aetrans さん プロフィール

  •  
aetransさん: 副作用報告英訳通信講座
ハンドル名aetrans さん
ブログタイトル副作用報告英訳通信講座
ブログURLhttp://aetranslation.blog.fc2.com/
サイト紹介文製薬企業で長年副作用の翻訳に携わってきた実務翻訳者が副作用報告の英訳のコツをお教えいたします。
自由文医薬翻訳 副作用英訳 通信講座
http://aetranslation.jimdo.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 255日(平均1.2回/週) - 参加 2016/07/30 21:03

aetrans さんのブログ記事

  • 14日募集締め切りです!
  • 残席2!まだ迷っている方、レベルチェックがございますのでとりあえずお申込みくださいね。通常の通信講座は、通学と比較して、資料は少ないです。でも、この講座はお値段以上!資料も豊富です。受講後もすぐに使える豊富な資料と、同期の受講生同士での切磋琢磨により、ひとりぼっちじゃない通信講座で多くの学びを得られるお値段以上の講座で学びませんか?受講のお申し込みは、4月14日までです。残席2です。この講座にご興 [続きを読む]
  • 再募集いたします!
  • 再募集いたします。残席2!まだ迷っている方、レベルチェックがございますのでとりあえずお申込みくださいね。通常の通信講座は、通学と比較して、資料は少ないです。でも、この講座はお値段以上!資料も豊富です。受講後もすぐに使える豊富な資料と、同期の受講生同士での切磋琢磨により、ひとりぼっちじゃない通信講座で多くの学びを得られるお値段以上の講座で学びませんか?受講のお申し込みは、4月14日までです。残席2で [続きを読む]
  • 3月26日締め切りです!
  • いったん募集を締め切らせていただきます。まだ迷っている方、レベルチェックがございますのでとりあえずお申込みくださいね。通常の通信講座は、通学と比較して、資料は少ないです。でも、この講座はお値段以上!資料も豊富です。受講後もすぐに使える豊富な資料と、同期の受講生同士での切磋琢磨により、ひとりぼっちじゃない通信講座で多くの学びを得られるお値段以上の講座で学びませんか?受講のお申し込みは、3月26日までで [続きを読む]
  • 本当に夢を実現させるつもりはあるの?
  • ああなりたい、こうなりたい、と、なりたい自分の未来を思い描くとき、想像にふけったままですか?それとも、なりたい自分に少しでも近づくために何かアクションを取りますか?理想を現実化するには、行動を起こさなければなりません。夢を実現させようとする努力で、自分の未来も変わってきます。(絵に描いた餅とは、ことわざで、《どんなに巧みに描いてあっても食べられないところから》何の役にも立たないもの。また、実物・本 [続きを読む]
  • お値段以上?
  • 日本語で、誰が見ても良い文章を書くには、良い文章を常日頃から読む必要があります。英語も同じく、良い英語の文章を常日頃から読んでいなければ、良い英語は書けません。要するに、良い英語の書き方を、良い英語の文章から学ぶのです。この講座は、ただの添削講座ではありません。安全性や副作用報告書向けの、良い英語の書き方を学ぶためのリーディング・マテリアルも含まれています。(内容についての解説付きです)受講中もす [続きを読む]
  • 足りないものは何?
  • 翻訳者を目指すあなたにとって、何が不足していますか?英語力?文章力?ボキャブラリー?専門知識?それともリサーチ力?足りないものを補うには、一人でコツコツと勉強しますか?一緒に学ぶ仲間がいると励みにはなりませんか?この講座では、同期の受講生同士での切磋琢磨により、ひとりぼっちじゃない通信講座で多くの学びを得ることができます。さらに、文章の訳し方を教えるだけの添削講座ではありません!簡単なクオリティを [続きを読む]
  • ICHガイドラインを学ぼう!
  • ICHガイドラインは、アメリカ、ヨーロッパ、日本によって発足されました。現在では、かなりの点について、合意が行われていますが、安全性だけでも、11もガイドラインがあります。副作用報告書や論文の症例を翻訳する上で、知っておく必要があるガイドラインもあります。この講座では、添削だけでなく、安全性や副作用に関連するGVP(Good Pharmacovigilance Practice)やICHガイドラインも同時に学べます。製薬企業で長年働いてい [続きを読む]
  • 勉強に専心!
