ほねおりぞん さん プロフィール

  •  
ほねおりぞんさん: 迷ピアノ弾きの骨折からの軌跡
ハンドル名ほねおりぞん さん
ブログタイトル迷ピアノ弾きの骨折からの軌跡
ブログURLhttp://honeorizon679.blog.fc2.com/
サイト紹介文ピアノ弾く職業の私が橈骨遠位端と親指下の舟状骨を骨折し、その回復過程や完治後の日常の記録。
自由文橈骨遠位端と舟状骨の骨折により、人生観が変化したと認識している迷ピアノ弾きの日常。とっくに完治宣言されているものの、1日になんどか痛みや違和感を覚え、完全に元通りとは言い難い日々を記録中。仕事やプライベートについてもつぶやきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供324回 / 267日(平均8.5回/週) - 参加 2016/07/29 08:15

ほねおりぞん さんのブログ記事

  • 検診
  • 毎年受診が義務付けられている職員検診に行ってきた。身長 2ミリ縮んだ?体重 6,5キロ減量(本当にこれだけは怪我の光明)視力 運転免許ギリギリ聴力 片側低音が弱いはずだが今日はクリア血圧 昨年より低くなってた(体重減でかな)腹囲 昨年より8センチ縮まった(体重に比例か)心電図 結果待ち胸部エックス線 結果待ち血液検査 結果待ち血液検査のあと、採血した検査官に荷物が重そうですから採血した左手では2時間くらい持たない [続きを読む]
  • (無題)
  • 急に暑くなってきた。朝夕はまだはおりものが必要だけれど、昼間は冷房が欲しくなることもあるくらい。昼間はほとんど左手を意識しなくてもいい日が増えてきた。それでもやはり痛みはなくても強直は残ってしまったんだなと認めざるを得ない。それで困るというほどのことはないからまあ、いいか。さて、問題の職場。空気は相変わらずビリビリ。今は新しい魔女はまだ様子を見ているし、第一まだこのチームのシステムが分かり切ってな [続きを読む]
  • 英雄ポロネーズ
  • 考えてみたら私が好んで弾く曲は割合、暗めな印象。でも、この英雄ポロネーズは開放感に満ち溢れている。まだ譜読みの段階で中間部に入る手前までしか見てはいないが、華やかでこれをスラスラ弾けたらいいなぁと思う。たた、どうしても左手のオクターブを含むアルペジオがキツイ。できるだけ肘を柔らかくして手首にかかり過ぎないようにするとか試しながら譜読みしている。にほんブログ村 [続きを読む]
  • なるほど
  • かなり暖かくなって昼間は半袖でも過ごせるようになった。それで気づいたことが。相変わらず左腕肘下は筋肉があまりついてない??右と比べると右は加齢による多少の皮膚のたるみはあるが、しっかり張ってる感じ。左はかなりプルプル。寒いときは腕を覆っていたから気づかなかったな。お風呂でも手首から先の自主リハビリばかりしていたし。筋肉がついてないんだから荷物もあまり持てず、持ってもすぐ下ろしたくなる、ピアノも長く [続きを読む]
  • ピアノ 4/16
  • ちょっと気分を変えて新しい曲にチャレンジしようかと。基本のツェルニーやハノンでの機能訓練みたいなものは続けつつである。これまで取り組むきっかけがなかっただけで結構好きなショパンの英雄ポロネーズ。今の私には色んな意味で勉強になりそうな。実はシューマンの謝肉祭の休息→終曲も候補に挙げてみたが英雄ポロネーズよりも鍵盤の掴みがキツいことに気付き??仕事も本格的に始まったし、多分人間関係諸々でくたびれ果てて [続きを読む]
  • 記録 4/11
  • キャスター付きアンプをガラガラと押して運んだ時のこと、特に負担は感じていないはずだったが、僅かに手首に力を込めた瞬間、まだ固定がはずれたばかりの頃によく感じていたレベルでガツッと手首から腕に突き抜けるような痛みが走り、驚きと痛みの強さで動きが止まってしまった。キツイなー??で、こうなるとそのあとの動きに影響がでるのも相変わらずだった。授業で弾くのも痛みが続いて。ただ、不思議なのは今日アンプを運んだ [続きを読む]
  • 続編 春の憂い
  • 出勤すると空気が文字通りビリビリ??????している。いつもは何かあっても平静を装えるハッキリさをも顔が引きつっている。ハッキリさんが私が授業準備をしていた倉庫にやってきてとんでもないことを告げた。「東の魔女がリーダーの悪口を連ねたLINEを自分の友達に送ったつもりが他ならぬリーダーに誤送信したらしいのよ。誤送信とはいうけどわざとかもしれないって??」なんつーことを??????女子中学生じゃないか、ま [続きを読む]
  • ピアノ 4/10
  • 人差し指と親指の間を広げると痛みを誘発するわけではあるが、さりとて1〜2日弾かない日のあと、弾くと更に痛みが増すし、手首が硬くなっているのを自覚する。ハノン31番の下降形で長いこと痛みを誘発していたのは最近あまり感じなくなってきたが、やはりオクターブが鬼門。例えばツェルニー60番練習曲の34番。ハノンのオクターブ練習に飽きたからと始めたのはいいが、半分も弾かないうちに痛みもさることながら、開かなくなる。痛 [続きを読む]
