森野カナタ さん プロフィール

  •  
森野カナタさん: 伝説の”レインボースーパーざかな”
ハンドル名森野カナタ さん
ブログタイトル伝説の”レインボースーパーざかな”
ブログURLhttp://morinokanata.hatenablog.com/
サイト紹介文半径3メートルの日常から、お役立ち情報をひねり出す。本、ライフスタイルのことを主に書く雑記ブログ
自由文「ゆっくり、楽しく、継続して働く」。それが僕が掲げる旗です。自分の価値を高めるための考え方、キャリアのこと、マネーのこと、を考えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 245日(平均3.5回/週) - 参加 2016/07/28 23:29

森野カナタ さんのブログ記事

  • 手帳を変える時期がきたので『手帳愛』をいっちょひとつ。
  • 3月ももうすぐ終わり。今週からはいよいよ4月、新年度になりますねー。僕は毎年3月末になると必ず手帳の更新をするんですが、今年もその季節がやってきました。使ってる手帳は毎年一緒。「ほぼ日手帳」です。たぶん多くの人が使っているんじゃないでしょうか。僕はいろいろと種類がある中で、この『オリジナル』を使っています。これ、手帳の本体部分だけで2000円と決して安くはありません。カバーとかつけるともっ [続きを読む]
  • 僕がなぜか向田邦子の本が好きな5つの理由
  • 僕はなぜだかはわからないが、女性作家の小説をそれほど読みません。別に毛嫌いしているわけではないんだけど、自然と読んでいるものを振り返ると男性作家のものが多い、そんな感じです。なんでなんだろう?・・・特に理由はないです。たまたまだと思う。女性作家でよく読むのは、桐野夏生さん、宮部みゆきさん・・・それぐらいだろうか?あ、あともう一人大事な人がいました。向田邦子さんです。もうだいぶ前に亡 [続きを読む]
  • 読みやすい!でも一筋縄にはいかない”日本文学”の名著・10選
  • これまでそれなりの量の本を読んできたつもりだ。でもその中には、数か月たったら中身をすっかり忘れてしまう本と、いつまでたってもその読後感が消えない、トンデモない本がある。そういう本との出会いって「人との出会い」と似ていて、その読書体験は何ものにも代えられないぐらい素晴らしいもの。うーん、「恋人が出来た」とか「なんかウマの合う友達が出来た」とは言いすぎかもしれないが、なんかそれぐらい自分の中で [続きを読む]
  • くるり『THE PIER』を相撲番付的にオススメしてみる!
  • 日々のトホホな、時にはくそったれ!と思うぐらいの毎日を支えてくれる”大切な音楽”。通勤の電車であれだけ多くの人がイヤホンで音楽を聴いてるので、きっと誰にでもそんな大事な音楽があるんだと思います。何とも言えないフラストレーションが日々の暮らしの中で溜まっていく中で、こうした音楽は気持ちを前向きにさせてくれる。やっぱり大切なものですよね。で、僕の中で最近というか、しばらくずっと通勤のおともに欠か [続きを読む]
  • 買って後悔した!だけど、愛のあるもの5つ
  • 日々の暮らしで家電製品や日用品は、よく使うものです。頻繁に使うだけに、ちょっと使いにくいだけでも結構なストレスになったりします。なので我が家では、こうしたものを買うときはけっこう厳選して選んでいるつもりです。しかーーし。それでも「買って失敗した」というものが出てくるのが人間が生きる上での悲しい性。高額の買い物であればあるほどそう簡単に買い替えることはできない。だから毎日使いながら、ちょっ [続きを読む]
  • 子育てのメソッドを「花まる学習会」の本から学んでみた!
  • 平日は自分のことで精いっぱいなので、その分、土日は子どものことを考える時間にあてています。子どもの習い事の送り迎え、遊びに付き合う、お風呂に入れて寝かす・・・で、あっという間に一日が終わってしまうんですが、いわゆる子育て本もこうした土日のちょっとした空き時間に読むようにしています。で、今回読んでみたのはこちら。「メシが食える大人」に育つ 子どもの習慣作者: 高濱正伸出版社/メーカー: KADOKAWA [続きを読む]
