delfin さん プロフィール

  •  
delfinさん: 風に吹かれて 3
ハンドル名delfin さん
ブログタイトル風に吹かれて 3
ブログURLhttp://delfin3.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文海外専門ツアコンの経験を生かし、一人で出かけた旅日記を紹介。 「毎月ソウル」敢行中!
自由文ライター取材で飛ぶこともあれば、ふらりとバジェットトラベリングも・・・。
旅先で撮った一眼レフの画像も多数掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/07/29 21:58

delfin さんのブログ記事

  • Phenomenon of Surprise @Bangkok
  • 12月7日 −Day6−今朝も昨日と同じ「ガパオ」を食べていた。宿の誰かが買い出しに走るので、自分でも近所で食べることができるシロモノなのだが、それでも時間も荷物も身なりも気にせず、安宿のテラスで食べられるのは大いに気楽だ。結局、昨日は大型スーパー・マーケットで滞在中の飲み物やスナックを買っただけで部屋に戻っていた。日曜日の人の多さに閉口し、シッポを巻いて帰ってきていた、もう少しでキャンキャンと鳴 [続きを読む]
  • Crawl into Sutthisan @Bangkok
  • 12月6日 −Day5−ホテルのテラスでのんびり朝ごはんを食べていた。といってもいつもの例に漏れず、一泊1,700円の安宿。それでも「B&B」を謳っているので朝食付き、しかも7種の中からチョイスすることができるなんて。タイでの滞在、朝ご飯にかかわらず、一食は2〜3百円もあればこと足りるのだが、食べて部屋に戻ってくるのも、あるいは買って帰ってくるのもけっこうメンドウ、しかも汗だくになるしね。今朝はト [続きを読む]
  • Domestic Flite to BKK @Chain-Mai
  • 午後の遅い時間になってもやる気の衰えない日差しに抗いながら、さらに東へ。チェンマイの最新スポットができた、という話を聞いていた。東の郊外へ向かう道沿いに巨大なショッピング・モールがオープンしたらしい、暑さから逃げ、そこでエアコンに浸るのもいいかも、と思い、バイクを走らせた。『Mae Ping(ピン川)』にかかる『Nakon Phin(ナコーン・ピン橋)』を渡り、郊外方面へ。広い大学の敷地沿いを走ると路地に人が行き来 [続きを読む]
  • Continuous Temple @Chain-Mai
  • チェンマイ大学のキャンパス前から水路沿いの通りへ戻った。街の西側に位置する『Pralu Suan Dok(スアン・ドーク門)』を左に折れ、城郭を時計回りに巡っていく。西北の角を曲がるとすぐに大きな木造の本堂を持つ『Wat Lokmoli(ワット・ロークモリー)』が現れた。さらに北の門『Pralu Chang Phuak(チャーン・プアク門)』の先には『Wat Chiang Yuen(ワット・チェン・ユーン)』、『Wat Papao(ワット・パーパオ)』と大きめの [続きを読む]
  • Dazzling Temple @Chain-Mai
  • 12月5日 −Day4−きっぱりと晴れて、タイらしい熱さが戻ってきた、もはや「暑さ」でなく「熱さ」だ。チェンマイはバンコクよりも北にあって標高も高いから涼しい、なんていったのはダレ、と怒鳴り込みたくなるぐらい陽射しが「熱い」、暦が12月を示しているのにおかまいなしだ。この日はバンコクに移動する日、つまりはチャンマイの最終日。まずは近所で軽めの朝ご飯を食べ、部屋に戻った、なにせ午前中だというのにすで [続きを読む]
  • Moderest Rainy Day @Chain-Mai
  • 12月4日 −Day3−朝から雲行きがアヤシイ、空は今にも降り出しそうな顔色をしていた。どうも疲れがカラダの芯まで染み渡っているようで、朝も昼も食事を摂らずに寝入っていた。時折、屋根や地面を叩く雨音に起こされはしたが、空模様を言い訳にベッドを離れずにいた。バイクを借りたというの出かける気力が沸かないとは。昼飯時を過ぎたあたりで、さすがに起き出し、シャワーを浴びたが、空はバイクで出かけられるような状 [続きを読む]
  • Modest Happiness @Chain-Mai
  • 12月3日 −Day2−窓の外に見える空は少し曇っていて、気温は昨日よりも落ちているようだった。そんな外気に関係ないエアコンが効いた快適な部屋で、昼前までノンストップで目覚めなかった。昨日の移動の疲れに加え、深夜の街歩きの疲労が重なったのだろう、あるいはベッドに細工がしてあって、一定の時間まで縛りつけられていたのかもしれない。腹が減ったことでようやく起き出すことに成功し、熱いシャワーでしっかり目を [続きを読む]
  • Check-in to Unknown Town @Chain-Mai
