もふい さん プロフィール

  •  
もふいさん: こたつねこの勉強部屋
ハンドル名もふい さん
ブログタイトルこたつねこの勉強部屋
ブログURLhttp://kotatu.hateblo.jp/
サイト紹介文近畿大学通信教育部で図書館司書資格を取得した経験や日商簿記検定の記録など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 160日(平均1.5回/週) - 参加 2016/07/30 22:41

もふい さんのブログ記事

  • 弱点補強にリベンジセット
  • 保育士試験の勉強をしているとどうしても苦手って分野が出てきます。そこだけ、徹底して勉強したいんだけど、ただ教科書を読んでいるだけでは全然頭に入ってこない。私にとっては「子どもの食と栄養」がそれでした。死んだのは「日本人の食事摂取基準」が主な原因。www.mhlw.go.jpここにあるPDFファイルをみていただければわかると思いますが、年齢、栄養、男女別に細かい数字を何十通りも覚えないといけないんです。語呂合わ [続きを読む]
  • 社会人でも格安で保育士になれる
  • あけましておめでとうございます。今年はぼちぼち保育士試験について記事を書いていこうかなと思います。当時実家の商売がにっちもさっちもいかなくなり、そろそろ潮時という雰囲気になってきたので私は新しい仕事を探していました。本当は実家でやっていた簿記の資格を生かした仕事や、図書館の仕事がしたかったんですけど、まだ司書資格を得てなかったので図書館の仕事には落ちるし、せっかくみつけた経理のアルバイト先はもの [続きを読む]
  • 図書館職員になるための手段と勉強法
  • 図書館司書の資格をとっても、実際に図書館職員になるのは難しいです。図書館職員の募集は非正規が多く、さらに非正規の募集でも倍率がけして低くはありません。数年前、私が応募した日給6000円、月15日勤務のパートでも、1人採用のところに10人以上の有資格者が詰め掛けました。当時無資格だった私は当然採用されず…また、図書館職員の非正規雇用に対する賃金は大変安く、それは有資格者でも変わりません。他の専門職、例え [続きを読む]
  • 生涯学習で図書館を便利に使えるサイト
  • 生涯学習をする上で、図書館ほど便利なところは無い、というのが私の持論です。様々な本を無料で貸してくれる。生涯学習で使う本は・専門書など自費では購入できない高価な本・ずいぶん前に出版されているため書店では出回っていない本中古では手にはいっても価格が高騰している)・本の一部のみを参照したいので買うほどでもない本が結構多く、これらの本を図書館で借りることで無料で学習を進めることができます。地元の図書館が [続きを読む]
  • 簿記試験と電卓の関係
  • 簿記試験には電卓の持込が許可されています。電卓は簡単な機能を持っているものでかまいません(関数機能などは不要)が、ボタンは押しやすい大きさのものを選びましょう。試験会場で100円ショップで売っていそうなミニ電卓を使っていた人がいましたが、大変使いにくそうでした。せめてコミックぐらいの大きさがあるものを選んでください。指が太い人、不器用な人はある数字を押すつもりで、別の数字を押している可能性があり [続きを読む]
  • 仕訳をするときの場面を想像しよう
  • 簿記2級の勉強をしていると初めて出会う単語のオンパレードです。簿記3級では小売店などの経理を勉強していると考えられます。身近なお店のことを考えれば想像できる世界です。例えば最初に元手があって、その中から商品を仕入れ、利益を付けて物を売る。掛け金の概念も簡単なツケとして理解できます。期末の仕分けが若干難しいですが、仕訳そのものが何をしている場面なのかさっぱりということは(仕訳問題に正解できるかど [続きを読む]
  • 通信教育の学生でも学生優待を受けられる
  • 通信教育というと普通の大学生とはちがうから、と学生優待サービスを受けられないと思いがちですがそんなことはありません。例えば通販サイトアマゾンにはamazonプライムというサービスがあります。これは登録すると通常別料金がかかるお急ぎ便(通常配送より早く商品を配達してもらえるサービス)やお届け日時指定便を使い放題できたり、動画や音楽といったデジタルコンテンツを聞き放題、見放題することができるサービスです。 [続きを読む]