  • 春の憂い
  • 新年度が明けた。いつもなら、新たな気持ちで「さぁ、やるぞ」という気持ちがみなぎるのに今年はネガテイブな始まりだ。過去記事にした職場のメンバーが大幅に代わり、元からいるのはリーダーと誰に対しても分け隔てなくハッキリモノ言うハッキリさん、私だけ。しかも、リーダーと同じ、いや、もしかしたらリーダー以上に強烈な年配女性が配属されてきた。魔女と呼ぶことにする。校舎と教室の配置からリーダーを西の魔女と言うなら [続きを読む]
  • 記録 4/9日常生活でも
  • 日常生活上、最近やっぱり悪化してるかもと思うのが、一時はあまり痛みなく出来ていた左手でフライパンや鍋を持って料理を盛り付ける時や、シンクで洗うのに親指側に傾けること。重さには相変わらず弱いのは自覚していたけれども、傾ける動作が何故か。でも、結局ピアノと一緒で親指近辺に負担がかかることが一番出来ないんだなと??あとは主に就寝して朝起きたとき、寝相によっては左手が不自然に曲げられていたり手の上に頭が乗 [続きを読む]
  • 記録 4/4 痺れ
  • 痛みではないが、ここ何日か自覚症状があるから記録しておく。どうもちょっとしたことで左腕が痺れやすくなったような気がする。あと、ちょうど手首の真ん中らへんの腱のキリキリ感も頻繁に起こる。これまで痛みばかりに気を取られていただけなのかどうか分からないが、少し負荷をかけたりすると痺れてきて、例えば荷物を持っていても右手に持ち替えたくなる。昨日、久しぶりに腕時計をして外出したが、これもなんとなく負担に感じ [続きを読む]
  • 晴れない気持ち
  • 気が晴れぬままの数日間を過ごしている。私が鬱々と悩んでいるのに対し、原因となった者たちはもう終わったことだとして普段の生活に戻っている。そりゃあそうだ、自分たちの思いのままに出来ているんだし、彼らが鬱々する理由はない。あるとすれば家族は毎日私の鬱々した表情を見なくてはならないことくらいなものだ。故に終わったことをいつまでも引きずっていて??という逆ギレ心境のようだ。じゃあどうすれば解決するのか。多 [続きを読む]
  • そうなんだ??③
  • 1日に2回も人に対してがっかりし、必要とされていない自分に幻滅した昨夜、それでも主婦として家族のために夕食準備をしていた。春休みだが学校で行われている春期講習に参加している娘が予定の時間を大幅に過ぎても帰ってこない。わりと遅くなるとか予定外なことがあればLINEで連絡をくれる娘なだけに心配になり、こちらからLINEをしたが一向に既読にならない。ようやく帰宅した娘。何を言いだすかと思えば「パパが整形やめて整骨 [続きを読む]
  • そうなんだ??②
  • 今日みたいに3つも人に対して幻滅したことがあった日は、アルコールでもグッと飲んで我を忘れたい。残念なことに普段、呑まないから私向けなアルコールが我が家には置いてなくて??二つめのそうなんだ??も私としてはかなりがっかりなこと。娘が生まれた病院で知り合って15年間私は親しくしてきたと思っていた家族ぐるみでお付き合いしていた友人家族がいる。転勤族でたまたま我が家からほど近いところに住んでいたころ、お互い [続きを読む]
  • そうなんだ??
  • 職場は春休み。正規雇用の先生方は休暇を取る人もいるが、一応勤務日ではあり、事務処理や今年度後始末、次年度準備で忙しい時期でもある。人事異動もある。いろんなことがあった職場の一つ、ここからリーダーに虐め抜かれて辞める50代女性が退職することになった。ああ、やっぱり踏ん張れなかったかと納得した。だが、去り方がよくない。リーダーに虐め抜かれて心身ともに疲れ果てたのは分かる。だが、そもそも虐め抜かれた原因は [続きを読む]
  • 記録 3/27
  • 朝、強い風雨の中、家から駅までの10分弱の道のり中、傘を持った左手首が風に煽られてグニャ→イタタタ??を味わい、寒さもあり、断続的に軽い痛みが襲う。合唱指導セミナーに参加してきたのだが、そういった会場には必ず興味をそそられる指導書や楽譜が販売されていて興味が赴くままに数冊購入。薄っぺらいものばかりだからと油断した。ビニール手提げに入れられたそれらは持参したバッグには入りきらなくて左手で持つ羽目に?? [続きを読む]
  • 職場卒業式そして娘 高校入学手続き
  • 娘の中高一貫校では3月のこんな末に高校入学手続きをする。そして手続き日時期は決まっていてその日その時間内オンリーである。昨日がその日だった。折しも勤務校全て卒業式。今年は私が式典に関わることはなかったから、単に参列しただけでよかった。これがメインで卒業学年指導とかあれば1月から胃が痛くなる日が続いて当日緊張感MAX、そして終了と同時に虚脱となるわけだけれども、そういう意味ではサブ指導のみで済んだ昨日は [続きを読む]
  • lovelylovely??
