高橋瞳子 さん プロフィール

  •  
高橋瞳子さん: 高橋瞳子のおいおい漫画
ハンドル名高橋瞳子 さん
ブログタイトル高橋瞳子のおいおい漫画
ブログURLhttps://ameblo.jp/takahashitouko/
サイト紹介文いつの間にか忍び寄っている“老い”を感じる50代私の日々や、発達障害の夫や長男の事など漫画で綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2016/07/31 23:34

高橋瞳子 さんのブログ記事

  • 子安古墳へ行く
  • お彼岸なので、昨日は実家の墓参りへ行きました。いつも行っている墓地なのに、隣の神社に古墳があることを初めて知り、立ち寄ってみました。 千葉市花見川区にある子安(こやす)神社実家から車で10分程。小学校の遠足で何度も訪れた所です。安産の神様で、私が出産する時にも、父がここで岩田帯を頂いてきてくれました。 社殿の右側を奥に進むと、何やらこんなものもあり、 さらに奥へ進むと三峯神社があって、もうそこは古墳の [続きを読む]
  • 発達障害の長男への対応
  • 発達障害の長男への対応、私も日々学んでいます。 長男が言葉通り受け取ってしまうという事は、知っているはずなのに、毎日の生活の中では、ついこんな言い方をしてしまう事が多いです。 会話の途中や、そのあとで、気づいたりするのですが、そんなふうに試行錯誤やっていけばいいのかな、と思っています。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 発達障害の夫の事に特化したブログを、開設しました。 内容は当ブログ内のテーマ「発達障害の夫の [続きを読む]
  • 発達障害の本出版後の長男の反応
  • 私が発達障害の長男についての、コミックエッセイを書くことになった時の事です。長男自身からは、気持ちを話してくれることはなかったけど、それを聞いて安心しました。 またそれまでちょっと疎遠だった、中学時代のママ友と、その後たびたび会うようになったという、嬉しい親交の復活もありました。 なぜ私が長男のことを、コミックエッセイとして書いたのかというと、長男の年代以上の人は、発達障害の支援なく生きてきました。 [続きを読む]
  • 前回の記事についてのお詫び
  • 前回の記事について、説明させていただきます。(前回の記事はこちら→発達障害に対する世間の声) 私は長男が23歳で発達障害だとわかった時に、過去関わった人たちに、そのことを知って欲しいと思いました。こんなことを書きましたが、これは私が心の中で思っただけで、実際には言ってません。 なぜそんなことを思ったのかというと、前回の追記でも書きましたが、長男がとった行動にも事情があったのだと、知って欲しかったからで [続きを読む]
  • 発達障害に対する世間の声
  • 今回はちょっと真面目な話です。発達障害の長男にまつわる事です。 長男は今から4年前、23歳で発達障害と診断されましたが、私はそれまで「発達障害」という言葉さえ、知らずにいました。 生まれてから診断されるまで(その少し先まで)、本として出版されました。関心のある方は見てください。↓ 大人になってわかった! うちの息子は発達障害 (ヒューマンケアブックス) Amazon 〈追記〉過去に関わった人達に、長男の障害を知 [続きを読む]
  • 愛している私
  • 前回の記事のアンサーになります。↓愛されている私 佐藤健さんについての記事はこちら↓イケメン俳優に似ていると言い張る夫にムカッ 私をイラつかせる言動をとるのが得意な夫。この頃は耳が遠くなって、普通に話しても聞こえないらしく、大声を出す私が、さらに怒っているような感じになってしまっています。 う〜ん愛しているんですけどね・・・ ーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− [続きを読む]
  • 愛されている私
  • でも見つめられても、全く嬉しくないです。むしろ、すごくウザくて、「何見てんだよ!」と、ドスのきいた声で、脅してやります。 じっと見るのは、人との距離感をはかれない、発達障害の特性? 実は続きます→愛している私 本文とは関係ありませんがゼフィランサス(タマスダレ)の花が咲いていました。清楚ですね。 ーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− このブログをはじめから見 [続きを読む]
  • 危ないのはどっち
  • 狭いわが家は、歩くだけで危険がいっぱい。 「だいたいあなたが、何枚も重ねた座布団を、通り道に出してんのが原因でしょ!私が転んでもいいの?」と、もちろん抗議しました。 発達障害の夫は、ささいな事でも必要以上にビックリします。 本文とは関係ありませんが近所のフェンスに咲いていました。何の花だろう?・・・と思ったら、ゴーヤでした。いつまで実がつくのでしょう? ーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−− [続きを読む]
  • 夫の一人称について
  • 私と話すとき、夫が自分のことをどう呼ぶかについての、ハナシです。 う〜ん・・・相変わらず口が悪くてスミマセン。 ーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があったら見てください。よろしくお願いします。大人になってわかっ [続きを読む]
  • 結婚線何本ある?