  • 何かの資格や知識を身につけるために勉強するときに、なかなか勉強がはかどらない時や、気が乗らなかったりで集中して勉強がしづらいことがあるかと思います。勉強を始める前に、その勉強は、どんな目的のためにするのか、その勉強を終えると何が待っているのか、などを考える必要があります。そして、その資格や知識は、短時間で身につくものか、それとも、長期の時間を費やさねば身につかないものなのか、についても考える必要が [続きを読む]
  • 本場仕込み
  • 独学で勉強する場合、どんな教材を使うでしょうか?市販の翻訳関連の書籍?それとも、インターネット上のお手軽なものでしょうか?実は、この講座の講師は、医学薬学の英訳は独学です。(ライティングや日英翻訳の基礎はスクールできちんと学んでいます)でも、日本で発行されている書籍や日本で書かれたインターネットを参考に勉強したのではありません。アメリカやイギリス、オーストラリアのネイティブの研究者が書いた文章を参 [続きを読む]
  • 通信講座?でもひとりぼっちじゃない!
  • 通信講座を受講された方は、すでにご存じだと思いますが、通信講座は通常一人で勉強するものです。一人寂しく勉強するよりは、ライバルや仲間がいるほうがやる気も出るうえに励みにもなります。当講座では、受講の匿名性を保ちながら、同期の受講生と切磋琢磨しながら学ぶことができます。オンラインでもスカイプでもありません。通信講座です。でも、単なる通信講座ではありません!前回の受講生は、「通信講座でありながら通学の [続きを読む]
  • 兼任と専任ってどう違うの?
  • 兼任の翻訳者と専任の翻訳者、という表現がありますが、両者には大きな違いがあります。兼任翻訳者とは、秘書や通訳など、翻訳以外にも職務を兼ねている、というものです。秘書との兼任の場合、電話の応対などで翻訳に集中することが難しいことも多く、また依頼される翻訳もレター(E-mail)や簡単な文書などで技術的な文書ではないことがほとんどです。そうです!企業内での専任翻訳者は、翻訳することにほぼ専念できるのです!( [続きを読む]
  • 翻訳依頼が来るタイミングを知る
  • 法令を学び、業界を知ることは、知識を深めることになります。また、自分がどんな内容の文書を訳しているのか知っていると、面白みがでてくるのと同時に楽しくなってきたりします。重篤性の基準や報告期限を知ると、翻訳に回ってくる症例の内容を読んで、「この患者さんは〇〇しているから、重篤性は△△だよね」、「重篤性は△△だから、報告期限は◇◇だよね」とわかるようになります。症例文書に隠された(?)情報を知っている [続きを読む]
  • 講座の特徴
  • この講座はただの添削講座ではありません。提出された課題の訳文と添削のフィードバックは、同期の受講生全員に配布するため、他の受講生の訳文や表現方法からも学ぶことができます。勉強になる上、自分がどの程度のレベルに位置しているのかも知ることができます。また、長年安全性の翻訳に従事している現役のインハウス翻訳者が講師をつとめております。前回の受講生は、「すぐに使える資料がたくさんあって驚いた」、「とても勉 [続きを読む]
  • 2017年度受講生、募集開始!
  • 2017年度受講生、募集開始いたします!募集の期限は、3月26日までです。受講期間は、2017年4月7日から2017年6月30日(5月5日はお休み)までの3ヶ月間です。前回見送った方も、受講をご検討くださいませ。ただの添削講座ではありません!提出された課題の訳文と添削のフィードバックは、同期の受講生全員に配布するため、他の受講生の訳文や表現方法からも学ぶことができます。(受講生のお名前は出しませんが、ある方法でど [続きを読む]
  • 9月30日募集締め切ります
  • 本日募集を一旦締め切らせていただきます。受講をご検討中の方は、本日中にお申込くださいませ。m(--)mビギナー向けの講座の詳細については、後日ブログでお知らせいたします。******この講座は単なる添削講座ではありません。英訳のコツ以外にも、翻訳者としてトータル的に効率よく作業するコツも学べます。提出された課題の訳文と添削のフィードバックは、同期の受講生全員に配布するため、他の受講生の訳文や表現方法からも学ぶ [続きを読む]
  • 医薬翻訳 ビギナー向け英訳講座
  • 医薬翻訳が全く初めての方からのお問い合わせが複数きています。この講座は、ビギナーの方向けではないのですが、お問い合わせが多いので、ビギナーの方向けの講座も現在検討中です。2名からでもはじめられるのですが、添削とフィードバックのシェアは、最低でも4名いたほうが受講生にとっては勉強になります。医薬用語以外にも、薬理学や疫学、法令(ICH、海外の規制)など、たくさん覚えないといけないことがあります。独り立ち [続きを読む]
  • 医療用語の本
  • 海外TVの医療ドラマから医薬用語を学ぶ時に、とっても役に立つ本があります。「医療英語がおもしろい最新Medspeakの世界」、と言う本です。2006年の出版で少し古いのですが、ER緊急救命室にしても、グレイズアナトミー(見たことありません)、また、日本の医療ドラマにしても、病院内での医師や看護師の隠語をほぼ網羅することができるでしょう。隠語だけでなく、疾患名や、アンビューバッグなどの医療器具、薬剤の商品名などの簡 [続きを読む]
  • ER 緊急救命室で医薬用語を学ぶ
  • 数回前の記事で、医薬用語の勉強になる、と書きましたが、実は、その当時の処置や治療の手順も学ぶことができます。ERのため、救急車で運ばれた意識不明の患者が、心室細動(ventricular fibrillation、そのままだと心停止に至ります)をおこす事があります。エピネフリンを投与して、DCショックで心拍を正常に戻す(sinus rhythm) → 換気(呼吸確保用)用チューブを挿管される(intubation) → 受傷や疾患の度合いに応じて [続きを読む]
  • 品質管理はとっても重要!