  • 簿記2級のための参考書の話
  •  簿記2級を受けるといっても、3級の知識が当然ベースになりますから、最初に目を通すのは3級の参考書のほうが良いでしょう。私も昔少し勉強したといっても10年ぐらい前の話ですから当然内容は忘れているわけで、これを取り戻さないといけませんでした。 実は簿記2級の参考書にも、「3級を飛ばしていきなり2級から受ける人向け」のものが出ているんです。2級が3級の延長上にあるということがよくわかるため、基本〜発 [続きを読む]
  • 格安勉強の味方 アマゾンマーケットプライスとは
  • アマゾンマーケットプライスとは通販大手アマゾンが展開している中古の品を売り買いできるサービスです。上のバナーで商品を すると、定価以外にもう一つ「中古」「ロープライス」などと価格が表示されることがあります。この「中古品」「ロープライス」というリンクを するとアマゾンマーケットプライスで商品の購入ができます。マーケットプライスではいろいろな中古店が参加して古書を売っています。このサービ [続きを読む]
  • 簿記2級に3ヶ月で(しかも格安で)合格するために 
  •  先日近畿大学から司書教諭免許の一括申請のための書類が送られてきました。これで近大での勉強もひと段落したという感じです。 それで、そろそろ別の勉強について書いていこうと思います。古い話ですが4年前の日商簿記についてでも・・・受験経緯当時実家が商売をやっていたのですが、経営がだんだん苦しくなりプロの税理士に経理を任せることができなくなりました。税理士の料金は年間10万円越え。これを節約するためにいき [続きを読む]
  • 図書館への取材はどのようにする?
  •  司書・司書教諭のレポートの中には結構「図書館を取材して〜」という設題が見られます。 いろいろな図書館を訪れるのは司書の資格を取ろうという図書館LOVE!な皆さんにしてみたら楽しい経験になるかもしれません。また通信教育というどうしても机上の勉強に終始してしまいそうな環境で、実際の図書館に極力触れてほしいという大学側の意図も感じられます。 でも… 図書館への取材申し込みって、結構勇気要りますよね [続きを読む]
  • メディア授業⑤ 思い出
  • メディア授業も後半に差し掛かっていたある夏の日。いきなり無線LANがきれ、ネット接続できなくなりました。弟の部屋では受信できるため、子機の故障かと思いアダプタを交換しました(部屋が親機からだいぶ離れているので受信部分の角度が変えられるやつ→I-O DATA IEEE802.11n/g/b準拠 300Mbps(規格値) 無線LANアダプター WN-G300UA )しかし、それでも不具合が…ある日動画を見ている最中にいきなりパソコンの電源が切 [続きを読む]
  • メディア授業④ 情報資源組織演習
  • 情報資源組織演習は情報資源組織論で学習した図書の目録や記述の仕方について具体的に学ぶ科目です。ダウンロードしなければいけない資料が多く、プリンタ必須の科目でしょう(特に国立情報学研究所の教材をダウンロードする場面ではなかなかページ数が多く印刷にも手間がかかります)。最初は本の奥付が表示され、それを基に図書の記述規則に基づいてタイトル、著者名、出版年などをダウンロードしたプリントに書いていく演習を [続きを読む]
  • メディア授業③ 情報サービス演習
  • 情報サービス演習のメディア授業ではどんなことをするのかをレポートします。図書館のサービスの中でレファレンスサービスというものがあります。簡単に言えば来館者が知りたい情報を探してあげるサービスですが、信頼できる出典からの情報をスピーディーに紹介しなければならないため様々なノウハウが必要になります。それを学ぶのが情報サービス演習の授業です。内容としてはレファレンスサービスの種類、検索のための論理演 [続きを読む]
  • メディア授業② 授業の受け方
  • メディア授業は動画を見て学ぶ授業です。動画を配信している教授からはこちらの姿が見えませんから、居眠りしていようが、スマホをいじっていようが一切怒られることはありませんが、せっかくお金を払って授業を受けているのですからまじめに聞きましょう。動画の途中で「〜について理解できましたか」などの表示が出て画面がたびたび止まります。この画面が出たら次に行くボタンを しないと進みません。流し見を防ぐための [続きを読む]
