねん挫が、整形外科の治療で全然楽にならずに困っているとき、生前ご主人が私に「難病」治療を受けていたことを突然思い出し [続きを読む]