  • 何があるのかわからないのが、人生ですからね! でも右手は、太い線が1本、まわりに細いのが数本あるんですけど。 ーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があったら見てください。よろしくお願いします。大人になってわかった! [続きを読む]
  • 耳を疑った夫の言葉(笑)
  • 先日、夫と車で出かけた、帰り道のことです。 その後私はしばらく、笑いが止まりませんでした。 よく聞くとお尻のほっぺがかゆかったそうで、信号待ちの時に掻いて、事なきを得ました。 ーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味が [続きを読む]
  • 体操教室を休んだ日の話
  • 引きこもり主婦の私が、姑に誘われて体操教室に通い始め、かれこれ2年以上経ちますが・・・ 今までの話→体操教室へ行く(1)       →体操教室へ行く(2) クリニックに来ている患者さんは、具合が悪いとは限らないんですね。 ーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書 [続きを読む]
  • 体操教室へ行く(2)
  • 引きこもり主婦の私が、姑に誘われて体操教室に通い始めました。詳しくは→体操教室へ行く(1) だいぶ後になって知ったのですが、そこは区でやっている、65歳以上を対象にした教室でした。 そんなルール違反を知らずに犯していた私ですが、スタジオの広さの関係で、教室は3クラスに分かれて、小人数になり、さらに1年ちょっと経ちますが、とてもいい雰囲気で楽しくやっています。(もちろん姑も一緒です) 体操教室ネタもう1 [続きを読む]
  • 体操教室へ行く(1)
  • 引きこもり主婦の私ですが・・・ 体操教室と言っても、ストレッチや簡単なエアロビなどの、高齢者向け健康体操です。 続きます。↓体操教室へ行く(2) ーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があったら見てください。よろし [続きを読む]
  • 引きこもり主婦ができるまで
  • わが家は64?の狭いマンションに、4人で暮らしています。しかも向かいにもマンションが迫っているので、2階から見える空のなんて狭い事! こんな狭い空間に引きこもっていると、たまに息が詰まるんですけど、何だか家の中でやりたいことも、やるべきこともたくさんあるんです。 夏と冬は引きこもりに拍車がかかっている私だけど、秋はもうすぐ。また出かけたい病がムクムクと・・・(こうして自分の外出を正当化) お誘いお待ち [続きを読む]
  • 主婦の外出どう思う?
