しーちきん さん プロフィール

  •  
しーちきんさん: 孤軍奮闘〜医学部再受験そして医大生へ〜
ハンドル名しーちきん さん
ブログタイトル孤軍奮闘〜医学部再受験そして医大生へ〜
ブログURLhttp://seachicken.seesaa.net/
サイト紹介文働きながら国立大学医学部を再受験し、2度目の挑戦で無事合格。日々の思いや勉強方法を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 333日(平均3.2回/週) - 参加 2016/07/29 18:11

しーちきん さんのブログ記事

  • これぞ理想の時間割
  • 医学部も2年生になると座学と実習の繰り返し。座学は睡魔との闘い、実習は時間との闘い…そうなると授業での運動は、メモをとる、試験管を振るといった肘より先の動きくらいしかありません。将来体力・精神力が必要な医師という職業に就くことを考えると、医大生には運動が必要不可欠なんじゃないかと思ったりもします。実際、前の大学でガチの部活をやっていたおかげで、仕事も受験勉強もかなり助けられました。医学部で部活が盛 [続きを読む]
  • 出口が見えない
  • とあるお店(開店中)。出口…専用?店内のレイアウト変更のためなのか、トラブルが発生したからなのか、何か別の深い目的があるのか…?それにしても内も外も厳重すぎる(笑)出口が見えないってのは何かと縁起が悪い。ひとまず『出口専用』の文字だけ消しちゃえばいいのに…ポチっと押して応援よろしくお願いします! twitterでもたま〜につぶやいてます。Follow @seachicken_med [続きを読む]
  • 聴覚の勉強は生理学というより物理学
  • 視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚といった感覚およびそれを受け持つ感覚器についての勉強は生理学のけっこう大きな部分を占めます。その中で特に面白いなと思ったのが聴覚。聴覚そしてそれを受け持つ耳は、生理学の中で最も「物理」が詰まってる分野じゃないでしょうか?しかも割と大学レベルの物理。講義中には先生の口からも「この辺は理工系の人に話をするとよくわかってもらえるんだけど…」というフレーズが何度か飛び出しました [続きを読む]
  • 気分は予備校生
  • 週に何度か受験生に混じって予備校生活を送っています。この「受験生に混じって」という表現にはちょっとした理由が…曲がりなりにも勉強を教える立場ということで、普段のゆるゆるな大学生活とは気持ちを切り替えて門をくぐるんですが、心を折られてしまうことがしばしばあります。Case1『職員室での職員さんの反応』(A先生入室…)職員さん「よろしくお願いします!」(B先生入室…)職員さん「よろしくお願いします!」(しー [続きを読む]
  • 英語が襲いかかってきた
  • ここにきて自分の英語力にもどかしさを感じています。リーディング、リスニングといった英語の受信は働いていた頃から論文を読んだり受験でも鍛えられたりしてあまり苦手意識はないのですが、発信(特にスピーキング)のほうが昔からどうも苦手。どうしても話さないといけないときは事前に入念に準備をしてなんとか乗りきってきました(笑)学士編入を考えていた頃に受験したTOEFLでは、そんな準備もむなしくスピーキングが足を引 [続きを読む]
  • しくじり先生に学ぶ「本気」
  • 長野五輪スキーノルディック複合日本代表の荻原次晴さんが授業を行った昨日の「しくじり先生」。少し前にとあるイベントでみかけたこともあって最初から最後までじっくり見てしまいました。五輪で二度金メダルを獲得した双子の兄健司さんと常に比べられ辛い思いをしながらも、紆余曲折を経て長野五輪では見事入賞。世界の頂点(に近い位置)まで登り詰めた人の言葉にはやはり説得力があります。印象的だったしくじりエピソードは、 [続きを読む]
  • 寝る間を惜しんで
  • ここのところ試験勉強が忙しくて寝てなんかいられません。…という話ではなく、最近やってる解析の話。昨日は宣言通り早く寝てしまったし(汗)最近手をつけた解析はやたら時間がかかります。ステップを1つ進めるのに、スタートのスイッチを押してから結果が出るまで早くて数時間。長いときは半日。もっと高度なことをやろうとすると1週間とかもざらなんだとか…解析の間、パソコンはファンをファンファン言わせて頑張ってくれる [続きを読む]
  • 世界ランク1位の精神力
  • 昨晩はテニス全仏オープンの準々決勝に臨む錦織選手を応援するため夜更し。テニスは片手で数えられるほどの回数しか経験がなく、もっぱらホームラン専門のド素人ですが、ここ数年はよくテレビで観ています。今回の相手は世界ランク1位のマレー選手。前半は調子のよかった錦織選手でしたが、途中で形勢逆転され残念ながら逆転負け。試合の途中、素人目にも流れが変わったなと感じたのが第2セット途中での審判の介入です。マレー選 [続きを読む]
  • 「あの人」が判明!
