つむぎ さん プロフィール

  •  
つむぎさん: ADHDと生活環境
ハンドル名つむぎ さん
ブログタイトルADHDと生活環境
ブログURLhttp://ameblo.jp/poemmama-0320/
サイト紹介文ADHDの特性を考えつつ、生活全般の環境を考えます・・・
自由文<a href="http://life.blogmura.com/shunou/ranking.html?p_cid=01492096"; target="_blank"><img src="http://life.blogmura.com/shunou/img/shunou88_31.gif"; width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ" /></a><br /><a href="http://life.blogmura.com/shunou/ranking.html?p_cid=01492096"; target="_blank">にほんブログ村</a>
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 272日(平均2.4回/週) - 参加 2016/07/31 00:28

つむぎ さんのブログ記事

  • 発達障害と薬②
  • 薬のテーマのレビューが多かったので、みなさん薬への関心が大きいのかと思い、再度薬について書こうと思います。 あくまで、私の客観的な感想にすぎませんので、ご了承くださいねまず大きく分けてやはり、子供と成人では「服薬」の捉え方が違います。一番の違いは「本人の想い」です。大人の場合は自分での判断や決断が、情報収集や主治医と相談し「服薬するか」「しないか」を決まれますし、「やめる」ことや「様子をみる [続きを読む]
  • 発達障がいと薬
  • 有名なところでADHDではコンサータやストラテラ。自閉スペクトラムでエビリファイが(1ミリ)認証されました よく相談があるのが「子供に、しかも成長期の子供に飲ますことに抵抗があります・・・」というもの。アドバイスを求められるとき、まずは本人の困り感を優先する周囲が困っているのではなく、本人が学校などでどんなに困り感を抱いているか、が大切 ベストな選択ではなく、いかに天秤にかけ、ベターを目指すの [続きを読む]
  • 「長男と次男の個性の違い」で「小学校の用品置き場」も違う〜
  • こちらが最近入学した次男のランドセルや教科書置き場・・・ランドセル入れの横に立てて本などが収納できるようになっています足りない教科書は横にうっすらみえているA4サイズの無印の収納ファイルを利用〜 そしてこちらは幅をとっていますが・・・汗長男の学校用品置き場(^◇^)ニトリの収納BOXを重ねました。とにかく「ざっくり」収納。下には補充文具やほとんど使わないもの=ドア付き上は宿題で使う辞書や色鉛筆、左は [続きを読む]
  • 発達と書類管理、とある方法事例
  • こんな管理を推奨するときもあります これはミニ洗濯ハンガーを利用したもの。 効果①縦置きでも横置きでもない一枚一枚の間に隙間があることで、一つの立体化をイメージさせることができる②すべてをこのようにするのではなく、必須の書類のみこうすることで「大切」=ハンガーというインプットが可能③探す時に出しては横に置き、という苦手な行動をしなくてもパラパラみることで探すことが出来る④必要なもの以外取 [続きを読む]
  • 次回はサポートブック作成&お問い合わせについて
  • みなさん、おつかれさまでした(^^♪いろいろ話ができて、SSTが目的ではなく、このような心の安定が一番の目的ですで、次回はサポートブックについて知り、どのようにオリジナルのブックを作成し、〜してくださいと依頼するばかりの教師負担のブックではなく、いかにその子をしってもらえるかのブックの作成について講座をしていきます これもまた、ブック作成が目的ではなく、いかに人に特性を伝えるときに親も相手の立場を [続きを読む]
  • 発達障がい支援で一番重要な事、それは・・・
  • 仕事ではよく「発達障害の方です」とか、「私、発達障害です」とか、個人的相談では「子供が発達要害と診断されて」などと発達障害という言葉がよく飛んでくるように思う。 そんな時、私は病名ではなく「それで、こまっていることはどのようなことですか?」ときく。病名が大切なんではなく、だから何に生きづらさを感じているか。自閉・アスペルガー・ADHD・ADD・LDなど疾患名は発達障害の中でも様々、そして通院しているか [続きを読む]