  • 1時間15分の国内線フライトを終え、預け荷物もないので到着ロビーからそのまま外に出た。チェンマイ空港は街へ向かう公共交通機関が整備されていない。馴れた人や土地勘があるなら「ソンテウ(乗合トラック)」に乗り込み、安上がりに行くこともできるが、旅行者はタクシーかトゥクトゥクを使うのが常道だ。タクシー・カウンターでホテル名を告げると「150バーツ」と言われ、指示されたタクシーに乗り込んだ。フライトの都合 [続きを読む]
  • Airport to Airport @Suvarnabhumi
  • フライトは予定より5分早い14:00ちょうどにドンムアン空港に降り立った。飛行機利用において「出発」と「到着」というのはわかりづらいですよね。「出発時刻」はチョーク(車輪止め)を外した時刻、「到着時刻」はチョークをかけた時刻がそれにあたるそうですが、このブログでは機材のドアを「閉めた瞬間」と「開けた瞬間」を出発&到着と記してます、機内からじゃチョーク見えないからね。混雑が定番の入国審査場も数人しか [続きを読む]
  • Fly to Chiang-Mai via BKK @Don Mueang
  • 久々の「毎月ソウル」から戻り、7月中になんとか「アイルランド紀行」を完結させたものの、冷え込んだお盆とたっぷりの残暑の中、ドタバタは納まらず、ブログ更新が滞っておりました。「航空券の夏は動かない」は毎年夏のセオリーですが、秋以降の取材行の企画などで煮詰まっている中、なんとか「チェンマイ紀行」に取りかかっていきます!時は未だ2015年の師走、ブログ記事はまったくに詰まってきておりませんが、未踏の街・ [続きを読む]
  • Dublin Airport @Dublin
  • ―DAY10&11― 10月6・7日いつものように気づけば帰国日だ。ダブリン発の9:05のフライトに合わせ、チェックアウトは前日に済ませ、まだ寝入っているホステルを後にし、夜明け前のバス・ターミナルへ。ベルファストの『ヨーロッパ・バスターミナル』から空港リムジンに乗り込んだ。国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』 実はこの2つの街はバスで1時間半ほどの距離、ダブリンからベルファストへやってくる際、 [続きを読む]
  • City Hall Tour @Belfast
  • おそらく「見学ツアー」に参加した人たちのほとんどがマッサージ・サロンに駆け込んだかもしれない。ベルファスト市庁舎の内部では最初から最後までこちらを圧倒する状態が続いた。美しい装飾が施された天井や柱部分を見上げ続けるため、首は60度の角度で固定されたまま、欧米人には少ないはずの肩凝りを訴える人が続出していた。感心が増すばかりの説明を聞き続けるため、顎は無重力状態でひどく負担がかかったまま、ホトンドの [続きを読む]
  • City Hall @Belfast
  • ―DAY9― 10月5日朝からどっぷりと雨が降っていて、出かける意欲をごっそりと削がれた。もくもくと宿の朝食を摂り、こつこつと現地情報のブログを更新し、うつうつと午前の時間を過ごした。世間的にはただでさえ憂鬱な月曜日、それを増幅させるかのように雨が降り続いている。もっとも憂鬱な気分に陥るのは会社勤めの人のオハナシだろう、無責任な旅人にはあまり関係のないハナシだったが、旅の足を縛られてしまっているの [続きを読む]
  • St. George's Market @Belfast
  • 『植物園』で子供たちと戯れ、『博物館』を子供たちと巡り、静かな時間が過ぎていった。日曜日ということもあって、博物館内は家族連れでにぎわっていた。とはいえ、奇声を発する困ったガキどもや無闇に走り回るジャリたれはおらず、パパやママに導かれ、展示物の前で静かに好奇心と向学心を満たしている子供たちがいるだけだった。英国式の例に漏れず、この博物館でも入場は無料だ。『植物園』ではドコからか現れた中国人の団体客 [続きを読む]
  • 夏、夏、夏のソウルから from Seoul
  • 木曜のソウルです、気がつけば帰国日です。15:05の便なので、ゆっくり起きて、ゲストハウスを10時にチェックアウト、2号線で30分の『弘大入口』駅から空港鉄道を拾い、約50分、90分弱の道のりで仁川空港へ。チェジュ・エアは自動端末で搭乗券を打ち出せるので、すんなりとX−ray検査(手荷物検査)へ。12時頃でもけっこう行列、やっぱり飽和状態でちょっとムムム、となりましたが、検査自体が緩くなったのか、 [続きを読む]
  • 雨、雨、雨、雨のソウルから from Seoul
  • 日曜日のソウルです、ひたすら雨です。到着の木曜からこっち、ずっと雨が降り続いています。九州を襲った大雨が太平洋高気圧に押されているのか、降りっ放し。「毎月ソウル」経験してから、こんなに雨が降り続くソウルは初めて。たいがいは一日寝てると次の日は出かけられるんですけどね。降ったり止んだりの繰り返し、街歩きの意欲を削がれます。なにせ写真撮れないのです、雨降っていると。必然、行動範囲も狭くなり、目新しいも [続きを読む]
  • いってきます! Fly to Seoul