  • 【おススメの小説】あなたの人生を揺さぶる”海外文学”10冊
  • 世にこれだけ本がある中で、海外文学を読むなんていうのは見る人から見たら「けったいなこと」にしか思われないかもしれない。僕も昔は”海外の小説”ってとっつきにくいと思っていたので、本格的に読みだしたのは受験勉強が終わって大学に入学してからだったと思う。で、今、それなりの本を読んできて思うのは・・・「食わず嫌いのままにしないでよかったなー」ということでした。具体的に何がいいの?っていわれる [続きを読む]
  • 「19年ぶり」と「7年ぶり」について
  • さっきテレビで久しぶりに小沢健二を見た。ミュージックステーション。20年ぶりの出演だという。ちょっとというか、普通におっさんになっていたオザケンが新曲「流動体について」を歌っていた。ちょっと緊張していた様子だったけど、僕は久しぶりに彼の歌が聴けて嬉しかった。それがつい先ほどの出来事。あー、よかった、見れて。昔と一緒で歌はうまくはない。でもギターを弾きながら、生の声でちゃんと歌っていた [続きを読む]
  • 『働く理由』/戸田智弘〜「働く・生きる」を哲学するオススメの本
  • 過去の偉人の名言から●●を学ぶ!って本は結構な数が世に出ているけど、正直、読んで感銘を受けたものってこれまでほとんどなかった。。。なぜって、それは「いい言葉を引用すればオッケー」みたいなところで止まっていて、その文章をかみ砕いたり、そこから著者のオリジナルな思考にいたっていない本が多かったから。なので、この本も手に取ったとき、あんまり期待してはいなかったんだけど・・・働く理由 99の名言 [続きを読む]
  • 【おススメの本】『お金』を学び、真剣に考える本10冊
  • みなさん、お金の管理うまくできていますか?子どものために貯蓄できていますか?うちは夫婦が30代になり子どもが生まれてから、けっこう真剣にお金のことを考え始めました。それまでは「給料の中から一部を貯金に回し、あとは使い切ってもいいや」と軽く暮らしていたんですが、子供が成長し僕も年齢を重ねていく中でだんだんとそういうわけにはいかんなーと思うことが増えてきました。やっぱり、圧倒的に支出が増えてくる [続きを読む]
  • 安くてオトク!使い勝手よし、IKEAのオススメ5選
  • こんにちは、ざかなです。僕は以前、無印良品で働いていたことがあって、よくこのブログでもおススメの無印製品を紹介しています。が、日々の暮らしでは、もちろんそれ以外のお店の商品にも色々とお世話になっている。お店を選ぶ基準というのは人それぞれあるとは思います。が、多くの人は・・・安い使いやすいデザインがいいそこそこ丈夫であるこんな要素を求められているのではないかと。で、無印以外にこの条件を満 [続きを読む]
  • めんどうな家計の見直し・・・やる価値はあるのか?
  • どーーも、森野です。うちの家計がピンチということで、現在、家計の見直しにせっせと取り組んでいます。前回は家の固定費の中でも大きな割合を占める「保険」について見直しました。morinokanata.hatenablog.comうちは半年ぐらい前から月2万円ほどの赤字になっていたのですが、保険を見直しただけで月1万2千円削れることがわかりました。これは大きい!!!しかーーーーし。また妻がとんでもないことを言い出 [続きを読む]
  • 保険を見直して、家計が楽になった!!
  • お金がない、お金がない、お金がない・・・ああ、お金がない、困ったぞ。最近、家の家計が財政破綻を起こしていることに気付いた、森野です。毎月の貯蓄額がどうも少なくなっているなーーと思い、財務大臣の妻を問いただしたところ・・・「実はずっと赤字なのよね〜〜」と、軽く言われました。妻によーーく話を聞いてみると、半年前から大体月2万円ほどの赤字になっているとのこと。ええーーーっ!うっそー。昔 [続きを読む]