  • メディア授業① または京都でのスクーリングと費用の話
  •  私は「情報サービス演習」と「情報資源組織演習」の2科目を面接授業(スクーリング)でなく、メディア授業で受講しました。本来スクーリングとして授業を学校まで受けに行かなければならない科目をコンピュータでの動画配信を利用することで自宅で受講することができるのでまとまった時間が無い人にお奨めです。 またスクーリングの費用は次のようになっています(2015年度)。          本校で     学外 [続きを読む]
  • 近大メールと掲示板
  • kotatu.hateblo.jp上記の記事でも紹介しましたが『学習の友』には普通の通学制大学で入学オリエンテーション時に紹介されるような大学での勉強の仕方が書かれています。とはいえ、読んだだけでは分からないことってたくさんありますよね。通学制の大学ならばちょっと分からないことがあれば事務局によって質問すればよいのですが、通信制ではそうも行きません。事務局の電話番号はもちろんあちこちに記載されていますが、夜は当然 [続きを読む]
  • 通信教育 とどいた教材はどれからチェックしたらいいのか
  • 通学制の大学に通っている人には入学時に大学の単位のとり方や図書館の使い方などを詳しく説明している入学オリエンテーションが開催されることが多いです。また卒業条件や各種書類の申請など困ったときには事務局に出向いて直接聞くことができます。しかし通信教育で授業を受ける場合、とどいた資料を自分で読み解いて大学の仕組みを理解していかなければなりません。(一応入学時オリエンテーションは大学で開かれていますが参 [続きを読む]
  • ウェブ試験③
  • それは5月31日の終末試験でした…いつものようにウェブ試験を受験しようとKULeDにアクセスしたものの、ブラウザには「接続できません」の文字が。私のパソコンは無線LANでネット接続しているため、このような事態はたまにですが、起こることがありました。そんなときは一度アダプタの接続をきってからつなぎなおすという手間をかければ大抵なおるのですが(5分ほどはロスするのでとても焦りますが)、このときはどう [続きを読む]
  • ウェブ試験②
  •  ウェブ試験の対策はとても難しいです。 会場での試験と違いウェブ試験では「これが出る!」といった指定が無いので、教科書の範囲すべてを勉強しなければなりません。いや、教科書を隅々まで勉強したとしても、追いつかないような問題が出題されることもあります。私が一番びっくりしたのは「情報サービス論」の試験でした。うろ覚えなのですが図書館統計が出ている資料ー『日本の図書館』『学術情基盤実態調査結果報告 [続きを読む]
  • ウェブ試験 ①
  •  近畿大学は一度も外に出ずに図書館司書資格が取れると以下の記事で書きましたが、kotatu.hateblo.jpこれを可能にしているのは科目終末試験をネット上で受験できるウェブ試験とスクーリングの代わりとなる動画授業メディア授業の2つです。ウェブ試験は会場で受ける科目終末試験と同じ日に指定された時刻にパソコン上で開催される試験。便利ですがネット回線が不安定だと開始時刻になっても速やかに答案入力画面が表示されない [続きを読む]
  • KULeDでレポートを作成する 再提出時のちょっとしたコツ
  • 今回はちょっとしたこぼれ話を。近畿大学通信教育部で司書資格を取ったとき、私はレポートをすべてKULeDで作成しました。リアルタイムで提出、採点も早く便利なKULeDですが、困ったのは不正防止のためコピー、ペーストが機能しないよう設定されていること。文章の入れかえなど、ワードソフトで簡単にできる操作が使えないので、結構ストレスがたまります。そしてレポートが不合格だった場合の再提出時ですが、レポートの [続きを読む]
  • KULeDでレポートを提出しよう 
  • 畿大学の通信教育で単位をとるためにはレポートを提出し、科目終末試験に合格する必要があります。流れレポートを提出する(合否関係なく提出だけで試験を受ける資格を得ることができる)→試験の申し込みをする(申込期間は1週間程度 結構短いので注意)→試験を受ける→レポート・試験両方合格で単位認定 レポートは提出するだけで合否に関わらず試験が受けられます。逆に言えばレポートを提出しない限り科目終末試験を受験で [続きを読む]