高橋瞳子 さん プロフィール

  •  
高橋瞳子さん: 高橋瞳子のおいおい漫画
ハンドル名高橋瞳子 さん
ブログタイトル高橋瞳子のおいおい漫画
ブログURLhttp://ameblo.jp/takahashitouko/
サイト紹介文いつの間にか忍び寄っている“老い”50代の私が日々感じたこと、体験したことなどを漫画でつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 237日(平均5.2回/週) - 参加 2016/07/31 23:34

高橋瞳子 さんのブログ記事

  • 自分の居場所
  • お彼岸に帰省した時に会った甥に圧倒されて→超理系の会話帰宅した私ですが… 自分の子どもがそんなレベルで良かったような… 人は自分に見合った場所に居るように、世の中出来ているんですね。 このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があったら見てくだ [続きを読む]
  • うたた寝夫の起こし方
  • どう見ても寝ているというのに、どういうわけか「寝てる」と認めない夫です。 フツウに起こすと怒るのに、この方法だと、(夫の中では)寝てないから怒りようがありません。 このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があったら見てください。よろしくお願いしま [続きを読む]
  • 超理系の会話
  • こんな会話が毎日食卓でされているなんて、まるで異次元の世界です。 帰宅後次男に話したら、「偏差値が20以上違うと、会話が成立しないんだって」と言われました。 なるほど〜! 甥がまるで小説を読むかのように読んでいた本 このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫の [続きを読む]
  • 忘却の末
  • 年を取ると、忘れっぽいばかりではなく、無精になるし、いい加減になってくるんですね。 それくらいでちょうどいい。 今日はこれからお墓参りへ行ってきます。明日は私の実家の方のお墓参りです。お彼岸なので。 このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。 [続きを読む]
  • 質問に「なんで?」で返すな!
  • 例えば… 長男も夫と同様に「なんで?」で返してきて、すんなり答えようとしません。 なんで? このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があったら見てください。よろしくお願いします。大人になってわかった!うちの息子は発達障害: 23年間の母と子 [続きを読む]
  • グラスと夫の共通点
  • 認知症の母(91)の面会に行った時のハナシです。 やっぱりメガネを新調するべき!? このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があったら見てください。よろしくお願いします。大人になってわかった!うちの息子は発達障害: 23年間の母と子の奮闘記 (学 [続きを読む]
  • まだ続く次男の憂鬱
  • 前回→次男の憂鬱 の続きです。 大学卒業と就職が決まった次男ですが… 「小さい目標を立てて達成する喜びを感じて、少しずつ成長していったらいいんじゃない?」と言ったら、「説教かよ!」と一蹴されました。 就職が不安で仕方ないんですね。 このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。 [続きを読む]
  • 次男の憂鬱
  • 一年後には負け犬になっているかもしれません。でもまたその一年後には、生き生きと働いているかもしれません。まだまだ一生は続くのだから、いろんなことが起こります。 いつもは、「もっと前向きに考えれば?」とか、「頑張りなよ!」とか言ってしまいがちな私だけど、次男の言葉に「うんうん」と、うなづいて聞こうと思うこの頃です。 このブログをはじめから見てくださる方はこ [続きを読む]
  • あだ名がお気に入り
  • 平凡な名字の私は、カッコイイ名前に憧れます。 今日は次男が4年間続けたバイトの最終日です。勤め始めたときは2日目で辞めたくなったのに、よく続けました。お疲れさまでした! このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があったら見てください。 [続きを読む]
  • ダメ親の所業
  • 次男のことを書いていたつもりが、いつの間にか自分のことになっていました。 長男は卒論でつまづき、1単位足りなくなり、留年しました。痛い思いをした私は、つい口を出してしまいます。 実は次男が大学1年の時も、課題を手伝ってしまいました。 それがこちら↓1/500のスケールで作った町の模型 夏休みの自由研究みたいで、楽しくて(私が)夢中になってしまいました。進む道を間違った [続きを読む]
  • 今ごろ?大学卒業決まりました
  • まあ、今更「卒業できない」と言われても、困りますけど。(長男みたいに)長男は1年留年しました。 大学は卒業確定の発表が、ずいぶん遅いんですね。 大丈夫だろうと思っていても、ホッとしました。 このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があっ [続きを読む]
  • ひよ子の思い出
  • 前回の長男ネタ→〈さくら餅の思い出〉に対して、今回は次男のエピソードです。 長男だったら、絶対2個共手をつけずに、待っていてくれたはず。 という以前に、一人で先に帰ってしまう、という事もあり得ません。 もう、ここまで性格違うか! このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫 [続きを読む]
  • さくら餅の思い出
  • 昨日はおひな祭りでした。息子しか居ないわが家だけど、おいしいものはちゃんと頂きました。 近所の和菓子屋さんのさくら餅は、葉が2枚付いています。こしあんピンクのさくら餅と、つぶあんヨモギのさくら餅の2種類ありました。 さくら餅は私の大大大好物!この季節とっても幸せ!私はやっぱりこしあんの方が好きだけど、息子たちにはつぶあんが好評でした。 さくら餅で思い出した、涙なくしては(私が)語 [続きを読む]