  • 昨日は1ヶ月前の話を思い出して記事を書いたわけですが、昨日の今日で「あの人」が判明しました!すごいタイミングです(汗)もしかしてブログ読んでくださってたり…?昨日の記事はこちら。>>あの人に似てる?それでは早速「あの人」を発表したいと思います。誰トクかさっぱりわかりませんが(笑)まずは局から。ジャガジャガジャガジャガ…TBS!そして、名前は…ジャガジャガジャガジャガ…赤荻歩アナ!正直なところ名前を存 [続きを読む]
  • あの人に似てる?
  • 家庭教師を終えて帰り際、生徒のお母さんに突然言われました。「先生ってあの人に似てますよね!」「テレビのアナウンサーのあの人!」「朝のニュース番組の!」「TBSだったかしら?テレ朝?」「NHKではなかったなぁ…」結局、誰だったのかわからずじまいで生殺し。お母さん、その状態でなぜ切り出したんですか…とは言えず(笑)そんな会話があってからかれこれ1ヶ月。ふと思い出して各局のアナウンサー名鑑を眺めてます。ポチっ [続きを読む]
  • ラーメン二郎をランニングで消費する作戦
  • ちょっとずつ地方にも店舗が増えてきているラーメン二郎。以前の中毒を克服した今でもたま〜に無性に食べたくなるときがあります。克服したとは言えない…?30歳近くなると健康や体型への影響を考えて控えなきゃと思う反面、食べた分を趣味のランニングで消費すれば大丈夫なんじゃないかという思いも…そこで、「ラーメン二郎をランニングで消費する作戦」と題してちょっと調べてみました。ラーメン二郎のカロリーラーメン小と大、 [続きを読む]
  • 4月5月は受験生にとって変化の2ヶ月
  • 早くも6月。2年生の6分の1が過ぎました(汗)予備校やら家庭教師やらで教えている受験生達は、いい意味でも悪い意味でも落ち着いてきた印象を受けます。予備校での勉強のペースが段々つかめてきて、「授業のプラスアルファで問題集をやりたいんですがお勧めありますか?」といった前向きな浪人生もいれば、「高3しんどい。複素数も微分ももう嫌い。」というネガティブな発言が止まらない現役生もいます(笑)駿台や河合塾それ [続きを読む]
  • うんこ漢字ドリルに潜むリスク
  • 最近よく広告をみかける「うんこ漢字ドリル」。小学1年生から6年生で学ぶ漢字3018個の例文すべてがうんこネタという、なかなか斬新なドリルです。どの例文もしょうもなくて絶対ありえない設定のものも多いですが、なんだかジワジワきます。「予約していたうんこを取りにきました。」とか「一回一回のうんこを誠実に積み重ねてきた。」とか…小学生にとって「うんこ」のインパクトは絶大なので勉強もはかどり暗記もしやすいこと間違 [続きを読む]
  • 初めて手術室に潜入
  • 人生で初めて手術室の中を見学してきました。しかも思いっきりオペ中…手術室の中なんて医療ドラマでしか見たことがなく、勝手にこんな世界を想像していました。・中に入る人は完全滅菌・無言・聞こえるのは基本的に機器の音だけしかし現実はけっこう違っていてビックリ。オペに直接携わらない人は比較的軽めの装備(?)で中に入ることができますし、オペ中は先生同士でけっこう意見交換をしています。そして何より驚いたのが室内 [続きを読む]
  • 生理学の講義で一番ほほぅと思った話
  • 焼き肉を食べながら感じたこと。人体各部の機能を勉強する生理学。これまで「当たり前」と深く考えもしなかった体の働きが実は絶妙な仕組みのもとで成り立っていることがわかったりしてけっこう面白い学問です。ただ、情報量は膨大で教科書は1000ページ近く。それを処理すべく講義はバタバタと進み、その結果、多くの人がバタバタと睡魔に襲われて行きます(笑)講義でわからないことがあっても、大抵のことは後で教科書を読めば書 [続きを読む]
  • 同期での勉強会は課題山積
  • 他大学の医大生のブログを読んだり話を聞いたりしてみると、けっこう学内で勉強会をやってるところがあるようですね。自分の大学でもちょっと前に同期での勉強会がスタートしました。周りより年齢的に遅れて入学した分、「意識高い系(?)の集まりには積極的に首をつっこもう」と心に決めています。これまでブログに書いた範囲だと、学会だったり、後期研修医向けのセミナーだったり、医局の抄読会や研究会だったり。その他、意識 [続きを読む]
  • 再受験医大生の会
  • 前々から開催したかった集まりがついに実現しました。『再受験医大生の会』ネーミングセンスがなさすぎて何の集まりかわかりにくいですね…要するに医学部高齢入学者の飲み会です(笑)残念ながら他大学まで届くような情報網はなく自分の大学のみの集まりでしたが、先輩に同期に後輩、年齢も性別もバックグラウンドも様々なメンバーが集う不思議な会になりました。再受験生のあるある話あり。先日再受験生が起こした事件の話あり。 [続きを読む]