  • 鎌田實先生の本
  • 私が新人で勤務していたある日、信頼する先輩が「君の好きそうな本をみつけたよ」と教えてくれたのが、鎌田實先生の「がんばらない」という本。 医師としてまた人間としてすごく素晴らしいと感動したのを鮮明に覚えている。おっかけて関西から東京まで講演を聞きに行ったり・・・ 一人の人間として一人の患者にどう向き合うか、医師としてまたいろんな背景を背負っている人として・・・ 久々に先生の本を数冊「が [続きを読む]
  • 発達障がいと書類整理〜デスク環境編〜④
  • 職場に行く道にある桜が少しづつ咲いてきています綺麗さと同時に、はかなさを感じますそれが人生と重なる今日この頃ですいよいよ後半のデスク環境です・・・ デスクの中の活用法刺激がないデスク中は、逆に忘れてもいいようなものをしまってしまう逆にいうと、注意散漫になりやすい場合などは、情報としてはいらないようにデスクにしまって今日のやるべき仕事に取り掛かるのも一つです。この情報に対する「注意散漫」「過集 [続きを読む]
  • 発達障がいと書類整理〜デスク環境編〜③
  • 発達やADHDの診断があることが問題ではなく、いかに自身の特性をしり、それにあう環境を作るかが大切な事だと思います(^^♪ 出来るだけ「見える収納デスク」の大切さ見えない収納よりも、見える収納がベターデスク環境も中にしまうと忘れて再度購入してしまったり、紛失してしまったと探さないといけないので、見える範囲で収納を工夫すること ①デスクカレンダーカレンダーについても今月のみの把握だと、次の月初めな [続きを読む]
  • 発達障がいと書類整理〜デスク環境編〜②
  • 前回の続きです(^^♪ テーマ:就学・就労デスク環境に付随する外出習い事・仕事・用事での外出時に、 必ず持参するものの代表的なものの一つ⇒「鞄」*必要なものを入れるのを忘れる*忘れるゆえに、全て持ち運ぶ=いつも荷物が一杯こんなことはありませんか??できることなら、「カバンの中も整理整頓・忘れ物もなく・シンプル」に生活したいところですが、できないことをいくら頑張っても、自信を失う結果になることも・ [続きを読む]
  • 精神関係の仕事を一つ退職(涙)&発達障がいの整理〜デスク環境編①〜
  • 数年お世話になった精神障がい関係の職場を一つ退職(´;ω;`)本当に感動し、感謝で一杯に・・・みなさんありがとう 同時に、個人で始める発達障害と就労に関する(現場で困らないデスク環境と発達)①を地元で講座始めていきます(^^♪ 自分でできる:ADHD(発達)のデスクワーク環境工夫講座①自分の傾向を把握する大切さ」から・・・*ADHDの診断があるからといって、同じ方法が自分に向いているとは限らない*自分の [続きを読む]
  • 精神障がいと発達障がいに関する(仕事)冊子執筆〜その③〜
  • 冊子の概要です(^^♪ 「就職を考える」という小さな点ではなく、包括的なその人の「人生の中においての就労」という視点を本人が捉えられるように一緒に悩む。時には上手くいくときや、上手くいかないときもある、しかし、その歩みこそ意味があると伝え続ける。その中で自然と彼らは自分で歩みの一歩を、道を、例え細い道でも見つけられるようになる。中には、一般就労を希望する方に福祉サービスの就労B型を提案する [続きを読む]
  • 会葬礼状講座
  • 以前、縁があり、会葬礼状のライターをしていたことがあります・・・ 他人とはいえ、遺族に心境をおききし、家族になって妄想する・・・涙することも多かったです。 そして、祖母の危篤をうけ、駆け付けると、長寿を全うした祖母の姿が・・・ 思わず、会葬礼状を執筆したい思いにかられ、喪主にいらいし、孫である私が執筆・・・ 祖母を思い出しながら、人の生きることを改めて思い知らされました。 遺 [続きを読む]
  • 精神障がいと発達障がいに関する(仕事)冊子執筆〜その②〜
  • ②です〜固いので、苦手な方はスルーしてくださいね(^^)/ 精神障がいや発達障がいを抱える方々へ、どのような就労相談が望ましいのかを具体的に、そして、自己の経験と照らし合わせて述べてみたい。 私が実際に就労支援を現場で実践する上で、特に精神や発達の障がいを抱える方やその家族の相談を受ける時、何よりも最初に伝えていることは「誰のためで、何のための就労」か、ということだ。相談者の人生背景や本人・家 [続きを読む]
  • SST参考書②〜発達障がい〜