  • 花の美術館 早春(2)
  • 昨年6月と10月に行った、三陽メディアフラワーミュージアム『千葉市花の美術館』へ、またまた行ってきました。 6月はこちらから→花の美術館(1)            →花の美術館(2)  10月はこちらから→花の美術館 秋の花 早春(1)はこちらから→花の美術館 早春(1) 温室に入ると、ヒスイカズラがたわわに咲いています。フィリピン・ルソン島原産のマメ科の蔓性の植物で、宝石の [続きを読む]
  • 花の美術館 早春(1)
  • 昨年6月と10月に行った、三陽メディアフラワーミュージアム『千葉市花の美術館』へ、またまた行ってきました。 6月はこちらから→花の美術館(1)            →花の美術館(2)  10月はこちらから→花の美術館 秋の花 開館20周年記念で、入館料が無料でした!3月31日までです。 前庭には私が大好きな菜の花が満開。でも菜の花はこの日が最終日で、すでに他の植物に植え替えられ [続きを読む]
  • 占いを信じない理由③姑がみてもらった時に
  • 占いを信じない理由①境目生まれ占いを信じない理由②前世が見えて占い師になった人 に引き続き、今回3つ目の理由です。 やっぱり当たらなかった。 仕事探せよ…という話ですが。 このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害について書いた本です。夫のことにも少し触れています。興味があったら見てください。よろしく [続きを読む]
  • 占いを信じない理由②前世が見えて占い師になった人
  • 占いを信じない理由①はこちらから↓占いを信じない理由①境目生まれ 占いは引きずってしまうのが怖いんです。良い内容だったら、それを支えに頑張れますけど。 多数に向けての星座占いなどは、その場で忘れられるけど、個人的に占ってもらったら、なんだか無下にできませんよね。 でもまあ基本、運命は自分で切り開くものだと思っています。 このブログをはじめから見てくださる方は [続きを読む]
  • 占いを信じない理由①境目生まれ
  • 全国の占い好きのみなさんを、敵にまわす内容です。 この類の占いは、たまに見て楽しんでいますけど、信じたことはありません。 そういえば元旦に引いたおみくじですが↓不倫と浪費癖を戒めるおみくじ まだ邪な恋におちいる兆候はありません… ―加筆しました―※境界線の所を「カスプ」というそうです。カスプのところで生まれた人は、その前の星座の影響を受けるそうです。また星座は生ま [続きを読む]
  • 普遍的なものの大きな力
  • 新聞のコラムにこんなことが書いてありました。 「新聞は一番大きなニュースが1面に載り、政治面・経済面・社会面と定まった順に並び、長い年月変わらず、それが日々届く。どんなに激動しようと明日も明後日も続くことを、読者は保証される。」 以上は、新聞が果たす大きな役割について書かれたものです。 私のはちょっと意味が違うのですが、これを読んで、思い出したエピソードを一つマンガにしました。&n [続きを読む]
  • 過去と未来を考える夫婦
  • 今回の私、暗いです。 夫は発達障害の特性上、あまり先の未来のことは考えられないようです。 私も以前はもう少し明るく未来を、思い描いていたんですけど、未来の期間が少なくなってきているな…と。 過去のことと未来のこと、あなたはどちらを多く考えますか? このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子が長男の発達障害につい [続きを読む]
  • 長男のタンスの中
  • 発達障害だとわかる前のことですが、大学生だった長男に、「何か服買ってきなよ」と、お金を持たせたのですが、靴下を数足買ってきただけでした。一人で服を選んで買うのは難しいようです。 元々、服には興味がないらしく、一緒に買い物へ行っても、あまり欲しがりません。 ユニクロなら入れるけど、ちょっとお洒落な服屋に入るのは、抵抗があるようです。 このブログを [続きを読む]
  • 長男が同じ靴を選ぶ理由
  • 発達障害者には、周囲の理解と支援が大切とのことですが、 長男が23歳で発達障害だと知った時、どう理解して支援すればいいのか、わからず悩みました。 あれから3年が過ぎましたが… 発達障害の人は、変化を好まず、同じものを身に着けることが多いそうです。 長男の希望を尊重してあげられるようになって、これが理解するってことなんだ…と、やっとわかった気がします。 &nbs [続きを読む]
  • バレンタインに筋肉痛
  • 老化一途の私の話です。 自転車は歩く時と違う筋肉を使うので、少し乗っただけですごく疲れてしまいました。 この頃、少しくらいの距離は、歩くように心がけていたのですが、たまには自転車にも乗らなきゃダメってことですね。 一晩寝たら足のだるさはすっかり治って、筋肉痛も残りませんでした。 このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに &nbs [続きを読む]
  • 長男と次男の不仲を探る
  • 今回も兄弟ネタです。前回の兄弟ネタはコチラ→長男と次男の差 二人で話をしないので、私を通してお互いのことを知ることが多いのです。 二人のキャラをみると、それも仕方ないかな…と思うのですが、私亡き後どうするのでしょう? 「兄弟仲良く」と遺言を残した方がいいのでしょうか? このブログをはじめから見てくださる方はこちらからどうぞ→はじめに 高橋瞳子 [続きを読む]
  • 長男と次男の差
  • 家事を良く手伝う長男の話→生きるための料理作り全く手伝わない次男の話→一人で生きていけるのか?を書きましたが…さて、 ↑あくまでも次男の場合です。とにかく面倒くさがり屋なので。 私が育った家は、お手伝い至上主義で、姉が勉強をしていると、「勉強は学校でするものだ!」と怒られたそうです。 私は勉強はしなかったけど、お手伝いもしないので、よく怒られていました。 こ [続きを読む]