  • 成田です、第3ターミナルにいます。怒涛のプロモーション・チケット・ラッシュで出たり入ったりドタバタが続いてます。5月末には往復9,900円のエアアジア・チケット(総額1,9万円)でバリ島へ、http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2017-05-29 いってきます!バリ6月中旬にはサプライスのセールでゲットした中華国際航空(総額2,5万円)でシンガポールへ、http://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2017-06-15 いってきます [続きを読む]
  • かえります! from Singapore via Beijing
  • 深夜のチャンギ空港、ターミナル1の『Dnata Lounge』にいます。この空港では「Priprity Pass」があると、3つのターミナルで10のラウンジが使えます。今回出発のターミナル1では3つのラウンジの利用が可能、ここはシックな感じの間接照明で落ち着いた雰囲気、3つのなかでもここが一番気に入ってます。食べ物も充実、アルコール類も豊富、もっともほぼ酒は飲めないのでラウンジ利用はもったいなし。おまけに夕食を友人と一緒 [続きを読む]
  • さらにいってきます!Ship to TB from SIN
  • 水曜日のシンガポールです、といいつつ、船でインドネシアに向かっております。木曜夜にシンガポール入りし、友人宅のある『Punggol(ポンゴール)』に滞在、そこはMRTのNEライン、終着の駅なのですが、昨年には巨大なショッピングモールができ上がり。http://waterwaypoint.fraserscentrepointmalls.com/ Waterway Point 公式サイトこれだけでもけっこうオドロキだったんですが、今年来てみると工事中だったLRTの高架下 [続きを読む]
  • いってきます! Fly to Singapore via Beijing
  • 早朝の羽田です、出発です。赤い電車の始発は「羽田空港直通」というシロモノで乗り換えなしで空港に横づけ。こいつだと6時前の到着と8:30の出発には少し早いのですが、乗り換えなしの直通、朝のラッシュに当たらずに済む、ということで、おとなしく早めに空港入りし、コーヒーなどを飲んでおります、おかげでたんまり寝不足だけど。6月5日にバリ島から帰着すると、こちらを待ち受けていたように入梅の報せが。ところが雨は [続きを読む]
  • かえります! from Bari
  • 日曜日のバリです、いつものようにあっという間の最終日。今日の深夜便で飛び、朝、成田に降り立つので日程的にはもう一日ありますすが、バリ時間はあと12時間ほど、月曜に飛んできたのにやっぱり旅先の時間は短い。さて前記した通り、空港から歩いてホテルにチェックイン、無事バイクも借り出したので、翌日からは東側の『Sanur(サヌール)』で2泊、木曜からは『Ubud(ウブド)』へ北上、ここで2泊、土曜日に『Kuta(クタ) [続きを読む]
  • いってきます! Fly to Bari
  • バリ島クタのホテルに転がり込むようにチェックインしました。2017年の旅がようやく始動、「アイルランド紀行」のブログ更新も途中ですがご容赦を。5月25日にバリからの直行便が就航した「Indonesia Air Asia X」、新就航記念のプロモーションで「コミコミ9,900」というチケットを売り出し、そのチケットで飛んで来たわけです。チケットの内訳はこんな感じ。往路航空券   ¥7290成田空港使用料 ¥2610復路 [続きを読む]
  • Botanic Gardens @Belfast
  • ―DAY8― 10月4日今朝は「英国空」が顔を潜めているらしく、午前から晴れ渡りそうなさわやかさを見せていた。ゆっくりと起き出し、シャワーを浴び、おもむろにダイニングに降り、手作りのおいしい朝食を頬張り、インスタントだがタップリミルクを注いだ熱いコーヒーをカラダに染み込ませた。なんて書くと、なにやら旅先のステキなホテルの朝食シーンを思い描くかもしれませぬが、「2千円台の安宿ドミトリー」でのことです [続きを読む]
  • Peace Bridge @Derry
  • ベルファストへのバスに乗る前にもう一度、ステンドグラスを堪能しようと隣の『ギルドホール』を訪ねた。建物前の広場ではドコカで見たようなナニカに似たような着ぐるみが3〜4体、子供たちに風船を配っていた。遠巻きに見ていた女のコがママに「あなたももらってきなさい、写真も撮ってあげる」と繰り返し背中を押されている。しまいには手を引かれ、着ぐるみのほうに誘導されそうになると、「NO!」と強い口調で声を荒げ、マ [続きを読む]
  • St. Colomb's Cathedral @Derry
  • ―DAY7― 10月3日ここの朝食もホステルにしてはご機嫌な品揃えだった。長テーブルの上にはトースト用のパンの他にベーグル、シリアルが数種置かれ、ジャムは5種類ほど並び、バスケットにはフルーツ、冷蔵庫にはヨーグルトとホテルに負けないラインナップが用意されていた。惜しいことにどういうわけかコーヒーがなくて、ティーバッグの紅茶で「お茶を濁す」しかなかったが、そこにはタップリのミルクを注ぐことができ、「 [続きを読む]