  • 授業が全て終了したので、育児休業中の同僚2人とのランチに繰り出した。1人はもうすぐ2歳の男の子、もう一人は一歳になったばかりの女の子を連れてきた。可愛いのなんのって‼?愛らしい仕草に見てるだけで癒された。娘にもこんな時期あったんだけどね、今では親の前ではかなりクール。それでも反抗期に大きく荒れることのない娘、そして他人の前ではそれなりにわきまえた態度みたいだから贅沢なことは言えないが、無条件に愛らし [続きを読む]
  • 最後のチャイム
  • タイトルな題の卒業合唱曲がある。卒業間近の小学生の気持ちを表した名曲だと思う。さて、私にも毎年最後のチャイムがある。非常勤講師である私は同じクラスを次の年にまた受け持つことはあまりない。一年一年の勝負である。今日は三年生と二年生の最後の授業。三年生は音楽室での授業だから今日は歌やリコーダー、楽譜読み、鑑賞の復習をしてからかねてから約束していたピアノ独奏を披露した。ショパン、幻想即興曲。骨折後にずっ [続きを読む]
  • 悲惨ソナタ
  • 悲愴ではなく、悲惨。娘が練習しているから楽譜がいつもピアノに置いてある状態。娘が練習を終えたあと、ちょっと弾いてみた。冒頭のGraveは我ながら深みのある音でそれなりに弾けるけれども、やはりallegroから先が??痛みを紛らわすために必要以上にテンポを上げてしまう、そして右手を外し、手を交差するあたりはもうメタメタ??まさに悲惨ソナタ。両手を合わせて拡げてみると僅かに左手は広がりが悪い。たかだか数ミリ。これ [続きを読む]
  • 記録 断捨離しようとして
  • 三連休、そして年度末。いつもなら夏休み冬休みにある程度プチ断捨離するからさほど大変ではないのだが、絶対出来なかった夏休み、まだまだ無理が利かない冬休みには何もできなかったから今回はすごいことになっている。職業がら、とにかく紙類が多い。個人情報が入ってるものもあるからシュレッダーにかけてからゴミ袋へ。また、漫画とか文庫本の類いも紐かけて資源ゴミ行き。今回はクローゼットを整理したいというのもあり、娘の [続きを読む]
  • 娘卒業式
  • 中高一貫校に通う娘の卒業式だった。三年前、誰も知らない世界に足を踏み入れて不安そうにしていた娘もすっかり学校の主みたいな顔して日々を過ごしている。一貫校だからいわゆる別れの卒業式ではなく、義務教育修了の節目の卒業式である。実にシンプルな式だった。公立と違って議員の来賓もいないから祝辞無し。校長式辞だけ。そして合唱。先月の合唱祭で伴奏した曲をここでも卒業合唱と称して披露。娘は伴奏。娘の怪我は先月に比 [続きを読む]
  • ついていけない感情
  • チームリーダーとの一件以来、彼女に対しての私の感情はとにかく冷え切っていると言っても過言ではない。ただし、管理職や周りの人たちへの手前、私は約束どおり職場では感情を殺して穏やかに接しているし、要求があれば応えるようにしている。先週末からあちらの態度が軟化しているとは感じていた。表面的には比較的仲良くしていたころと変わらない雰囲気になっているように見えてるはず。子どもたちのくつろぎの表情を見ていれば [続きを読む]
  • 迷い中ピアノ
  • ここのところ、学期末の成績処理等がありピアノに向き合う時間がなかなかとれていない。また、なんとなく目標を失なった感じもある。相変わらずオクターブの連打は痛みを誘発するし、となると左手を右手で一瞬押さえてその一瞬痛みを逃しながら弾くことがよくある。痛みを我慢して弾くことで痛みに慣れていく気もするし、その逆に感じることもある。この痛みがあと数ヶ月のすれば完全になくなるのか、それともこれは残るものなのか [続きを読む]
  • 記録 3/11&仕事
  • 何だろう、朝から動かすと親指下が痛む瞬間が何度かあり。たまたま今日は土曜日の授業公開日。毎年ここは六年生とのお別れ会。歌や合奏を発表する。つまり、それがあるから今日は私の出動??そう言えばこんな時にだいたい調子が良かった試しが無いような。私のような場数を踏んできていて、平常心でいるつもりでも潜在的には緊張しているのだろうか。曲自体たいしたことなくて、目をつぶっても弾けちゃう曲中で時々痛み逃しが必要 [続きを読む]