  • 今回は専門職の参考書と実際の利用者用の2つを紹介したいと思います。 まずは専門用SSTの第1人者の前田先生の技術に関する知識の本です。もっとスキルアップしたい場合や、勉強したい方にいいと思います 次は実際のトレーニング用ですこれは本ではなく、かるたです(^^♪読むようと取るようで2つ必要になりますが・・・本以外にもこんなSST実践もあります その他、絵カードやトレーニングシートなどありますので [続きを読む]
  • SST参考書①〜発達障がい〜
  • 書籍には専門職用と当事者のトレーニング用がある 私が最初に購入したトレーニング用はこちら・・・数年前ですが、ワークシート用になっており、活用できるかな〜と・・・ 私は本人よりも保護者対象に講座をすることが多いので、私が使うというよりも紹介する方が多いです(^^♪ 活用し、どんな良い教材を使うというよりも、まずは「何のためにSSTをするか」をしっかりと心に留める事スキルを上げることが目的では [続きを読む]
  • SSTソーシャルスキルトレーニングと発達障がい
  • もともとは精神の統合失調症患者へのアプローチとして始まったSST. 今はいろんな本や参考書がでており、発達についても必要性が叫ばれています これからは少しづつ私がもっているSSTの参考書を紹介できたらとおもいます・・・ ちなみに、私も冊子を作成しようかと考えています 何故かというと、専門職がするというよりも、発達の場合は子供のことを一番よくしっている保護者やママが自宅ですぐに問題が起きた [続きを読む]
  • 発達障がいADHDの書類整理(ファイリング講座)
  • ADHDや発達障がいの疾病について詳しくお伝えしつつ、できない脳の仕組みを勉強する機会があればいいなと企画しています。 しかし、就労支援をする中で社会生活は書類にまみれます。ADHD傾向と必要な就労(社会)での書類の取り扱いについて「できる仕組み脳」からではなく、「できない脳の仕組み」から講座が必要かなと・・・ 好きで整理収納を学んだり、スキルを活かしたくて学ぶことは多くききますが、できない人が [続きを読む]
  • 発達障がい&精神障がいと就労①〜精神障がい者手帳〜
  • しばらくはこんなテーマでかいていきたいとおもっています。少しでもみなさんによりよい情報を届けられたら・・・ 一回目は手帳について過去数年前までは発達の診断がくだっても市町村で申請する折は、3障がいである「知的」「精神」「身体」の中の「知的」もしくは「精神」のどちらかで申請するという狭間にあった発達障がい。 やっと平成23年ころに発達という申請の枠ができました。そう思うと発達支援法もそうですが [続きを読む]
  • 気晴らしに古墳グッズハンドメイド〜
  • 気晴らしに好きな古墳グッズをハンドメイドしてみました・・・ たまにはこんな休日もいいかな〜これは裏がマグネットになってますです・・・いうならば古墳マグネット これは写真のフレームに古墳をつくってみました・・・いうならば古墳アート(立てれます)(^^)/ だれかにプレゼントするか・・・オークションやフリマに出すか・・・('◇')ゞ 最近は忙しくて肩こりから歯痛まできてますが、作品の完成はちっ [続きを読む]
  • 発達障害住環境サポーター??
  • NPOで整理収納の発達に特化した資格をみつけました 興味深々です・・・ 私の好きな桜の季節がやってきました(同時に花粉も) 花にも個性があり、脳にも個性があります 先日仕事でうさぎとかめの話がでました うさぎにはうさぎのよさが、かめには亀のよさが、 問題は自分がどちらであるかをしっかりと認識できているかどうか!!カメがうさぎと比べる事ほどしんどいことはありません 自分の良 [続きを読む]
  • SSTと発達障害
  • ソーシャルスキルトレーニングは精神疾患だけでなく、今では発達障害などにも多く必要性が叫ばれています。 SStの勉強を始めて3年・・・少しわかってきたような〜勤めている病院でも今後SSTを担当することになりそうです(^^♪ 何のためにするのか、が一番重要SSTをしていることが目的ではないことをいつも保護者には伝えます。 特別な訓練ではなく私たちでもコミュニケーションで使える練習のこと。日常と繋がる [続きを読む]
  • 森田療法と神経症
  • 土曜日に森田療法の勉強会に参加してきました。 神経症やパニックや慢性のうつに効果がある森田療法発達障害の方の2次障害でも効果があるのでは・・・ とても勉強になりました。と、同時に今の精神科医療の中心である投薬中心の治療に疑問を抱いてしまいました薬で症状を抑えるのは重要ですが、考え方やその奥にある心理を知ることはとても重要なこと かかわっている患者さんにもお伝えしようと思います。同時にお [続きを読む]