  • このタイミングで面が割れるとは…
  • はぁ…だいぶ困ったことになりました。大学に入ってから1年ちょっと。こんなタイミングで面が割れるとは思いもしませんでした…友達に言われて慌てて手を打とうとしたのですが、時すでに遅し。振り返ってみると最近雑な感じになってたのがいけなかったのが一番の原因。もっと注意すべきだったなぁ…こうなってしまうとさすがにこのまま続けるのは難しいです。未練がないのかと言われるといろいろ思うところはありますが。だって… [続きを読む]
  • 先生からまさかの“3倍返し”
  • 試験勉強やらレポートやら(バイトやら)で自由な時間が激減し始めている今日この頃。こうなってくると真っ先に犠牲になるのが前々から首をつっこんでいた研究室の解析作業。試験前になるとさすがに進まなさそう…という懸念があったので、GW中にある程度仕上げておいたものを体裁だけ整えて先日先生に提出してきました。一通りの説明を終えての先生からの第一声は「すばらしい!!」まだまだ勉強途中で自分には全体像が見えてない [続きを読む]
  • 医大生は「病気がみえる」が一部無料!
  • 学生には人気だけど先生には不評な医学書といえば「病気がみえる」シリーズ。通称「病みえ」。現時点では分野別に10冊に別れていて、解剖学や生理学といった基礎から様々な病気の症状や検査まで、カラーのイラスト盛りだくさんでわかりやすくまとめられています。2017年6月にはさらに「vol.11 運動器・整形外科」が発売されるようですね。難点は一冊一冊がけっこう分厚くて、値段も安くはないというところ。仕方がないので、これ [続きを読む]
  • 後期研修医向けのセミナーは難しい
  • 大学で使っているメールアドレスには、病院のいろいろな科から研修や研究に必要な基礎知識を学ぶセミナーの案内が届きます。メインのターゲットは後期研修医とのことでしたが、『学生や初期研修医も歓迎!』と書いてあったので、気になっている科のセミナーに顔を出してみました。しかし行ってみたら学生は自分一人…なんとなくそんな気はしてましたが(笑)前半は基礎医学的な話も多く、楽しく聞くことができました。授業では習っ [続きを読む]
  • ドーピング始めました
  • 少し前までは走るたびに成長を実感できていたジョギングが最近はどうも頭打ち。加えて4月に少し体調を崩して走れない期間があり、落ちた体力がなかなかもとに戻りません。今年度最初の大会も近いというのに…そんな焦りからついつい筋肉を増強するアレに手を出してしまいました。いわゆるドーピング…?プロテイン摂取は、筋トレが趣味と化していた最初の大学生活以来です。プロテインには、大きく分けてホエイ・カゼイン・ソイの [続きを読む]
  • 常人ではないと言われた話
  • 人にはそれぞれ他の人と異なる部分があってそれは個性と言われる。みんな違ってみんないいってやつ。ただ、個性も度が過ぎるとこう言われる。「常人ではない」このフレーズ、先日ついに言われてしまいました。美容師さんに…最近抜け毛が増えてきた気がして、髪を切りに行ったときに美容師さんにおそるおそる聞いてみたところ、「いや、絶対、そんなことないっすよ。しーちきんさんまじで常人ではないっすよ髪の毛の量。うらやまし [続きを読む]
  • 医療の情報収集に便利なツールを発見!
  • 医療の最新情報はできるだけウォッチしておきたいと思いながら、なかなかできずにここまできてしまいました。ひとまず医学部に入ってすぐに日経メディカルに登録してみましたが、配信されるニュースは医大生には少し難しめ。どうしても読もうと思う分野に偏りが出てしまい、知っておくべき情報が埋もれてしまっている感があります。新聞は大学の図書館で読むことが多いですが、こちらも読む曜日が限られてしまっている状況…どうに [続きを読む]
  • 予備校のテキストと市販の問題集
  • 先月から某予備校で働き始めました。授業準備のために毎週せっせとテキストの問題を解いているわけですが、その中で感じたことを書いておきたいと思います。テキストの問題数と質1回の授業で扱える問題数はたかがしれています。でも1つ1つの問題はよく練られていて、実に様々なポイントが含まれています。したがって、苦手な範囲の全体像をつかむ、もしくは得意な範囲をざざっとおさらいするのにはとても向いていると思います。 [続きを読む]