  • 夫は昔、元カノに裏切られたことがあるとかで、私の外出にとてもうるさいです。 いつも家に居るのが当たり前になっている私なので、夫の許可がいる外出に、罪悪感を持ってしまうようになりました。 まあ、夫のOKが出なくても、出掛けますけどね。(罪悪感を持ちながら、自分を正当化して) 本文には関係ありませんが、夏の残りの暑さの中で、酔芙蓉の花が咲いていました。酔芙蓉は、朝は純白、昼過ぎにはピンク、夕方から夜にか [続きを読む]
  • 返事くらいして欲しい
  • 何を聞いても返事が返ってきません。 発達障害から来ているのか?みんなこんなものなのか? 母は虚しいよ。 ーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があったら見てください。よろしくお願いします。大人になってわかった!うちの [続きを読む]
  • 私を嫌いにならないで
  • 好き嫌いの多い家族と暮らしているので、自分では少ない方だと思っていたのですが・・・ 嫌いなものが多い私だけど、そんな私を嫌いにならないで! 魚卵などが嫌いな理由を書いた話↓卵が苦手な理由(1) 今年もイチジクの季節になりました。夫が買ってきてくれたので、さっそくサラダにしました。イチジクの甘みが野菜と融合してとってもおいしい!味つけは、塩とごま油のみです。ごま油の代わりに、オリーブオイルでもおいし [続きを読む]
  • 主婦飲み会参加の変遷
  • 一介の主婦(私)の、飲み会参加事情です。この頃ようやく夫もうるさく言わなくなりました。私が出掛けているときは、自分も好きなだけ飲んでいるようです。(私は飲むというより、お喋り中心ですが) 夫も飲み会へ行けばいいのにと思いますが、友だちが少なく家飲みが好きなようです。 長男はこれまた友だちが皆無なので、仕事以外外出すらしません。 この齢になってやっと遠慮することなく、飲み会に参加できるようになりました [続きを読む]
  • 終わりのない子育て
  • 私の新たな悩みを聞いてください。 これはご飯の炊き方の事だけを言っているのではなく、家事全般についての話です。 必要に迫られれば、何とか生きていけそうな次男だと思っていましたが、根からの面倒くさがり屋で、ちょっと心配になってきました。 教えなければならないことはまだまだあって、いつまでたっても終わることのない子育てです。 ご飯の炊き方を知らないことが発覚した出来事↓新しい炊飯器がやってきた そういえば [続きを読む]
  • 新しい炊飯器がやってきた
  • 家事の基本を全く知らない二人。常識だと思っていたことを知らなかったので、ちょっと驚きました。 炊飯器を買いに行くとき、友だちから「あんまり安い炊飯器は、おいしく炊けないよ」と、アドバイスをもらいました。 お店へ行くと、10万円もするものもありましたが、庶民の私は2万円台のを選びました。圧力IHもありましたが、店員さんが「圧力はお手入れが面倒ですよ」と言うので、面倒なことが嫌いな私は、普通のIHにしまし [続きを読む]
  • Mすぎる夫
  • ※都合によりタイトルを変更しました。 ほぼ変態の夫。あのフレーズは、M体質には堪らないみたいです。 だから私とやっていけるのか。 ーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があったら見てください。よろしくお願いします。大 [続きを読む]
  • 愛の告白を返せ
  • まあ、返されても困りますが・・・ 私の暴言が許される理由が、次回明らかに!↓Mすぎる夫 ーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があったら見てください。よろしくお願いします。大人になってわかった!うちの息子は発達障害: [続きを読む]
  • すごく重要な母の判断
  • 92歳の母は介護施設に入所していますが、実家は二世帯住宅で、兄夫婦が住んでいます。父の命日に、実家へ行ったときのことを書いています。 今回の話の初回はこちらから↓続 母の記憶  孫やひ孫の意味を理解できなくなってしまった話はこちら↓孫の意味すら理解できない母 たとえ認知症でも、本人の意思確認はできるんだと、知りました。母は死ぬことに対する恐怖は、持っていないようです。以前から「このまま楽に死ねたらいい」 [続きを読む]
  • 孫の意味すら分からない母
  • 姉と甥と夫と私で、施設に入所している母の面会へ行ったときのことを書いています。 今回の話の初回はこちら↓続 母の記憶 マンガでは分かりにくいかもしれませんが、実際には名前を言いながら、分かりやすく説明しました。 孫やひ孫の意味だけではなく、しまいには「お母さん」が誰のことだか、分からなくなってしまったようでした。 実は私が書きたかったことは、次回なのです。 乞うご期待を!↓すごく重要な母の判断 本文に [続きを読む]