  • 訳文の良し悪しで、その後の自分の身の振り方が決まることがあるほど、訳文の品質管理は重要です。以前の記事、基本は必要でしょう、に書いたように、早く仕上げることができても、内容が悪かったり完成度が低ければ(早かろう、悪かろう)、信頼されなくなり、社内翻訳者ですら依頼も減少してしまいます。実際、この方は、上司からの重要な案件の依頼がほとんどなくなり、サブの翻訳者の扱いになっています。講師に依頼が集中する [続きを読む]
  • あなたに頼みたい、と言われる翻訳者に
  • 世の中に医薬翻訳をする翻訳者がたくさんいる中で、あなたの強みはなんですか?あなたのセールスポイントはなんですか?あなたじゃないといけない理由はありますか?そう聞かれたときに、答えはありますか?たくさんいる中で、「あなた」に頼みたい、「あなたじゃないと困る」と言ってくれるクライアントはいますか?クライアントの痒い部分に手が届く、そんな翻訳者をめざしましょう!そんな翻訳者になるには、知識と技術、そして [続きを読む]
  • 正しい人から正しい知識を学ぼう
  • 前回の記事(出典の明らかな翻訳をしょう)でも書きましたが、グーグル検索で出てくる結果には間違った文章や表現が数多く存在します。その間違った検索結果を訳文にあてがうと、また間違った翻訳を生み出し、そして、間違った検索結果を増幅させてしまうことになります。また、その間違った検索結果をもとに、The patient developed ….と間違ったことを教えているスクールの講師や個人で教えている人から学ぶのは危険です。自分 [続きを読む]
  • 出典の明らかな翻訳をしよう
  • 今の医学のトレンドは、エビデンス・ベースト・メディシンといわれています。エビデンス(証拠・根拠)に基づく医療といって、「治療効果・副作用・予後の臨床結果に基づき医療を行うというもので、専門誌や学会で公表された過去の臨床結果や論文などを広く検索し、時には新たに臨床研究を行うことにより、なるべく客観的な疫学的観察や統計学による治療結果の比較に根拠を求めながら、患者とも共に方針を決めることを心がける。( [続きを読む]
  • 基本は必要でしょう
  • 今日も上司から言われたのですが、きちんとした医薬の英訳ができる人が少ない、と。今、講師の職場では、一人の派遣の翻訳者さんに振り回されていて困っているのです。ご本人は帰国子女で、英語ができる(と思っている)から私は翻訳をできる(と思っている)、という方が派遣でお仕事しています。ですが、本人が思っているのと実際は違うのです。まず、英文法がおかしい。この部分にこれを入れる?という書き方をしていて、長文の [続きを読む]
  • 医学論文にトライする
  • 英訳は、英語力があればできる!と思うのは間違いです。日本語の原文を読み解き、意味を理解する力も必要なのです。日本語は、主語や目的語がなくても意味が通じる言語でもあります。それは、日常会話のお話でしょ?と思うかもしれませんが、実は、ビジネス文書でも主語や目的語が無いあいまいな文章がたくさんあるのです。医学論文でもあります。これはどっちの単語を修飾しているんだろう??という文章があったり、この著者は何 [続きを読む]
  • 標準治療とは?
  • 標準治療と聞いて、がんの標準治療を思い浮かべる方が多いでしょう。標準治療は、ほぼどの疾患にもあります。標準治療とは、大規模な臨床試験に基づいて効果の証明された、その時々の最も成績のよい治療法をいいます(デジタル大辞泉より引用)。花粉症の方が多いと思いますので、花粉症を例にあげてみましょう。症状が鼻(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)だけの場合、ジルテック(セチリジン塩酸塩)、アレジオン(エピナスチン塩酸塩 [続きを読む]